PR

不倫はカルマとして自分に返ってくるのか?

結婚していても誰かを好きになってしまう、既婚者の人を好きになってしまう、恋愛関係にはさまざまな形がありますが、不倫はバッシングもされやすく、誰かを傷つける恋愛です。
皆様も、人を傷つけたら、人に嫌な思いをさせたら、カルマとして自分に返ってくると聞いたことがあるのではないでしょうか?

スピリチュアルな観点でも不倫はカルマとして自分に返ってくるといわれていますが、本当のことなのでしょうか?
この記事では、不倫はカルマとして自分に返ってくるのか?不倫した人はどうなるのか?不倫で相手を傷つけてしまったときの対処方法などをまとめて紹介していきたいと思いますので、参考になさってみて下さい。

不倫はカルマとして自分に返ってくるのか?

既婚者でも素敵な人はいますので、好きという気持ちが抑えられず、不倫をしてしまうこともあるかと思われます。
ただ、他の恋愛関係とは違い、信頼やお金など失うものが多いうえ、不倫は配偶者や自分の家族、相手の家族など、多くの人たちを傷つけるものです。
不倫によって、傷ついた人、不幸になった人は数多くいますので、カルマとして自分に返ってくることは想像できるのではないでしょうか?
この項目では、不倫はカルマとして自分に返ってくるのかどうかについて紹介したいと思います。

罪悪感を感じている場合

不倫で誰かを傷つけ、罪悪感を感じている場合は、すでにカルマが自分に返ってきている可能性が高いといわれています。
罪悪感を感じている人は、苦しみやつらさから、相手に謝罪したい思う気持ちがわきあがりますが、相手が謝罪を受け入れてくれたとしても、過去に犯してしまった過ちを取り消すことはできませんので、罪悪感を抱えたまま生きていくことが多いとされています。
心から反省して二度と繰り替えさないと誓っても、カルマとして返ってきた罪悪感に苦しみ続けるといわれています。

カルマはいつ返ってくるのかわからない

カルマの法則では、カルマはいつ返ってくるのかわからないといわれています。
不倫で誰かを傷つけて罪悪感を感じている人は、罪悪感に苦しむことになったり、誰かを傷つけたことすら自覚がなく、忘れたころに違う形でカルマが返ってくる人もいるとされています。

誰かを傷つけたことすら自覚がないという人は、なぜ自分が不幸になっているのか、なぜ悪いことばかり起きてしまうのか、その原因に気がつくことはないといわれています。
反省のしようがないため、同じことを繰り返しては苦労をする可能性が高いとされています。

これから起こるさまざまな出来事を不倫のカルマのせいにしやすくなる

何か悪い出来事が自分もしくは自分の周りで起きた場合、不倫のカルマのせいなのだと考えてしまう傾向にあるのも、不倫はカルマとして自分に返ってきている原因の1つといわれています。

相手にも自分にもカルマが返ってくる

不倫相手に急にフラれてしまった、もう会えないと言われてしまったときなどは、家庭がうまくいっていないと言ってのを信じていたのにと思うこともあるかと思われます。
この場合は、不倫相手があなたに対して嘘をついていただけではなく、家族のことも裏切っているため、カルマが不倫相手に返ってくるといわれています。
相手が既婚者であることを知っていながら不倫を続けていた側も、相手の家族のことを傷つけているため、カルマがに返ってくるとされています。

不倫をすることはカルマとどのような関係があるのか?

スピリチュアルな観点で不倫の中には、前世からのカルマが関係している場合もあるといわれています。
この項目では、不倫をすることはカルマとどのような関係があるのかについて5つ紹介したいと思います。

前世で恋愛関係にあった

1つめは、前世で恋愛関係にあったことです。
異性と出会ったときに、相手がすでに結婚していた場合、好きという感情は持ちつつも、不倫関係にまでに進んでしまうことは多くはないといわれています。
ただ、自分の気持ちが抑えることができずに、不倫関係になってしまうのは、前世で恋愛関係にあった可能性が高いとされています。

前世での恋愛関係において、自分と相手の感情が昇華されていれば、現世で不倫関係になることはないといわれています。
ただ、前世の執着やカルマが昇華されていない状態で、現世で再会してしまうと、魂レベルでお互いに引き寄せ合うとされています。

カルマメイトである

2つめは、カルマメイトであることです。
これからの人生をともに歩んでいく運命の相手であるのか、前世からのカルマメイトであるのかでは、不倫関係でも違いがあるといわれています。
運命の相手である場合は、誰かを傷つけることはないとされていますが、前世からのカルマメイトである場合は、現世において関係性を解消しなければ、カルマが返ってくるといわれています。

相手のことを独占したい

3つめは、相手のことを独占したいことです。
魂が持っている本来の気質は、何度生まれ変わりを繰り返しても、同じような気質を持っている可能性が高いといわれています。
相手のことが好きだという気持ちよりかは、配偶者がいるから魅力的に見える、相手のことを独占したいから不倫関係を続けているという場合もあります。
もし、相手が既婚者ではなく独身であった場合、自分の気持ちがこのような状態になっているのかを冷静に考えて、違う幸せを見つけたほうが良いとされています。

カルマに縛られて執着している

4つめは、カルマに縛られて執着していることです。
相手のどこが好きなのかと聞かれたときに、たいていの人は相手の良い部分をあげることができるものです。
ただ、カルマの法則に縛られて執着している場合は、相手のどこが好きなのかが良くわからないことがあるといわれています。

この場合、好きだという感情よりも、離れることができない、相手のことを独占したいという気持ちが勝ってしまい、人によっては悩みがたえないという場合もあります。

不倫関係を断ち切ることができない

5つめは、不倫関係を断ち切ることができないことです。
・好きになる相手がいつも既婚者で不倫を繰り返してしまう
・だめだと思っているのに同じことを繰り返してしまう
・不倫関係を断ち切ることに恐れを抱いている
・不倫関係を続けなければならないという義務感が心の中にある
このような場合は、独身男性と出会って結婚まで進み、自分が既婚者になったとしても、不倫を続けてしまうことが多いとされています。
この特徴を見て自分に当てはまっていると思う人は、不幸の連鎖を断ち切らなければ、いつまでもカルマが解消されることはないといわれています。

不倫をする人の特徴と心理[男女別]

この項目では、不倫をする人の特徴と心理を男女別に紹介したいと思います。

不倫をする男性の特徴と心理

既婚男性

家庭に不満を抱えている

1つめは、家庭に不満を抱えていることです。
夫婦関係がうまくいっていない、家庭内で自分の立場がないなど、不満やストレスを抱えている既婚男性は、自分のことを頼りにしてくれる人を求めているため、不倫をする場合があるといわれています。
ただ、夫婦関係がうまくいっていないと言って不倫関係を持ちかけてくる既婚男性もいるため、注意が必要となります。

誰かに必要とされたい、頼りにされたいという思いが強い

2つめは、誰かに必要とされたい、頼りにされたいという思いが強いことです。
男性というのは基本的に、誰かに必要とされたり、頼りにされたりすることに喜びを感じる傾向にありますので、家庭内において自分の思いが満たされていない場合は、自分のことを必要としてくれたり、頼りにしてくれたりする人と不倫をしてしまうことがあるといわれています。

経済的に余裕がある

3つめは、経済的に余裕があることです。
家庭があって、他の女性と不倫をする場合は、それなりにお金がかかるものです。
また、女性の立場から見ても経済的に余裕がある男性は、魅力的に見える特徴の1つともいえます。
経済的に余裕があるから不倫をするというわけではありません。
ただ、経済的に余裕がなければ、不倫関係にいたらないのも事実といえます。

自分の性欲を満たしたいだけ

4つめは、自分の性欲を満たしたいだけです。
夫婦関係がうまくいっていても、子どもにとって良い父親であっても、性欲を満たしたいと思う男性もいるとされています。
身体の関係だけであると女性側も割り切ることができればいいのですが、すぐに肉体関係を求めてくる既婚男性には注意が必要です。

独身男性

甘えんぼうな性格である

1つめは、甘えんぼうな性格であることです。
甘えんぼうな性格である独身男性は、相手に母性を求める傾向にあるため、既婚女性と不倫をする場合があるといわれています。
この場合は、身体の関係がなくても続く場合が多いとされています。

割り切った関係で良いと思っている

2つめは、割り切った関係で良いと思っていることです。
独身男性が不倫をするときは、身体の関係のみの割り切った関係で良いと思う場合もあるといわれています。
近年では晩婚化や、束縛されることを嫌い、独身でいることを選ぶ人たちも増えてきており、割り切った関係で良いと思っている独身男性は、既婚女性を選ぶこともあるとされています。
ただ、このような関係の場合、既婚女性のほうが夢中になってしまうケースもあるといわれています。

不倫をする女性の特徴と心理

既婚女性

家庭に不満を抱えている

1つめは、家庭に不満を抱えていることです。
既婚男性と同じように既婚女性も、家庭に不満を抱えていると、他の男性に安らぎを求めてしまう傾向にあります。

寂しがりやである

2つめは、寂しがりやであることです。
既婚女性の中には、夫婦関係が冷え切っていてセックスレスである、夫の仕事が忙しい、休日も家庭サービスをしてくれないなど、さまざまな理由から、自分の話をよく聞いてくれる人、自分の寂しさをうめてくれる人を求めて、不倫をする人もいるといわれています。
この場合は、夫婦で話し合って問題が解決ができなければ、改善することが難しいとされています。

女性として見られたいと思っている

3つめは、女性として見られたいと思っていることです。
独身時代のように異性から大切にされたい、女性として見られたいと思っている既婚女性は、不倫をすることもあるといわれています。
パートナーのため、自分のため、仕事関係上など、綺麗でいたいから、身だしなみに気をつけなければならないからなどと思っている既婚女性たちもたくさんいます。
ただ、いつまでも自分のことを女性として異性に見られたいと思っている気持ちがある既婚女性も中にはいるとされています。

独身女性

自分に自信が持てない

1つめは、自分に自信が持てないことです。
自分に自信がない独身女性は、相手が既婚男性であっても、女性として扱われることに喜びを感じて、そのまま不倫関係になってしまうといわれています。
この場合は、軽い運動をしたり、メイクやファッションなどを研究して、心身ともに健康的にイメージチェンジをしてみたり、さまざまな人たちに出会う機会を作ったり、自分の視野を広げたりなど、自分に自信をつけることが大切です。

外見が地味である

2つめは、外見が地味であることです。
外見が地味な独身女性は、アプローチしやすい、安心しやすいなどの理由から、既婚男性に声をかけられることがあるといわれています。
独身女性も不倫をすることは決して少なくはないとされていますが、相手の言いなりにならないよう、自分の意思をしっかりと持つことが重要となります。

不倫がカルマとして自分に返ってきたとき、不倫した人はどうなるのか?

この項目では、不倫がカルマとして自分に返ってきたとき、不倫した人はどうなるのかについて8つ紹介したいと思いますので、今、不倫をしている人、不倫をやめたいと思っている人は、参考に読んでみて下さい。

自分の周りから人が離れていく

1つめは、自分の周りから人が離れていくことです。
不倫がカルマとして自分に返ってきたときは、悪い噂が広がってしまった場合、傷つけてしまった相手や友だち、周囲の人たちが離れていくこともあるといわれています。
既婚者の場合は、配偶者と離婚をすることになったり、子どもたちと会えなくなったり、両親からの信用を失い縁を切られたりすることもあります。
自分の周りから人が離れてしまってから、自分がしてしまったことの重大さに気がつくとされています。

社会的信用やお金を失う

2つめは、社会的信用やお金を失うことです。
社内不倫をしていてカルマが自分に返ってきたときには、会社での信用を失い、部署異動・転勤・左遷・退職など、今まで努力をして築いてきた地位や名誉なども失うことになるといわれています。

不倫で人を傷つければ、相手から慰謝料を請求されることがあったり、自分や相手の家庭が崩壊したりなど、多額のお金を失ってしまうこともあります。

傷つけられた人から恨まれるようになる

3つめは、傷つけられた人から恨まれるようになることです。
不倫がカルマとして自分に返ってきたときは、今まで順調に人生を進んできていたとしても、傷つけられた人から恨まれる人生を歩むことになります。

不倫をしていたときに自分に罪悪感がなかったり、傷つけてしまった相手のことを忘れてしまったりしても、傷つけられた人はこの事実を忘れることはできないとされています。

自分の大切な人たちに悪いことが起こる場合もある

4つめは、自分の大切な人たちに悪いことが起こる場合もあることです。
カルマの法則では、人にしたことは自分に返ってくるといわれていますが、すべてが自分に返ってくるわけではなく、自分の大切な人たちに悪いことが起こる場合もあるといわれています。

たとえばですが、
・不倫をしたことがある人の子どもがパートナーの不倫に悩まされるようになる
・自分が過去に不倫をしていたことがバレて、子どもの結婚が白紙になった
・自分の不倫が原因で、付き合っていた本命の恋人がトラウマを抱える
など、カルマが自分に返ってくるよりも、つらい思いをする場合もあります。

不倫相手と結婚することができたが不倫されてしまう

5つめは、不倫相手と結婚することができたが不倫されてしまうことです。
皆様は、不倫相手と結婚することができたとしても、
・過去に自分と不倫をしていた相手のことを信じることができるかどうか
・また不倫するかもしれない、不倫をしているかもしれないという思いがでてこないか
・相手に対して常に疑いの気持ちを抱えながら、生活していけるのかどうか
などを改めて考えてみて下さい。

もし、相手がまた不倫をしたとしても、過去に不倫をしていたことがある自分は、相手のことを責めることができなくなるとされています。
不倫相手と結婚することができたが不倫されてしまうのも、カルマとして自分に返ってきたということになりますので、周囲の人たちからも同情を得ることは難しくなります。

本当に好きな人とうまくいかなくなる

6つめは、本当に好きな人とうまくいかなくなることです。
不倫をしてきた人は、自分が不誠実なおこないをしてきたことで、他の人たちのことを信用することができなくなるといわれています。

人を傷つけてしまった人は、本当に好きな人と出会ったときに、不倫がカルマとして自分に返ってきて、自分が過去にしてきたおこないを悔やむことになるとされています。
今後出会う人も自分と同じような過去を持つ人だけあり、本当に好きな人とはうまくいかなくなるといわれています。

また、本当に好きな人とうまくいっていたとしても、過去に不倫をしていたことがバレてしまった場合は、破局を迎える可能性もあります。

婚期を逃してしまう

7つめは、婚期を逃してしまうことです。
不倫をすると、既婚の相手としか付き合うことができなくなってしまったり、不倫のスリルを忘れることができなくなったりするといわれています。
不倫がカルマとして自分に返ってきたときは、自分から幸せを遠ざけてしまったり、婚期を逃してしまったりするとされています。
結婚願望がある人は、不倫関係を続けることにより、婚期を逃していると考えることが大切です。

霊障に悩まされるようになる

8つめは、霊障に悩まされるようになることです。
不倫がカルマとして自分に返ってきたときは、生霊に悩まされたり、金縛りにあったり、周りで悪いことが起こることが増えたりすることもあるといわれています。
このときは、何をしてもうまくいくことがなかったり、原因不明の体調に悩まされるようになったり、運気が下がったりするとされています。

不倫で誰かを傷つけてしまったときの対処方法

不倫で誰かを傷つけてしまいカルマとして返ってくるのは、正直避けたいものです。
不倫をした、誰かを傷つけたという過去を変えることはできませんので、これからはどのようにしていけば良いのでしょうか?
この項目では、不倫で相手を傷つけてしまったときの対処方法を3つ紹介したいと思います。

不倫相手と別れる

1つめは、不倫相手と別れることです。
不倫で誰かを傷つけてしまったときは、自業自得であったとしても、立ち直れないようなカルマが自分に返ってくる前に、不倫相手と別れることを選ぶのが良いとされています。
不倫相手と別れるのはつらい部分もあるかと思われますが、他の出会いを探して素敵な恋愛をするのが、自分にとっても良いのではないでしょうか?

心から謝罪をする

2つめは、心から謝罪をすることです。
不倫で誰かを傷つけてしまったときは、相手のことを傷つけてしまった責任を取るためにも、心から謝罪をすることが大切です。
ただ、もう二度と同じ過ちを繰り返しませんので許して下さいと、心から謝罪をしても、相手が謝罪を受けいれられないという場合は、相手の気持ちに従うしかないとされています。

また、心から謝罪をして許してもらえたとしても、不倫をしたという事実は消えませんし、カルマは自分に返ってくるといわれています。

誠実になる

3つめは、誠実になることです。
不倫で誰かを傷つけてしまったときは、悪いカルマを積み重ねないようにするために、日々の生活を変えるようにしたり、周囲の人たちに真摯に向き合ったりなど、誠実になることが大切です。

また、人を傷つけたという自覚がある人は、気持ちを切り替えて日頃から善い行いを増やしていくことも重要となります。
良いこともカルマとして返ってくるといわれていますので、今から善い行いを増やし、良い結果が返ってくるように行動をしていくことが大切です。

不倫で傷つけられたときの対処方法

自分のことを傷つけた相手が幸せそうでつらい、相手のことを許せないなど、不倫をしたらカルマとして返ってくるということが頭ではわかっていても、悲しくて苦しんだり、相手のことがどうしても許せなくなってしまう人もいます。

この項目では、不倫で傷つけられたときの対処方法を4つ紹介したいと思いますので、自分のことを傷つけた人を憎みそうになっている人や、復讐しないと気が済まないと思っている人は、参考にしてみて下さい。

相手と距離を置き関わらないようにする

1つめは、相手と距離を置き関わらないようにすることです。
不倫で傷つけられたときは、相手の姿を見たり連絡を取ったりしてしまうと、傷が深くなったり、恨みの感情がわきあがってきたりすることもあります。
ネガティブな悪影響が精神に及ぼされてしまうと、自分にまでカルマの法則が働いてしまうといわれています。

このときは、自分の気持ちを整理するためにも、相手と距離を置いて関わらないようにするのが良いとされています。

自分の感情を抑えつけない

2つめは、自分の感情を抑えつけないことです。
不倫で傷つけられたとしても、性格が優しい人は、相手のことを許せずに不幸を願ってしまう自分に対して、罪悪感を抱いてしまうこともあるといわれています。

相手のことをいつまでも許せない気持ちを持っていると、自分にもカルマが返ってくるかもしれないと思うこともあるかと思われますが、無理に自分の感情を抑えつけないようにすることが大切です。
ただ、相手の不幸を願うことはやめたほうが良いとされています。

正当な方法で復讐する

3つめは、正当な方法で復讐することです。
不倫で傷つけられたときに、相手に復讐をしたいと考えてしまう人は、相手や自分のパートナーの親に相談してみたり、弁護士を通して慰謝料を請求したりなど、正当な方法で復讐するのが良いとされています。

傷つけられた悔しさや怒りは収まることはないかと思われますが、それ以上の復讐をしてしまうと、自分にもカルマが返ってきてしまうこともあります。
自分が復讐しなくても、相手にはカルマが返ってくると考えることが大切です。

自分の幸せを優先する

4つめは、自分の幸せを優先することです。
不倫で傷つけられたとしても、あなたにはあなたの人生がありますので、相手やパートナーの不幸を願うことよりも、自分の幸せを優先に考えて生活していくことが大切です。

カルマの法則というのは、良いことをした場合にも返ってくるとされています。
また、不倫によって大切な人を失ってしまった、酷いことをされたという人が、そのすぐ後に、運命の人と出会ったりすることもあるといわれています。

おわりに

今回は、不倫はカルマとして自分に返ってくるのか?不倫した人はどうなるのか?不倫で相手を傷つけてしまったときの対処方法などについて紹介しましたが、いかがでしょうか?

不倫はカルマとして自分に返ってくるのか?については、
・罪悪感を感じている
・カルマはいつ返ってくるのかわからない
・これから起こるさまざまな出来事を不倫のカルマのせいにしやすくなる
・相手にも自分にもカルマが返ってくる
などがあることがわかりました。

恋愛関係においては、自分の気持ちを抑えることができずに、既婚者の人を好きになってしまい、不倫をすることもあるかと思われます。
ただ、カルマの法則では、不倫をして誰かを傷つけてしまった場合、カルマとしていずれ自分に返ってくるといわれています。
人はときとして間違いを犯すことがありますが、2度と同じような間違いを繰り返さないようにすることが大切です。

・既婚者ばかりを好きになってしまう
・不倫をやめたいと思っているのにやめることができない
・最近嫌なことばかりが起こるけれどカルマなのかどうかを知りたい
などのお悩みを抱えている方には、電話占いを利用して、不倫問題に特化したプロの占い師に相談することをおすすめします。

電話占いサイトは安心の上場企業運営が多いため、厳しい審査を通過した占い師が多く在籍していますので、ご相談者様の気持ちに寄り添いながら、的確なアドバイスをいただけますし、縁切りをお願いすることも可能です。

電話占いでしたら、自分と相性の良い占い師を探して、ご自宅から好きな時間に電話で相談ができますし、無料特典を利用すればお得に鑑定してもらえますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

この記事が少しでも、皆様のお手伝いとなれば幸いです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント