PR

恋人やパートナーにキスマをつけられたいですか?つけられたくないその理由とは?

Laniで行ったキスマに関する調査では、男女ともに「ちょっとした悪戯で」キスマをつけるという方が多いことが明らかとなっています。

一方、恋人やパートナーからキスマをつけられる側の意識については不明確なのが現状です。今回は、キスマをつけられる側の意識として、「キスマをつけられたくない理由」について調査を行いました。

その結果を公表していきます。

調査概要

調査期間:2023年6月11日
調査機関:自社調査
調査対象者:全国の男女215名
有効回答数(サンプル数):215名
調査方法:インターネット(クラウドソーシングサービス)による調査

本アンケート調査結果を引用する際は、LaniのURL(https://lani.co.jp)をご使用のほどお願いいたします。

調査の結果

Q, 恋人やパートナーにキスマをつけられたいですか?

はじめに、恋人やパートナーからキスマをつけられることへの意識について質問を行いました。

恋人やパートナーからキスマをつけられたいという方は16%に対し、つけられたくない方は84%。

キスマをつけられたい方よりもつけられたくないと感じる方が多い結果となりました。

Q, キスマをつけられたくない理由はなんですか?

恋人やパートナーからキスマをつけられたくないと回答した方を対象に、キスマをつけられたくない理由について伺いました。

最も回答数が多かったのは、「人目を気にするから」という理由。次に、「働いているから」との回答が多く選ばれており、職場内を含む周囲からの視線という部分で抵抗を感じられている傾向がみられました。

Q, 見えないところにキスマをつけるならアリ?ナシ?

周囲からの視線を気にして恋人やパートナーからキスマをつけられることに抵抗を感じている方が多い中ではありましたが、周りから見られないところであれば問題はないのでしょうか。

アンケートにて回答を求めた結果、元々キスマをつけられたくないと回答した方のうち、およそ4割が「アリ」と回答。

見えるところは嫌だけど、見えないところなら大丈夫」と思う方も一定数いることが明らかとなりました。

まとめ:恋人やパートナーからキスマをつけられたくないのは「人目を気にするから」

調査の結果から、恋人やパートナーからキスマをつけられたくない方は8割を超えており、大半が「人目を気にするから」という理由で抵抗を感じていることが分かりました。

その中で、見えないところにキスマをつけられることに対しては4割の回答者が「アリ」と回答。

キスマをつけられること自体嫌だと感じる方がいる一方で、「見えないところなら大丈夫」と感じる方がいることも同時に明らかとすることができました。

■今後の展開

キスマをつけられたくないという方の中で、「人目を気にするから」との理由が多く挙げられていました。

今後の調査では、この「人目」に着目。キスマがついている他者をみて人はどう感じるのか。

アンケートを用いて、「キスマがついている他者をみて感じる印象」について検証を行っていきます。

■関連記事

キスマをつける女性の心理に迫る!好きな人にキスママークをつける理由は「ちょっとした悪戯で」

合同会社Laniについて

合同会社Laniでは、インターネットメディアの企画・制作・運営を行っています。各ジャンルの専門家監修に監修を依頼し「Lani(https://lani.co.jp)」をはじめとするコンテンツを制作しています。

会社概要

社名:合同会社Lani

所在地:神奈川県横浜市鶴見区諏訪坂19-26

代表者:須山 輝明

事業内容:Webメディア事業、コンテンツ制作事業

設立:2021年7月7日

HP:https://lani.co.jp

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

鈴木健太
執筆者

高校生時代からおよそ5年弱、学業とともにWebライターとして副業を続けてきました。大学にて心理学を専攻しているということもあり、心理学を始めとする対人関係・恋愛のライティングを中心に活動しております。

恋愛(712)
Lani

コメント