独学で英語を話せるようになりたい!独学で英語を話せるようになる方法

独学で英語を話せるようになりたい!独学で英語を話せるようになる方法

このレビューは

  • 私の簡単なプロフィール
  • 初心者が独学で英語を話せるようになるまで
  • 英語を日常会話レベルで話せるようになるにはどのぐらいの勉強時間が必要?
  • 独学で英語を話せるようになるのに必要なマインド
  • 独学で英語を話せるようになるまでの勉強法ロードマップ
  • 2・3ヶ月で英語を話せるようになるのは不可能?
  • 独学で初心者が英語を話せるようになるならオンライン英会話がおすすめ!

について書いています。

筆者のプロフィール

私が、英語に本格的に興味を持ったのは高校1年生の時に某大手英会話に行き出したことです。(←実際は母親に行かされた(笑))

このことがきっかけで英語で会話できるようになっていくことが楽しくて、将来は英語を使った仕事につきたいと思うようになりました。(今や勝手に申し込んだ母親には感謝です!!)

大学時代にアメリカへ短期留学に行ったり、社会人になってからは香港で海外就職、結婚してからは夫の海外駐在でヨーロッパに在住経験があります。

海外で生活してみると、英語力に自信があったはずなのに、全然自分の思いを伝えられなくて、悔しい思いをしたことは今でも忘れられません。

今となれば、英語に対するコンプレックスやスランプがあったからこそ、勇気と努力があれば必ず英語を話せるようになるということをお伝えできればと思います。

初心者が独学で英語を話せるようになるまで

初心者が英語を話せるようになるまでの大切なポイントは、中学英語をマスターすることです。

単語力はもちろん、英語の文章をきちんと読めるようになるには日本語と同じで英文法の基本をしっかり学ぶことをまず始めましょう。

「英語がペラペラになるためには文法ができなくてもなんとかなる」と耳にした方もいるかもしれません。

私も留学していた時にそう言われたことがありました。

でも、実際、きちんとした英語を話したいと思うなら、最低限の文法は必要ですね。

これは英語だけに限らず、どの語学習得にも共通することですので、子供の時に日本語をどのようにして覚えていったかということを思い出しながら、どのようにしたらきれいな英語を話せるようになるだろうか?とイメージトレーニングをしながら学習していきましょう。

英語を日常会話レベルで話せるようになるにはどのぐらいの勉強時間が必要?

英語がきちんと話せるようになるまでの勉強時間(=英語習得)は約3,000時間と言われています。

その中で私たちは義務教育の期間では約1,000時間は英語学習していると言われます。

そこで、私たちが義務教育で習った英語をどのくらい理解しているかは大きな目安となります。

もし、義務教育期間に習った英語がある程度身についているのであれば、あと約2,000時間が必要となるわけです。

今まで培った英語の学習時間は人それぞれ違いますので、約3,000時間というのはあくまでの目安ですが、これに留学経験や海外駐在経験、その他英語漬けの生活が多い人は、短期間で話せるようになるようになるでしょう。

ただ、海外生活が長いからと言って、必ずしも話せるようになるかと言えば、現地で英語の土台をしっかり身につけて、英語を積極的に使う環境にいなければ、必ず話せるようにはならないので、まずは英語を話せるようになる=英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)をきちんと学習することを忘れないでくださいね。

独学で英語を話せるようになるのに必要なマインド

「英語で独学は可能か?」ということですが、今のIT社会では大いにイエスと言えます。

私は高校生の時に某大手英会話スクールに通っていました。

そして、私の子供たちも小学生の時から英語のスクールに通っていました。

共通して言えることは、週1〜2回のレッスンに行くだけでは、会話力は中々上達しません。

大切なことは、英会話スクールに行くことで、英語をアウトプットできる、英語が楽しいと思える、英語に触れるきっかけとなるといったメリットもありますが、さらに一歩踏み込んだ努力が必要です。

英語を自分から進んでアウトプットするために、毎日少しでも単語を覚えて、日記を書いてみることや自分から英語で質問してみる、会話を切り出してみるといった勇気と努力が必要です。

語学習得には恥じらいは禁物です。

どんどん失敗を繰り返し、失敗から学ぶの繰り返しをすることで、語学力というのは伸びてきますので、日本人によくある失敗を恐れるマインドは捨てて、なんとかなるのアクティブマインドで英語をどんどん自分のものにしていきましょう。

独学で英語を話せるようになるまでの勉強法ロードマップ

それでは初心者向けに独学で英語を話せるようになるまでのロードマップをご紹介します。

私の経験上、自分に合った勉強法を見つけ出すために、かなり遠回りしたこともあり、もう少し早くそこに気づいておけば良かったと思うこともありました。

ただし、英語習得には楽して近道はありません。

日頃のちょっとした努力と継続ができれば、短期間でも英語力というものは必ず上がってきます。

では、これからどのようにして英語学習を進めたらいいでしょうか?

①英会話力を上げて、自分がどのようになりたいのかの目標設定をする。

 例)海外旅行で活かしたい、留学に行きたい、外資系企業で働きたいなど

②自分の今の英語力を知る。(←これは一番大切です!)

 例)TOEICや英検などの外部試験を受けてみる。TOEICの方は合否ではなく、スコアでの評価になるので、初心者にはオススメ!!

③自分の英語力がわかれば、具体的に今の状態からいつまでにどのくらいの目標達成をしたいのか、再度目標達成をする。

④自分のレベルに合った単語と英文法の勉強をまず毎日始める。

単語力をあげて、文法の方はまずは中学英語から始める!!

⑤好きなツールで毎日、自分が聞き取りやすいネイティブ英語を少しでも耳にし、リスニング力を高める。

例)海外ドラマ・映画・ラジオ・Podcast・YouTubeなど

⑥少しお金はかかりますが、オンライン英会話で毎日25分のレッスンでアウトプットする練習をする。

好きな時にどこからでも短時間のレッスンを毎日受けることができて英会話スクールに通うよりもコスパ良し、継続性も身につく。

⑦初心者にもわかりやすい英字新聞や洋書、中学校の教科書からでもいいので、毎日英語を読む習慣をつける。

上記のことを最初にきちんとすれば、英語の読解力も上がり、リスニング力も自然と理解できるようになるので、とにかく毎日隙間時間を作って、少しの時間でも英語を学習して、自信をつけるプロセスを感じてみてくださいね。

2・3ヶ月で英語を話せるようになるのは不可能?

「短期間で英語を話せるようになる方法」といったノウハウ本も見かけますが、ここでは私の海外生活でどこまで英会話力が伸びたかの体験談をお話したいと思います。

私が初めて海外で短期留学をしたのは短大時代。

英語学を専攻したので、義務教育レベル、短大で学んだ英語力はそこそこ自信がありました。

アメリカでの短期留学は約1ヶ月半。

語学学校でのクラスも一番上のクラスに入れたものの、世界各国からの留学生の英語力はさらにすごくて、ディスカッション能力が全くない自分にショックを受けました。

日本人独特の恥ずかしがり屋から脱したくて、授業で自分の意見を自分から発することができるように、ホテルに帰ったら猛勉強しました。

1ヶ月半、他国からのクラスメイトとも仲良くなり、朝から夕方までオールイングリッシュに近い生活を送り、リスニング力はなんとなく聞き取れるようになり、簡単な英語での会話はできるようになりましたが、自分の意見を求められたり、日本について興味深く聞かれると、単語力がないこともあり、うまく伝えることが苦手で帰国後の課題となりました。

大人になって、海外生活をして感じたことは、ある程度の英語の基礎力があれば、積極的にオールイングリッシュで会話できる環境であれば、2・3ヶ月で簡単な会話はできるようになると思います。

大事なことは英語を学ぶための環境作りで、いくら海外にいても、日本人とばかりいると、同じ2・3ヶ月でも全く会話力は伸びないですし、まずは自分から学びたいという気持ちを持ち、買い物も1人で行ってみて、不自由さを感じながらわからないことは店員さんに質問してみたり、調べたりすることです。

じゃあ、「日本にいたら、短期間で英語は話せるようにならないのか?」というと、自分が日本にいながら、海外生活をしているかのようなイメージで勉強していくと、英語力は必ずついてきます。

例えば、朝起きたら英字新聞を読んだり、英語のラジオやテレビでニュースを見たり、興味のある内容の洋書を読んでみたり、少しでも時間のある時に英語をインプットし、必ず毎日アウトプットすることです。

インプットするだけでは、せっかく覚えた英語力もすぐに忘れてしまうので、自分の感情や意見を書き出したり、聞き取ったことをディクテーションやシャドーイングしたりするアウトプットを取り入れてみてくださいね。

独学で初心者が英語を話せるようになるならオンライン英会話がおすすめ!

私も短期間で英語力を上げたくて、海外在住中に毎日オンライン英会話を習っていましたが、月額のお値段もお得で毎日、英語で会話できることがとても楽しくて日課の一部でもありました。

最近ではオンライン英会話の需要も増えてきて、代表的な3社以外でもたくさんありますので、体験レッスンや無料カウンセリングを受けて、自分の目標に合うオンライン英会話があれば、より英語が話せるようになるまでの期間が短縮できますよ!!

DMM英会話

プランは1日1レッスン〜。

多国籍の講師の数が圧倒的に多く、講師の質も良い。

無料教材が豊富。

ネイティブ講師のプランあり。

24時間365日、いつでも世界中のどこからでも15分前までに予約できる。

オンライン英会話ならDMM英会話 - DMM英会話

レアジョブ英会話

プランは月8回や1日1レッスン〜がある。

講師は優秀なフィリピン人を採用。

5分前まで予約可能。

日本人カウンセラーが充実している。

フィリピン人講師の英語は英語初心者にはとてもわかりやすい。

オンライン英会話ならレアジョブ

ネイティブキャンプ

マンツーマンレッスンを無制限に受講できる。

講師も最近ではフィリピン人だけでなく、多国籍にわたる講師が増えてきている。

24時間いつでも思い立った時にすぐにレッスンに入れる。

ファミリープランがお得なので家族で英会話を受けたい人にはコスパが良い。

オンライン英会話のネイティブキャンプ | 英会話レッスン回数無制限、無料体験実施中

まとめ

英語が話せるようになりたいと思ったその時から、英語の勉強はスタートしています。

今のその気持ちをすぐに行動に移しましょう。

英語の勉強はやりたい時に気軽に始めることができるのがメリットです。

そして、独学でも十分英会話力を伸ばすことができるのです。

そのためには失敗と恥じらいの心は捨て、勇気を出すこと!!

自分の英会話力に自信がなくても、自分の伝えたいという気持ちがあれば、相手も理解しようとしてくれます。

自分の今持っている最大限の英語力をアウトプットすることで、自分の改善点や新たな学びがあり、コミュニケーション力も上がってきます。

今はコロナ禍で海外旅行に行けなかったり、海外からの観光客もいなくて、英語を活かせる場が少ないかもしれませんが、一方で、IT化が急速に進み出したことで、気軽に海外の人とオンラインでミーティングができたり、オンライン英会話という需要も高まったりと今までにはなかった新たなコミュニケーションの様式が見られるようになりました。

私も実際コロナ禍になり、日本でも対面でのコミュニケーションの場が減った上に、海外駐在から帰ってから英語を使う機会がほとんどなくなった寂しさで、言語交換アプリに登録して、英語でのチャットをしたりして楽しんだりしています。

こうやって今や世界の国々の人とオンラインで気軽にコミュニケーションできる時代になってきたので、利用できるものは有効活用して、楽しく英会話力を伸ばしていきましょう。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

未分類
Lani(旧GYPSEE)|電話占い・占い・スピリチュアルメディア

コメント