当サイトには広告が含まれます。

マッチングアプリでブロックされたけどLINEは繋がる……?ブロックされる理由や心理・対処法について解説!

マッチングアプリで相手とつながることができると、面倒ゆえに多くの人がLINEに移行してやりとりをする人が多いでしょう。

そんな中、突然マッチングアプリでブロックされることがあり、なにか心当たりがないと不安を感じてしまうもの。

ですが、マッチングアプリはブロックされていてもLINEはつながっているため「理由があるのでは……?」と、相手の心理を深読みしてしまいますよね。

また、たくさんの人とやりとりしている人はごちゃごちゃしてしまうこともあり、LINEへ移行後にブロックしてしまうことがあるのです。

今回はそんな、マッチングアプリでブロックされたけどLINEはつながる理由や心理などについて解説します。

マッチングアプリとLINEのブロックの違い

マッチングアプリとLINEでブロックするということは、特定の相手とのつながりを断つことを意味します。

特定の相手をブロックするとどのようなことが起こるのか、まずはマッチングアプリとLINEのブロックの違いを解説します。

マッチングアプリ

マッチングアプリのブロックは規約の制限なく、特定の相手とのつながりを断ち切るため、誰でも使うことができる機能になります。

もちろんアプリによって違いはあるものの、このブロック機能をマッチングアプリで使うと、

  • お互いに「退会済み」と表示される
  • お互いにメッセージを送ることができない
  • お互いの足あとが見れなくなる
  • お互いに検索しても出てこない

といったことがお互いのページで起こるため、合わない相手には簡単にブロックができてつながりを切ることができるのです。

ですが、マッチングアプリでブロックをしたあとに改めて「やっぱりメッセージのやりとりしたいな」と、思ったとしても一度ブロックをしてしまうと解除ができません。

ブロックで完全につながりを断ち切ってしまうため、きちんと考えて使用することをおすすめします。

LINE

ほとんどの人が使っているLINEのブロックも同様に制限なく誰でも使うことができ、マッチングアプリと異なりいつでもブロック解除ができてしまうのです。

そのため、一時的に関係を断ちたい場合にも使用でき、時間を置いて再びメッセージのやりとりをすることも可能になります。

そんなLINEでブロック機能を使うと、

  • 相手にブロックされてもわからない
  • メッセージや通話ができるけれど相手につながらない
  • タイムラインの投稿が見れなくなる
  • スタンプなどのプレゼントができない

といったことが起こるものの、なにかわかりやすく表示されるということがないため、ブロックされたことに気づかなかったということもあるのです。

また、相手にブロックされていてもLINEグループでは、お互いが表示されてやりとりができてしまうため、ブロックしていても完全につながりを切ることはできません。

マッチングアプリでブロックされる4つの理由や心理

マッチングアプリを使ったことがあるという人が多い中、アプリを使っていると自分とは正反対な人と出会うこともあり、相性がまったく合わない人も少なくありません。

そのため、楽しく続けられるようにブロック機能を使っている人もいるはず。

まずは、どのような理由から特定の人をブロックしてしまうのか解説します。

あなたに興味がなくなった

マッチングアプリをブロックされる一番の理由のひとつが、あなたに興味がなくなったことで「もういいかな……」と、ブロックする人も少なくありません。

すこしでもあなたに興味があればブロックすることなく、残しているもの。

ですが、ブロックするということはあなたとの連絡を断ちたいと考えているのです。

前触れもなくブロックされてしまうため「数日前まで仲良くやりとりしていたのに……!」と、驚いてしまいますが人の気持ちは突然変わってしまうもの。

自分が良いと思っても相手も同じように思ってくれているとは限らないため、時間を無駄にしないためにも興味が失われたら早くにブロックしてしまうのです。

同時進行を知られたくなかった

アプリによっては相手の行動が見れてしまうアプリもあるため「自分とやりとりしているのに……」と、ほかの人との同時進行を責められることを避けるように、ブロックすることもあります。

現在やりとりをしている相手とうまくいくことはわからないため、多くの人が同時進行しているもの。

ですが、それを相手に知られるといい気分にならないことはもちろん、責められたり関係が進められなかったりすることもあるでしょう。

もちろんそれぞれの性格によっては、相手に自分の行動を見られることを不快に感じる人も少なからずいるもの。

そのため、マッチングアプリからLINEに移行できると「LINEがあるからいいよね」と、マッチングアプリではブロックしてしまうのでしょう。

ページの整理をしていたため

マッチングアプリを使う人の中にはいろんな人がいるため、特定の相手と合わないこと以外に、

  • やりとりが既に終わっている
  • メッセージの履歴を残したくない

といった理由からブロックしてしまう人も少なくありません。

たくさんの人がマッチングアプリを利用しているため、相手と合わずにメッセージが続かない人がいたり、既にやりとりが終わった人もいるでしょう。

そのような相手との履歴は必要ないとブロックしてしまうのです。

筆者も以前マッチングアプリを使用していた際、メッセージが溜まってごちゃごちゃしてしまうことが嫌になっていたことがありました。

そのときにページ内をスッキリさせるためにも、やりとりが終わった人はブロックして消していたのです。

このように常にスッキリさせておきたい人は、一定期間やりとりがない人はブロックしてしまうことがあります。

マッチングアプリをやめた

相手が退会した場合もブロックと同じようなことが起こるため「退会済み」と表示されているのであれば、マッチングアプリ自体をやめてしまった可能性もあります。

ある程度の期間マッチングアプリを続けていると、なかなかいい人に出会えないことであったり、無駄なメッセージのやりとりにストレスを感じてしまうもの。

そのため、なにかが原因でブロックされたというよりも「一度やめたい……」と、マッチングアプリ自体をやめてしまったのでしょう。

マッチングアプリでブロックされたけどLINEはつながる相手の理由や心理4つ

さまざまな理由があるものですが、マッチングアプリでブロックされることは「あなたとは連絡を取りたくない」という意味で受け取ってしまうもの。

ですが、LINEではブロックされていないことを知ると「ただアプリをやめただけなのかな」といった期待をしてしまう人もいるはず。

ここからは、マッチングアプリでブロックされたものの、LINEはつながる相手の理由や心理について解説します。

プロフィールを見られたくない

マッチングアプリで良い人が見つかったものの、なかなかやめられないこともあり「マッチングアプリを続けていることをバレたくない……」と、ブロックする人もいるのではないでしょうか。

LINEに移行したとしても、常にマッチングアプリにハマっていた人は簡単にやめられず、良い人や恋人ができても続けている人もいます。

マッチングアプリのプロフィールでは、ログイン情報も表示されてしまうため「やめてなかったの?」と、責められてしまうことを避けるため、ブロックしたのかもしれません。

急に面倒に感じてしまった

マッチングアプリでは楽しくメッセージのやりとりをしていたものの、LINEに移行した瞬間「なんだかやりとりが面倒……」と、急に気持ちが冷めてしまうこともあるのです。

性別はあまり関係なく、熱しやすく冷めやすいタイプに多いのかもしれません。

初対面ゆえにマッチングアプリ内では盛り上がっていたものの、LINEに移行すると急激に熱が冷めたように気持ちがなくなることもあります。

一時的なものになりますが、面倒に感じるとLINEのやりとりは当然ストップするでしょう。

ですが「なんで連絡返してくれないの?」と、マッチングアプリからメッセージを送る人もいるため、このような面倒なことを考えてLINEは残しているものの、マッチングアプリはブロックしているのかもしれません。

特に理由はなく残している

マッチングアプリである程度のやりとりを済ませると、多くの人がLINEに移行して関係を築こうとしている人がいるもの。

特に男性はマッチングアプリが有料なこともあり、早くLINEを聞いてマッチングアプリをやめたいと思っている人がいます。

初めはマッチングアプリでやりとりしていても、LINEの交換後は完全に移行して使わなくなってしまうため「LINEがあるからもういらないよね」と、ブロックしてしまうのでしょう。

そのため、マッチングアプリではブロックすることにそれほど深い意味はないのです。

キープとして残している

LINEはつながっているけどマッチングアプリでブロックされている場合、キープされている可能性があります。

価値観や考え方が合っているものの、まだあなたを恋人の対象として見ることができていないのかもしれません。

それなりに自分の中に好意を感じていたり、あなたからの好意も受け取っていても「関係を進めても良いのかな」と、どこかで迷いの気持ちがあるのでしょう。

そのため、LINEではつながっていたいと思って残しているのかもしれません。

マッチングアプリでブロックされたけどLINEはつながるときのNGポイント

LINEではつながっていてもマッチングアプリではブロックされていると「嫌われたのかな」「諦めた方がいいのかな」と、ネガティブに考えてしまうもの。

最後に、マッチングアプリではブロックされたけれど、LINEではつながるときの対処法をご紹介します。

連絡をしても追いLINEはしない

LINEがつながっていると連絡したい気持ちが強くなり、返事がきていないのにもかかわらず、何度も追いLINEをしてしまうことがあるでしょう。

ですが、マッチングアプリをブロックされていることを忘れて追いLINEをしてしまうと、LINEまでもブロックされてしまうためNGです。

マッチングアプリをブロックされたこと嫌われているとは判断できないものの、なにか理由があってのこと。

そのため、あなたの気持ちだけではなく相手のことも考えて、

  • LINEをしても追いLINEはしない
  • マッチングアプリのブロックに対して責めない
  • 長文LINEは控える

といったことを意識したLINEを送ることが大切になります。

状況を判断しつつアプローチする

LINEがつながっているからといって、相手の都合などを無視したアプローチは嫌われてしまう可能性もあるためNGです。

好意を抱く相手とは「関係を進展させたい」「もっと関わりを増やしたい」といった想いを強く抱いてしまうもの。

ですが、相手の気持ちを考えずに押し付けてしまうと「なにも考えてくれていない……」と、マイナスなイメージを与えてしまっては嫌われてしまうこともあります。

最悪の場合はLINEブロックにもつながってしまうため、相手の状況を探りながら焦らずに距離を縮めていくようにアプローチをしましょう。

まとめ

LINEではつながっているものの、マッチングアプリではブロックされていることを知ると「なにかしてしまったのかな……」「嫌われたのかな」と、好意を抱いているほど深く考えてしまうもの。

ですが、相手の性格によってはLINEを交換した後はスッキリさせたいため、マッチングアプリから消したいと思う人も少なくありません。

そのため、マッチングアプリをブロックされたから「嫌われたんだ……」と、思い込んでしまう前にLINEを送って相手の状況など知ることが大切になります。

柳瀬 蓮
執筆者

元キャバ嬢ライター。脚本やエッセイ・コラムなど、主にアニメ・恋愛・美容・占い・心理学・スピリチュアルについてさまざまなメディアで執筆中。夜職を約10年以上の経験していたことで、ナイトワークについての執筆も得意としています。1人でも多くの人のためになるような記事を届けられることを心がけています。

柳瀬 蓮をフォローする
マッチングアプリ(48)
Lani

コメント