PR
亡くなった猫の気持ちを知る方法!猫の想いを教えます。幸せだったかな…?

亡くなった猫の気持ちを知る方法!猫の想いを教えます。幸せだったかな…?

家族同然に何年も一緒に暮らしてきた愛猫。楽しいときは一緒にじゃれ合い、つらいときはそっと寄り添ってくれた。たくさんの素敵な思い出を残して旅立ってしまった愛猫。

近年、「ペットロス」という言葉を多く耳にするようになりました。愛するペットが亡くなってしまい飼い主自身も心に深い傷を負い、一種のうつ病の様な状態になってしまうのです。

このような事態を避けるにはペットの気持ちを知ることや正しい別れ方を理解しておく必要があります。この記事では特に猫に焦点を絞ってお話ししていきたいと思います。

亡くなった猫の気持ちを知りたい…

猫

10年以上一緒に暮らしてきてペットという枠ではなく家族の一員として接して、たくさんの幸せな時間を愛猫からもらった。

最後の瞬間を看取り、供養も行い一呼吸置いたときふと「あの子は幸せだったのだろうか」もらうばかりで、あの子に幸せをあげることはできていたのだろうか。亡くなってしまってから愛猫の気持ちを知りたくなることがあるかもしれません。

愛情が伝わっていれば、猫は必ず小さなことかもしれませんが何かしらのサインを出しています。波動や気を感じ取り愛猫の小さなサインをしっかりと受け取ってあげましょう。

猫の最後の気持ちを知りたい

甘える猫

猫は死期が近づくと飼い主の前から姿を消す」という言い伝えは皆さんもよく聞くお話だと思います。生態調査の結果、猫は自分の体力が極端に落ちたりして死期を悟った場合、暗くて狭い外敵に見つかりにくい場所に身を隠すことが判明しました。

このことから伝承が伝わるようになりました。しかしこれはあくまでも伝承であり、必ずしも姿を消すような動きを見せるとは限りません。

愛情を注いで一緒に暮らしてきた猫であればむしろその逆で、死期を感じると、それまで以上に甘えてきたり鳴いたりするようになります。

愛猫の死の直前、いつもより甘えるような素振りを見せていたら、それはご主人様からの愛情を受け取り、これまで生きてきた中での幸せをあなたに懸命に伝えていたのです。愛猫からの感謝の気持ちのサインなのです。

死んだ猫に謝りたい

愛猫が亡くなってしまった時、たくさんの思い出が蘇りいろんな感情があふれ出してくると思います。中には後悔の念、愛猫に謝りたかったこともあるかもしれません。しかし、もうこれまでのように、頭を撫でても、言葉を投げかけても伝わることはありません。

死んでしまった愛猫にはもう想いは伝わらないのでしょうか。決してそのようなことはありません。亡くなった猫にあなたの想いを伝えることはできます。以下に挙げることを行えば、後悔の念が残っていても謝ることもできるのです。

必ず正しい作法で供養を行う

ペットの供養も人間の場合と同じで、とても重要な催事となります。そして正しい方法を理解していないと誤った供養では魂が帰るべき場所に行くことができず、残された者の想いも決して伝わることはありません。

心を常に開いた状態にしておく

愛猫を亡くしたショックで、ご飯も喉を通らなくなり塞ぎ込んでしまった、という話もよく聞きますが、この様な状態が長い期間続いてしまうと心もマイナスの気を纏ってしまい、自身の波動も下がってしまいます。

低い波動の状態や、マイナスの心では対話はできません。愛猫からの想いを受け取り、あなた自身の気持ちも伝えたければ、心は開いた状態にして対話をする準備をしておかなければなりません。

猫が幸せだったか知りたい

愛する猫が亡くなってしまい心にぽっかりと穴が開いてしまった時、ふと「あの子は本当に幸せだったのだろうか」と考えてしまうことがあるかもしれません。

猫は死期を悟ると様々なサインを出してくれるとされており、そのサインをしっかりと受け取り、感じることで愛猫の最後の気持ちはわかるかもしれません。

愛猫と過ごした日々を思い出してみてください。楽しい思い出がたくさんありあなた自身が幸せな気持ちで満たされたのであれば、それは愛猫も同じことを感じ取っているのです。

一緒に過ごしてきた日々をあなたが幸せだと感じていたのならば、愛猫もまた幸せに包まれて過ごしていたのです。

亡くなった猫の気持ちを解説

猫は人の気持ちを敏感に感じ取ることのできる繊細な動物です。生前の愛猫はあなたからのたくさんの感情を受け取り、感じ取っていました。また猫の方からも伝えたい想いを発信していました。それは亡くなった後も変わることはありません。

一例ですが以下のような気持ちを発信しています。

あなたに感謝している

この記事を読んでいるということは、愛猫に深い想いがあり、たくさんの愛情をそそいできたのだと思います。猫は古来より人と共に生きてきた歴史が有り、気を感じ取ることに長けているとされます。

生前に一身に受けていたあなたからの愛情、そして亡くなった今、あなたからの追悼や慈しみの気持ちは必ず伝わっています。愛猫もそれに応えるように感謝の気持ちを発信しています。

あなたと同じように、はやくあなたに会いたいと思っている

愛猫

動物たちも輪廻転生をすると考えられています。必ずしも同じ動物に生まれ変わるわけではないとされていますが、「猫に九生有り」という言葉もあるように、猫は9回同じ存在に生まれ変わることができるという考えもあります。

愛猫もあなたと同じように、もう一度生まれ変わりあなたと再会を果たしたいと想っています。

悲しんでいるあなたを心配している

猫は人間の感情を敏感に感じ取ることができるといわれています。それは亡くなってしまい肉体が滅んでも同じことが言えます。愛猫を失いペットロス状態、鬱の症状などになると心の波動を大きく下げることになります。

この波動の低下を猫は感じ取るのです。生前の絆が深ければ深い程、あなたの波動の低下を感じ取りやすくなっており、あなたを心配に思う猫の魂は現世に残ってしまいます。

悲しい気持ちは当然のことですが、あまり塞ぎこみ過ぎず、愛猫に向け「心配いらないよ」「大丈夫だから、安らかにね」と想いを伝えてみてください。

亡くなった猫の気持ちを知る方法

愛猫

ここまで、亡くなった猫の気持ちを知るためのサインなどをご紹介してきましたが、このサインを受け取り愛猫の魂と対話をするためには、魂の波動を高める必要があります。これは誰にでもできることですが簡単なことではありません。

自分の力だけではどうしようもなくなったときは、人の力を借りるのも有効な手段です。この現世には特別な力を授かり、人に伝えるために訓練をしてきた人がいます。その中には亡くなったペットの魂と通じ合い飼い主との対話の手助けをしてくれる力を持った人もいます。

おすすめはANGEY占い師

ANGEY 占い師 エキサイト電話占い
魂を動かすサイコメトリー
ANGEY 先生
料金:
1分/ 電話料金 341円
占歴:
37年 0 ヶ月
ミディアムシップ/浄霊浄化/成就祈願/災難トラブル/起死回生/透視/波動修正/アカシックリーディング/魔法のかけ方/子宝/ペットの気持ち
1: 対策とアプローチ
「どうすればうまくいくか」のご相談を最も得意とします。
ミディアムシップで対話すると、必要な情報が入ってきますので、対策やアプローチを簡単に立てることができます。
ご一緒に具体的な対策をアプローチしたことで、成功された事例がいくつもあります。
2: 状況好転
危機的な状況から、ミディアムが教えてくれたサインを辿り、導きに従い、アドバイスをさせていただいたことで、状況好転のご報告をいただくことが多数ございます。
3: 嫁姑問題
「勘違いで悪化した関係が1か月で修復改善」などの事例もございます。
お相手の気持ちがしっかりとわかりますので、解決への近道です。
生まれていない赤ちゃんとお話しして、子宝に恵まれない理由をお伝えしたこともあります。

この記事で是非、紹介させて頂きたいのは「ANGEY占い師」です。この方は幼少の頃から魂と対話することがき、様々なトレーニングを積んで試験に合格し国際ライセンスの認定も受けているパワーを持った占い師の一人です。

ガイドと呼ばれる高域霊とつながり、亡くなったペットとの対話の手助けをしてくれます。電話での相談も受け付けていますので、手助けを必要としている方は一度相談してみることをおすすめします。

初回最大8500円分無料

エキサイト電話占いはこちら
PR:エキサイト
新規登録で特典プレゼント!

霊視してもらう

上記でご紹介した「ANGEY占い師」以外にも、亡くなったペットとの対話を様々な力を用いて手助けしてくれる人がいます。霊視という特別な力を使い愛猫の生前の想いや最後の言葉、あなたからの伝えたい言葉を発信してくれるパワーを持った人も存在しています。

夢の中で会う

人間は睡眠中が一番魂の波動を感じることに敏感になっていると言われます。夢は深層心理での想いを映し出すものであり、強い願いがあれば夢の中で亡くなった愛猫と再会し対話することも可能です。

ただし夢で対話を試みる場合は、その他の手段よりさらに強い想いや高い波動が必要になりますので、感覚を研ぎ澄ますことが必要となります。

スピリチュアル的に正しい亡くなった猫の供養方法

愛猫供養

猫をはじめ、亡くなったペットの供養の方法ですが、皆さんはどのようにお考えでしょうか。もちろん一番大切なことは感謝の気持ちや真心を込めることですが、その他にも気を付ける点が多数あります。

ここではスピリチュアルの側面から見た正しい供養の方法をご紹介していきます。

自宅埋葬

自宅の庭の片隅をお墓として土葬を行う方法です。実はこの「自宅埋葬」はスピリチュアルの観点から見ると、あまりお勧めはできません

費用がかからないことや、すぐに供養が行えることなど利点もありますが、風水的に自宅敷地内にお墓があるのは良くないとされています。そして土葬は遺体が骨化するまでに時間がかかり過ぎてしまうことが一番のデメリットです。

亡くなったペットは現世に存在する限り、魂が留まり続けると考えられています。つまり遺体が骨化するまで魂は地上に縛り付けられているのです。ですから土葬で供養を行うと魂がすぐには天に帰れなくなってしまうのです。

火葬

近年、動物たちの供養を専門に行っている「ペット霊園」が増えてきました。

  • メリット・・・愛猫の遺体を綺麗にしてもらったり遺影を用意してもらえたりと細かなサービスが受けられる
  • デメリット・・・費用がかかってしまう

そして、家族で最後のお別れをしてから火葬してお骨上げができますので、気持ちの整理もつきやすいと思います。現世から魂も解放され天へと帰って行きますので、スピリチュアルの観点から言えば、ペット霊園などでの火葬を供養とすることを推奨します。

愛猫の死がもたらすスピリチュアルな意味とは

愛猫

愛猫の死はとても悲しい出来事ですが、スピリチュアルの面では多数の意味を持っていると考えられています。どれも飼い主を想い、プラスの波動を持つものです。ここではその一部を紹介したいと思います。

飼い主に訪れる最大の不幸からの身代わり

ペットは飼い主を守ることを使命といて生まれてきていことが多く、自らの死で身代わりとなることもあります。

新しい命の誕生

ペットが亡くなってまもなく妊娠が判明したという話をよく耳にします。愛猫は新しい命が宿ることを感じ取り、幸せを見届けて役割を終えたと感じるのです。

必ずまた出会える!猫が生まれ変わる周期は?

人間には輪廻転生という生まれ変わりの考え方がありますが、実は猫を含め動物たちにも生まれ変わりという考え方は存在しています。生まれ変わるまでにかかる期間は人間よりもペットの方が短いされており、その日から数年ともいわれています。

猫に九生有り」という言葉もあるように、昔から猫は不思議な生き物として生まれ変わりの象徴と考えられていました。信じる心を持ち続けていれば、波動が引かれ合い必ず再会することができます。

猫生まれ変わりのサイン!

愛犬

愛猫の生まれ変わりですが、必ずしもまた猫の姿をしているとは限りません。ですが、犬や鳥のように同じような立場のペットとして生まれ変わることは多いようです。

多くの徳を積んだペットや使命を全うしたものは、人間として生まれ変わることも稀にあるようです。違う姿に生まれ変わった愛猫ですが、あなたに気づいて欲しくてたくさんのサインを出しているはずです。

ペットの生まれ変わりを実際に体験した人の話を参考に、生まれ変わりのサインをご紹介しています。

① 「直感が働く」

生前、愛情を注ぎ長い間一緒に暮らしてきた愛猫とは魂の波動が重なり合っています。たとえ姿は変わっても魂の波動は引かれ合いますので、あなたが直感で何かを感じ取ったのであれば、それは間違いありません。

② 「同じ癖を持っている」

  • 生前好きだったものに同じように興味を示す
  • 特徴的だったご飯の食べ方

などで気が付いたという方もおられるようです。

③ 「特別な出会い方」

これは1つ目の直感と重なる部分もありますが、波動が引かれあっていますので運命的な再開を果たすことになります。

  • 知人からどうしてもとお願いされて引き取った猫が生まれ変わりだった
  • もうペットは飼わないと決めていたのに、捨て猫を拾ってしまいそれが生まれ変わりだとわかった

などという人も多数いるようです。

亡くなった猫が守護霊になることはある?

上記で猫の生まれ変わりのお話をしましたが、生まれ変わって再び現世に現れることのない魂も存在します。

たくさんの人に幸せを与え徳を積んだ猫や、生まれ持った使命を全うしたものは生まれ変わりの流れから抜けて、その代わりに魂の格が上がり守護霊などの高位の存在になると考えられています。

守護霊となった魂も、あなたの波動と引かれあい巡り合うことになります。守護霊となった愛猫の魂や想いを受け取れるように、自身の魂の波動を感じてみてください。

亡くなった猫のためにできること

長い間一緒に暮らしてきた愛する猫が亡くなった時、飼い主であるあなたには何ができるのでしょうか。愛猫に何をしてあげられるのでしょうか。

誠心誠意、真心を込めて供養をしてあげる

正しい供養の方法で執り行うことが必要ですが、形式に囚われるあまり心が疎かになっては意味がありませんので、感謝の気持ちや慈しみの心を持って供養をしてあげてください。

想い続けてあげる

あなたの想いは波動を通して必ず愛猫のもとに届きます。気持ちを澄ませて愛猫からの小さなサインも受け取ってあげてください。

しかし、寂しさや後悔の気持ちばかりで想い続けることは避けてください。心が負の感情で満たされてしまうと波動も下がってしまい、心は閉ざされ対話を行うことが困難になります。楽しかった思い出など幸せな感情で想い続けてあげましょう。

まとめ

この記事では、愛猫の死についてスピリチュアルの側面からお話をさせて頂きました。とても悲しい出来事ですが、決して悲しみだけに囚われることなく、楽しかった・幸せな思い出を胸に乗り越えてください。

悲しみを乗り越えることで愛猫の魂との対話も可能になるかもしれません。

コメント