PR

付き合って半年の男性心理とは?マンネリ化や気持ちの変化には注意?彼の気持ちを維持して幸せな関係を築く方法!

付き合って半年も経つと互いの存在が当たり前になってしまったり、これまでよりも理解できる部分が増えることで関係に気遣いなどがなくなっては、マンネリ化に繋がってしまうことがあります。

些細な言い合いも喧嘩も特にないものの、慣れゆえにマンネリ化していることを感じると「冷めたりしていないかな……」「もっと彼に愛されたい」などと、多少なりとも不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな、付き合って半年の男性心理や彼の気持ちを維持する方法について解説します。

付き合って半年の男性心理5つ

女性とは異なり男性は恋愛への優先順位が低いこともあり、ある程度の時間が経つとこれまで続いていたことがなくなり「嫌いになったのかな」「嫌なことしてしまったのかな」など、男性の変化から不安に感じる人も少なくありません。

ですが、男性は心の奥底に抱く自分の素直な気持ちを隠したがる傾向にあるため、女性が不安に感じていても男性は2人の関係に安心していることが多いのです。

まずは、付き合って半年の男性はどのようなことを考えていたり想っているのかを解説します。

彼女を愛おしい気持ちは変わらない

恋愛に依存しがちな女性が多いため、付き合いが長くなったことで起こる彼の些細な変化にも不安を感じてしまうものですが、半年経っても愛おしい気持ちが変わらない男性が多いのです。

付き合い初めのようなドキドキや緊張感などは、半年という慣れゆえにどうしてもなくなってしまうもの。

ネガティブな想いを抱きがちな女性は「〜してくれなくなったから嫌いになったのかもしれない……」といって過去と現在を比べてしまいますが、これまでに感じられなかった安心感・居心地の良さなどを男性は感じられるようになるのです。

そのため、付き合い初めと比べて彼の態度が変わってしまったとしても、彼の心の奥底ではあなたへの愛おしい想いがしっかりと存在していることは変わりません。

彼女の存在が当たり前になる

付き合って3ヶ月〜半年ほどになると気遣いや遠慮・緊張などがなくなるため、気づけば彼女の存在が当たり前になっていることがあります。

カップルであってもどこかまだ多少なりとも気遣いや遠慮があったはずですが、半年も経つとこうした思いやりがなくなり良い意味はもちろん、悪い意味どちらにも受け取ることができるもの。

あまり自分の気持ちを素直に伝えられなかった彼が言えるようになったり、遠慮がなくなったことで彼が自発的になにかをしてくれるようになることもあるでしょう。

ですが、彼女であるあなたの存在が当たり前になることで踏み込み過ぎたり気遣いが感じられない言動が増えたりと、些細なことで言い合いや喧嘩が増えてしまうことも少なくありません。

ドキドキよりも安定した愛情に変わった

付き合いが半年にもなると緊張感やドキドキ感など新鮮さはなくなってしまうものの、安心感を抱くことができるようにもなります。

恋愛を主に考えている女性からするとドキドキ感や緊張感が失われることは「気持ちが冷めたのかもしれない……」などと、マイナスに捉えがち。

ですが、男性は居心地の良さや安定した愛情を与えられるようになるため、女性のように不安や心配を感じることはないのです。

そのため、安心感ゆえに彼からの言動に寂しさや不安を感じてしまうのであれば、コミュニケーションを意識してみることもいいでしょう。

連絡やデートがすこし面倒に感じる

付き合い初めの頃は毎日LINEや電話をしていたり、彼からデートに誘われることがあったものの、半年にもなると連絡やデートの回数が減ったということもあるでしょう。

特に女性は連絡の頻度で愛情をはかってしまう傾向にあるため「連絡が減ったから嫌われたかもしれない……」などとジャッジしてしまうもの。

ですが、男性はそもそもLINEでコミュニケーションを取ることを意識していないため、初めは頑張ってやりとりしていても半年も経つと疲れてしまうのかもしれません。

また、半年という時間ゆえに彼はあなたに安心感や信頼感を抱いているため「マメに連絡を取らずとも心配はしていない」という意思表示の可能性もあります。

彼女のマイナスな部分が気になる

付き合い初めは想いも感情も高まり盲目的になっていることもあり、マイナスな部分を目にしても「かわいいなぁ」といって受け止めてもらえるものの、半年が経つと逆に気になってしまうこともあります。

初めの頃は互いに「嫌われたくない……」「自分のことを理解してほしい」などと、多少なりとも演じているもの。

ですが、半年という時間から性格や価値観・考え方を理解できるようになったり、安心感や信頼関係ゆえに本当の自分が出せるようになると、これまで隠してきた部分が出てきてしまうのです。

半年経って新たに発見した部分であったりこれまで気にならなかった部分が気になっては、イライラしてしまったり喧嘩に発展してしまうことも増えてしまうのです。

マンネリ化を防ぐ!彼の気持ちを維持するための3つのポイント

付き合い初めはドキドキ感があったものの、関係が長くなると新鮮さが失われてしまうとマンネリ化を感じてしまうことがあります。

言い合いや喧嘩もなく彼と良い関係が築けていても気持ちの変化から「つまらない……」と感じてしまうため、彼のことを意識した言動が大切になるのです。

ここからは、彼の気持ちを維持するためのポイントをご紹介します。

素直な愛情表現を意識する

彼の気持ちがあなたから離れないためにも、付き合い始めの頃のように素直な愛情表現を心がけましょう。

付き合いが長くなると「伝えなくてもわかってるはず」「わざわざ言う必要ないよね」などと、初めの頃と比べて愛情を伝えることがどうしても減ってしまうもの。

半年という時間が信頼関係を築けているため、はっきりと言葉にせずともわかってくれていると思い込んでいる人も少なくありません。

ですが、わかってくれているからと言葉にすることがなくなってしまうと、マンネリ化につながっては彼の気持ちが離れてしまいます。

ゆえにわかってくれていると甘えることなく、あなたからもストレートな愛情表現をするようにしましょう。

きちんと話し合いをする

マンネリ化を防ぐためにも、なにか思うことがあればその都度しっかりと話し合いをすることも大切です。

恋愛に対して不安や心配などネガティブな想いを抱え込みやすい女性は、なにか思うことがあったとしても「伝えていいのかな……」と、些細なことでも伝えられずに抱え込んでしまいがち。

ですが、感じたり思ったことを放置したり抱え込み過ぎると当然あなたのストレスとなったり、なにか抱えていることを彼に気づかれてしまうこともあります。

その結果「頼ってくれないんだ」「頼りにならないのかな」などと彼の気持ちが離れてしまいかねないため、気になることはしっかりと話し合うようにしましょう。

普段とは違ったデートをしてみる

付き合い始めから同じ場所やデートコースが多い場合、これまでとは違ったデートをしてみることもマンネリ化を防ぐ方法のひとつです。

人はどうしてもいつもと同じデートコースや同じ場所のデートが続いてしまうと「いつも同じで飽きた……」と、マンネリ化を感じては彼の気持ちも離れてしまうもの。

そのため、普段と違ったデートをしてみることで新鮮な気持ちを感じられ、付き合い始めのようなワクワクや楽しい気持ちを共有することができるはずです。

付き合って半年で彼の気持ちが冷めるNGな言動

半年という期間で信頼関係が築けていたとしても彼に対して「どうして〜してくれないの⁉︎」「彼氏なら〜してよ!」などと求め過ぎたり、彼のことを考えられないようなワガママな言動はNGになります。

カップルであったとしても彼にもあなたと同じように意思があり、仕事や趣味・友人などあなた以外にも大切にしているものがあるのです。

それなのにもかかわらず「彼氏ならしてくれてもいいじゃん!」と、彼のことを思いやれない言動はストレスや負担を与えかねません。

多少のワガママであるとかわいく「お願いを聞いてあげよう!」といってしてあげたくなるものですが、あまりにもワガママに求め過ぎてしまうと気遣いがないと冷めてしまう可能性があります。

また、彼との関係に「毎日LINEをすること」「異性と関わるときは必ず報告」など、細かなルールを決めてしまうこともNGです。

特に男性は性質的に自由を求めている人が多いため、細かくルールを決めてしまうと初めは大丈夫でも時間が経つと窮屈さを感じてしまいます。

そのため、彼の立場になり「これを求めて嫌にならないかな」と、気持ちの配慮を忘れないようにしましょう。

付き合って半年だけど体の関係がない……彼の本音は?

付き合っているのにもかかわらず、いつになっても彼と体の関係がないと「私には魅力がないのかな……」「もしかして浮気しているのかもしれない」などと、女性は特に不安を抱いてしまうもの。

ですが、半年という期間はまだ付き合い始めの気持ちが変わらずに残っていることはもちろん、男性であっても体の関係をそれほど重要視していない人もいます。

ゆえにコミュニケーションをきちんと取れているからこそ体の関係がなくても満たされていたり、あなたのことを大切に想うあまり簡単に手を出せないということも少なくないのです。

また、過去の恋愛でトラウマを抱えている場合、行為自体に恐怖心を感じていたり自信のなさゆえに「なかなか手が出せない……」といったこともあるため、一度しっかりと向き合うことが大切になります。

付き合って半年の彼と幸せな関係を築く方法3つ

付き合って半年も経つと信頼関係を築けるものの、これまで意識していた遠慮や気遣いなどがなくなり2人の距離感がさらに近いものとなります。

そのため、相手の存在を当たり前と思ってしまうこともあり、時に言動が冷たくなったりキツくなっては傷つけてしまうこともあるもの。

そのようなときは自分の想いを優先しすぎて彼の想いを汲めていないことがあるため、最後に付き合って半年の彼と幸せな関係を築く方法を解説します。

些細なことでも感謝を忘れない

半年が経ち関係に慣れるとこれまで意識していたことが徐々に減り、信頼感ゆえにどこか家族のような気持ちを抱く人もいるのではないでしょうか。

だからといって彼の存在を当たり前に思うあまり「ありがとう」「ごめんなさい」を言わない関係になることはいけません。

感謝や謝罪が言えなくなってしまうとどんなことに対しても「やってもらって当たり前」になってしまうため、上下関係が生まれてしまいます。

その結果、ストレスや負担を与えてしまい喧嘩に発展しては、別れにつながる可能性もあるのです。

そのため、これから先も幸せな関係を続けていくためにも「ありがとう」「ごめんなさい」はきちんと伝えるようにしましょう。

LINEを義務化しないこと

女性は恋愛ではLINEで愛情をはかる傾向があり、付き合い始めと比べたりしてLINEはとても重要視しているもの。

ゆえに半年が経って徐々にLINEの頻度が減ってしまうと「どうしてLINE返してくれないの⁉︎」「なんで既読スルーするの⁉︎」と、彼のことを責めてしまいがち。

ですが、性別や性格によって恋愛の優先順位はもちろんLINEの向き合い方などは異なるため「1日1通はLINEすること!」「既読や未読スルーは禁止」など、ルールを決めてしまうと自由を求める彼は窮屈さを感じて気持ちが離れてしまいます。

彼のことが好きだからこそ気になるものですが「忙しくしているのかな」「彼も頑張ってるから私も頑張ろう」と、LINEが来なかったとしても気持ちを切り替えることが大切です。

恋愛以外にも意識を向ける

どれほど経っても彼のことを大切に想っているからこそ、会っていないときであっても彼のことを強く意識してしまっては、不安や心配などネガティブな想いを生み出してしまうでしょう。

ですが、常に彼のことを考えているとあなた自身も精神的に疲れてしまい、彼のことを純粋な目で見れなくなってしまったり、依存や執着につながってしまいかねません。

そのため、会っていないときは意識を恋愛以外に向けて、趣味や好きなことに没頭してみたり普段以上に仕事を頑張ってみたりなど、彼を大切にするように自分のことも大切にしましょう。

まとめ

付き合って半年は2人の関係に慣れたことでさまざまなことが新たに見えたり、習慣や気持ちなどの変化が表れやすい時期と言われています。

そのため、感情を抑えられずワガママな振る舞いが増えて言い合いや喧嘩につながることもありますが、付き合い始めに抱いていた愛おしい気持ちや大切にしたい気持ちを思い出しましょう。

そうすることで半年という時間の中で忘れかけていた大切なことを思い出し、彼に対しても広い心で優しく関係を続けていけるはずです。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

柳瀬 蓮
執筆者

元キャバ嬢ライター。脚本やエッセイ・コラムなど、主にアニメ・恋愛・美容・占い・心理学・スピリチュアルについてさまざまなメディアで執筆中。夜職を約10年以上の経験していたことで、ナイトワークについての執筆も得意としています。1人でも多くの人のためになるような記事を届けられることを心がけています。

柳瀬 蓮をフォローする
恋愛(728)
Lani

コメント