当サイトには広告が含まれます。
好きな気持ちを抑える既婚者同士に起こることって?微妙な距離感の特徴と対処法

好きな気持ちを抑える既婚者同士に起こることって?微妙な距離感の特徴と対処法

既婚者同士の恋愛は、好きな気持ちを抑えることが多いですよね。

「結婚している」という事実が、二人の関係の障害になるからです。

ただ、好きな気持ちを抑えることはできても、恋心をなくすことはできないでしょう。

どこかで相手を思う気持ちがあるため、苦しくなってしまうはずです。

そのためか、好きな気持ちを抑える既婚者同士の恋愛には特徴があります。

今回はそんな、好きな気持ちを抑える既婚者同士の恋愛について深掘りをしていきます。

好きな気持ちを抑える既婚者同士にはどんなことが起こってくるのでしょうか?

好きになってはいけない人に恋してしまったとしても、対処法は必ずあります

自分がどうするべきか悩んだときは、参考にしてみてください。

既婚者同士が好きな気持を抑えるのはどうして?

既婚者同士が好きな気持ちを抑えるのは、二人の関係にリスクがあることをわかっているからです。

既婚者同士がの恋にはどんなリスクがあるのか、既婚者同士が好きな気持ちを抑える理由を深掘りしていきます。

未来がないとわかっているから

既婚者同士が好きな気持ちを抑えるのは、二人が一緒になれる未来がないとわかっているからです。

もちろん、お互いに離婚をして一緒になることを想像するのは簡単でしょう。

しかし、実際に行動に移すことは難しいはずです。

お金や社会的立場などお互いに失うものは大きく、周りから非難される可能性も高いでしょう。

既婚者同士の恋愛は、一緒になれれば幸せだとは限らないのです

そのため好きになっても先がないことを無意味に感じてしまい、気持ちを抑えようとします。

既婚者同士がお互いに好きになると、現状維持しようとするのはあるあるなことでしょう。

本気になるとお互いの家庭を壊してしまうから

恋愛は、相手への気持ちが大きくなればなるほど、本気度が増していきますよね。

本気になれば相手が自分のすべてになってくるため、生活もガラッと変わるでしょう。

だからこそ、既婚者同士は好きな気持ちを抑えようとします。

相手を本気で好きになってしまえば、お互い家庭を壊してしまうからです。

自分の家庭を壊すだけでなく、相手の家庭も壊してしまえば、好きな人が悲しんだり傷ついたりするのは免れません。

相手を傷つけないためにも、既婚者同士は好きな気持ちを抑えようとするのです

ただ、その時点で、すでに相手への気持ちは本気になっていると言えるかもしれません。

好きになったことへの罪悪感が大きいから

既婚者である自分がパートナー以外の異性を好きになると、罪悪感が出てくるでしょう。

世間的に結婚は、互いしか愛さないことを前提に契約を交わしますよね。

そのためパートナーを裏切っていることが後ろめたくなり、好きな気持ちを抑えて軌道修正を図ろうとするのです。

また、社会的に既婚者同士の恋愛は、ダブル不倫とされて非難の的になります。

倫理的に良くないことを声高々に聞かされれば、自分がいけないことをしている実感が大きくなるでしょう。

既婚者同士の恋愛は、好きな気持ちで幸せを感じるよりも、罪悪感を抱くことの方が多いのかもしれません

好きな気持ちを抑える既婚者同士の特徴

好きな気持ちを抑える既婚者同士には、ある特徴を見ることができます

次の項目に心当たりがある場合は、お互いに両思いの可能性が高いでしょう。

グループを通じた交流に顔を出さなくなる

好きな気持ちを抑えるには、相手との関わりを減らすことをまず考えますよね。

二人きりにならないようにするだけでなく、好きな気持ちを抑える既婚者同士は、グループを通じた交流にも顔を出さなくなります

好きな気持ちを抑えていると、顔を見るだけでも相手への好意は募ってしまうからです。

また、既婚者同士だと、好きな気持ちが周りにバレることを恐れるようになります。

グループの誰かに勘付かれてしまえば、周りとの関係も今までのようにはいかなくなってしまうでしょう。

既婚者同士であれば、好きな気持ちを抑えるために徹底した行動をとります。

最近付き合いが悪くなったと相手に感じるようであれば、あなたへの好きな気持ちを抑えようとしているのかもしれません。

よく目が合う

好きな相手のことは、無意識に目がいってしまうものです

どんなに好きな気持ちを抑えようと意識していても、無意識のコントロールは難しいものですよね。

また、好きな相手を目で追っているときは、目が合うまで見続けてしまう特徴があります。

そのため、好きな気持ちを抑えている既婚者同士はよく目が合うようになるでしょう。

目が合ったときに慌てて相手が視線を逸らすようであれば、好きな気持ちを抑えている可能性はより高くなります。

相手のことを何とも思っていなければ、目が合っても慌てることはありませんし、視線を逸らすこともないでしょう。

目が合うことで慌てる反応をとるということは、たとえ無意識だったとしても、意味があって相手を見ていたことの証拠になるのです。

相手にだけ急に態度が冷たくなる

好きな気持ちを抑える既婚者同士は、相手に嫌われようとすることがあります。

なぜなら、自分だけの力で好きな気持ちを抑えるのは難しいからです。

嫌われることで相手から関係を断ってもらえば、二人の関係に期待もできなくなります。

そうすれば、好きな気持ちを諦める選択肢しかなくなるでしょう。

そのため好きな気持ちを抑えようとしたときに、急に態度が冷たくなることがあります。

ただ、相手にだけ急に態度が冷たくなるため、特別な存在であることはすぐわかってしまうかもしれません。

みんなには気さくに話をするのに、自分にだけは声をかけてくれなかったり、グループLINEでの返信は早いのに自分とのトークの返信が遅かったりする場合は、見極めが必要でしょう。

既婚者同士で以前は仲良くしていたのに、急に態度がガラッと変わったときは、好きな気持ちを抑えようとしている可能性があります。

好きな気持ちを抑える既婚者同士に起こること

好きな気持ちを抑える既婚者同士が一緒にいると、どんなことが起こってくるのでしょうか

好きなのに気持ちを抑えなくてはいけないジレンマがあると、二人の関係はどうなってしまうのか解説していきます。

デートより先のステップに進めなくなる

好きな相手とは、もっと話したいし、いつまでも一緒に時間を過ごしたいと思いますよね。

そして最終的には、触れ合いたいと思うようになるでしょう。

しかし既婚者同士の場合、体の関係を持った時点で不倫の証拠となります。

二人の関係がバレたときに、慰謝料の請求をされたり離婚の原因になったりするでしょう。

そのため既婚者同士で二人の関係が近づくと、デートより先のステップが進めなくなるのです。

最初は、二人だけで連絡を何度もとるようになり、そのうちに一緒にお茶や食事をするデートに発展するようになります。

しかしデートを重ねても、一緒に話をして食事をして別れるだけの時間を繰り返すだけかもしれません。

体の関係を持ってしまえば、好きな気持ちが抑えられなくなることをわかっているからです。

本当は二人ともその先の関係を望んでいるのですが、お互いに誘うことができないでしょう。

一緒にいるのに満たされなくなる

好きな気持ちを抑え続けていると、一緒にいても満たされない気持ちが膨らんでいきます。

本当は好きな気持ちを抑えることなど、既婚者同士でもしたくないからです。

好きな気持ちを抑えると決めたときは、「ただ話すだけでいい」「ただ一緒にいれるだけでいい」と多くは望まなかったかもしれません。

しかし、一緒にいればもっと深く相手と関わりたくなるし、もっと相手と触れ合いたい気持ちは強くなっていきます。

好きな相手と一緒にいれば、欲望はどんどんと大きくなっていくからです

そのため好きな気持ちを抑えるジレンマを余計に感じてしまい、ストレスが溜まるようになるでしょう。

既婚者同士であっても、人が好きな気持ちを抑えるのは難しいことなのです。

相手に当たるようになる

好きな気持ちを抑えようと頑張っていると、だんだんと相手に当たるようになっていきます

好きな気持ちを抑えているはずなのに、相手が他の異性と話をしているだけでヤキモチを焼くようになったり、相手が自分に優しく話しかけてくるだけでも怒りの感情が湧いてきたりするかもしれません。

これは、自分の気持ちを相手にわかってもらえないことが理由です。

好きな気持ちを抑えているため、相手に伝えられないもどかしさが大きくなり、相手に八つ当たりしてしまうのです。

子供が親に気持ちをうまく伝えられず、「わかってくれない!」と駄々をこねるのと実は一緒です。

好きな相手は、どんなに気持ちを抑えていても、自分にとって特別な存在です

そんな相手に自分の気持ちを知ってほしいと思うのは当然でしょう。

そして、うまく気持ちが伝わらなければ、身近に感じている相手に当たってしまうのは仕方がないことなのです。

ただ、この状態を続けていると相手との仲はこじれてしまうため、早急に対策を立てなければいけないでしょう。

既婚者同士であっても、好きな気持ちを抑えたままでいると、その後の後悔が大きくなったり、相手への未練が残って気持ちをいつまでも引きずるようになったりするかもしれません。

【好きな気持ちを抑える既婚者同士】恋をしたときの対処法は?

最後に、好きな気持ちを抑える既婚者同士への対処法を紹介していきます。

好きな気持ちを抑えるのが辛くなったり、このままで良いのかわからなくなったりしたときは、参考にしてみてください。

とことん自分の気持ちと向き合う

既婚者同士であることから好きな気持ちを抑えようと思ったときは、まずはとことん自分の気持ちと向き合うようにしてみましょう

「既婚者だから好きな気持ちは抑えなくてはいけない」と思ったままでは、結果的に好きな気持ちを抑えることはできません。

ちょっとしたきっかけで今まで我慢していた気持ちが爆発して、急速に不倫関係が始まってしまう恐れもあります。

好きな気持ちを抑えるときは、自分の好きな気持ちを否定しがちですが、「好きになるのは仕方がないこと」と肯定するようにしましょう

相手を好きになった事実を受け入れるようにすれば、無理に気持ちを抑えなくても穏やかな気持ちのままで日常はまわっていきます。

相手との関係が発展しなかったとしても、自分の気持ちに満足できるようになるはずです。

恋愛以外に夢中になれるものを探す

好きな気持ちをどうしても抑えなければいけないときは、相手から離れることを考えるよりも、恋愛以外に夢中になれることを探すようにしてみてください。

例えば、仕事に集中したり、趣味をもっと深く突き詰めてみたりするのがおすすめです。

また、新しく習い事をしてみたり、自分磨きをスタートさせたりするのも良いでしょう。

自分の成長を実感すると自信が出てくるため、自分の人生をどう動かしていくべきなのか、もう一度向き合えるようになるでしょう

おわりに

好きな気持ちを抑える既婚者同士は、微妙な距離感を保っているため、すぐに気づくことができるかもしれません。

またお互いの気持ちに気づいたときは、好きな気持ちを抑える前に伝えてしまった方が、未練を残さずに関係を終わりにすることができます。

自分の気持ちを抑え続けていると、精神的にストレスが溜まるため、周りや相手に当たるようになるからです

そうなるとあなたの魅力は半減して、人生にも充実感を得られなくなってしまうでしょう。

今回紹介した対処法を参考にして、好きな気持ちを抑えることに悩んだときは試してみてください。

【Laniから初回15分無料のプレゼント】

電話占いピュアリ 櫟井スミレ先生
夢のような愛の理想を
現実へと結びつける
櫟井スミレ先生
料金:
1分/ 電話料金 360円
占歴:
14年
評価:
4.98
お気に入り:
876
口コミ:
1556
霊感・霊視・霊聴・霊感ルーン・未来透視・未来視・未来予知・過去視・思念伝達・想念伝達・霊感タロット・スピリチュアルリーディング・サイキックリーディング・タロット・エンジェルオラクルカード・ルーン・ダウンジング・オラクルカード・故人との会話・ペットの気持ち・ヒーリング・コンサルテーション・ペンデュラムダウジング・イーチンタロット・ルーン魔術・恋愛トラウマ矯正術・愛する人に世界一愛される術
恋愛成就・出会い・片思い・相手の気持ち・相性・結婚・男心・女心・複雑な恋愛・三角関係・浮気・不倫・復活愛・復縁・国際恋愛・離婚・人間関係・職場の人間関係・対人関係・仕事運・適職・天職・転職・進路・就職・経営相談・開業・夢・目標・家族関係・夫婦関係・家庭問題・夫婦問題・親族問題・育児・子育て・シングルマザー・人生相談・魂の本質・ペットの気持ち・ペット交信・パワーストーン選択

既婚男性の本音を知りたいなら、電話占いピュアリのカウンセラー、櫟井スミレ先生の右に出る者はいないでしょう。

神道の高霊力家系から受け継いだ鋭い霊感で、お相手の本心をズバリ言い当てます。また、Laniからの登録で初回15分無料相談ができるので、その分の費用は一切かかりません。

既婚男性の気持ちがわからないと悩んだら、まずは想念伝達で相手と通じ合える櫟井スミレ先生に相談してみましょう。

櫟井スミレ先生に相談したところ、未読無視/既読無視されていたお相手から電話がかかってきた、相手とのコミュニケーションが円滑になったという奇跡の口コミが多数寄せられています。

ぜひ、初回15分無料を活用して奇跡の体験をしてみてください。

▶櫟井スミレ先生の口コミ・詳細はこちら

櫟井スミレ先生が在籍している電話占いピュアリのキャンペーンはこちら

電話占いピュアリ
初回15分無料はLaniからの登録限定!
Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

浮気・不倫(123)
Lani

コメント