PR

好き嫌いはっきりしてる女性は印象悪い?厳しいと感じられないための3つの方法とは

「好き嫌いがわかりやすい人って、よくないのかな」「どうしても態度に出ちゃう」「気分屋だから嫌われるんだよね…」など、人間関係で悩んでいませんか?

嫌いな人に対して、”イヤな態度を取ってしまった”と、後悔することは、誰にでもあるかと思います。

その際、『自分が悪かった』という気持ちよりも、”嫌いな人はイヤだから”、”向こうが○○だから悪い”、”B型だから態度に出るのは仕方がない”と、自分を擁護して行動を改める考えを持たなかった人は…ちょっとまずいかもしれません。

今まで、嫌いな人に対して冷たい態度で接してきた、ということは…その分、敵対する人を増やしてしまった可能性があるからです。

でも、もし”人間関係を上手くやっていきたい!”と考えているのなら、少しだけ意識を変えてみましょう。大丈夫!今からでも十分間に合います。

きっと、上手に人と接することが、できるようになるでしょう。

これから、好き嫌いはっきりしてる女性の特徴や長所、厳しいと感じられないための方法、などについて、お話していきます。

「自分を変えたいと思っている」「人間関係を良くしたい」「嫌われないようにしたい!」という人は、ぜひチェックしてみて下さいね。

好き嫌いはっきりしてる女性の4つの特徴

どんな特徴があるのかを見ていきましょう。

1. 好き嫌いが激しい

「〇〇は好き!〇〇は嫌い!」と分かりやすく、両極端です。過去の経験から好き・嫌いを判別していることもあります。

また、物事も好き・嫌いで判断します。

複雑に物事を考えずに、その時の感情で動くことが多いです。

2. こだわりが強い

好き、嫌いへのこだわりが強いです。

例えば「花柄は可愛い。花柄なら何でも好き!」「牛肉は不味い。牛肉が入っている料理は、絶対に食べない!」などです。

この好き嫌いは物・食べ物だけではなく、人の容姿や性格、雰囲気などに対してもあります。

しかし、一度そうだと思ってしまうと、頑なに信じ込んでしまう、頑固なところもあります。

3. 曖昧なことはイヤ

白黒ハッキリしている性格なため、グレーのような曖昧なことは嫌い、または苦手です。

「結局どっちなの⁉︎」と、イライラしてしまうこともあります。

どんなことに対しても良いのか悪いのか、アリなのか駄目なのか、きちんと『区別をつけておきたい』と考えているのでしょう。

確かに、曖昧の状態でいるよりは…しっかり決めてもらったほうが、判断はしやすいですよね。

4. 得意なことを頼られると嬉しい

自分の得意なこと、好きなことには自信を持っているため、褒められたり、頼られたりすると、喜びを感じます。

その人への好感度とモチベーションが上がり、”認められて嬉しい!頑張るぞ!”という気持ちで、一生懸命取り組んでくれます。

しかし、それを計算高い人に利用されてしまい、損をしてしまうこともあります。

好き嫌いはっきりしてる女性の短所5つ

なぜ印象が悪くなってしまうのでしょうか。当てはまっているか、チェックしてみて下さいね。

1. 感情の起伏が激しい

喜怒哀楽がハッキリしているため、感情の起伏が激しいです。

好きなことをしている時は、心から楽しみながら取り組むことができます。

しかし、その反面…苦手・嫌いなことに関しては、テンションが一気に下がり、仕方なさそうにやります。

そういった気持ちが、顔や雰囲気にあらわれやすいです。

自分がイヤなことを集団で行う場合、他の人にも…その空気が伝わってしまい、士気を下げてしまうことがあります。

空気に敏感な人に、”そういうのを表に出さないでよ!”、”こっちまでイヤになってくる…”と、思われているかもしれません。

その時の感情で、人や周りを振り回してしまうタイプ、と言えますね。

2. 人に合わせるのが苦手

自分の感情に従順なので、他人に合わせる『協調性』が苦手です。

好きなことを譲らなければならない、嫌いなことをやらなければならない…など、他人のために我慢をしたくないからです。

そのため、自分が合わせるのではなく、”周りが自分に合わせて欲しい”と、考えてしまいます。 

作業と気持ち(好き・やりたい)が一致すれば協力的ですが、やりたくなかった場合、拒否したり、イラっとするような態度を取ったりするでしょう。

3. 固執している

好き、嫌いという感情に強く固執しているため、それを基準にして物事を考えてしまいます。

つまり、自己中ですね。

また、自分が悪かったとしても…否定したり、批判したりする人を嫌いになる傾向があります

≪反対する=敵≫のような認識をしているのでしょう。敵(悪意)に対しては、とても敏感です。

相手は全くそんな気はないのに、”面倒くさそうに渡してきた”、”私に話しかけるのもイヤそう”と、一人で勝手に『被害妄想』を抱いて警戒します。

そのため、一度嫌いになると…それを覆すのは結構難しいです。

しかし、少しでもその人を好きになったり、気に入ったりすれば、一気にフレンドリーになります。

本当に気持ち次第、なんです。

4. 嫌いな面ばかり見る

人間、誰しも嫌なところに目が行きやすいですが、好き嫌いがはっきりしている人は、さらに悪いところを気にしてしまいます。

わざとではないのですが、自然とイヤなところを集中的に見てしまうんです。

例えば…同僚を”だらしがないから嫌い”と思っている、とします。そうすると、その人が何をしても”ダメだ”と感じてしまうんです。

”あの人だから、この仕事もできないんだよ”、”本当に掃除した?汚いんだけど”等、何かある度に心の中でダメ判定を出して、どんどん嫌いになってしまうんです。

前は好きだった人でも…嫌いになると、一気に加速して大嫌いになってしまいます。

自分にとって、イヤなところを探し、見つけ出すのが上手なのです。

5. 人によって態度を変える

表情や言葉に感情があらわれるため、人によって態度を変えているように見えます。

好きな人には頻繁に話しかけたり、味方になったりしてくれますが、嫌いな人には棘のある話し方をしたり、冷たい態度を取ったりします。

そのため、敵をつくりやすいんです。でも、誰だってイヤな態度をされたら、嫌いになってしまいますよね。

人への接し方は、わざと変えている人もいれば、無意識に変えている人もいます。

嫌いな態度を出す理由は、相手への攻撃や威嚇です。心のどこかで”ここから、いなくなって欲しい”と、考えているのかもしれません。

好き嫌いはっきりしてる女性の4つの長所

悪いイメージを持たれやすいですが、長所を見るとすごく魅力的なんですよ!良い所も見ていきましょう。

1. 分かりやすい性格

好きか・嫌いかの2択なので、とても分かりやすいです。

態度に素直に出るので、本人がどう思っているのか、どう感じているのか、よく分かります。

得意なことを褒めれば、好感度もテンションもグーンっと上がるので、仲良くなりやすいです。

2. 感情豊か

感情が豊かです。喜怒哀楽が激しいため、人によってはモテるかもしれません。

突然、落ち込んだと思ったら元気になったり、怒っていると思ったら楽しそうにしたり、表情がコロコロと変わります。

その素直な変化に「一緒にいると、何だかこっちも楽しくなる」と、好感を持つ人も多いようです

3. 裏表がない

好き・嫌いを基準に世界が回っており、感情をそのまま出すため、裏表がありません。

良く言えば『素直』で、悪く言えば『単純』。

猪突猛進で感情の限り突っ走るため、腹の中で何かを企てるようなことは、あまりしません。

仲良しのフリして、裏で悪口をするような腹黒な性格とは真逆の『さっぱりした性格』。

信用できるかわからない人間よりは、裏表がない率直な人間のほうが、付き合いがラクかもしれませんね。

4. 即決できる

「これがいい」「これはイヤ」と、すぐに決めることができます

自分の中で良い・悪いが区別されているため、「どっちがいい?」と聞かれた時に、有利なほうを選ぶことができるんです。

あまりグルグル悩まずに「これ!」と決められるため、優柔不断な人は頼ってみるといいでしょう。

厳しいと感じられないようにするための3つの方法

悪い印象を与えないようにする方法について、紹介していきます。

1. イヤな態度や言葉を出さないようにする

誰かといる時は、気分が悪かったり、落ち込んでいたりしても、表に出さないようにしましょう。

イライラしていたり、暗かったりしたら、一緒にいる人は気になってしまうからです。

貴方にそんな気はなくても…結果的に、相手に不快な思いをさせてしまうかもしれません

もし、それが嫌いな相手のせいだったとしても、態度に出してしまうのは、よくありません。そんなことをしたら、余計に相手との溝が深まってしまうからです。

余計に気まずくなったり、仕事に支障が出たりするかもしれません。

人の前では、わざと明るく振る舞ったり”この際、気に入られてみるか!”と、愛想よく接してみたり、してみてはいかがでしょうか。

イヤな顔や態度を表に出さないように、心がけてみて下さいね。

2. 相手の気持ちに寄り添う

相手を観察して、気持ちに寄り添うようにしましょう。

例えば…嫌な相手でも、荷物が重くて大変そうだったら持ってあげる。自分がやりたいことがあっても、相手が嫌い・苦手なことだったら諦める、などです。

自分の気持ちばかりを優先するのではなく、相手の気持ちを尊重するようにしましょう。

人によっては「何でやりたいことが、できないの⁉︎」「やりたくないことなんて、やりたくない!」と、思うかもしれません。

でも、それは相手も同じです。”じゃあ、向こうが我慢してくれれば…”と思ったら、人付き合いはできません。

相手は家来ではありません。100%言うことを聞かせることは、できないんです。

それでも自分を優先するのなら、周りに…「厳しい人」「イヤな人」と思われても、言われても仕方がありません。

仲間や好きな人に、そう思われたくないのなら、相手の気持ちに寄り添うようにしてみましょう。

3. 良いところを見るようにする

悪いところではなく、良いところを見るようにしましょう。ゲーム感覚で探してみるのも、良いと思います。

「スマホカバーが素敵」「いつもメモを取ってる」「掃除が上手い」「手が器用」など、何でもOKです。

「へぇ、こんな一面もあったのかぁ」「思ったよりイヤな人じゃなかった」と、好きになれるキッカケを見つけられるかもしれません。

その中で、貴方と共通の好み・趣味があれば、そこから仲良くなれるかも!

”イヤな人”だと決めつけて相手を見ずに、良いところを探してみて下さいね。

仕事や恋愛で気をつけるべきこと

無理をしないようにしましょう。

仲間や好きな人のために、上記のネガティブな感情は出さない、気持ちに寄り添う、などを心がけるのは良いことだと思います。

しかし、そればかりしてしいると…人によっては、ストレスが爆発してしまう可能性があるんです。

いきなり悲しくなったり、泣いたりして…情緒不安定になってしまいます。

実は、筆者がそうでした。嫌われたくなくて、『いつも元気でテンションの高い人を演技』していました。無理やり笑って、なるべく仲間に寄り添うように接していたんです。

でも、ある日に息が詰まって苦しくなり、ふと”あれ?私って、元々どんな人間だったっけ?”と、本来自分がどんな感じだったのか…思い出せなくなっていました。

本当の気持ちに蓋をして、演技することに慣れた結果、イヤなことや辛いことに、鈍感になってしまったんです。知らない間にストレスが溜まり過ぎて、身体に症状が出始めていました

しかし、演じていたおかげで全員ではありませんが、仲間との関係は良好でした。

その代償として、メンタルがボロボロになり、精神病院に通わなければならなくなりましたが…。

筆者のように、無理に抑え込んで周りに合わせようとすると、その反動で大変なことになる可能性もあります。

貴方は、自分の気持ちも大切にしながら、行動するようにしてみて下さいね。

まとめ

好き嫌いはっきりしてる女性は、好き嫌いが激しい、こだわりが強い、曖昧なことが嫌いなどの特徴があります。

短所は、感情の起伏が激しい、人に合わせるのが苦手、固執している、など。

長所は、分かりやすい性格、感情豊か、裏表がない、などです。

厳しいと感じられないようにするためには、イヤな態度や言葉を出さないようにする、相手の気持ちに寄り添うなど、自分を最優先するのではなく、周りの人の気持ちを尊重し、寄り添うことが大切です。

気をつけたほうがいいことは、無理をしないことです。無理して気持ちを抑え込むと、後で辛くなってしまうかもしれません。自分自身のことも、大切にするようにしてみましょう。

できる範囲内で少しずつ、意識を変えるようにしてみて下さいね。

良い人間関係が築けるよう、心より祈っております。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者 Lani編集部
恋愛(726)
Lani

コメント