PR

神様がいると思った瞬間12選!

もうダメだと思っていたことが予想外にうまくいったり、ずっと心に秘めていた願いが叶ったりすると、思わず「神様のおかげだ!」と感じますよね。実際に神様がいるのかどうかはわからないけれど、「自分が想像だにしない不思議なパワーが働いている」瞬間を経験したことのある方は多いと思います。

今回は、神様がいると思った瞬間を「恋愛編」「仕事編」「日常編」に分けてご紹介します。また、運がいい人の特徴も解説しているので、神様のご利益にあやかりたい方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【恋愛編】神様がいると思った瞬間

偶然が重なったり、ありえないタイミングでハプニングが起こったりして、恋愛が進展することはよくありますよね。そんなときは、思わず「神様のおかげかも!」と実感してしまいます。

ここでは、恋愛で神様がいると思う瞬間をいくつかご紹介します。

運命の出会いを果たした

気乗りしない合コンに行ったら将来夫婦になる人と出会ったり、トラブルに見舞われて散々なところを助けてくれた異性と意気投合したり…。偶然としか思えないシーンで運命の人との出会いを果たすと、「神様っているんだな」と感じますよね。

道を歩いていたら異性とぶつかって、それをきっかけに恋がはじまるような、まるで漫画のようなストーリーを体験している人は意外と多いんです。神様が引き寄せてくれた出会いのような気がしてしまいますね。

憧れの人と両想いに

モテモテのクラスメイト、仕事のできるイケメン上司、ましてや人気の芸能人など、自分には手が届かないだろうと思っていた憧れの人と両想いになったら、びっくりしてしまいます。自分の努力だけではない、不思議な縁のパワーを感じますよね。

たくさんのライバルの中から自分が見初められるなんて、ドラマの主人公のようです。あなた自身も美人だったりイケメンだったりするならわからなくもないですが、いたって平凡な人が選ばれたりすると驚きを隠せません。

忘れられない人と復縁

別れてしまったけれど、どうしても忘れられない人がいて次の恋愛に進めない…という人もいるかと思います。そんなとき、思い続けてきた元恋人と偶然顔を合わせ、トントン拍子に復縁に至ったとしたら、「神様に願いが通じた!」と感じるのも頷けます。

大人になってから付き合った元恋人なら、連絡先なども知っているので復縁のチャンスも多いのですが、中高生の頃の恋人とそれっきりになっている場合、偶然再会して復縁できたらラッキーとしか言いようがありません。

縁結びの神社のパワーを実感

素敵な出会いを求めて、縁結びを謳う神社にお参りに行く方もいるかと思います。神社でお参りしたら必ず願いが叶うという訳ではないのですが、参拝後に恋人ができたり、結婚の話が進んだりすると、「縁結びの神様のおかげ」と思いますよね。

とくに、縁結びのお守りを肌身離さず持ち歩いていたり、神社のおみくじで大吉が出た後にいい出会いがあると、「ご利益があった」と感じます。

【仕事編】神様がいると思った瞬間

仕事を続けていると、トラブルに見舞われて苦しい時期や人間関係に悩まされる時期もあります。楽しいことばかりではないものの、思わぬ偶然でラッキーを手に入れたりすると、思わず神様の存在を信じたくなるもの。

ここでは、仕事で神様がいると思う瞬間についてご紹介します。

苦労の末、キャリアアップに成功した

どんなに能力が高くても、最初から仕事で成功する人は少ないですよね。入社したばかりの頃は雑用ばかりで全然やりたい仕事ができなかったり、不本意な評価をされたりと、苦労が絶えないことも多いです。

でも、そこで諦めずに努力した結果、華々しいキャリアアップを成功させたら、「やっぱり神様は見ていてくれるんだな」と思いますね。パート・アルバイトや派遣社員などの立場でも、真摯に仕事に向き合った結果、能力を買われて正社員に登用されることもあります。

もちろん本人の努力の結果なのですが、残念ながら努力しても報われないこともあるので、ちゃんと報われると神様に感謝したくなります。

縁に恵まれていい仕事を見つけた

仕事は、恋愛と同じように「縁」が大事といわれます。たとえ優良な会社であっても、自分と相性がいいとは限らないのです。なかなか納得のいく仕事に出会えなかったのに、素晴らしい会社との出会いがあって転職に成功したら、「運がよかったな」としみじみと感じるでしょう。

思わぬ人との出会いから、仕事を紹介されたり一緒に仕事をしようと誘われることもあります。人生の転機になることも多いので、ぜひチャンスを生かしたいところです。

ピンチに助っ人が現れた

「このままではプロジェクトに失敗してしまう…」「あり得ないミスを犯してしまった…」そんな絶体絶命のピンチのとき、不思議と手を差し伸べてくれる人が現れることがあります。おかげでなんとか大事には至らなかったとき、助けてくれた人にはもちろん感謝してもしきれませんが、「神様ありがとう!」とも叫びたくなってしまいますね。

こういった偶然が重なって幾度もピンチを乗り越えてきた経験がある人は、神様の存在を信じずにはいられないでしょう。

苦手な同僚が異動になった

仕事において、人間関係はかなり重要な問題です。同僚や上司に恵まれればいいのですが、性格が合わなかったり、ましてやパワハラなどの嫌がらせをしてきたりする人がいると、仕事に行くのがとてもつらくなってしまいます。

「自分が転職するしかないのかな…」と思っていた矢先、苦手な同僚の方が異動になってくれたりすると、「神のお助けだー!」と感激しますよね。遠くに転勤などになって関わりがほとんどなくなれば、さらにラッキーです。

【日常編】神様がいると思った瞬間

プライベートな時間でも、神様の存在を実感する機会は意外とたくさんあります。「たまたまラッキーだっただけ」と思えばそれまでですが、神様のおかげと思えば幸せな日常に感謝できるはずです。

ここでは、日常生活で神様がいると思う瞬間についてご紹介します。

懸賞や宝くじが当たった

懸賞に連続で当選したり、一番良い賞をゲットしたりすると、ただ単にツイてるだけではなく何か特別な力が働いているような気がしてきます。海外旅行など豪華な賞を引き当てた場合は、神様に感謝したくなりますね。

また、宝くじの高額当選もラッキーとしか言いようがありません。100万円とかでもすごいことですが、何千万円、何億円の宝くじを当選させたとしたら、幸運の神様が振り向いてくれたと思いたくなります。

間一髪で事故を回避した

道を歩いているときや車を運転しているとき、事故に遭いそうになってヒヤッとすることがありますよね。わずかにタイミングがずれて、間一髪で事故を回避できたりすると、思わず「神様ありがとう」と感謝します。

「たまたま忘れ物を思い出して家に取りに帰ったり、出かける予定だったけれど体調を崩して休んだりしたら、事件や災害の被害を免れた」など、虫の知らせのようなものを感じる場合もあります。

病気やケガから驚異的に回復した

治療の難しい病気にかかって余命宣告されたり、大きな事故に遭って意識不明になり「もう助からないでしょう」「助かったとしても普通には生活できないでしょう」と言われてしまうこともあるかもしれません。

そんな厳しい状況なのに、医者も理解できないほどの驚異的な回復力で、以前と同じくらいの生活ができるようになる人も中にはいるのです。こんな奇跡が起きると、「神様から戴いた命だ」と感謝せざるを得ません。

胸騒ぎがしてトラブルを未然に防いだ

「資料が完成したものの、なんだか胸騒ぎがしてもう一度見直していたら重大なミスを発見した」という経験をしたことはありませんか?根拠はないけれど、何かがおかしい…と第六感が働くと、「神様が教えてくれたのかな」と感じます。

「自分自身がしっかりしているからだ」「慎重な性格だからだ」と思えばそれまでです。神様ありがとうと思える人は、謙虚なタイプなのかもしれませんね。

神様を信じる人の割合は?

ここまで、神様がいると思った瞬間をシチュエーション別でご紹介してきましたが、そもそも神様の存在を信じている人はどのくらいいるのでしょうか?

神の存在・死後の世界を信じるものの割合の調査結果(ギャラップ調査、欧州価値観調査、世界価値観調査)によると、2010年時点で神の存在を信じる日本人の割合は59%となっています。

アメリカやイギリスと比べるとやや低い割合となっていますが、日本人の半数以上は神様を身近に感じていることがわかりますね。

お正月には神社で初詣をしたり、試験前には合格祈願をしたりお守りを身に付けたりと、日本人の生活のそばにはいつも神様が寄り添っているのかもしれません。

運がいい人の特徴

神様が本当に存在するのかは確かめようがありませんが、人生の中で自分の理解を超えた不思議な力を実感することはやっぱりあるんですよね。そんなパワーを信じながら、幸せに生きていけたらいいですよね。

ここでは、なぜか運がよくハッピーな毎日を過ごせる人の特徴について解説します。

感謝の気持ちを忘れない

運がいい人は、周囲への感謝の気持ちを忘れません。自分自身が幸せになれるように努力は怠りませんが、自分が生きていられるのは家族や友人、地域の人々など、さまざまな人に助けられているからこそと考えることができるのです。

そして、実在する人間に感謝するだけでなく、食べ物や自然の恵みにも感謝でき、さらに目には見えないご先祖様や神様にも感謝の気持ちを持つことができます。

ただ心の中で感謝するだけでなく、実際に周りの人に感謝の言葉を伝えたり、物を大切に使ったり、神社に参拝したり、お墓参りをしたりといった行動も伴っています。

ポジティブ思考

生きていると、思い通りにいかないことやつらく悲しいことも度々起こります。それで落ち込むことがあっても、「またやり直せる」と信じてポジティブに頑張る人は運を引き寄せます。周りに嫉妬したり、恨んだり、自分を卑下したりといったこともなく、ひたむきに努力ができるのです。

また、運がいい人はいつも笑顔を絶やさないのも特徴です。笑顔でいると自分の心が明るくなるだけでなく、周りの人も心がほぐれて気分が良くなるものですよね。こうして幸せが広がり、運気もアップするのでしょう。

逆にいつも不機嫌な顔をしていたり、人の悪口ばかりを言っているネガティブな人は、周囲からも敬遠されやすく幸せを逃してしまいがちです。

人に優しく親切

他人の迷惑を考えずに自分勝手に振る舞ったり、誰かが困っているのに面倒くさいからと無視したりするようでは、なかなか幸せにはなれません。運がいい人は、自分が幸せになることだけでなく、周りの人も幸せになってほしいと考えているのです。

だから、運がいい人は、優しく気配り上手なことが多いのが特徴。その結果、周りの人からの評判が良くなり好かれやすいので、幸運が舞い込んできやすくなります。

また、「おはようございます」「こんにちは」「ありがとう」といった基本的な挨拶を欠かさないので、運がいい人のまわりには自然といい雰囲気が作られます。

嘘を付かない

人に良く見られたいからといって八方美人にしていても、陰で嘘を付いているようでは幸せにはなれません。バレないように嘘を付いたつもりでも、なぜかボロが出てバレてしまい、自分の信用が地に堕ちてしまうのです。

嘘を付いたり人を騙したりする人は、自分だけが得をしたい、自分は傷つきたくないという考えが強いのです。詐欺などの犯罪を思い浮かべればわかりやすいですよね。そうやって他人をないがしろにして自分だけが幸せになろうとしても、人生のどこかで大失敗をしてしまうのがオチです。

身の回りを清潔にしている

どんなに優しく謙虚でポジティブな人でも、自宅がゴミ屋敷並みに汚かったり、お風呂にもろくに入らず悪臭がしていたりするようでは、運が逃げて行ってしまいます。

「自分は平気だから」と言い訳をしても、やはりゴミ屋敷は近隣住民にも迷惑をかけてしまいますし、悪臭がする人はまわりを不快にさせてしまいますよね。

運がいい人は、日頃から身の回りを清潔に保っています。そうすることで、周囲の人との関係も良好になり、幸運が巡ってきやすくなるのでしょう。

まとめ

今回は、神様がいると思った瞬間を「恋愛編」「仕事編」「日常編」に分けてご紹介しました。

人生の中で、自分の想像を超えるような不思議な力に救われたと感じることは度々ありますよね。それは、きっと神様のパワーのおかげなのかも。ぜひ、日頃から感謝の気持ちを忘れずにいてくださいね。

コメント