PR

体調気遣うLINEはうざい?うざいと思われない気の遣い方は?

自分が気になっている相手や大切に思っている相手が体調を崩していると聞いたら、「大丈夫?」とLINEを送りたくなると思います。でも、まだ気軽にメッセージを送れる間柄ではなければ、メッセージを送るタイミングや内容、悩みますよね。特に一番心配なのは、うざいと思われていないかどうか!

そこで今回は、みなさんがどんな時に体調を気遣うLINEを送っているのか?また、LINEをうざいと思われるか思われないかの境界線や、うざいと思われないためのポイントについて考えてみました。

どんな時に体調を気遣うLINEを送ろうと思うのか?

まず、どんな時に体調を気遣うLINEを送ろうと思うのか、今回は【気になっているけれど、まだそこまで関係が深まっていない相手】を想定して考えてみたいと思います。

1️⃣相手の体調が悪いと直接本人から聞いた。

本人から直接今体調が悪いんだと話を聞いたのであれば、それは心配ですから、気遣いのLINEを送りたくなりますよね。ただ、体調不良のレベルがどの程度良いのか悪いのかによって、直接知っているからといっても、LINEを送るかどうかは気を遣うところだと思います。

2️⃣相手の体調が悪いと本人のSNSで知った。

本人がインスタなどのSNSで、病気や怪我であるとの情報を発信していたら、それは気遣いのLINEを送りたくなりますよね。自ら、しかもSNSで発信しているので、体調を気遣うコメントはありだと思います。ただ、これもSNS上のコメントで送るのであれば自然ですが、個別にLINEで送るのかは迷うところですね。こちらがSNSをフォローしていることが相手にわかっていれば、特に問題はありませんが、もし相手が、こちらがSNSをチェックしていることを知らなければ、急なLINEはびっくりするかもしれません。

3⃣相手の体調が悪いらしいと噂で聞いた。

他の誰かからの情報として、どうも体調が悪いらしいと聞くパターンもあります。この時も、気になっている相手であれば心配するでしょうし、直接状況を聞いてみたくなりますよね。ただ、関係性がまだそこまでないと、LINEを送っても良いのかどうかは躊躇すると思います。

4⃣しばらく連絡が取れていないから単純に様子が知りたいと思っている。

体調に関する情報は全くなく、ただ最近あまりにも連絡が取れていないので、何かきっかけが欲しくて、体調を気遣うようなLINEを送りたくなるという人もいるかもしれません。最近元気?とか疲れてない?など、それとなく体調をきっかけに、LINEでコミュニケーションが取れれば、いいなぁと狙っているパターンです。

以上のように、相手の体調が悪いと知った時はもちろんのこと体調がわからない時であっても、それが気になっている相手であれば、LINEを送りたくなるものだと思います。

気遣われると嬉しいと感じる男性は多い

体調を気遣うLINEが嬉しいかどうか、男性、100人にアンケートを取った結果が公表されています。

参照:Oggi.jp
【男性100人に聞いた】体調を気遣うLINEについて

そちらを参考にすると、体調気遣うLINEをもらうこと自体は嬉しいと感じる人が88%とかなりの割合でいることが分かります。
気遣いのLINEに対して、「ありがたい」「癒される」「好意を感じられる」などの理由から、気遣いLINEは嬉しいと思うのだそうです。心身ともに弱っている時は、優しい気持ちは心に沁みますよね。

一方少数派ですが、体調気遣うLINEに対し、否定的な意見もあったようです。それによると、「放っておいて欲しい」「しつこく感じる」などの意見があったそうです。ほおっておいて欲しいと感じている時に何度もLINEを送るのはやはり危険です。参考になりますね。

うざいと思われるかどうか左右するポイントは3つ

多くの場合、気遣いを嬉しいと受け取ってくれているようですが、ネガティブに受け止める可能性もあるようなので、どうしたらうざいと思われないメッセージになるのか、ポイントを考えてみましょう。おそらく、うざいと思われてしまうかどうかの分かれ道のポイントは3つあると思います。

ポイント1️⃣相手と自分の距離感

自分と相手の距離感が近いか遠いかによって、受けとめられ方はやはり異なると思います。もともとの距離感が近ければ、そこまで慎重にならなくても、相手は嬉しいと感じるでしょう。一方、まだあまり関係性が薄く、距離感のある相手に対しては、急に体調の事などプライベートなことに深く踏み込みすぎると、相手はびっくりするかもしれません。距離感が遠い場合は注意が必要です。


ポイント2️⃣相手の状況

本当にかなり体調が悪い時や、ショックの落ち込みが深い時などは、あまりLINEを返信しようと思えないかもしれません。相手が相当弱っていて気力がない時に、一方的にこちらから気遣うLINEをガンガン送っても、それは面倒だと思われてしまうリスクが高まります。今体調がどの程度悪いのか、どんな症状なのか、もしわかるようだったら、事前に他の人からリサーチをしておくと良いのかもしれません。自分が心配だから、コミュニケーションを取りたいから、状況を知りたいからと、自分の欲求だけで相手の体調不良のレベルを考えずにLINEをたくさん送ることのないよう注意しましょう。


ポイント3️⃣送るタイミング・頻度・文量

このポイントは、体調を気遣うLINEでなくても、普段LINEを送る時から意識したいポイントでもあります。送るタイミングは朝早すぎたり、夜遅すぎたりしていませんか?返信のタイミングは早すぎたりしていませんか?LINEを送る頻度は適切ですか?また、一方的に長い文章をダラダラと大量に送っていませんか??

もし自分では適切なLINEメッセージの頻度や文章量がわからない、苦手だというかたは、
【その相手の頻度や文章量に合わせる】
というテクニックを使ってみてください。これは正解があるわけではないので、相手がどんな頻度やタイミング、文章ます。

うざいと思われないための5つの注意点

先程の、うざいと思われない体調を気遣うLINEメッセージのポイント3つを踏まえ、気遣いLINEメッセージを送る時の注意点を5つにシンプルにまとめました。

  1. 本当にしんどい時は控える
  2. 返信が難しそうな時間帯は避ける
  3. 何度も畳みかけるような頻度で送らない
  4. 相手と同じ程度の文章量を意識する
  5. 質問攻めにせず返信不要の雰囲気を出す

この5つの注意点を抑えれば、少なくとも「うざい」と思われるリスクは最小限に抑えられると思います。注意点を参考にしつつ、気遣うLINEを送ってみましょう。

体調を気遣うLINEの文章例

ここからは、具体的に体調を気遣うLINEの文章例を見ていきましょう。

○相手との距離感が近い場合

「体調が悪いって聞いたんだけれど、大丈夫かな?もし食べ物とか薬とか、必要なものがあったら届けるから教えてね。」

「体調が悪いと聞いて心配しているよ。私で役に立てることがあれば、いつでも連絡してね。」

○相手との距離感がまだ遠い場合

「体調が悪いと言う話を聞きました。大丈夫でしょうか?どうかゆっくり休んでくださいね。」

「体調が悪いとしんどいですよね… 1日でも早く回復するよう願っています。」

「最近元気かなと思ってふと気になったのでLINEしました。」

「風邪をひいたって聞きました。早く良くなりますように!返信不要はです。」

とのメッセージにも共通して言えることですが、体調が悪くてLINEを返す余裕がなければ、そのままスルーしても問題ないような文面であることです。根掘り葉掘り質問をするなど、相手に「絶対返信をしなきゃ」と思わせるような負担になるメッセージはNGです。

相手との距離感を大切にLINEを送る

以上、今回は体調を気遣うLINEは相手にどう受け止められるのかについてまとめてきました。基本的に、自分が体調が弱っている時に、「大丈夫?」と気にかけてもらえることを嫌だと思う人は少ないようです。もともとの距離感を大事にしながら、相手への思いやりの言葉をLINEに込めて送れば、うざがられることは少ないでしょう。その際、返信を強要する内容になっていないかにも注意です。タイミングや頻度、文章量を相手に合わせながら、体調を思い

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者 Lani編集部
恋愛(711)
Lani

コメント