PR

距離が近くても嫌がらない女性

話すときに妙に顔が近かったり、ボディタッチが多い女性っていますよね。距離感が近いだけで、思わずドキッとしてしまう男性も多いのではないでしょうか?

この記事では、男性との距離感が近くても嫌がらない女性の心理や脈ありサイン、脈なしサインなどを詳しく解説していきます!

「あの子は俺のこと好きなのかな?」「アプローチしていいのかな?」と気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

距離が近くても嫌がらない女性の特徴や性格

女性の中にはさまざまな性格の人がいて、シャイなタイプもいれば逆にグイグイと積極的に距離を縮めるタイプの人も存在します。

ここでは、男性との距離が近くても嫌がらない女性の性格について解説していきます!

フレンドリー

まだそれほど親しくないのに距離が近くても嫌がらない女性の場合、明るくフレンドリーな性格の人が多いでしょう。

みなさんは、「パーソナルスペース」という言葉をご存じでしょうか?パーソナルスペースとは、他人が近づいても不快感を感じない範囲のこと。日本人はシャイな性格の人が多く、パーソナルスペースは比較的広いと言われています。

しかし、あまり人見知りをしないフレンドリーな性格の人の場合、パーソナルスペースがそれほど広くなく、他人との距離が近くても違和感を感じないこともありますよ。

好奇心旺盛

好奇心旺盛な性格の女性も、他人との距離が近くなりがち。「あまり近づいたら失礼かも」と頭ではわかっているのですが、あなたに興味がありすぎてどんどん近づいてしまうこともありますよ。

「あなたのことをもっと知りたい!」「もっといろんな話を聞かせて!」という気持ちが膨らみすぎてしまうのでしょう。

さみしがり屋

さみしがり屋な性格の女性も、つい他人との距離が近くなりがちです。相手をしてくれる人を常に探しているので、「私の方を見て」「離れていかないで」という気持ちが大きくなり距離感をどんどん詰めてきます。

依存的な性格の女性なので、あまり優しくしすぎると粘着されてしまう可能性もありますよ。

恋愛体質

女性の中には、常に獲物を狙っている肉食的なタイプも存在します。このタイプの場合、無意識に距離が近いのではなく意識的に距離を縮めてくるのがポイントです。

女性にボディタッチされたりすると、多くの男性がドキドキしてしまうことをわかっているのでしょう。とくに恋愛経験の少ない男性の場合は、あっさり落とされて遊ばれてしまうこともあるので要注意ですよ。

距離が近くても嫌がらない女性の心理6つ

女性との距離が近いと、「俺に気があるのかな?」と感じてしまう男性も少なくありません。実際にあなたに好意がある場合もあれば、ただ単にパーソナルスペースが狭いだけという場合もありますよ。

ここでは、距離が近くても嫌がらない女性の心理を詳しく解説していきます!

あなたに好意を持っている

あなたと距離が近くても彼女が嫌がらない・離れようとしない場合、あなたに好意を持っている可能性があります!嫌いな相手だったら、そばに来るだけで嫌な顔をしたり離れようとしたりしますからね。

積極的なタイプの女性の場合は、あなたにアプローチするために肩や手に触れるなどのボディタッチをしたり、顔を覗き込んだりすることもあるでしょう。

あなたと仲良くなりたい

距離が近い女性は、あなたのことを異性として意識しているわけではなく、普通に友達として仲良くなりたいと思っている場合もあります。あなたに興味があったり、「気が合いそうだな」と思ってくれているのかもしれません。

シャイな女性は、仲良くなりたいからといってすぐそばにくっついてくることはありませんが、フレンドリーな性格の女性は気軽にボディタッチをしてくることも多いですよ。

あなたに対していい印象を持っていることは確かなので、何かのきっかけで恋愛に発展する可能性もありますよ。

あなたを信頼している

あなたとある程度親しい女性の場合、距離が近くても嫌がらないのはあなたを信頼しているからなのかもしれません。あなたに気を許している・心を開いているとも言えるでしょう。しかし、あなたを異性としては見ていない場合もあり、平気で下ネタを言ったり肩を組んできたりする女性もいます。

男性としてはあまり距離が近いと「友達なのに異性として意識してしまう…」という人も多いですが、急に恋愛モードになると彼女が引いてしまうこともあるので注意してください。

あなたをドキドキさせたい

小悪魔的な女性の場合、わざとあなたをドキドキさせようとして距離を縮めてくる場合もあります。初対面なのに隣にぴったりとくっついて座ってきたり、手に触れたり、肩にもたれたりといったボディタッチは、小悪魔女子の常套手段ですよ。

距離を近づけてドキドキさせることで、あなたを落とそうとしているのです。そういった女子は好みの男性を見つけるとすぐに近づいていくので、真面目な恋愛をしたいならあまり関わらないほうがいいかもしれません。

自分のことを覚えてもらいたい

「私を見て!」という目立ちたがり屋の女性は、誰かの陰に隠れてしまうことは我慢できません。ズイズイと前に出すぎた結果、あなたとの距離がどんどん近くなってしまったという場合もありますよ。

つまり自己主張が激しいタイプで、自分のことをアピールするために距離が近くなってしまったのでしょう。このタイプは、話すときも妙に顔が近かったりします。もともとそういう性格の女性なので、あなたのことを特別に思っているというわけではなさそうです。

深い意味はない

もともとパーソナルスペースが狭いタイプの女性は、あなたとの距離が近くてもとくに深い意味はありません。電車や飲食店などでも、空いているのになぜか隣に座ってくる人っていますよね。そういう人は、パーソナルスペースの意識が薄く、無意識に他人との距離を近づけてしまっている可能性がありますよ。

パーソナルスペースは人や国によっても違いが見られます。日本人は他人との距離を取りたがる人が多いので、妙に近づいてくる人には違和感を覚えやすいかもしれませんね。

距離が近くても嫌がらない女性の脈ありサイン

距離が近くても嫌がらない女性は、あなたに好意がある場合と無意識の場合があります。距離が近いからといって、「俺のことが好きなんだ!」と決めつけることはできませんよね。

ここでは、距離が近くても嫌がらない女性の「脈ありサイン」をご紹介します。

二人きりの時間を作ってくれる

彼女があなたと二人きりになりたがっている場合は、脈ありと言えるでしょう。「勉強教えて」と言ってあなたを誘い出したり、お茶や食事に誘ってくるなら、あなたにかなり好意があると考えて良さそうです。

ただ、そうやって積極的に近づいてくる女性の中には、肉食系の遊び人タイプもいるので注意が必要ですよ。

あなたに対して興味津々

ただ単に自己主張の激しい女性の場合は、自分の話ばかりしてあなたに興味がない場合もありますよね。それに対して、「どんな仕事してるの?」「休日何してる?」「趣味は?」など、あなたに色々な質問をしてくる女性は、脈ありの可能性が高いですよ。

あなたのことが好きとまではいかなくても、良い印象を持っているのは間違いないでしょう。

あなたをじっと見つめる

そもそも、異性と距離が近くても平気なタイプの女性は、恥ずかしがり屋ではなく積極的な性格といえます。シャイな女性は自分から男性に近づくことはおろか、目をじっと見つめることができず逸らしてしまう人も多いですが、積極的な女性は好きな人の目をじっと見つめるのも平気です。

もちろん、興味のない人をじっと見つめることはないので、熱い視線を送られる場合は脈ありと考えて良いでしょう。恋愛慣れしている女性なら、上目遣いもお手のものですよ。

秘密を共有してくれる

彼女が、複雑な生い立ちや過去の失恋話など、他人にはあまり話さないような秘密を打ち明けてくれる場合は、あなたのことを特別な存在だと思っている可能性があります。

ただし、あなたを友人として信頼しているという場合もあるので、あまり焦って関係を進展させようとするのは禁物ですよ。

恋愛の話をしようとする

彼女が、「どんな人が好み?」「彼女いる?」など恋愛についての質問をしてくる場合は、あなたを恋愛対象として意識している可能性があります。

「今フリーだよ」「彼氏ほしいな」など、自分には今恋人がいないことをアピールしてくる場合もあるでしょう。

他の男性とは距離が遠い

パーソナルスペースの意識が希薄な女性の場合、誰とでも距離が近いのが特徴です。一方、他の男性とはそれ程距離が近くないのに、あなたとだけ距離が近いなら、かなり脈ありと考えてよさそうです。

とくに、普段はシャイな女性が距離を近づけてくる場合、あなたのことが好きで頑張ってアピールしていると考えられますよ。

距離が近くても嫌がらない女性の脈なしサイン

距離が近くても嫌がらないからといって、あなたに好意があるとは限りません。「勘違いだったら痛いな…」と悩んでいる男性も多いですよね。

ここでは、距離が近くても嫌がらない女性の「脈なしサイン」をご紹介します。

他の男性とも距離が近い

彼女があなた以外の男性とも距離が近い場合、もともと誰とでも距離感が近いタイプといえます。物怖じしない性格だったり、自己主張の強い性格の女性は、平気で他人のパーソナルスペースに入ってくるので要注意ですよ。

恋愛経験の少ない男性は、女性に近づかれただけで過度に意識してしまうことも多いので気を付けましょう。

友達として接してくる

フレンドリーな性格の女性の場合、ある程度仲良くなるとボディタッチが増えることもあります。まったく異性として意識しているそぶりがなく、完全に友達ノリの場合は脈なしといえるでしょう。

下品な話題にも恥ずかしがることなく乗ってきたり、大口でギャハハと笑ったり、「友達だから」と公言していたりする場合は、残念ながら「良い友達」としか思われていないのかもしれません。

笑顔が少ない

女性の中には、控えめでなかなか自己主張ができない人も存在します。そういう女性は、男性側からジワジワと距離を縮められても「避けたら失礼かな…」と思ってしまい、すぐに離れられないということもあります。

「逃げないなら喜んでるはず!」と勘違いしてしまう男性も多いですが、女性の表情をよく見れば本当の気持ちはわかるはず。あなたに好意があるならうれしそうな顔をしますが、嫌なら笑顔が少なくなっているでしょう。彼女が硬い表情をしているなら、そっと離れてあげてください。

彼女の方から近づいてこない

「あなたの近くにいたい」と思っている女性の場合、あなたが近づかなくても彼女の方から近づいてきてくれます。それに対して、彼女の方からは全然近寄ってくるそぶりがないなら、あなたが無理やり近づこうとしているだけで彼女は何とも思っていない可能性が高いでしょう。

女性の中には、「来るもの拒まず去るもの追わず」な精神の人も存在します。なれなれしい男性は適当にあしらうだけという考えなので、恋愛感情はないですよ。

距離が近くても嫌がらない女性と仲良くなるための恋愛テクニック

彼女と距離が近くても嫌がらないなら、脈ありの可能性も十分あります。ここでは、そんな女性と仲良くなるためのテクニックについて解説していきます!

清潔感を大切にする

距離感が近いと、遠目ではわからなかったような部分が目につくようになりますよね。「近寄ったら服がシミだらけだった…」「なんか嫌なニオイがした…」「歯が汚かった…」など、清潔感がないことで幻滅され、恋のチャンスを逃してしまうこともあります。

至近距離でも自信が持てるよう、身だしなみをきちんとして清潔感をアップさせておきましょう。難しいことは必要なく、ちゃんと風呂に入る・髭を剃る・歯を磨く・服を洗濯するといった基本的なことで十分ですよ。

笑顔で話しかける

シャイな男性の場合、女性との距離が近いと緊張のあまり不愛想になってしまいがちですよね。しかし、いわゆる「好き避け」の状態になってしまうと、最初は好意を持ってくれていた女性も愛想を尽かしてしまうことがあります。

彼女と仲良くなりたいなら、好き避けしていても始まりません。高度な恋愛テクニックは必要ないので、まずは笑顔で会話することが大切。最初は緊張で頓珍漢なことを言ってしまったりして失敗することもありますが、場数を踏むことで会話も上手になっていきますよ。

褒める

多くの女性は、男性に褒められるとお世辞であってもうれしいもの。褒めてくれた人に対する印象が格段にアップします。彼女と仲良くなりたいなら、ちょっとしたことでも良いので褒めてあげると効果的ですよ。

「可愛い」「きれい」などのストレートな言葉は恥ずかしいと感じる場合は、「今日の髪型似合ってるね」「話してると楽しい」などの表現もおすすめです。

焦りすぎない

近づいても嫌がらないからといって、いきなり告白したりして一気に恋愛関係になろうとするのはNG。軽い男と思われて、せっかくの恋愛チャンスを逃してしまいます。

頻繁に話しかけたり褒めたりして好意を匂わせながら、徐々にデートに誘って距離を縮めるとよいでしょう。

おわりに

今回は、男性との距離感が近くても嫌がらない女性の心理や脈ありサイン、脈なしサインなどについて詳しく解説してきました。

距離が近くても嫌がらない女性は、あなたに好意がある場合と無意識で距離が近くなっている場合があります。必ずしもあなたのことが好きというわけではないので、彼女の脈ありサインをしっかりと見極めてくださいね。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者Lani編集部
恋愛(634)
Lani

コメント