当サイトには広告が含まれます。

父の死に実感がない人に伝えたいこと

父の死に実感がないのは、なぜ?

父親の死に実感がなかったり、涙がでなくて悩んでいる人がいるかもしれません。

この記事では、

「父の死に実感がない理由5選!」

父の死に実感がない人に伝えたい対処法9選!

父の死に実感がない人をサポートする方法4選!

について解説します。父親の死に実感がわかなくて悩んでいる人は、ぜひ、この記事を参考にしてください。

父の死に実感がないのは、なぜ?

父の死に実感がないのは、なぜだろう

父の死に実感がない私は冷たいのだろうか

そのように悩む人がいるかもしれません。しかし、家族の死を受け入れるタイミングは人によって違います。

また、家族が亡くなったショックにより現実を受け入れられない場合もあるのです。

父親の死に実感がわかなくて悩んでいる人のために「父の死に実感がない理由や対処法」「父の死に実感がない人をサポートする方法」について解説します!

父の死に実感がない理由5選!

父の死に実感がないのは、家族が亡くなったショックや、心身の変化によることがあります。どのような理由があるのか解説しますので、思いあたることがないかチェックしてください。

(1)悲しみを受け入れる準備ができていない

父の死に実感がない理由の1つ目は「悲しみを受け入れる準備ができていない」です。

なぜなら、昨日まで元気だったのに突然亡くなってしまうという場合は、実感がわきにくいからです。また、家を出ていた場合、日ごろ疎遠になっていると実感がわきにくいこともあります。

この場合は、突然すぎて父親の死による悲しみを受け入れられないことがあるのです。そのため、「手続きを冷静に進める」「葬儀で涙が出ない」という人もいるでしょう。

涙が出ないことは、まだ悲しみを受け入れる準備ができていないだけなので気にすることはありません!

葬儀で涙が出ないと、罪悪感を感じるかもしれません。「他の人は、あんなに泣いているのに、自分は冷たい人間なのだろうか」と悩む場合もあるでしょう。

しかし、悲しみかたは人それぞれ違います。時間の経過とともに実感がわいてくることもあるのです。

(2)どうしたらいいかわからない

父の死に実感がない理由の2つ目は「どうしたらいいかわからない」です。

「死」というものを自分の親に結びつけられないことがあるからです。人は、みんないつかは死ぬとわかっていても、自分の親は死なないと思ってしまうことがあります。

その場合は、父親が死んだことに頭のなかが真っ白になり、どうしたらいいかわからないことがあるのです。

(3)現実逃避をしている

父の死に実感がない理由の3つ目は「現実逃避をしている」です。

たとえば、交通事故や、心臓発作のようなことで突然亡くなってしまった場合、家族の死を受け入れられないことがあります。

父親は生きていて、いつも通り部屋にいるのではないか?」

外出先から、普通に帰ってくるに違いない

そのように考えてしまい、現実逃避してしまう場合があるのです。その場合は、父親が死んだことに実感がわかないことがあるでしょう。

(4)やることが多く忙しいから

父の死に実感がない理由の4つ目は「やることが多く忙しいから」です。

家族が亡くなったあと7日以内に死亡届を役所に提出しなくてはいけません。また、同時に火葬許可証の交付申請が必要です。

葬儀の準備や親戚への連絡をしたり、忙しい日々が続きます。そのため、忙しさで気が張って父親の死に実感がないことがあるのです

この場合は、落ち着いてから父親の死に実感がわくことがあります。

(5)父の死による心身の反応(グリーフ)は、さまざまだから

父の死に実感がない理由の5つ目は「父の死による心身の反応(グリーフ)は、さまざまだから」です。

大切な家族を亡くしたときに、無気力になったり、眠れなくなるような心身にさまざまな症状がでます。心身にあらわれる症状はグリーフ(悲嘆)と呼ばれているのです。グリーフには下記のような症状があります。

【からだの変化】

  • 動悸、息切れ
  • めまい
  • 不眠になる
  • 食欲がなくなる
  • 疲れやすい
  • 吐き気
  • 便秘や下痢

【精神的な変化】

  • 集中力がなくなる
  • 怒りをおさえられない
  • 何も感じない
  • 自分自身を責める
  • 悪夢を見る

【日常行動の変化】

  • 落ち着きがなくなる
  • 人と話したくない
  • 命日が近づくと辛くなる

父の死に実感がない人に伝えたい対処法9選!

父の死に実感がない人は、ショックや悲しみから心身に負担がかかっている場合があります。ゆっくりでいいので、家族の死を受け入れることが日常を取り戻す一歩になります

父の死に実感がない人に伝えたい対処法を解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

(1)現実を受け入れる

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の1つ目は「現実を受け入れる」です。

父親の死から現実逃避をしている場合は、父親がこの世にはいないということを受け入れましょう。父親の死を受け入れることで、実感がわき悲しみや辛さを感じるかもしれません。

しかし、父親の死を現実のものとして受け入れることで、一歩前に進めるようになるのです。

(2)周囲の人に頼る

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の2つ目は「周囲の人に頼る」です。

父親が亡くなったショックや、葬儀の準備で忙しくても誰にも相談せず頑張っている人もいますよね。精神的に、そして、体力的にも負担があるなかで、1人で抱え込んでる人もいるかもしれません。

周りの人に迷惑をかけてはいけない

そう思って、自分1人で気張らずに、周りの人に相談したり助けてもらうようにしましょう。辛いときこそ、人に頼って良いのです。ときには家族や、周囲で頼れる人に助けを求めましょう。

(3)自分の感情を抑えない

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の3つ目は「自分の感情を抑えない」です。

人前で泣いてはいけないと頑張ったり、悲しいのに我慢していると無意識に負担がかかってしまいます。「自分は大丈夫」「ほかの家族に負担をかけてはいけない」と気を張り、悲しみを抑え込んでしまうと、気づかないあいだに自分の心が悲鳴をあげることもあるのです。

普段はしないようなミスをしたり、うつ病のように無気力になってしまうこともあります。

悲しいときは感情を抑え込まずに、家族や周囲の人たちに気持ちを吐き出しましょう

(4)グリーフケアを利用する

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の4つ目は「グリーフケアを利用する」です。

グリーフケアとは、家族の死により心身にさまざまな変化がでた人を支援することをさします。

父の死により心身に不調がでていると感じた場合は、専門家によるカウンセリングを受けたり、病院の診察によりケアを利用することがおすすめです。

(5)普段通りに過ごす

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の5つ目は「普段通りに過ごす」です。

父親の死により、ショックを受けたり何も考えられないことがあるかもしれません。

悲しみを癒すには、できるだけ普段通りにすごすことが必要です。どれだけ悲しくても、日々の生活は流れていきます。そして、時間も過ぎていくのです。普段通りに過ごすことで、時間とともに悲しみが癒されていくでしょう。

(6)しっかり供養をする

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の6つ目は「しっかり供養をする」です。

亡くなった人を供養することは、悲しみを癒すことに繋がります。お通夜、告別式、火葬、そして初七日、四十九日を執り行うことで個人を偲び悲しむことができるのです。

そして、一周忌、三回忌を、執り行い、集まった人たちと共に個人を思い出すことで悲しみが癒されていきます。そして、供養をすることで父の死に実感をもつことができる場合があるでしょう。故人の死を実感すると共に、心のなかで生き続けていると思えるようになるかもしれませんね。

(7)趣味にうちこむ

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の7つ目として「趣味にうちこむ」です。

父親が亡くなったあとは、無気力になったり何もやりたくないかもしれません。そのようなときこそ、自分の好きなことや趣味に打ち込むのもひとつの方法です。趣味に打ち込むことで、少しずつ日常を取り戻せる可能性が高くなります。

日常を取り戻すことは、亡くなった人を忘れるわけではありません。普段の生活に戻ることで、故人を穏やかな気持ちで思い出せるようになるでしょう。

(8)朝起きて太陽の光を浴びる

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の8つ目は「朝起きて太陽の光を浴びる」です。

父親の死に直面して、心身の不調を感じたり、うつ病のようになる人もいます。朝起きれなくなったり、無気力で何もしたくないという場合もあるでしょう。

健康な心身を保つためには、朝起きて太陽の光を浴びることが大切です。太陽の光を浴びるのとで「メラトニン」が増えて睡眠の質があがります。

また、日光浴には幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」を増やす効果もあるのです。そのため、気分の落ち込みやうつ状態の改善されることがあります。

夏場の日光浴は、熱中症に気をつけて15分程度にとどめたほうが良いでしょう。

(9)自分を責めない

父の死に実感がない人に伝えたい対処法の9つ目は「自分を責めない」です。

大切な家族を亡くしたら、悲しみやショックを受けたあとに、自責の念にかられる場合があります。

あのときに、○○してあげたらよかった

何かできることがあったのではないか

そのように自分を責めたり、後悔するのです。大切な家族を亡くしたら、誰もが感じることといえるかもしれません。しかし、自分を責めるのはやめましょう。故人も、家族が笑顔で過ごしてほしいと思っているに違いありません。

父の死に実感がない人をサポートする方法4選!

周囲に家族を亡くして、辛い状況になっている人がいると気になりますよね。

父の死に実感がない人をサポートする方法を解説しますので、実践してみてください。

(1)家族の死を実感できるようにサポートする

父の死に実感がない人をサポートする方法の1つ目は「家族の死を実感できるようにサポートする」です。

本人は、父親が亡くなったことを認めたくないかもしれません。現実逃避をしていたり、まだ生きているのではないかと感じてしまう場合もあります。

そのようなときは、無理強いせずに、ゆっくりと家族の死を受け入れられるようサポートしてあげましょう。

生前の話を聞いてあげたり思い出話をすることで、本人も徐々に父親の死を実感できるようになるかもしれません。

(2)さまざまな感情を受け止める

父の死に実感がない人をサポートする方法の2つ目は「さまざまな感情を受け止める」です。

家族が亡くなったことで、さまざまな感情がわき出ることがあります。

  • 泣くのを我慢して苦しんでいる
  • どこにもぶつけられない怒りを感じている
  • 自分を責めている
  • 不安を感じている

そのようなときに、周囲の人たちが、しっかりと気持ちを聞いてあげましょう。気持ちを話せる人がいるだけで、救われることがあるのです。

(3)専門家のサポートを受けるよう進めてみる

父の死に実感がない人をサポートする方法の3つ目は「専門家のサポートを受けるよう進めてみる」です。

父親を亡くしたあとに心身の不調がひどい場合は、専門家のサポートを受けるようにすすめたほうがよいかもしれません。本人は自覚がないかもしれないので、周囲の人が気をつけてあげましょう。

(4)父親がいなくなった生活をサポートする

父の死に実感がない人をサポートする方法の4つ目は「父親がいなくなった生活をサポートする」です。

父親がいなくなることで、残された家族の生活が一変することがあるでしょう。生活費のこと、子供のこと、さまざまな問題が出てくるかもしれません。

周囲の人が、できる範囲で支えてあげることで心強くなれるかもしれません。

まとめ

今回は「父の死に実感がない理由や対処法」「父の死に実感がない人をサポートする方法」について解説しました。

父の死に実感がない理由は下記になります。

  • 悲しみを受け入れる準備ができていない
  • どうしたらいいかわからない
  • 現実逃避をしている
  • やることが多く忙しいから
  • 父の死による心身の反応(グリーフ)はさまざまだから

父の死に実感がないと悩んでいる人は、家族が亡くなった現実をゆっくり受け入れるようにしましょう。また、悲しいという感情を抑える必要はありません。

辛いときは、家族や周囲の人に頼ることも大切です。また、故人をしっかり供養してあげることで、悲しみが癒されやすくなります。どうしても辛いときは、専門家のケアを受けるのもひとつの方法です。

故人を思い出しながら、ゆっくり日常を取り戻していきましょう。

コメント