PR
既婚男性の本音がわからない

既婚男性の本音がわからない

いけないことだとわかっていても、好きな気持ちを止められないことってありますよね。

既婚男性を好きになってしまったとき、そして関係を持ってしまったときは、「彼の気持ちがわからない…」と悩んでしまうことが多いです。

既婚男性の本音を知るには、どうしたら良いのでしょうか?

既婚男性の本音がわからない人は多い

既婚男性の本音がわからない女性

既婚男性の本音は、未婚の男性よりもわからないことが多いです。

すでに結婚という修羅場を経験している男性だけあって、本音を隠すのがうまいからです。

でも、結婚していてもしていなくても、男性の本音はいつだってシンプルです。

「不倫だから」「既婚者だから」と周りの環境に気をとられすぎて、こちらが本音を見落としてしまっているだけなのかもしれません。

今回は、不倫する既婚男性の本音や、彼らの本音がわかりにくい理由を解説していきます。

この恋に決着をつけるためにも、既婚男性の本音をチェックしてみてください。

不倫する既婚男性の本音

不倫する既婚男性の本音

不倫をしている既婚男性には、どんな本音が隠れているのでしょうか?

心に刺さる本音もあるかもしれませんが、まずは知ることが今の現状から抜け出すための一歩になるかもしれません。

妻以外の女性とヤってみたい

多くの既婚男性の本音は、非常に単純です。

彼女ができたり結婚をしたりすれば、基本的にはその相手以外と体の関係を持つのは契約違反ですよね。

しかし、不倫をする既婚男性は、他の女性と関係を持ちたい欲求を抑えることができません。

妻も彼女もキープして他の女性とも体の関係を楽しみたい既婚男性はたくさんいるのです。

この本音を持っている限り、誰か一人だけに絞って関係を持つことは、彼らにはないでしょう。

場合によっては、妻がいて、不倫している彼女がいて、さらに浮気している彼女がいる…なんて既婚男性も少なくはありません。

家庭に居場所がなくて寂しい

不倫をする既婚男性は、寂しい思いを本音として隠し持っていることが多いです。

妻とうまくいっていなくて、「家に帰りたくない」と思っていたり、妻だけでなく子供とも関係がうまくいっていなくて、「家にいにくい」と感じていたりします。

家に居場所がなく感じると、既婚者であっても外になんとか自分の居場所を作ろうとします

それが、不倫相手との恋愛なのです。

この本音を持っている既婚男性は、不倫している相手を本命のように扱い、大切にしてくれるでしょう。

そのため彼の本音はますます見えにくくなり、二人の関係をどうするべきか悩んでしまうのです。

背徳感に興奮する

刺激があると、恋愛も体の関係も一気に気持ちが燃え上がりますよね。

「いけないことをしている」「みんなに秘密でしている」といった背徳感は癖になるもので、不倫をやめられなくなってしまう理由にもなります。

家庭や仕事が安定している既婚男性はこの本音を持っていることが多いです。

不倫を刺激的な遊びとして捉えていて、デートや日々の連絡も、バレないように用意周到に準備しています。

常にスマホを手放さなかったり、デートが遠出だったりする場合は、不倫の背徳感に酔っていて、スリルある状況を楽しんでいる可能性があるでしょう。

でも妻と別れる気は一切ない

不倫している既婚男性が共通して持っている本音は、妻と別れる気や家庭を壊す気は一切ないことです。

離婚すると言っている既婚男性でも、本音では離婚する気はないでしょう。

なぜなら、男性は言葉よりも行動で気持ちを示すことの方が多いからです。

つまり、本当に離婚する気があるのであれば、男性はすでに離婚しているはずです。

離婚は、お金と社会性の両方を失うものです。

そのため簡単にできることではありません。

どんなに浮気や不倫を繰り返す男性でも、離婚を自ら申し出るケースは非常に少ないでしょう。

既婚男性の本音がわかりにくい理由

本音がわかりにくい既婚男性

既婚男性の本音がわかりにくいのは、言葉と行動が噛み合っていないからです。

どんなに愛を囁いても、現実では他の女性をパートナーにしているのであれば、どちらの気持ちを信じれば良いのかわからなくなってしまいますよね。

ここからはそんな、既婚男性の本音がわかりにくい理由を深掘りしていきます。

妻に不満があるように見えるから

不倫している既婚男性は、妻への愚痴や不満を不倫相手の女性にこぼすことがあります。

そのため、一見すると妻に不満があるように見えて、自分のことを本気で愛してくれているように錯覚してしまうでしょう。

特に、離婚できない理由を「妻が離婚に応じてくれない」と言うことは非常に多いです。

また「妻のことを女性としては見ていない」「愛情はもうない」などと、言うこともあるはずです。

しかし実際のところ、愛情は言葉で見えるものではありません。

既婚男性が離婚していないことが本音であり、その本音を隠すために妻への不満を見せて隠しているだけとも言えるでしょう。

甘い言葉を言うことが多いから

既婚男性の本音がわかりにくいのは、甘い言葉をたくさん言ってくるからです。

「好きだよ」「一番愛してるよ」「ずっと一緒にいたい」など、他の未婚男性であれば言わないようなことを会う度に言ってきてくれるでしょう。

そのため、本当に自分が特別に愛されているように思えてしまい、その裏にある本音が見えなくなってしまうのです。

不倫している既婚男性が甘い言葉を言えるのは、残念ながら本心ではないからです。

男性は本気の愛情を言葉にするのを恥ずかしく思う傾向があります。

そのため、ここぞという場面で伝えたとしても、そう何度も繰り返し言うことはありません。

甘い愛情表現をするのは、不倫相手をキープしておくためであり、「早く離婚してほしい」などと責められないための布石として行っています。

とにかく優しいから

不倫をしている既婚男性は、とにかく優しい特徴があります。

会う度にちょっとしたプレゼントを持ってきたり、デート場所もしっかりと考えてくれて、お店も予約しておいてくれたりするでしょう。

もちろん、デート代はすべて出してくれることが多いです。

また、相手の体調を気遣うことを忘れず、「寒くない?」「元気にしてた?」などと言葉をかけてくれるでしょう。

一緒にいるとお姫様のように扱ってくれるため、本気だと感じてしまうこともあります。

しかし、既婚男性が優しいのは、不倫している負い目があるからです。

不倫している既婚男性に、罪悪感がないわけではありません。

妻にも不倫相手の女性にも、多少なりとも罪悪感を持っている既婚男性は多く、その本音から優しく紳士的な態度をとってしまうのです。

優しいからと言って、その態度が既婚男性の本音ではないでしょう。

逆にその優しい言動が、既婚男性の本音をわかりにくくしていると言えます。

自分も不倫に酔って現実が見えにくくなっているから

不倫している既婚男性の本音がわからないと感じるのは、実は不倫している女性側にも原因があります

不倫をしていると、辛く悲しい思いをすることがたくさんありますよね。

どんなに愛し合ったとしても、彼には他にパートナーがいるからです。

しかし、そういった思いには、注意しなくてはいけません。

不幸な女性」「可哀想な女性」としての被害者意識が強くなり、悲しみに酔ってしまうことがあるからです。

どうして私ばっかり…」と自分の状況を可哀想だと思ってしまうと、現実は一気に見えにくくなってしまいます。

そのため既婚男性の本音を見抜くことができなくなり、ずるずると不倫の沼から抜け出せなくなっていくのです。

既婚男性の本音は、本当にわからないのでしょうか?

自分で見たくない本音に目を逸らしてしまっている可能性も、あるのかもしれません。

既婚男性の本音を知るためにできること

既婚男性の本音を知るために頑張っている女性

既婚男性の本音を知るには、相手の行動を見るのが一番でしょう。

不倫をしている既婚男性の言葉は、本音が見えにくくなっているからです。

相手がどれくらい自分のために行動できるのかを見れば、本音は自然とわかってくるでしょう

特に、不倫は婚男性の都合で成り立っていることが多いです。

こちらの都合に彼が合わせてくれるかどうかが、既婚男性の本音を知るヒントとなるはずです。

自分の都合で会う予定を決める

今まで、「彼には家族がいるから…」と既婚男性の都合に合わせてデートのスケジュールや連絡をとるタイミングを決めていませんでしたか?

既婚男性の本音を知るには、今度は自分の都合で会う予定を決めるようにしましょう。

そこで、家族や仕事よりも自分を優先してくれるようであれば、本気かどうかを判断することができるからです。

特に、土日など一般的に多い休みの日や、クリスマスや年末年始など家族イベントがある日に一緒にいられるかどうかは、大きなポイントになってきます。

また、自分の都合に彼が合わせてくれるようであれば、「都合のいい女性」ではないこともわかるでしょう。

体の関係がないデートを繰り返す

不倫の関係は、体ありきなことが多いですよね。

だからこそ、既婚男性の本音を知るには、体の関係やスキンシップを一切断ってみるようにしましょう。

体の関係がないデートを繰り返してみるのです。

不倫をしている既婚男性であれば、体の関係は不倫する目的そのものです。

そのまま会えなくなったり、連絡が少なくなったりするようであれば、彼の本音はすぐにわかるでしょう。

体の関係がなくても彼がデートに誘ってきたり、一緒にいたりする場合は、本気の可能性があると見て良いかもしれません。

ただ、体の関係がない時期は、ある程度長くしてみないと本音が見えてこないので、多少の時間が必要になります。

期限を決めて付き合う

既婚男性の本音を知るには、期限を決めて付き合うようにしてみてください

これは、自分にとっても不毛な関係から抜け出すきっかけにもなるでしょう。

「〇〇までに彼が離婚しなければ別れる」と覚悟を決めれば、不倫の関係に頭を悩ますことはなくなります。

実際に、彼にも期限を決めたことを伝えましょう。

それまでに本当に彼が離婚するのであれば、本気なことは一目瞭然ですよね。

もしも離婚しないようであれば、不倫関係は一生続くと見て良いはずです。

自分のこれからの幸せを考えて、彼と別れを告げる勇気を持ちましょう

不倫恋愛のプロに相談してみる

エキサイト電話占い

既婚男性との関係に悩んだときは、不倫恋愛のプロに相談してみるのもおすすめです。

不倫は、周りや友達に言えば「もうやめなよ」の言葉しか出てきません。

場合によっては「不倫してるなんて最低だよ」と非難されることもあるでしょう。

そうなると誰にも相談ができず、一人で抱え込んでしまうことも多いです。

彼の本音を知ろうと悩んで、不安に押しつぶされそうになることも…。

そんなときは、思いきって電話占いを頼ってみてください。

話せる相手がいるだけでも、心が軽くなることがあります。

もちろん、相手は彼との運命を視ることができるので、彼の本音を知ることができるでしょう。

エキサイト電話占いなら、24時間365日いつでも対応が可能なので、夜中でも自宅からすぐに相談することができます。

力ある220名以上の占い師が在籍しているので、どの先生を選んでも間違いはありません。

今なら新規登録で初回最大8500円分無料になるため、チャンスでもあります。

既婚男性の本音がわからないときは、相談してみてください。

初回最大8500円分無料

エキサイト電話占いはこちら
PR:エキサイト
新規登録で特典プレゼント!

まとめ

既婚男性の本音気持ちがわかって手を繋いでいる女性

不倫している既婚男性の本音は、巧妙に隠されていることが多いです。

そのため、彼らの言葉だけを聞いてしまうと、二人の関係に悩んでしまうでしょう。

そんなときは、冷静な目で今の状況を判断してくれる、第三者の意見が必要になってきます

電話占いで彼の本音を知って、二人の未来をもう一度考えていきましょう。

【Laniから初回15分無料のプレゼント】

電話占いピュアリ 櫟井スミレ先生
夢のような愛の理想を
現実へと結びつける
櫟井スミレ先生
料金:
1分/ 電話料金 380円
占歴:
14年
評価:
4.98
お気に入り:
908
口コミ:
1584
霊感・霊視・霊聴・霊感ルーン・未来透視・未来視・未来予知・過去視・思念伝達・想念伝達・霊感タロット・スピリチュアルリーディング・サイキックリーディング・タロット・エンジェルオラクルカード・ルーン・ダウンジング・オラクルカード・故人との会話・ペットの気持ち・ヒーリング・コンサルテーション・ペンデュラムダウジング・イーチンタロット・ルーン魔術・恋愛トラウマ矯正術・愛する人に世界一愛される術
恋愛成就・出会い・片思い・相手の気持ち・相性・結婚・男心・女心・複雑な恋愛・三角関係・浮気・不倫・復活愛・復縁・国際恋愛・離婚・人間関係・職場の人間関係・対人関係・仕事運・適職・天職・転職・進路・就職・経営相談・開業・夢・目標・家族関係・夫婦関係・家庭問題・夫婦問題・親族問題・育児・子育て・シングルマザー・人生相談・魂の本質・ペットの気持ち・ペット交信・パワーストーン選択

既婚男性の本音を知りたいなら、電話占いピュアリのカウンセラー、櫟井スミレ先生の右に出る者はいないでしょう。

神道の高霊力家系から受け継いだ鋭い霊感で、お相手の本心をズバリ言い当てます。また、Laniからの登録で初回15分無料相談ができるので、その分の費用は一切かかりません。

既婚男性の気持ちがわからないと悩んだら、まずは想念伝達で相手と通じ合える櫟井スミレ先生に相談してみましょう。

櫟井スミレ先生に相談したところ、未読無視/既読無視されていたお相手から電話がかかってきた、相手とのコミュニケーションが円滑になったという奇跡の口コミが多数寄せられています。

ぜひ、初回15分無料を活用して奇跡の体験をしてみてください。

▶櫟井スミレ先生の口コミ・詳細はこちら

櫟井スミレ先生が在籍している電話占いピュアリのキャンペーンはこちら

電話占いピュアリ
初回15分無料はLaniからの登録限定!
Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

浮気・不倫(132)
Lani

コメント