当サイトには広告が含まれます。

既婚者に片思いするスピリチュアル意味とは

昨今、ワイドショーなどでも多数の芸能人の不倫発覚が大々的にニュースになり皆さんも関心を寄せることも多いテーマかと思います。

そもそも既婚者相手に身体の関係を持ってしまうことが不倫にあたるわけでして、既婚者に想いを寄せることは何も悪いことではありません。

しかし不倫にまでは至らないにしても何故、既婚者に片思いしてしまうのか、叶わない想いだと知りながらも何故、既婚者に惹かれてしまうのか。

男女である以上立場に関係なく惹かれてしまうのは本能的に仕方のない事なのかもしれませんが、この記事ではそんな既婚者への片思いをスピリチュアルの観点から分析し、意味や特徴などを詳しく紹介していきます。

既婚者に惹かれてしまう時の精神状態

不倫 既婚者

既婚者に片思いしてしまう時の状態をスピリチュアルの観点から分析すると、

  • 非日常的な欲望に囚われて現実を直視することができない状態
  • 自分の手には入らないとわかっているからこそ惹かれ執着してしまう
  • 良くないことだと理解しながらも想いを寄せることで背徳感を楽しむ

この様な精神状態の時は、波動やエネルギーが上限・下限のどちらか一方に大きく振れておりバランスを崩した状態にあると言えます。

波動が上限に振れるのであれば良いことではないかと思ってしまいますが、急激で一方的な上昇は時に精神に悪影響を与えてしまいます。心はバランスを保っていないと正常に機能しないのです。

波動の急激な上昇でバランスを崩した感情も高ぶってしまい、既婚者に惹かれた一時の気持ちが自分の本心だと錯覚してしまう場合もあるのです。エネルギーや波動が大きく低下している場合は依存心がポイントとなります。

人はエネルギーが低下すると気力の回復を求めて、周りにいるエネルギー量の高い人に対して依存を求めるようになります。通常であればエネルギーの回復に伴い依存心も消えていくのですが、依存心を恋愛感情と混同してしまうケースが出てきます。

特に依存した相手が既婚者であれば包容力に惹かれてしまい感情の混同が発生しやすいとされています。

惹かれる理由は恋愛感情だけではない

不倫

男女が異性に惹かれる理由と言えば、恋愛感情やそれに付随する感情によるものが一般的だと思います。

例えば・・・
  • 容姿が好みである
  • 性格が好みである など

相手の好きな所を頭で理解してから「好き」という感情が発生します。しかし既婚者に片思いをしてしまう様な場合は、恋愛感情だけが理由でない可能性もあります。

スピリチュアルの世界ではこの様な場合は、自身の過去世や相手との過去の繋がりなども深く関係してくると言われているからです。前世や過去世からの繋がりがある場合は惹かれている相手が

  • ツインソウル
  • ツインレイ
  • ソウルメイト

などと呼ばれる、魂の繋がりを保持する者である可能性が非常に高いと言えます。もし本当にあなたが想いを寄せている相手が魂の繋がりを持つ者であれば、惹かれる理由に思考も感情も関係ありません。

前世から繋がる運命だった相手ですから無条件で好きになってしまうと言っても過言ではありません。潜在意識の底から惹かれてしまうのです。相手が既婚者であると頭では理解していても、魂の奥底から湧き出る想いは止められないのです。

世間一般では不倫や浮気は道徳に反する良くないことと定義されていますが、ある一面から見れば既婚者に片思いするスピリチュアル意味は「運命の相手との邂逅」となるかもしれないのです。

魂の繋がりを持つ相手との間には試練が課せられる

ツインレイ ツインソウル

上記で既婚者に惹かれる理由として相手がソウルメイトツインレイである可能性を挙げました。

スピリチュアル的な観点から見ると、ソウルメイトやツインレイが既婚者になっているのではなく、ソウルメイトやツインレイなど魂の片割れの存在だからこそあえて既婚者になっているのです。

言葉遊びの様でややこしいですが簡単に説明しますと、魂の繋がりを持つ相手との間には高次元の存在が試練を課している場合があるのです。

ソウルメイトやツインレイとの出会いは魂の成長や格を上げることが目的になりますので、簡単に事が進むと成長の糧とならないため高次元の存在が様々な試練を用意しています。特にツインレイとの出会いは相手が既婚者であるという試練が多い傾向にあります。

片思い中の既婚者と本当に一緒になりたいと思うなら、離婚や再婚などの高い壁や試練を乗り越えていく大きな覚悟が必要になります。

波動の共鳴による導き

カップル 波動

スピリチュアルの世界では、人を含め万物はそれぞれ波動と呼ばれるエネルギーを発しており、固有の波長やエネルギー量の大小など千差万別であると考えられています。中でも波長は周波数とも呼ばれており、他者の持つ波動に干渉しやすい性質を持っています。

「この人とは波長が合う」なんて言葉を聞いたことはないでしょうか。もちろん相性という意味合いもありますが、波長が合うということはシンクロや共鳴するということであり、無条件で惹かれ合ってしまいます。

波動が共鳴した相手が偶然既婚者であったという場合もよくあるケースのひとつです。

既婚者に片思いしてしまう人の特徴

特徴

ここでは既婚者に片思いしてしまう人の特徴を、スピリチュアルの観点や精神状況の観点などから見ていくつか紹介していきます。良くない事だとわかっていても止められない想いの裏にはどの様な特徴があるのでしょうか。

生活に刺激を求めている

不倫

既婚者に想いを寄せてしまう人の中で最も多いのが、この刺激を求めるということではないでしょうか。

これに該当するタイプの人は、既婚者を好きになることに対して大きな罪悪感は感じておらず、自身の生活に刺激を与えてくれるほろ苦いスパイスという程度の認識になっています。ごく普通の恋愛では満足できず浮気や不倫で感じるスリルを求めてしまっています。

特定の相手というよりはその時の状況を楽しんでいる節がありますので、もし既婚者への片思いが実ったとしてもすぐに次のスリルを求めて移り気をしてしまうでしょう。

極度の孤独を感じている

ネガティブ 孤独 寂しい

既婚者に片思いしてしまう人は、大きな孤独や寂しさを抱えている場合が多くあります。孤独を埋めるため誰かと一緒になりたいという気持ちが先行して、相手が既婚者でも想いを抑えることができなくなっています。

中には既婚者の持つ包容力に惹かれるため、あえて既婚者を探すパターンも存在しています。とにかく寂しさや孤独を埋めることが最優先事項になってしまって周りが見えなくなってしまいます。

楽観主義者

既婚者に片思いしてしまう人は、楽観主義者が多いと言われています。一般的には既婚者への恋愛感情というのは、相手の家族のことや自身の家族、周囲の人たちのことを思うと罪悪感に苛まれ無理やりにでもあきらめなければと考えてしまう人が多いと思います。

しかし楽観主義の考え方は、後先や周りの人間のことなど考慮されていない場合が多く、その瞬間自分が楽しければオッケーで問題なし。という結論に至ってしまいます。リスクを考慮せず行動に移してしまうため、後々トラブルになりやすいので注意が必要です。

依存心や独占欲が強い

独占欲

既婚者に片思いしてしまう人は、依存心や独占欲が強いと言われています。

独占欲が強いと・・・

既婚者という他人のものが欲しくなり、相手のパートナーから奪ってでも自分のものにしたいと考える

依存心が強いと・・・

相手が既婚者だとわかっても、一度ハマってしまった後では中々抜け出すことができないためズルズルと片思いが続く

この2つのパターンに共通するのが、とにかく自分の気持ちや思いが第一で最優先になってしまうという所です。

意志が強い・気持ちを曲げない

既婚者に片思いしてしまう人は、何に対しても意志が強く自分の気持ちを簡単には曲げることができない人が多いと言われます。

この様な人は、自己肯定感も強く自分が正しいと思ったことが正義であり、正義を遂行するためには犠牲が出ても仕方ないと思う傾向があります。

相手への自身の想いに気づいた後に既婚者であることが判明したとしても、それは相手のパートナーが悪であり自身の恋愛感情は清いものであると信じ込んでしまいます。

周囲の意見も聞く耳持たずになってしまうため、アドバイスなども素直に受け入れることはできないタイプです。

既婚者への片思いの気持ちを大切にするために

不倫

既婚者へ想いを寄せる行為は世間一般ではタブーとされていますが、上記でも述べた様に例え既婚者であっても、それがソウルメイトやツインレイである場合、波動が共鳴して惹かれ合ってしまった場合など、高次元の存在に導かれた出会いなどの場合は自身では想いを完全に抑えることは難しいかもしれません。

また、既婚者への片思いが自身の精神や潜在意識を守る役割、支えとなっているケースも考えられます。この様な場合も自身の気持ちをバッサリと切り捨てるのは非常に難しく、精神崩壊などの危険も伴います。

そこで、ここでは既婚者への片思いの「気持ち」を大切にする方法・考え方を紹介していきます。自分自身の心の中に留めておくだけなら周りを不幸にすることもありません。

本気にならないように予防線を張っておく

人間の気持ちや感情は想い続けることで成長していくものです。特に愛に関係する想いは急激に成長しやすく、自分の思考では気が付かないうちに感情だけが引き返せない所まで来ているといったことは非常に良くある話です。

最初は想いを寄せるだけ見ているだけで幸せと思っていても、いつの間にか自分のものにしたくなり行動がエスカレートしてしまうのです。この様なケースを避けるためにはあらかじめ本気にならない様に自身の中で予防線を張っておきます。

感情面でも思考面でもよいですが、自分の中で決めた一線を引いておきます。

相手に対して進展を求めない

手をつなぐカップル

既婚者への片思いの気持ちを大切にするためには「相手に求めることをしない」ということが重要です。既婚者ということで相手に家族があって生活があることを理解しているが故に、相手に何かを求めてしまうと途端に片思いは苦しいものになってしまいます。

  • 会って欲しい
  • お話したい
  • 手をつなぎたい

など望んでも叶うものではありません。叶わない望みは自身を苦しめるだけで、辛い片思いになってしまいます。相手に望むことはせず、自身の気持ちだけを大切に心の中に秘めておくことがお互いにとって幸せな事なのかもしれません。

一定の距離を保つ

物理的な距離を保つということも必要です。感情に予防線を張って一度は諦めることができたとしても、物理的な距離が近づいてしまうことで予防線を踏み越えてしまうかもしれません。人は触れ合うことによって一瞬で膨大な量の情報が交換されます。

互いのエネルギーに触れ、波動の共鳴も触れ合うことで発生しやすいと考えられています。相手の波動やエネルギーを知り、潜在意識の奥底から求める意識が湧いてしまえば予防線など意味を持ちません。

物理的にも一定の距離を保つことは、片思いの気持ちを大切にするためには必要な事です。

自分一人の片思いであることを理解し受け入れる

既婚者への片思いの気持ちを大切にするためには、自分一人の片思いで一方通行であることを理解し受け入れることが大切です。恋は盲目とも言いますが、あまりにも大きくなり過ぎた相手への想いは周りを見えなくしてしまいます。

ここでよく起きてしまう過ちは、片思いであるにも関わらず相手も自分と同じ感情を抱いているに違いないと勘違いで思い込みをしてしまうことです。

恋愛に限った話ではありませんが、相手の気持ちを勝手に理解したつもりになっていると、様々なすれ違いが発生します。すれ違いは片思いをしているあなたの感情を大きく揺さぶり、精神は消耗していきます。

すれ違いが起こる前に、片思いは自分だけの気持ちであり相手の気持ちはその人だけのものということを理解し受け入れることで、胸の中で相手への想いを大切にすることができるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では「既婚者に片思いするスピリチュアル意味とは」のテーマのもと、既婚者に惹かれてしまう理由や、精神状態などをスピリチュアルの観点から分析し紹介してきました。

世間一般では既婚者へ想いを寄せることは悪い事と認識されています。しかし相手がソウルメイトやツインレイである場合や波動が共鳴してしまった場合など、自分の理性だけではどうしようもないケースというのも確かに存在しています。

そんな時は記事の中でも紹介している、片思いの気持ちだけを大切にすることを意識すると自分も相手も苦しい思いをすることなく、素敵な気持ちとして自身の中で育んでいけるかもしれません。

コメント