当サイトには広告が含まれます。

チャクラとオーラの違いと関係とは?

チャクラとオーラはスピリチュアルなエネルギーである点では共通しているものの、本質的には数多くの違いがあります。しかし、チャクラとオーラはお互いに対応しているものであり、片方だけでは成り立ちません。この記事では、チャクラとオーラの違いや深い関係性について紹介していきます。

チャクラとオーラの違い

チャクラとオーラには次のように数多くの違いがあります。

本質の違い

チャクラとオーラには、次のような本質的な違いがあります。

チャクラの本質

チャクラは人体に7つあり、「氣」の通り道であるエネルギーセンターとして機能しています。チャクラはもともと、サンスクリット語で「車輪」や「回る」を意味していたのが人間のエネルギーがチャクラを起点として、ぐるぐる回って活力を生むことから、心身の働きを司るエネルギーの出入り口と解釈されるようになりました。

主要なチャクラは背骨上にあり、一番下から「会陰、膀胱、みぞおち、胸、のど、眉間の少し上、頭頂」に位置しています。身体の中で調子が悪い場所があるならば、そこに対応したチャクラを整えることで改善します。

7つのチャクラにはそれぞれに役割があり、第1から第5チャクラは肉体とつながっており、第6チャクラは精神、第7チャクラは霊性や宇宙意識といったスピリチュアルと深く関係しています。

オーラの本質

オーラとは、人間の身体のまわりを覆っているエネルギーフィールドです。オーラは第1層から第7層まであり、身体に最も近いのが第1層のエーテル層、最も遠いのが第7層のコーザル層になります。

オーラは健全な状態のときには、きれいな卵型で身体を取り巻いているのが特徴です。オーラはずっと同じ状態を維持しているわけではなく、精神や魂の成長によって色や形、質感なども変化していきます。

第1層から第7層までのオーラにはそれぞれの役割があり、各層は色や映像、メッセージなどの形で必要な情報を送ってくれます。オーラは普通の人間には見えないものであり、オーラが存在することも意識できないのが普通です。しかし、直感が鋭い人ならばオーラが見えないまでも、オーラの存在を認識できるでしょう。

歴史の違い

チャクラとオーラは密接な関係があるにもかかわらず、次のような歴史的な違いがあります。

チャクラの歴史

チャクラの歴史は古く、起源は古代インドのヨーガ哲学まで遡ります。ヨーガ哲学は、紀元前6世紀から5世紀頃から発展し、身体、心、エネルギー、スピリチュアル的な統合を目指していました。

チャクラはヨーガ哲学の中で人間のエネルギーが出入りする場所の一部として説明されており、現在にも通じるエネルギー理論が初期の段階から確立していたことがわかります。

ヨーガ哲学を解説している古典的な文献である「ウパニシャッド」や「ヴェーダ」の中でもチャクラについての言及が見られるほど、古い歴史があります。

オーラの歴史

オーラは紀元前500年の古代ギリシャで活躍した哲学者のピタゴラスによって創設されたピタゴラス学派により提唱された概念です。最初から霊的なエネルギーとして発表されたのを見ても、当時の哲学がかなりハイレベルだったことがわかります。現在の科学でもオーラの存在が証明できないのとは対照的です。

古代ギリシャで提唱されたオーラの概念はその後、西洋各地に広がり、西洋哲学やキリスト教などに大きな影響を与えました。オーラはさらに、癒しのエネルギーとしても知られるようになり、オーラを癒すヒーリング技術が発展しました。現在ではオーラリーディングやオーラヒーリングなどの手法が普及しています。

整える方法の違い

チャクラとオーラはいずれも整える必要がありますが、両者の整える方法には次のような違いがあります。

チャクラの整え方

チャクラの整え方には次のような特徴があります。

第1チャクラの整え方

第1チャクラは安定感、安心感、物質的所有欲や情熱を司るチャクラです。生きるために必要な土台を作る上で必要不可欠なエネルギーであり、このチャクラの安定が精神的にも経済的にも自立することにつながります。

第1チャクラが乱れると、生命エネルギーが弱体化し、不安による活力の衰えや肉体的欲求が減退します。第1チャクラを整えるには、瞑想やガーデニングで自然に触れるのが効果的です。

また赤色の服を着たり、赤色のアクセサリーを身に着けるのも第1チャクラを整えるのに役立つでしょう。

第2チャクラの整え方

第2チャクラは生命力・感情・欲求・性エネルギー・創造力を司っており、自分への信頼感を確保するためにも必要不可欠なチャクラです。第2チャクラが乱れると、情緒が安定しないなどの問題が発生します。

第2チャクラを整えるには腹式呼吸や瞑想、芸術に触れたり、映画鑑賞や読書をするのが効果的です。

第3チャクラの整え方

第3チャクラが乱れると、集中力が落ちたり、何事に対しても意欲の低下が目立つようになります。第3チャクラを整えるためには日光を浴びる、火を見つめる、運動するのが効果的です。

運動をするに際しては、ハードな筋トレのようなものではなく、手軽に続けられるもので十分でしょう。

第4チャクラの整え方

第4チャクラを開くことで思いやりを持ち、社会性を発揮できるようになります。この第4チャクラが乱れると、イライラしたり、人を信用できなくなるなどのトラブルにつながる可能性があります。

第4チャクラを整えるには、普段接している人々に対して感謝の気持ちを持つことがポイントです。

第5チャクラの整え方

第5チャクラには他人とのコミュニケーション能力を司る重要な意味があります。このチャクラが乱れると、言いたいことが言えない、自己表現がうまくできないなどのトラブルの原因になります。

第5チャクラを整えるには普段から自分を表現することに慣れておくことです。カラオケで歌う、文章を書く、人が集まる場所に積極的に顔を出すなどの方法が効果的です。初対面の人と会話することは、それだけでも自己表現のための練習になります。引っ込み思案タイプの人ほど、新しい出会いが必要でしょう。

第6チャクラの整え方

第6チャクラは直感力、思考力、洞察力を司るのが特徴です。このチャクラが乱れると、直感力が衰えて新しいビジョンが浮かばなくなったり、人生の方向性に迷いが出るなどの問題が出てきます。

第6チャクラを整えるには、日光を浴びるのが効果的です。昇る朝日や沈む夕日を体感するといいでしょう。

第7チャクラの整え方

第7チャクラは宇宙意識とつながるために欠かせません。このチャクラが乱れると、霊性の弱体化による孤独感や疎外感が強くなり、自分のアイデンティティに自信が持てなくなる可能性があります。

第7チャクラを整えるには、睡眠時間を確保してしっかり寝る、徳を積んで心に余裕を持つのが効果的です。

オーラの整え方

オーラはチャクラと同じように乱れることがありますが、次の方法で整えるのが効果的です。

深呼吸をする

オーラが乱れる原因のひとつが、呼吸が浅いことです。呼吸は息を吸うことと吐くことの繰り返しですが、息を吸うのも吐くのも浅ければ、オーラが乱れやすくなります。これを解決するのに最も早い方法が深呼吸することです。浅く息を吸って吐いていたのとは逆に、大きく息を吸って、大きく息を吐くようにします。

溜息が多い人のオーラが乱れやすいのは、呼吸が浅いことで酸素が体中に届かないからです。普段している浅い呼吸とは逆に大きく深呼吸することで、負のオーラを吹き飛ばせるでしょう。

身だしなみを整える

負のオーラに包まれている人は服装などの外見が悪いです。清潔感にも欠けるため、余計に負のオーラが目立ちます。オーラの乱れは見た目に影響されることが多いので、身だしなみを整えることがオーラを整えるのに役立ちます。髪型はきちんとセットして、ボサボサにならないように注意しましょう。

服装にも気をつけて、暗いイメージにならないように明るい色を選ぶのがおすすめです。地味な服より華やかな服を選ぶと、負のオーラが明るくしっかりしたオーラに変化していきます。

生活環境を変える

負のオーラに包まれることが自分に原因があるのではなく、周囲の人間や環境によるものならば、生活環境を変えることがオーラを整えるのに効果的です。どのぐらい生活環境を変えるべきかは、状況によって違います。

ちょっとした生活習慣を変えるだけで解決する場合がある一方、引越しや転職などの大掛かりな生活環境の変化が必要な場合もあります。まずは簡単な方法から始めて、状況に応じて対応を変えていくといいでしょう。

ポジティブ思考を身に着ける

ネガティブな思考のクセがあると、オーラが乱れやすくなります。ネガティブな思考をする人は物事の悪い面にばかり目が行って、良い面を見ようとしませんが、現実の物事の多くには良い面も悪い面もあるからです。

自分が体験する多くの出来事にしても、本当は良い面と悪い面が表裏一体であるにもかかわらず、悪い面しか見なければ、世の中は悪いことだらけだと感じても不思議ではありません。

オーラが輝いている人は物事の良い面ばかりを見るため、幸運な出来事に恵まれます。ネガティブな思考グセがある人はポジティブ思考を身に着けることがオーラを整える近道になるでしょう。

小さな幸せを感じる

小さな幸せを感じることもオーラを整えるのに効果的です。幸せに目を向ければ心も幸福になり、オーラも整えられて本来の輝きを取り戻します。小さな幸せはどこにでもあるわけですが、オーラが乱れている人にはそれが見えないことが多いです。ちょっとした日常の幸せに気づくことが乱れたオーラを回復させます。

睡眠時間を十分に取る

睡眠時間を十分に取ることもオーラを整えるのに役立ちます。毎晩の睡眠は心や身体の疲労回復のために不可欠であり、脳をリフレッシュして元気に過ごせるかは睡眠の質次第です。

必要な睡眠時間には個人差がありますから、4時間で足りる人もいれば、8時間でも足りない人もいます。寝る前に考え事をし過ぎると、深い睡眠を阻害する可能性がありますから、できるだけリラックスしましょう。

自然に触れる

自然に触れることも乱れたオーラを整えるのに役立ちます。普段は都会の喧騒の中で生活している人でも、自然に触れると気持ちが穏やかになるように、乱れたオーラも整えられます。

都会暮らしでストレスが溜まっている人は、週末は郊外に出て自然に触れるようにするといいでしょう。郊外に出るのが時間的に難しい場合は、緑が多い広い公園を散歩するのも効果的です。

旬の食材にこだわる

旬の食材にこだわることもオーラを整える効果があります。人間の身体は食べた物でできていますから、食事の内容が悪ければ、それに比例してオーラの状態も悪くなるので要注意です。

栄養に恵まれた旬の食材を摂るようにすれば、不思議なほどオーラが整えられて体調も良くなるでしょう。

姿勢を良くする

姿勢が悪くなれば、オーラの状態も悪くなります。猫背の人と背筋がピンと伸びて胸を張った堂々とした姿勢の人を比べれば、後者の方がオーラの状態が良いのを想像できるのではないでしょうか。

実際のところ、姿勢の良し悪しとオーラの状態は比例します。姿勢を改善するだけで肩凝りや足腰の負担が軽減されます。濁ったオーラも整えられて、体調が良くなるのを実感できるでしょう。

色の違い

チャクラとオーラは次のように色が違います。

チャクラの色

7つのチャクラはそれぞれ次のように色が決まっていて、色の意味がカラーセラピーにも活用されています。

第1チャクラの色・赤色
第2チャクラの色・オレンジ色
第3チャクラの色・黄色
第4チャクラの色・緑色
第5チャクラの色・青色
第6チャクラの色・藍色
第7チャクラの色・紫色

オーラの色

オーラの色は一般的に赤、オレンジ、黄色、緑、青、藍、紫、白、桃色、灰色、茶色、黒、銀色、金色の14色が存在します。これらの色が明るければ、オーラの状態が良く、濁っているならオーラの状態が悪いです。

普通の人間にはオーラの色は見えないものの、体調不良や心が疲れているなどの症状があるときには、オーラが濁っていると考えられます。オーラの状態を知るには、カラーセラピーを受けてみるのもいいでしょう。

チャクラやオーラが充実している人の特徴

チャクラが充実している人やオーラが充実している人にはそれぞれ、次のような特徴があります。

チャクラの充実した人

チャクラが充実した人には次のような特徴があります。

第1チャクラが充実している人の特徴

第1チャクラが充実している人は心身共に安定感があります。第1チャクラは「根のチャクラ」とも呼ばれ、このチャクラが開いていると人は生命エネルギーに溢れ、ネガティブな要素を排除する能力も優れています。

第1チャクラが充実している人は自分の芯がぶれない生き方ができるのも特徴です。

第2チャクラが充実している人の特徴

第2チャクラは性的エネルギーを司っていることに合わせて、性的な魅力と健康に恵まれているのが特徴です。

性的エネルギーに満ち溢れていることは生命エネルギーが充実していることにも通じており、想像力が豊かな人が多いです。本来の気質の通りにクリエイターとして活躍している人が目立ちます。

第3チャクラが充実している人の特徴

第3チャクラはソーラープレクサスチャクラとも呼ばれる自己主張の部分を司っています。このチャクラが充実している人は自己肯定感が高く、自分の意志や考え方に自信を持っているのが特徴です。

常にポジティブなエネルギーを放っていることで、周囲の人々を笑顔にするのも特徴でしょう。

第4チャクラが充実している人の特徴

第4チャクラが充実している人は自分に対しても、他人に対しても深い愛情を注ぐのが特徴です。第4チャクラはハートチャクラとも呼ばれるように、愛や思いやりを司っています。

このチャクラが開いている人は他人の気持ちに寄り添い、悩みに共感できる人が多いです。

第5チャクラが充実している人の特徴

第5チャクラが充実している人はコミュニケーション能力に優れていると共に心が穏やかなのが特徴です。自分が伝えたいことを表現するのがうまいだけでなく、他人が伝えたいことに対しても理解するのも早いです。

優れた表現力と穏やかな心を兼ね備えているので、ストレスを溜めずに生きやすいでしょう。

第6チャクラが充実している人の特徴

第6チャクラが充実している人は直感力に優れ、物事の本質を見抜ける才能があります。英語ではサードアイと呼ばれる第三の目が覚醒することで、もともとの直感力がさらに飛躍的に向上します。

このチャクラが開いた人はスピリチュアル能力が急激に向上することの影響で、人生の変化も激しいです。

第7チャクラが充実している人の特徴

第7チャクラが充実している人は精神世界とのつながりが深く、愛情に溢れているのが特徴です。第7チャクラが開くと、宇宙からのメッセージやエネルギーを受け取りやすくなります。

そうして受け取ったメッセージを他人のためにも活かす開放的な性格をしているのも特徴です。

オーラが充実した人

オーラが充実している人には、次のような特徴があります。

堂々として自信に満ち溢れている

オーラが充実している人はいつも堂々として自信に満ち溢れています。多くの人に注目されるような場面でも、堂々とした立ち振る舞いが変わることがなく、他人に信頼感を与えます。

生まれつきオーラが充実していたわけでもなく、これまでの人生の中で失敗や挫折もあったでしょう。それらのマイナス体験からも学んたことを成功体験につなげたことがさらにオーラを輝かせています。

生まれつき何かの才能を持っている

オーラが充実している人はもともと勉強ができたり、スポーツが得意、手先が器用だったりと、何かの才能に恵まれていることが多いです。さらに、オーラが充実している人は努力家でもあり、恵まれた才能に甘んじることなく地道な努力で成長を続けるため、才能が開花する可能性が高いです。

才能を発揮して称賛されたとしても、奢ることなく謙虚な気持ちを失わないことも成長できる理由でしょう。

チャレンジ精神が強い

オーラが充実している人はチャレンジ精神が旺盛です。何事に対しても、やるからには全力でチャレンジして、少々の失敗ぐらいでは諦めることがありません。思い立ったらすぐに始める行動力の早さも魅力です。

何歳になってもチャレンジ精神が衰えることがなく、まわりから無理だと言われても意に介することなく挑戦を続けて目標を達成する強さを持っています。常にベストを尽くすので、後悔することがない人生になります。

見た目が若い

オーラが充実している人は見た目が若いです。実年齢を聞くと、ほとんどの人が信じられないという表情をするほどです。昔に比べて現代人は見た目が若くなっていますが、オーラが充実している人はさらに若く見えます。

何かのきっかけでオーラが輝くようになると、それまでは普通に年齢通りの見た目だった人が一気に若返る例も少なくありません。身体の表面を包むオーラには、まだまだ解明されていない不思議な力があるようです。

プライベートの時間を大事にしている

オーラが充実している人はプライベートの時間を大事にしています。仕事しているときはもちろん全力で取り組むものの、仕事時間とプライベートはきっちりと分けて生活しているので、オーラが余計に輝きます。

仕事だけに生活のすべてが支配されていたのでは、家族や恋人、友人たちと過ごす時間や趣味を楽しむ時間が取れずにかえって仕事にも悪影響が出るでしょう。オーラが輝いている人は仕事もプライベートも両立するようにメリハリをつけて生活していることが仕事でも、さらに成果を出せる理由です。

内面からにじみ出る魅力がある

オーラが充実している人は奇抜なファッションや髪形などで目立つわけではなく、内面からにじみ出る魅力が人から注目される理由です。ファッションで見るなら、むしろ地味なぐらいですが、その人自身の内面から醸し出されるオーラが清潔感を感じさせます。外から見える部分だけでなく、内面も磨かれているのがわかります。

内面からにじみ出る魅力は隠しようがなく、誰に対しても好印象を与えるでしょう。

悪口や愚痴を言わない

オーラが充実している人は悪口や愚痴を言いません。自分のまわりにオーラが充実している人がいるなら、他人の悪口や愚痴を言わないことに気づくでしょう。「言霊」と言われるように、悪口や愚痴ばかり言ってる人にはマイナスの波動が跳ね返ってきますから、最初から悪口や愚痴を言わないことが幸運になる近道です。

浄化方法の違い

チャクラとオーラでは、浄化方法について次のような違いがあります。

チャクラを浄化する方法

7つのチャクラはそれぞれ次の方法で浄化します。

第1チャクラを浄化する方法

第1チャクラはお金や仕事、家などの物質面の安全を司るチャクラであり、物質的な豊かさを享受できないことに対して不安や恐れを感じると第1チャクラが委縮して輝きが失われます。

第1チャクラを浄化するためには、深く深呼吸しながら美しい光がチャクラの暗い部分やくすんだ部分に当たることをイメージします。そして「今抱いている恐れや不安はすべて光によって浄化されます」と自分に言い聞かせれば、第1チャクラが浄化されて本来の輝きを取り戻せるでしょう。

第2チャクラを浄化する方法

健康状態や外見など、肉体的な面でのストレスや不安があると、第2チャクラが汚れて浄化が必要になります。

第2チャクラを浄化するには、深い深呼吸をしながら第2チャクラの暗い部分やくすんだ部分に美しい光が当たることをイメージし、肉体的な不安の解消を光にゆだねましょう。そして「必要な愛は絶え間なく、過不足なく受け取っています」と自分自身に言い聞かせると、第2チャクラが浄化され、本来の輝きを取り戻します。

第3チャクラを浄化する方法

権力によって支配される恐怖や不安を感じると、第3チャクラが委縮して色が濁ります。第3チャクラを浄化するには、深い深呼吸をしながら美しい光が第3チャクラの暗い部分やくすんだ部分に当たることをイメージして、権力や支配に関する恐れの気持ちを光に託して解放してください。

そして「今の私には権力に対抗する完全な抑制力が宿っています」と自分自身に言い聞かせれば、第3チャクラが浄化されて本来の輝きと力強さを取り戻すでしょう。

第4チャクラを浄化する方法

人間関係のトラブル、恋愛の悩みがあると、第4チャクラが影響を受けて色が濁ります。第4チャクラを浄化するには、深い深呼吸をしながら美しい光が暗い部分やくすんだ部分に当たることをイメージします。

「私は自由に愛を受けるだけでなく、与えることもできます」と自分自身に言い聞かせましょう。すると、第4チャクラが浄化されるだけでなく、直感が冴えるようになり、物事の本質も見えるようになります。

第5チャクラを浄化する方法

社会生活を送る上でコミュニケーション能力は不可欠ですが、コミュニケーションに対する恐れや不安を抱いていると、第5チャクラが委縮して濁ります。喉が痛くなったり、息苦しさを感じることもあるかもしれません。

第5チャクラを浄化するには、深呼吸をしながら、ネガティブなエネルギーによって暗くなった部分に美しい光を当てて解き放ちましょう。「私が関わりを持つすべての人々は、私の言葉で善きものを得ます」と、自分自身に言い聞かせれば、第5チャクラが浄化されて、本来の輝きを取り戻すでしょう。

第6チャクラを浄化する方法

第6チャクラはサードアイとも呼ばれ、覚醒するとスピリチュアル能力が開花するのが特徴です。過去や未来に対する恐れの感情が第6チャクラを濁らせることがあります。第三の目が覚醒したことで、急激にスピリチュアル能力が開花したことに対する不安や恐れがこのチャクラを濁らせることもあるでしょう。

第6チャクラを浄化するには、深く息を吸い込んで、恐れや不安が解消されるのを実感する必要があります。

自分自身に対して「私の心の眼に映るものは、すべて愛によって守られています」と語りかけることで第6チャクラを浄化できます。第6チャクラが浄化されれば、直感がさらに冴えて、ハイヤーセルフからのメッセージを受け取りやすくなるでしょう。

第7チャクラを浄化する方法

第7チャクラはスピリチュアルと最も関係が深い反面、ハイヤーセルフなどの目に見えない存在に対しての恐れや不安の気持ちを持ってしまうと、曇ってしまう可能性があります。

第7チャクラを浄化するには「聖なる知識と導きを妨げるものはすべて、光によって解放されます」と自分自身に語りかけるのが効果的です。このチャクラを浄化できると、宇宙からのメッセージを受け取れるでしょう。

オーラを浄化する方法

濁ったオーラを浄化するには、次の方法が効果的です。

瞑想する

オーラを浄化するための瞑想では、目を閉じて呼吸に意識を集中するのがポイントです。オーラを内観することによって、7つあるうちのオーラのどれが曇っているのかを確認します。

リラックスした状態で深呼吸を繰り返し、第6チャクラがある眉間に上向きの三角形をイメージします。三角形の中心にある真珠のような光がだんだん大きくなっていくのを実感できるでしょう。

その真珠のような光を曇っているオーラに集めていくと、不調がある部分が白い光に包まれて浄化されます。

塩で浄化する

塩を使うことも、オーラの浄化に効果的です。塩を入れたお風呂に入浴したり、塩を手や足に振りかける、塩でマッサージするなどの方法があります。部屋に盛り塩を置くのも効果的でしょう。

塩には大きく分けて海塩と岩塩がありますが、オーラの浄化に使いたいのは海塩です。岩塩は山中で岩のように固まり、スピリチュアル的には休眠状態なのに対して、海塩は山から雨に乗って海に流れ、光り輝く太陽の光を浴びてスピリチュアル的に目覚めた状態だからです。

音叉を使う

特定の周波数の音を発生させる音叉という道具もオーラを浄化するのに役立ちます。特にソルフェジオ周波数と呼ばれる周波数帯はオーラだけでなく、身体全体の不調の改善にも効果的です。

音叉は楽器の調律のために開発された道具ですが、クリスタルの浄化やオーラの浄化にも使えます。近年では、音叉でもソルフェジオ周波数を奏でるものが販売されていますので、試してみるといいでしょう。

マントラを唱える

マントラを唱えることもオーラの浄化に役立ちます。マントラは宇宙の真理をインドのサンスクリット語にしたものであり、真言とも呼ばれています。よく知られているマントラとして「オン・マニ・パドメ・フム」「ナム・ミョウホウ・レンゲ・キョウ」などがあります。

マントラの効果は絶大で、墜落しそうな飛行機の中でたった1人がマントラを唱えただけで、乗客全員が助かると言われるほどです。マントラは長いものを唱えなくても、短いものでも十分に効果があります。

ヤントラを使う

ヤントラを使うこともオーラの浄化に役立ちます。神聖な図形やシンボルであるヤントラには特定のエネルギーが宿っており、ヤントラ見たり描いたりすることで、オーラを浄化できます。

オーラの浄化で特に効果的なヤントラとして「シュリ・ヤントラ」や「オム」が有名です。

クリスタルを使う

鉱物や宝石であるクリスタルを活用してオーラを浄化するのも効果的です。クリスタルには水晶である白いクリスタル、黒水晶、スモーキィー・クオーツなどがあり、黒水晶が特にオーラを浄化するパワーが強いです。

クリスタルでオーラを浄化するとクリスタルが曇りますから、満月の日に月光浴をさせてクリスタル自身を浄化しましょう。クリスタルを浄化しておけば、オーラを浄化するパワーが格段に高くなります。

ホワイト・セージやお香を使う

ホワイト・セージやお香を燃やして、その煙で清めることもオーラの浄化に効果的です。この浄化方法はスマッジングと呼ばれ、ホワイト・セージやお香を燃やした煙をオーラのエネルギーフィールドに充満させます。

煙が消えていくのに合わせて、曇ったオーラが浄化されていくのを実感できるでしょう。

セレナイトを使う

セレナイトは広がりを意味する天然石で、オーラを浄化する効果でも知られています。棒状のセレナイトを用意してオーラを浄化するのが効率的です。まずは楽な姿勢で座り、オーラの浄化に意識を集中します。

棒状のセレナイトで頭から下に向かって身体を撫でて、ネガティブエネルギーを吸収してオーラを浄化します。

オーラを浄化するのに効果的なタイミング

オーラを浄化するのに効果的なのが次のようなタイミングです。

疲れやストレスを感じているとき

疲れやストレス、怒りを感じているときほどオーラを浄化するのがおすすめです。疲れやストレス、怒りはマイナスのエネルギーであり、そのまま放置しておくと状況がさらに悪くなる可能性があるからです。

オーラを浄化すると気持ちが前向きになり、ポジティブな人生を送るのに役立ちます。

嫌な人間と関わったとき

嫌な人間と関わっときもオーラを浄化すべきタイミングです。苦手な人間と関わったぐらいならそれほどオーラが濁ることもありません。しかし、嫌な人間と関わることは大量のマイナスエネルギーを浴びることになりますから、そのまま放置しておくのは問題です。嫌な人間と関わったときは早めにオーラを浄化しましょう。

オーラの色が悪くなったとき

オーラの色は普通の人間には見えませんが、霊能者の鑑定を受けた場合やサードアイと呼ばれる第三の目が覚醒したことで、オーラが濁っていることに気づくこともあるでしょう。

オーラの色が黒、グレー、茶色になっているならば、浄化すべきです。これらの悪い色になっている原因として考えられるのが疲労や精神的なストレスです。そのままにしておけば、状態がさらに悪化する可能性がありますから、できるだけ早くオーラを浄化してネガティブなエネルギーを取り除く必要があります。

チャクラとオーラの関係

チャクラとオーラには次のように関係性が深いです。

役割についての関係性

チャクラとオーラは次のように役割についての関連性が強いです。

チャクラのエネルギー層それぞれの役割

チャクラは7つのエネルギー層があり、それぞれの層には次のような役割があります。

第1チャクラの役割

第1チャクラは尾骨の下である骨盤・背骨の底、会念部に位置しています。インドのサンスクリット語ではムーラーダチャクラとも呼ばれ、身体的な基盤や安定性を表すチャクラとして根源的なエネルギーを持っています。

第1チャクラの役割は心身両面のベースを整えて安全・安心・安定を高めることです。第1チャクラが閉じている場合には、不安定な状態に陥り、恐怖や不安に加えて強いストレスを感じることになります。

しかし、第1チャクラが開いたならば、自信を持って安定した生活できるようになります。

第2チャクラの役割

第2チャクラは自己表現や芸術的な表現に際して重要な役割を果たしています。第2チャクラは創造エネルギーの吸収を通じて、絵画や音楽、ダンスなどのクリエイティブな活動をサポートしてくれるのが特徴です。

第2チャクラがバランスを失うと、創造力や情熱が冷めて生き生きとした人生を送りにくくなります。

このチャクラが本来の力を発揮することが、創造的な活動や人生を充実させるためのポイントです。

第3チャクラの役割

第3チャクラは個人の自己実現や自己表現に重要な役割を果たしています。誰もが日々の生活に疲れて、自尊心や自信を失うことがあります。自尊心をなくすと、自己表現が難しくなり、幸福になれません。

そんなときに自己肯定感を高めて、本来の自分を取り戻すサポートをしてくれるのが第3チャクラです。

第4チャクラの役割

第4チャクラは愛や癒し、共感、思いやりなどを象徴し、自分のエネルギーで他人を優しく包む役割を果たしています。このチャクラのバランスが悪くなると、自分や他人に対して感情的になり、愛や共感を感じることが難しくなります。逆に、第4チャクラが過剰に吸収されると、バランスを崩しやすくなります。

第5チャクラの役割

第5チャクラは言葉やコミュニケーションのエネルギーを司り、自己表現を豊かにする役割があります。第5チャクラがバランスを失うと、コミュニケーション障害や自分の意見をうまく言えなくなったりします。

このチャクラが本来の実力を発揮することが円滑なコミュニケーションを実現するために不可欠です。

第6チャクラの役割

第6チャクラは直感や洞察力を司るエネルギーを吸収します。第6チャクラはサードアイや第三の目とも呼ばれ、覚醒したならば、本来なかった特殊能力を発揮できるでしょう。

第6チャクラのバランスが悪くなると、直感力が弱くなって自己認識能力も弱体化する可能性があります。目的意識を高めて豊かな人生を送るためにも、第6チャクラを正常化する必要があります。

第7チャクラの役割

第7チャクラは悟りのチャクラと言われ、目に見えないスピリチュアルな世界とつながる役割があります。宇宙エネルギーを受け取ることで魂や精神性が高まる一方、第7チャクラのバランスが崩れると精神的に迷いやすくなります。瞑想や祈りを繰り返すことで、第7チャクラ本来の役割を発揮できるでしょう。

オーラのエネルギー層それぞれの役割

オーラには7つの層があり、それぞれの層には次のような役割があります。

第1層のエーテル層の役割

第1層のエーテル層は身体から最も近いところにあるオーラであり、皮膚から約5センチほどの距離で全身を包むエネルギー体です。エーテル層は肉体の維持や健康をサポートする役割を担っており、生命の維持に必要な経済状態や食事などの情報を反映したメッセージを送ってくれます。

第2層のエモーショナル層の役割

第2層のエモーショナル層は喜怒哀楽の感情を司る役割があります。感情的な苦痛を感じているときに霊能者の鑑定を受けると、この第2層のエモーショナル層が濁っていると指摘されることが多いです。

この第2層は人間の気分によって変化が早く、朝と昼、夕方でも違っていることが少なくありません。

第3層のメンタル層の役割

第3層のメンタル層は精神的な健康をサポートする役割があります。精神的に健康な状態であれば、色が明るくなるのに対して、精神的に病んでいるときはメンタル層の色が弱くなります。

メンタル層の状態が良ければ精神的に元気でいられますが、この層が弱くなると精神的に落ち込んでいる可能性が高いです。気持ちが落ち込んでいるなら、第3層のオーラの浄化が必要でしょう。

第4層のアストラル層の役割

第4層のアストラル層は人間関係や環境をサポートする役割があります。直感的に好き嫌いを判別できるオーラであり、この層からのメッセージに従うことが人間関係の改善に役立つでしょう。アストラル層が濁って本来の実力を発揮できないときは、できるだけ早く浄化して正常化する必要があります。

第5層のエーテルテンプレイト層の役割

第5層のエーテルテンプレイト層は第5チャクラとつながっており、コミュニケーション能力を支える役割があります。家族や親戚、仕事での人間関係などに加えて、目に見えない高次元の存在とのコミュニケーションの状態も、エーテルテンプレイト層を見ることで判断しやすいでしょう。

第6層のセレスティアル層の役割

第6層のセレスティアル層は第三の目と呼ばれる第6チャクラとの関係が深く、精神世界との融合をサポートする役割があります。セレスティアル層は身体から約70センチほど離れたところに位置しています。

セレスティアル層には直感能力、透視能力などの情報や魂の成長の度合いなどの情報が含まれており、霊能者の鑑定を受けてみれば、自分がどのぐらいスピリチュアルな存在なのかがわかるでしょう。

第7層のコーザル層の役割

第7層のコーザル層は身体から最も離れた位置から肉体を包み込んでいて、第6層のセレスティアル層以上に目に見えないハイヤーセルフとのつながりをサポートする役割があります。

人間を包むオーラの中でも最も上位に位置していて、他の層のオーラよりも高い周波数を持っています。スピリチュアルな成長は、このコーザル層で最も大きく促進されるでしょう。

チャクラの機能によるオーラとの関係性

人体に7つあるチャクラから生命エネルギーが放出され、エネルギーフィールドが身体の周りを覆うように層状に形成されます。この層状のエネルギーフィールドがオーラです。チャクラは東洋医学で言う「氣」を通す機能があり、正常にチャクラが機能することで7つの層になっているオーラが形成されます。

オーラは普通の人間には見えませんが、オーラがある人ほど輝いているのがわかるでしょう。オーラの形成にはチャクラからのエネルギーの放出が不可欠であり、チャクラとオーラには深い関係があります。

出入口としての関係性

チャクラとオーラはスピリチュアルエネルギーの出入り口としての関係もあります。チャクラは7つの出入り口があるのに対して、オーラには決まったエネルギーの出入り口がありません。

チャクラは7つの出入り口からエネルギーを内側に入れるのに対して、オーラは内側にあるエネルギーを外に向かって放出するイメージです。しかし、オーラが輝くことができるのは、チャクラが7つある出入り口からエネルギーを放出してオーラを形成するからです。この意味でも、チャクラとオーラは関係性が深いと言えます。

第三の目が覚醒することによるチャクラとオーラの関係性

サードアイと呼ばれる第三の目が覚醒することで、オーラとの関係性が新しく生まれます。

第三の目とは

第三の目とは、眉間のあたりにあると言われており、チャクラで言えば第6チャクラにあたります。第三の目を覚醒させれば、さまざまなスピリチュアルな能力が開花します。

第三の目が覚醒することで起きること

サードアイと呼ばれる第三の目が覚醒することで、次のような現象が起きる可能性があります。

オーラが見えるようになる

オーラは普通の人間に見ることは難しく、霊能者などの特殊な能力がある人間にしか見えないとされています。しかし、第三の目が覚醒すると、普通の人間でもオーラが見えるようになります。個人差はあるとしても、実際に第三の目が覚醒した人たちは、それまでになかった特殊な能力を発揮することが多いです。

オーラだけでなく、守護霊と対話ができるようになったり、天使などの高次元の存在とも交信できるようになることもあります。生まれ変わる前の記憶が蘇ったり、未来に起きる出来事が映像で見えたりもします。

直感や洞察力が高まる

第三の目が覚醒すると、直感や洞察力が高まります。第三の目が位置する「松果体」は身体の成長や代謝を司る器官であり、第三の目が開花することで直感力や思考力が大幅に向上する可能性があります。

ふとした瞬間に今までにはなかったインスピレーションが湧き、画期的なアイデアを思いつくかもしれません。この能力は一時的なものではなく、第三の目によって一生続くため、人生が大きく変わるでしょう。

他人の考えや感情がわかるようになる

第三の目が覚醒すると、想像力が豊かになり、他人が考えていることや感情がわかるようになります。本来なら霊能者や占い師のような特殊な能力を持った人間にしかわからなかったことまで見抜けるようになります。

最初は第三の目による能力に戸惑うかもしれませんが、慣れてくるに従って、その能力を有効活用できるようになるでしょう。幼少期に特殊能力が開花した霊能者たちと似たような経験をするかもしれません。

脳が活性化する

第三の目が位置する「松果体」は脳の活性化に深く関係しているため、第三の目の覚醒は脳の活性化にも効果的です。脳は人間の思考や発想の根幹を成すものであり、勉強や仕事、およそ頭を使う行動すべてに関与します。頭を使う行動すべてに脳の活性化が影響を与える以上、学習能力や仕事能力が格段に上がることを意味します。

腕を曲げたり伸ばしたりといった筋肉の動きも脳からの指令で行なわれるため、脳が活性化することは運動能力にも影響するでしょう。スピリチュアル能力ほどではないにしても、運動能力が向上する可能性もあります。

第三の目を覚醒させる方法

第三の目は次の方法を実行すると、第三の目が覚醒する可能性があります。

規則正しい生活で健康を保つこと

第三の目を覚醒させるために欠かせないのが規則正しい生活で健康を保つことです。第三の目を覚醒させる前提条件として、健康な身体でなければいけません。第三の目が覚醒するときには大量のエネルギーが第6チャクラに流れ込むため、不健康な状態ではエネルギーの圧力に負けてしまうからです。

十分な睡眠時間を確保して、食事の時間帯も毎日変えずに規則正しいリズムで生活するのがポイントです。

朝日を浴びる

朝日を浴びることも第三の目を覚醒させるための重要なポイントです。太陽は人間に強い生命力を与えてくれる存在であり、第6チャクラに強力なエネルギーを入れるためにも朝日を浴びるのが効果的です。朝日を浴びると、睡眠や覚醒のリズムが整えられると共に、第三の眼がある松果体の活性化にもつながります。

1日の始まりに現れる朝日は太陽光の中でも特にポジティブなエネルギーに満ちています。朝日を浴びることで体内時計やホルモンバランスも良くなり、第三の目の覚醒が早くなるでしょう。

瞑想をする

瞑想することも第三の目を覚醒させる重要なステップです。複雑な現代社会では普通に生活しているだけでも、考えることが多過ぎて頭を休ませる暇がありません。いつでも頭脳をフル回転させることは脳の負担ばかり増やして、ネガティブなエネルギーで脳を充満させることになってマイナスです。

これを解決するのが瞑想です。頭を空っぽにする時間を持つことで、第6チャクラがポジティブなエネルギーを吸収しやすくなります。第三の目を覚醒させるための瞑想では、眉間に意識を集中させるのがポイントです。

最初は瞑想していても何か考えてしまうなどの邪魔が入るかもしれませんが、毎日瞑想して慣れてくれば意識を眉間に集中させやすくなります。瞑想は毎日続けることがポイントです。1日5分程度を目安に続けましょう。

藍色のものを取り入れる

第三の目を開花させるためには、第6チャクラと同じ色の藍色のものを取り入れるのも効果的です。レーズンやブルーベリーのような藍色の食べ物を食べると、第6チャクラの奥にある松果体が活性化されます。

藍色の宝石として知られるサファイアのパワーストーンをバッグに入れておいたり、サファイアのブレスレットやネックレスを身に着けるのもいいでしょう。藍色のアクセサリーを身に着けていれば、1日に何度も目にすることになり、無意識のうちに第6チャクラの奥にある松果体を刺激して、第三の目の覚醒を促進します。

アロマオイルを使う

アロマオイルを使うことも第三の目の覚醒を促進します。第6チャクラを刺激するのに役立つのがローズマリーやバジル、タイム、レモングラス、タイムといったアロマオイルです。

これらの中でも特にローズマリーが第6チャクラの奥にある松果体を活性化させると言われています。使用方法としては香りを楽しむだけでなく、第三の目の位置である眉間のあたりに直接塗り込んでもいいでしょう。

眉間や額をマッサージする

人間は緊張するほど眉間に力が入るので、眉間や額の血流は滞りやすいです。第三の目は眉間にあるため、眉間や額の血流が滞っているようなら第三の目の覚醒を阻害します。

そのため、眉間や額をマッサージすることも第三の目を開くのに役立ちます。眉間や額をマッサージして血流を良くすることは、第6チャクラにエネルギーが流れ込むサポートにもなるでしょう。

タバコを吸わない

第三の目の覚醒を邪魔するのが「タバコ」です。自分で吸うのはもちろん、受動喫煙も避けるべきです。タバコを吸うことでリラックスでき、第三の目が開きやすいと思われがちですが、タバコは人間にとって本来必要ないものです。第三の目の覚醒には百害あって一利なしだと理解する必要があります。

タバコを吸うと、人によってはせっかく開いた第三の目が閉じてしまうこともあるぐらいです。普段からタバコを吸っている人は第三の目を覚醒させたいなら、まずは禁煙する必要があるでしょう。

第三の目が覚醒する前兆

第三の目が覚醒するときには、次のような前兆が現れます。

目が痙攣する

第三の目が覚醒するときによく見られるのが、目が痙攣する現象です。理由はよくわからないけれど、目がピクピクして気持ちが悪いと感じたり、痙攣が続くようなら第三の目が覚醒する前兆である可能性があります。疲労が溜まっているわけでもないのに目がピクピク痙攣するならば、サードアイの覚醒が近いと考えられます。

眉間がムズムズする

第三の目が覚醒するときには、眉間のあたりがムズムズすることもあります。サードアイが覚醒しても、マンガのように本物の目が出てくるわけではありませんが、眉間がムズムズするのは第三の目にエネルギーの集中が始まっているからです。第三の目が覚醒すれば、眉間がムズムズする違和感は解消します。

全身が重く感じる

疲労が溜まっているわけでもないのに全身が重く感じるなら、第三の目の覚醒が近いでしょう。全身が重くなるのは第6チャクラがサードアイを覚醒させるために最後の追い込みに入っているからです。

第6チャクラがサードアイを開くためには膨大なエネルギーが動いています。その膨大なエネルギー量に身体が耐えられなくて、全身が重くなる現象が出ます。しかし、この現象もサードアイが覚醒するまでの話です。

一度、サードアイが覚醒してしまえば、あれほど苦しんだ全身の重さがウソのように軽くなるでしょう。

明晰夢を見る

明晰夢をよく見ることも第三の目が覚醒する前兆です。明晰夢とは、自分が夢の中にいると自覚しながら夢を見ることです。明晰夢を見るのは第三の目の覚醒が近くなっているからでしょう。

明晰夢では夢の状況を自分でコントロールできたり、目が覚めた後でも夢の内容を鮮明に覚えているため、現実世界でも明晰夢から多数のヒントを得られると言われています。

第三の目が覚醒したサイン

次のような現象があるならば、第三の目が覚醒したサインだと考えられます。

頭の中で音がする

第三の目がある眉間や額のあたりが強く収縮しているような、軽く圧迫されたような違和感があった後に頭の中でパチパチと音が聞こえるならば、第三の目が覚醒したサインです。この現象が起きた後に記憶力が劇的に良くなったり、それまでにはなかった透視能力を発揮したりします。他人のオーラが見えるようにもなるでしょう。

目の端に光が走る

目の端の方で何かが一瞬光る感覚を頻繁に感じるなら、第三の目が覚醒したサインです。視界の端で見えるのは単なる光ではなく、自分を導く指標としての意味もあります。

その光が見える方向に進むことで、第三の目を活用した不思議な能力を発揮できるようになるでしょう。

第三の目が覚醒することのデメリット

第三の目が覚醒することで、オーラが見えるなどの不思議な能力がを発揮するメリットがある反面、次のようなデメリットが発生する可能性もあります。医療施術の後に起きる好転反応のようなものです。

頭痛や体調不良が起きることがある

第6チャクラから大量のエネルギーが入ってきて、第三の目が開くまでのプロセスは身体に大きな負担を与えるため、頭痛や体調不良が起きる可能性があります。第三の目が覚醒してしばらく頭痛が続くかもしれません。

しかし、第三の目を自分でコントロールできるようになれば、頭痛の回数も次第に減っていくでしょう。さらにコントロール能力が高くなれば、頭痛そのものを回避できるようになります。

傲慢になることがある

せっかく覚醒したサードアイのせいで傲慢になることもあります。今までなかった特殊能力が開花したことで、全能感や絶対的な自信を持ったことが原因ですが、いつまでも続くわけではありません。

傲慢になるのは第三の目が覚醒したときの初期症状であり、第三の目をコントロールすることに慣れてくれば、自然と収まります。自分を客観的に見ることができるようになれば傲慢さが消えていくでしょう。

眩しさを感じることがある

眩しさを感じることがあるのも、第三の目が覚醒することのデメリットです。今までよりも取り込む光の量が増えたことが眩しさを感じる原因です。眩しさに違和感があっても、日常生活に支障が出るほどではありません。しばらくは眩しさがあっても、第三の目に慣れるにしたがって収まっていくでしょう。

おわりに

チャクラは東洋医学で言う「氣」の通り道であるエネルギーセンターとして機能しているのに対して、オーラは人間の身体のまわりを覆っているエネルギーフィールドとして機能しています。

チャクラはもともと、インドのサンスクリット語で「車輪」や「回る」を意味していましたが、チャクラを起点としてエネルギーがぐるぐる回って活力を生むことから、心身の働きを司るエネルギーの出入り口と解釈されるようになりました。7つのチャクラは背骨上にあり、それぞれの役割を担っています。

オーラは第1層から第7層まであり、身体に最も近いのが第1層のエーテル層、最も遠いのが第7層のコーザル層になります。オーラはエネルギーフィールドとして、心や身体を守るのが役割です。

チャクラには7つの出入り口があるのに対して、オーラには決まった出入り口はありません。チャクラは7つの出入り口からエネルギーを内側に吸収しますが、オーラは内側のエネルギーを外側に放出するイメージです。

チャクラとオーラは本質や歴史、整え方などのように数多くの違いがあるものの、人間の心や身体を守るスピリチュアルエネルギーとしての共通項があります。

オーラは本来、霊能者などの特殊な能力がある人間にしか見えませんが、第6チャクラにあたる第三の目を覚醒させることで、普通の人間にも見える可能性があります。サードアイと呼ばれる第三の目を開くと、オーラ以外にもさまざまなものが見えたり、新しい能力が開花するでしょう。

コメント