当サイトには広告が含まれます。
mederi(メデリピル)ならオンラインピル安く買える!?口コミや評価は?

メデリピルの口コミ・評判!料金など徹底解説

「生理痛が酷くて辛い」「生理不順を何とかしたいなぁ」と考えていませんか?月経トラブルは辛いですよね…。それなら、ピルを服用してみてはいかがでしょうか。

しかし「病院に行く時間がない」という方もいますよね。ピルを買うためには、病院やクリニックに行かなくてはなりません。「なかなか予約が取れない」「病院へ行く勇気がない」などの理由から、ピルが欲しくても買えない方は多いようです。

そんな女性におすすめなのが【mederi(メデリピル)】です。

ケータイで簡単に予約ができ、5分~7分ほどのオンライン診療が受けられます。その後、ご自身に合ったピルを郵送してくれるサービスなんです。時間がない方や、病院の待ち時間を省きたい方にピッタリ。診療代は無料なので、そのぶん安くピルを買うことができるんです。

しかし「値段は、どれくらいするんだろう」「口コミや評価どうなのかな?」「オンラインピルって安全なの?」などの疑問や、不安がある方は多いかと思います。

これからmederi(メデリピル)のメリットや口コミ、ピルの副作用や金額などについて紹介していきます。「なるべく早くピルが欲しい」「オンラインピルが安いところを探している」という方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

mederi(メデリピル)とは

産婦人科医に相談できる【オンラインピルを処方してもらえる診断支援サービス】です。女性の生理の悩みや、ピルの不安に優しく寄り添ってくれます。

mederi(メデリピル)の診療を担当するのは、”産婦人科医のみ”。再診は、何度でも無料でみてもらえます。予約、診療、処方、全てスマホ1台で完結できるので、手軽で利用しやすいんです。デリケートな女性の悩みをサポートしてくれますよ。

そんなmederi(メデリピル)のCMにフワちゃんが出演しています。

どんな人におすすめ?

  • 生理のとき、すごくイライラする
  • 生理痛が酷い
  • 月経前症候群(PMS)で悩んでいる
  • 生理の日がバラバラ
  • 生理不順を改善したい
  • 避妊したい

などの悩みを抱えている方におすすめです。

産婦人科は混んでいて予約が取れなかったり、予約できたとしても希望の時間では無かったりして、「なかなか病院に行けない」という方は多いのではないでしょうか。

それに、産婦人科に行くことに抵抗を感じ、躊躇してしまっている女性は少なくありません。

そんな方々に、利用していただきたいのがmederi(メデリピル)。スマホがあれば手軽に診療予約ができ、オンラインで診療してピルを処方してもらえます。待ち時間がなく、誰かに知られることもありません。

その辛い悩み…我慢せずにmederi(メデリピル)で相談してみてはいかがでしょうか。

mederi(メデリピル)の4つのポイント

1. 初月ピル代0円で届く

負担なく利用してもらえるように、なんと初月のピル代が無料です。その後は定期便配送になるので、ピル切れの心配がなく続けやすいんです。

※ 送料は別途550円(税込み)初月ピル代無料は低用量ピルのみ対象です。

2. ずっと診療代が無料

ずっと診療代が無料です。病院やクリニックに行くと…診察代を払わなくてはなりませんよね。でも、mederi(メデリピル)は無料だから、そのぶん支払い金額が安くなるんです。

それにmederi(メデリピル)は、いつでも専門医に相談ができます。服用中の悩みや不安も、気軽に産専門医に聞いてもらえるのが心強いですよね。

3. LINEで簡単に予約から診断までできる

診療の予約や服薬管理、配送日やプラン変更などがLINE1つで、行うことができます。

  • 診療予約・変更(mederiの公式LINEで予約時間を選択、事前問診を記入します)
  • カレンダー機能で服用を記録(ピルの飲み忘れ防止、体調や生理日を記録することができます)
  • 配送日やプランの変更(診療後、最短で当日発送されます。ポスト投函なので、不在のときも安心です)

待ち時間がなく隙間時間に受診ができるから、多くの女性にmederi(メデリピル)は選ばれているんです。

4. 正しい知識を学べる

mederi(メデリピル)では、ピルや女性の身体に関する知識を定期的に届けてくれます。「ピルって、どんな薬なのかな?」「もし飲むのを止めたら、どうなるの?」「ピルを飲むリスクが知りたい」など、詳しく知ることができますよ。

mederi(メデリピル)に悪い口コミ・評価はある?

値段が高い?

「前に通ってたクリニックのほうが、低用量ピルの値段が安かった」と感じた方がいるようです。

ピルは、病院やクリニックによって値段が違います。それに、ピルはPMSや月経困難症の治療目的で服用する場合、保険適用されるので安くなるんです。

mederi(メデリピル)が処方するピルは保健適用外となるので、保険適用の値段に比べると高くなります。また、病院やクリニックへ行っても、避妊や美肌などの理由で服用する場合は保険適用外となるため、安くはなりません。

こういった理由から、他の病院やクリニックで処方された方の中には、ピルの値段が高く感じてしまうこともあるようです。

しかし、mederi(メデリピル)は初回ピル代(低用量ピル)が無料で、支払いは送料の550円のみ。2回目以降は、ピル代と送料のみで診療代は無料です。

病院やクリニックで診察してもらうと、ピル代以外にも診察代が発生します。病気治療目的でない場合は、mederi(メデリピル)のほうが安い、といえるのではないでしょうか。

mederi(メデリピル)の良い口コミ・評判

待ち時間がないのが、すごくいい!私が通っていた産婦人科は予約しても、いつも待合室で待たされていました。1時間以上待たされることもよくあり、いい加減イヤになって他の産婦人科を探していたときにメデリピルを発見。ちょっと試してみようかなと思い予約しました。オンライン診療でも先生がきちんと話を聞いてくれてよかったです。何より待たされるストレスがないのが、すごくいいです!

クリニックに通わなくてすみます。1カ月なんてあっという間だから、またピルをもらいに行かなきゃいけないなぁ、と毎回行くのが億劫でした。友達に愚痴ったらオンライン診療を勧められて、いくつかある中からメデリピルを選びました。初回ピル料金が無料ってことに魅かれただけなんですけどね(笑)定期的にピルが届くのはありがたいです。これからも続けていきます。

オンライン診療って便利。私の家の近くには産婦人科がないため、バスで行かなくてはいけません。しかも病院で待たされるし、午前中ほぼ時間が潰されてしまいます。もっと早く簡単にピルをもらうことはできないかな?とネットで調べていたら、たまたまmederiを見つけました。やってみたらスマホで簡単に予約できたし、自宅で診療受けられたので楽チンでした。ちゃんと自分に合うピルを処方してもらえたので良かったです。

※個人の感想であり、効果・効能を保障するものではありません

mederi(メデリピル)の危険性

mederi(メデリピル)は、産婦人科医の診療を受けてピルを処方してもらいます。そのことに関して、危険性はないといえるでしょう。

ピルの副作用について

個人差はありますが…飲み始めてから1~3カ月ほど、ピルの副作用が出やすいとされています。症状としては…

  • 吐き気
  • 乳房のはり
  • 不正出血
  • 頭痛
  • 下腹部痛
  • むくみ
  • 眠気

などが起こります。体内のホルモンバランスが変化するからです。

吐き気が酷い方や心配な方は、医師に相談してみて下さい。数日間は、吐き気止めと一緒にピルを内服してみましょう。

多くの場合は、2~3カ月以降にマイナートラブルが落ち着くといわれています。身体が慣れるまで、最低でも3カ月は継続するようにしましょう。

もし、不正出血が2~3カ月以降も続くようであれば、他の病気の可能性があります。その際は、医師に相談するようにしてみて下さいね。

服用を停止する場合

下記症状がある場合は、血栓症を引き起こしている可能性があります。服用を停止し、医師の診療を受けましょう。

  • 激しい腹痛
  • 激しい頭痛
  • 激しい動悸(息苦しい、押しつぶされるような痛み)
  • ふくらはぎの痛み、むくみ、握ると痛い、赤くなっている
  • 見えにくい所がある、視野が狭い、舌のもつれ、失神、痙攣、意識障害

基本的には血栓症のリスクなどがなく、処方可能な条件を満たしていれば、服用に制限はありません。(mederi公式サイトより引用

低用量ピルの考えられる3つのリスク

1. 血栓症

血流の乱れなどの原因から、血管の中に血液の塊(血栓)ができてしまう症状です。動脈血栓症では、心筋梗塞や脳梗塞。静脈血栓症では、肺塞栓症などを引き起こす原因になります。

ピルの服用により、血栓症になるリスクはわずかです。ピルを飲んでいない人は、年間1万人に2〜5人に対して、ピルを飲んでいる人は1万人に3〜9人といわれているからです。

不安な方は、医師に相談してみましょう。

2. 子宮頸がん

子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染により発症する病気です。異常なおりもの、不正出血などがあらわれます。HPV感染予防ワクチン接種や、コンドームを着用することで予防できます。ピルでは、性感染症を防げません。

子宮頸がんになるリスクも上がるのは、ほんのわずかです。発症率は、ピルを飲んでいない人が10万人に10人に対して、ピルを飲んでいる人は10万人に13~21人といわれているからです。

ピルを飲む以外にも、コンドームを着用して対策することが大切です。

3. 乳がん

乳がんは、乳腺の組織にできる悪性腫瘍(がん)です。自覚症状としては、乳房のしこりや左右の乳房の形が非対称などが挙げられます。

乳がんの発症リスクに関しても、ほんのわずかです。発症率は、ピルを飲んでいない人は10万人に34人に対して、ピル飲んでいる人は10万人に42.2人といわれているからです。

心配な方は、年に1回の定期健診を受けるようにするといいでしょう。

mederi(メデリピル)の取り扱いピルについて

※ピルの作用・効果については一般的なデータであり、効果を保証するものではありません

低用量ピル

低用量ピル(経口避妊薬)は、毎日忘れずに飲めていれば99.7%の避妊効果がある、とされています。1日に1回服用することで排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑えることができるからです。

また、排卵が抑制されることで、排卵痛を無くすことができます。月経の出血量の減少、生理痛の軽減などの効果が期待できるんです。

低用量ピルは、PMS、ニキビ、生理不順、子宮内膜症の改善にも使用されています。その他にも、卵巣がん、子宮体がん、大腸がんのリスクを低下できる、ともされているんです。

低用量ピルは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンの成分を合わせてできた錠剤です。

超低用量ピル

月経困難症、子宮内膜症、肌荒れ、生理痛改善などの治療薬として使われているピルです。低用量ピルよりも、エストロゲン含有量の少ない種類です。

副作用の症状には個人差はありますが、超低用量ピルは低用量ピルよりも副作用があらわれにくい、といわれています。

超低用量ピルは、エストロゲンが30㎍(マイクログラム)より少ないため、病院を受診した際には保険が適用されます。しかし、オンライン診療では保険が適応されないので、金額が高めです。

中用量ピル

PMS、生理痛、生理不順、不正出血などの改善効果が期待できるピルです。

低用量ピルと同じホルモンが配合されていますが、中用量ピルの方がエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く配合されているため、低用量ピルよりも副作用があらわれやすい、といわれています。アフターピルの代用として、使用されることもあるんです。

中用量ピルは「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2種類のホルモンが配合されています。

アフターピル

避妊に失敗してしまった性交渉の後に飲む”緊急避妊薬”として、使用されているピルです。

受精卵の子宮内膜への着床を防いだり、排卵を遅らせたりする作用があるため、妊娠を回避する効果が期待できます。 性行為終了後から早く飲むほど、避妊効果がより高くなるとされています。避妊率に関しては…

  • 性行為後、24時間以内に服用した場合は約95%の妊娠阻止率
  • 性行為後、25~48時間以内に服用した場合は約84%の妊娠阻止率
  • 性行為後、49~ 72時間以内に服用した場合は約58%の妊娠阻止率

アフターピルにも副作用はありますが、およそ1日以内でおさまります。

                             (mederi公式サイト 引用 参考)

mederi(メデリピル)の利用の流れ

たったの4ステップなので、簡単に利用できます。

  1. LINEで簡単診療予約します。お客様情報と問診回答を記入すれば予約が完了します。
  2. 医師とオンライン診療します。およそ5〜7分で診療が終わり、最短で当日ピルが発送されます。
  3. 初回のピルが自宅のポストに届きます。中身のわからないプライバシーが守られた状態で包装されているので、他の方にはバレません。
  4. 2カ月以降からは毎月お届けプランに移行し、定期的にピルが届けられます。

mederi(メデリピル)の料金

  • 毎月お届けプラン(ピル代&送料) 月額3,520円(税込み)
  • 3カ月おまとめプラン(ピル代) 配送月以外は2,970円(税込み)配送月のみ(ピル代&送料)3,520円(税込み)
  • 6カ月おまとめプラン(ピル代) 配送月以外は2,970円(税込み)送料無料

※低用量ピルの場合の料金です。ピルによって値段が違いますので、目安として参考にして下さい。

毎月お届けプランは、初月のみ”ピル代&診療代無料”なので、支払いは送料の550円だけです。mederi(メデリピル)には3つのプランがありますが、1番人気は送料無料の『6カ月おまとめプラン』です。

どのプランも休止・キャンセルが可能です。しかし、お届け日の6営業日前までに申請をする必要がありますので、忘れないように気をつけて下さいね。

取り扱いピルの料金

  • 低用量ピル 2,970円(税込み)
  • 超低用量ピル 5,940円~11,000円(税込み)
  • 中用量ピル 1,980円~5,940円(税込み)
  • アフターピル 9,900円~11,000円(税込み)

※超低用量ピル、中用量ピル、アフターピルは、初月無料対象外となります。

※オンライン診療の処方では、超低用量ピルの保険適応での処方ができません。

mederi(メデリピル)の定期便を解約する方法

「どうしてもmederi(メデリピル)を解約したい…」という方は、次回お届け日の6営業日前に手続きをしましょう。

LINEのリッチメニュー(トークルームの下部バーナー)のお問合せから、休止・解約を選んで進めて下さい。

6日を過ぎてしまうと…ピルの配送準備が始まってしまい、その月に解約ができなくなってしまいます。解約を希望している方は、なるべく早めの行動を心がけるようにしてみて下さいね。

mederi(メデリピル)を返品できる?

スマホをさわる女性

「処方された医薬品と届いた医薬品が違っていた」「医薬品が汚れている」などの場合は、返品・交換の対応をしてもらえます。ピルが届いてから7日以内に、お問合せフォームに連絡をしましょう。

返品する際に発生する送料は、mederi(メデリピル)が負担してくれますので、着払いで送って下さいね。

自分の都合でも返品できる?

対応してもらえないようです。

オンライン診療支援サービスなので、医療機関の受診と同しように診察、処方、調剤します。そのため、処方確定後の医薬品の返品・交換はできないようです。

mederi(メデリピル)の会社情報

事業者mederi株式会社
運営責任者坂梨 亜里咲
所在地〒153-0044 東京都目黒区大橋2-22-6 唐木ビル5F
電話番号03-6822-7445
お問合せフォームhttps://mederi.tayori.com/f/pillcontact
URLhttps://mederi.jp/
特定商取引法に基づく表示

mederi(メデリピル)のQ&A

Q
どのようにオンライン診断をするのですか?
A

スマートフォン、PC、タブレット端末を使って、テレビ電話(FaceTime、GoogleDuo)で現役の産婦人科医による診療が行われます。

Q
ピルは、いつ飲んだらいいでしょうか?
A

毎日忘れずに同じ時間帯に飲むようにして下さい。

飲む時間が定まっていないと、飲み忘れや服用時間が大きくずれるリスクが高まり、これにより避妊効果が弱まったり、不正出血の原因になります。(mederi公式サイトより

Q
服用を中止したい場合、どうしたらいいですか?
A

ピルの内服を止めて下さい。内服を止めると、数日で生理が始まります。副作用などのトラブルで服用をやめたい場合は、医師に相談してみることをおすすめします。

Q
ピルを飲むと太るって本当ですか?
A

低用量ピルと体重の増加は関係ない、といわれています。しかし、ピルの副作用でむくんでしまい、太ったように感じてしまうことがあるようです。その他にも、体調が改善して食欲が増進することもあるため、体重が増加してしまう場合もあるようです。 ピルの作用で太る(脂肪として)わけではありません。

Q
ピルが飲めないのは、どのような場合か教えて下さい。
A

以下条件に当てはまる方にはリスクを考え、mederi Pillでは処方を行っておりません。

○ 年齢が40歳以上である

○ BMIの値が30以上である

○ 高血圧(上の血圧160mmHg以上 / 下の血圧100mmHg以上のこと)と診断された

○ 35歳以上で1日あたり15本以上喫煙する

○ 「妊娠中」「妊娠の可能性がある」「授乳中」である

○ 過去1ヶ月以内に出産経験あり

○ 過去2週間以内に手術を受けた 、または今後1ヶ月以内に手術の予定がある

○ 前兆のある片頭痛がある

○ 低用量ピル・女性ホルモンでアレルギーが出たことがある

○ 乳がん、子宮体癌の疾患がある

○ 過去、妊娠中に「黄疸」「ヘルペス」「持続性掻痒症」と診断されたことがある

mederi公式サイトより
Q
mederiは健康保険が適用されますか?
A

適用されないようです。mederi(メデリピル)は、自由診療だからです。

まとめ

現役の産婦人科医に相談できる”オンラインピルを処方してもらえる診断支援サービス”です。女性の生理の悩みや、ピルの不安に優しく寄り添ってくれます。

予約、診療、処方、全てスマホ1台で完結できるので、簡単で利用しやすいんです。デリケートな女性の悩みをサポートしてくれます。

mederi(メデリピル)はオンライン診療で、ご自身に合ったピルを処方して自宅に届けてくれます。2カ月目以降は定期的に届くので、ピルが無くなる心配なく、毎日飲み続けることができるんです。わざわざ病院やクリニックに行ったり、待合室で長時間待ったりしなくてすみます。

そんなmederi(メデリピル)ですが、「値段が高い」という声がありました。

mederi(メデリピル)は、初回以外は診療代は無料で、ピル代と送料のみ支払いなので安いです。しかし、自由診療になるので保険が適用されません。PMSなどの病気治療目的で病院へ行くと、保険が適用されるため、その金額と比べると高くなります。

しかし、そういった理由ではなく避妊などの目的の場合は、病院へ行っても保険は適用されません。この場合は、病院、クリニック、mederi(メデリピル)金額の差は、あまりないでしょう。

なるべく安くピルを買いたい方は、6カ月おまとめプランがおすすめです。ピル代のみなので、送料が節約できますよ。

ぜひ、この機会にmederi(メデリピル)でオンライン診療してみてはいかがでしょうか?

コメント