アレキサンドライトの意味・石言葉・誕生石・効果・相性【パワーストーン】

アレキサンドライトの意味・石言葉・誕生石・効果・相性【パワーストーン】

レアストーンであり高額になることの多い、アレキサンドライト。カラーチェンジ効果があり、「昼はエメラルド、夜はルビー」といわれる美しい宝石です。パワーストーンとしても強力なパワーを持つアレキサンドライトについて、詳しく見ていきましょう。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

アレキサンドライトってどんな石?

アレキサンドライトとは

アレキサンドライトは「宝石の王様」と呼ばれるレアストーン。ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドに続き世界5大宝石に数えられることがある鉱石で、パワーストーン好きやジュエリー好きには有名ですよね。

アレキサンドライトとは、変色効果を持つクリソベリルのこと。変色効果がなければアレキサンドライトとはいえず、アレキサンドライト最大の特徴はこの変色効果といえるでしょう。変色効果とは、光源の種類によってカラーチェンジを起こす光学反応。

アレキサンドライトは、含有するクロムイオンによって太陽光など青緑色系スペクトルの強い光源の元ではブルーやグリーン、ろうそくや発熱電灯など赤色系スペクトルの強い光源の元ではレッド系へとカラーチェンジします。この性質から、「昼のエメラルド・夜のルビー」と呼ばれるアレキサンドライトは、希少価値が高く価格も高い鉱石です。そもそもの数が少ない上に手放す人がほとんどいないので、人工的に作られたアレキサンドライトも存在しています。

アレキサンドライトの名前の由来

アレキサンドライト(Alexandrite)の名前は、発見時にロシア帝国の皇太子だったアレキサンドル2世(Aleksandr 2)にちなんでいます。

ロシアで発見されたアレキサンドライトは、その美しさから皇帝への献上品となりました。献上日がその息子であるアレキサンドル2世の誕生日だったことで、皇太子の名前がつけられたとされています。

アレキサンドライトの和名・別名

アレキサンドライトの和名は「変彩金緑石(へんさいきんりょくせき)」。「金緑石」とはクリソベリルのことで、アレキサンドライトがクリソベリルの変種であることが語源です。

アレキサンドライトはその希少性や美しさから、「宝石の王様」と呼ばれます。発見地であるロシアでは皇帝ニコライ1世への献上品とされたことから「皇帝の宝石」という別名もあります。

アレキサンドライトの歴史

アレキサンドライトは1830年に発見された、比較的新しい鉱石です。

1830年、炭焼き職人であったコシェフニコフがエメラルドを発見したことがきっかけで、ウラル山脈でエメラルドの採掘が始まります。ほどなくして、エメラルドに混じって見つかったのがアレキサンドライト。発見時にはエメラルドの1つだと思われていましたが、夜の灯りのもとではルビーのようにパープルがかったレッドに変色したことからエメラルドではないと判明されます。アレキサンドライトを表す「昼のエメラルド・夜のルビー」という言葉はここからきているのですね。

不思議な性質と美しさを併せ持ったアレキサンドライトは、当時のロシア皇帝だったニコライ1世への献上品となります。献上日の4月29日が当時皇太子であったアレクサンドル2世の誕生日だったことから、アレキサンドライトと名づけられます。アレキサンドライトはロシア皇帝軍の軍服カラーであるグリーンとレッドに輝くことから、ロシア国内で支持を集め、市場へと出回るようになりました。

1887年にはブラジルでも発見され、世界的な認知度と人気を得たアレキサンドライト。1900年代になるとロシアだけでなく世界中で採掘されるようになりますが希少性は変わらず、現在でもレアストーンとされています。

アレキサンドライトの伝説・言い伝え

アレキサンドライトは歴史が浅く、伝説や言い伝えの数は多くありません。

「危険が近づくと色を変えて知らせてくれる」という言い伝えがありますが、これはアレキサンドライトの変色効果から。発見当時には変色効果の仕組みが分からなかったため、人々が何かしらの理由をつけたかったことがうかがえます。現在でもその言い伝えは健在で、アレキサンドライトは危険回避の石とされています。

アレキサンドライトの産地

スリランカ・ブラジル・タンザニア・ロシアなど

発見地であるロシアのウラル鉱脈産のアレキサンドライトは上質であるとされていますが、そもそもの数が少なくほとんど市場に出てきません。そのため、すでに枯渇しているのではと言われています。ウラル産のアレキサンドライトはインクルージョンが多く、最高品質であるものはごくわずか。カラーチェンジがハッキリしていることが特徴です。

次に価値が高いのは、ブラジル。ロシアのウラル産と肩を並べるほど品質が良いですが、ごくわずかしか採掘されず、減少傾向にあります。

スリランカのものはロシア産に比べて大きいですが、アレキサンドライトは大きければ大きいほどカラーチェンジがはっきりとしなくなります。グリーンはイエローがかったものになり、レッドはブラウン気味になってしまうのです。大きさやインクルージョンの少なさよりカラーチェンジの幅を優先させるアレキサンドライトにおいては、スリランカ産のものはランクが低めです。

アレキサンドライトの硬度

モース硬度は8.5で、硬い鉱石です。へき開性もないので割れにくく、扱いやすい鉱物といえるでしょう。

アレキサンドライトの宝石言葉・石言葉

種類宝石言葉・石言葉
アレキサンドライト秘めた思い・魅力・高貴
アレキサンドライトキャッツアイ迷いと選択と変身・愛と性の充実
アレキサンドライトの宝石言葉・石言葉

アレキサンドライトと誕生石・曜日石・守護石

種類誕生石曜日石・守護石
アレキサンドライト6月の誕生月石(日本)・7月の誕生月石(アメリカ)・6月5日の 誕生日石双子座・獅子座・金曜日
45年目の結婚記念石
アレキサンドライトキャッツアイ1月31日の誕生日石なし
アレキサンドライトと誕生石・曜日石・守護石

アレキサンドライトの色と種類・似ているパワーストーン

アレキサンドライトはカラーチェンジが最大の特徴。青緑色系スペクトルの強いが多い太陽光の元ではブルーやグリーン、赤色系スペクトルの強い白熱灯やろうそくの元ではレッドやパープルへと、寒色から暖色への変化が確認できます。

ブルーやグリーンのカラーが濃いものほどカラーチェンジ効果がハッキリと確認でき、上質とされます。インクルージョンが多いものが多いため、インクルージョンが少ないものも上質です。しかし、品質においては大きさやインクルージョンの量よりもカラーチェンジ効果の大きさが優先されるのがアレキサンドライトです。

アレキサンドライトキャッツアイ

インクルージョンが多いとされるアレキサンドライトですが、細長いインクルージョンが平行に並ぶことでキャッツアイ効果を得ることがあります。キャッツアイ効果を持つアレキサンドライトは「アレキサンドライトキャッツアイ」と呼ばれ、通常のアレキサンドライトよりも希少価値が高いため高額になります。

金色のキャッツアイ効果を持つものもあり、富と名声を得る石として人気があります。

アレキサンドライトと似ているパワーストーン

ベキリーブルーガーネット

多彩なガーネットの中でも唯一存在しないといわれていたブルーカラーのガーネット。1990年代後半にマダガスカルのベキリー地区で発見された、非常に希少な鉱物です。

ベキリーブルーガーネットは太陽光の元ではブルー、白熱灯やろうそくの元ではレッドになります。アレキサンドライトとの見分け方は蛍光性の有無。ブラックライトを当てたときに光が赤く残ればアレキサンドライト、何も残らなければガーネットです。

アレキサンドライトと同じもしくはそれ以上に希少なレアストーンなので、混合して流通することはないでしょう。

カラーチェンジガーネット

グリーン系のアレキサンドライトに良く似ているのが、カラーチェンジガーネット。パイロープガーネットとスペサルティンガーネットの中間に位置するガーネットで、カラーチェンジ効果を有します。太陽光の元ではグリーン系、白熱灯やろうそくの元ではオレンジまじりのレッドになります。

見分けるにはブラックライトを使います。ブラックライトを当てた時に何の効果も表れなかったらガーネット。ブラックライトを当てたときに光るようならアレキサンドライトです。

カラーチェンジサファイア・アレキサンドライトサファイア・アレキタイプサファイア

一般的にはブルーのイメージが強いサファイアですが、レッド以外のカラーすべてが存在し、カラーチェンジ効果を持っているものもあります。グリーンやイエローのカラーチェンジサファイアや薄いブルーのカラーチェンジサファイアは、アレキサンドライトに似ています。

自然光の元ではブルーやグリーンのカラーチェンジサファイアですが、白熱灯やろうそくの元ではパープルやレッドになります。アレキサンドライトと同じカラーチェンジを示すことから、アレキサンドライトとして流通するケースも。また、合成のカラーチェンジサファイアがアレキサンドライトとして流通していることもあります。

見分けるにはブラックライトを使用します。ブラックライトを当てた際にオレンジやレッドに光るとサファイア、真っ赤なレッドに光ったらアレキサンドライトとなります。しかし、品質によっては見分けがつかないものもあるため、プロに鑑定を依頼した方がよいでしょう。

アレキサンドライトが持つスピリチュアル的性質

アレキサンドライトと風水

風水の五行思想において、アレキサンドライトは水の気質を持っています。

水は「智」を表し、知恵を意味します。また、水は自由自在に姿かたちを変えるもの。そのため、水の気質には自由さや人智を超えた存在といった意味もあります。

アレキサンドライトと相性の良い方位

アレキサンドライトとチャクラ

アレキサンドライトは第2チャクラと第4チャクラを活性化させます。

第2チャクラは下腹にある「ヘプリーンチャクラ」で、「自信」「好奇心」「元気」など、人が健やかに生き、命の役割と果たすために必要なパワーを司っています。

第4チャクラは胸にある「ハートチャクラ」。「愛」「癒し」「調和」などを司り、自分の心を癒し、守るためのチャクラです。

アレキサンドライトはこんな人におすすめ

・ポジティブになりたい人

・成功したい人

・自立心をやしないたい人

・魔除けのお守りが欲しい人

・人間的成長を望む人

アレキサンドライトの効果・効能・スピリチュアルへの影響

1.自己成長・能力開花

アレキサンドライトは「変化の石」です。持ち主に変化する勇気を与え、成長や能力開花のサポートをしてくれるでしょう。

アレキサンドライトは持ち主の自尊心、博愛精神を高める効果があります。そのため、自分を大事にしながら周囲にも愛情を振りまくことができるようになり、精神的な余裕を持てるようになります。精神的な余裕を持つことで、自分を見つめ新しい魅力や能力を発見するきっかけを与えてくれるのです。

変化していくには勇気が必要ですが、アレキサンドライトは持ち主の意識に変革をもたらし、新しい自分を受け入れるよう仕向けます。かといって古い自分を捨てることはなく、過去の自分と現在の自分のバランスを取り、未来の自分がより良くなるよう導いてくれるでしょう。

2.周囲と自分のバランスを取る

アレキサンドライトは、カラーチェンジすることから「二面性を持つ石」とされてきました。

万物が陰と陽に分けれれるように、世の中は相反するものがバランスを取ることによって成り立っています。人間も同じで、例えば、ポジティブであれば本人は楽しくチャレンジを繰り返していけますが、周囲の人は何度も繰り返される失敗に呆れて信頼を寄せなくなってしまいますよね。他にも、周囲の人の意見をよく聞いて反映させるのは良いことですが、やりすぎると自分のやりたいことができなくなって本人は多大なストレスを感じるでしょう。このように、どちらかに偏ってしまえば必ず弊害が生まれます。アレキサンドライトはこのバランスを上手く調整し、持ち主の心に芯の強さを与えると同時に周囲の人に対する気遣いができるよう、柔軟性とバランス感覚を授けてくれるのです。

周囲に流されることなく、しかし自己満足や頑固にならないように生きるのはとても難しいことです。ポジティブすぎたりネガティブすぎたりするのもいけません。アレキサンドライトは持ち主を力強くサポートし、上手くバランスを取れるようにしてくれるでしょう。

3.魔除け

アレキサンドライトは危険を回避する効果があり、魔除けやお守りとしても力を発揮してくれます。

アレキサンドライトは持ち主の中にある邪心を取り除き、自尊心と自己愛を高めてくれます。周囲からのマイナスエネルギーをブロックする能力にも長けているため、危険を察知し、上手く回避できるよう導いてくれるでしょう。「自分は運が悪い」「良くない環境に身を置きがち」という人におすすめです。

4.成功と繁栄

「宝石の王様」という異名を持ちロシア皇帝に献上されたアレキサンドライトは、繁栄や名誉、成功をもたらす幸運の石でもあります。

アレキサンドライトは悪縁や悪運を断ち切り、持ち主の人生を良い方向へと軌道修正してくれます。恋愛や仕事における願いを叶えられるよう、持ち主をサポートしてくれるでしょう。持ち主に自信と自己愛を与えるとともに周囲に対する博愛精神を授けるため、いつもキラキラ輝く魅力的な人になれますよ。

アレキサンドライトと相性の良い組み合わせ

アレキサンドライト×ダイヤモンド

アレキサンドライトとダイヤモンドの組み合わせは、繁栄や成功、名声を得る効果があります。

ダイヤモンドはもっとも有名といっても過言でないジュエリー。ジュエリーに興味のない人も、ダイヤモンドを知らない人はいないでしょう。名実ともに宝石の王様であり、同じく「宝石の王様」「皇帝の宝石」と言われるアレキサンドライトとは相性が良いです。お互いに気品や品格がある存在同士だからこそ、競い合うことなく手を取り合えるのですね。

ダイヤモンドはもっとも硬いジュエリーであることから、持ち主に強靭な精神力を授けます。目標を達成するために前進するパワーを授け、トラブルや災難を跳ね除ける強さをももたらすでしょう。光のパワーを集めることから魔除け、クリアであることから浄化の効果もあるとされています。

一方、アレキサンドライトは成功と繁栄の石であり、強力な魔除けの石でもあります。そのため、ダイヤモンドと組み合わせることでパワーストーン同士の力の底上げが期待でき、これ以上ないほど良い組み合わせだといえます。

アレキサンドライト×ムーンストーン

アレキサンドライトとムーンストーンの組み合わせは、魅力アップや恋愛運アップ、精神的な安定の効果があります。

ムーンストーンは月のパワーと閉じ込めた、静謐ながらも強い波動を持つパワーストーン。月が女性性を持っていることから、女性のためのパワーストーンともいわれています。月は満ち欠けするため、月のパワーを秘めたムーンストーンは感情の起伏を穏やかにしてくれる効果もあります。強い癒し効果も持っているため、イライラしがちな人や傷ついた心を癒したい人にもおすすめのパワーストーンです。精神が安定すると人間関係も次第に良くなっていくものなので、人間関係改善や恋愛運アップにも効果が期待できます。

そして、アレキサンドライトには自信を高めて持ち主の魅力を引き出す効果や、周囲と自分とのバランスを取る効果があります。この効果により、自立し強い心を持ちながらも相手のことも考えられる、成熟した精神を持つ人間へと成長できるでしょう。ムーンストーンと組み合わせることで、より女性的な魅力が高まります。周囲の誰からも愛され慕われるるような、素敵な女性へとなれるでしょう。

アレキサンドライト×プレナイト

アレキサンドライトとプレナイトは、能力開花や状況好転に効果がある組み合わせです。

プレナイトは「真実を見抜く石」「取捨選択の石」と呼ばれます。プレナイトは持ち主の頭の中をクリアにし思考力を高め、自分に本当に必要なものと不必要なものをあぶり出します。しがらみや不要な価値観を見つけて持ち主に捨てさせる勇気を与えるので、悪縁や悪いものから遠ざかることができるでしょう。と同時に、自分に本当に必要なものや求めているものが判明し、眠っていた能力に気づかせてもくれます。

そして、アレキサンドライトは自己成長と繁栄・成功の石です。プレナイトの効果で不要なものを捨て新しいパワーを得たら、アレキサンドライトの開運効果と変革効果により、これまでより良い方向へと進んでいくことができます。物事のバランスを取りながら強い心で光の方向へと向かうことができれば、成功や繁栄にたどり着くことができるでしょう。

アレキサンドライト×フローライト

アレキサンドライトとフローライトの組み合わせは、問題解決やクリエイティブな能力発揮に効果をもたらします。

フローライトは「天才の石」と呼ばれ、固定観念から持ち主を解き放ち、子供ような自由さをもたらすとされています。特に、2色以上が確認できるフローライトにはインスピレーションを高める効果があり、窮地に陥ったとしても自由な発想力で解決策を見つけることができるでしょう。

アレキサンドライトも持ち主の中から魅力や自信を引き出し、これまで気づかなかった能力を開花させる効果があります。フローライトがもたらす思考力アップや発想力アップの効果と合わせることで、新しいステージへと進めたり創造性が増すでしょう。

アレキサンドライト×水晶

アレキサンドライトと水晶の組み合わせは、全体的な運気アップに効果があります。

水晶は、組み合わせた他のパワーストーンの力を増幅したり抑えたりする効果があります。ちょうどよい力の発揮具合を調節してくれる、バランサーといってもよいでしょう。また、浄化効果が強く、持ち主の周囲をいつも清浄に保ってくれます。

一方、アレキサンドライトは成功と繁栄、そして魔除けの石です。持ち主のバランス感覚を養い、強い心と自信、そして博愛精神を強化することで成功へと導いてくれるでしょう。危機回避の効果もあり、魔除けのお守りとしてもピッタリです。水晶と組み合わせることで効果を強めるなど調節することができ、持ち主にとって程よい効果をもたらしてくれるでしょう。

アレキサンドライトを身に着けるのにおすすめのアクセサリーと効果

アレキサンドライトのパワーをダイレクトに感じるには、指輪がおすすめ。鉱物として丈夫なのでデザインに気を遣う必要がなく、普段から身に着けていても問題ないでしょう。

指輪は、どの指に着けるかによって効果が変わってきます。目標達成なら左手の親指か右手の小指、自己改革を願うなら、右手の人差し指か左手の人差し指につけましょう。

アレキサンドライトのお手入れ・浄化方法

アレキサンドライトはすべての浄化方法に適しています。ただし、人工で作り出された合成アレキサンドライトは特別な加工を施されているため、品質を損なわないためにも塩分や水は避けた方が無難です。

浄化方法対応
塩・塩水
流水
ホワイトセージ
水晶クラスタ
日光・月光浴
アレキサンドライトのお手入れ・浄化方法早見表

塩・塩水

塩や塩水で浄化する場合は、必ずヒマラヤ岩塩か天然の粗塩を使用します。間違っても食塩を使わないようにしましょう。

塩で浄化するなら、浄化皿の上に塩を盛り、その上にアレキサンドライトを置くか塩の中に埋め込みます。3時間程度経ったら取り出して、流水で塩分を洗い流しましょう。その後は天然素材の布で水けを拭き取り、自然乾燥させれば浄化が完了します。

塩水で浄化する場合は、まず3%程度の濃さの塩水を作ってください。その中に3時間程度浸けこんでおき、時間が経ったら取り出して、流水で塩分を洗い流します。天然素材の布で水けを拭き取り、自然乾燥させれば浄化OKです。

流水

水道水を出しっぱなしにして、10分程度アレキサンドライトを浸しておきます。時間が経ったら天然素材の布で水けを拭き取り、自然乾燥させてください。

ホワイトセージ

ホワイトセージのお香もしくは乾燥葉でも浄化ができます。

ホワイトセージのお香か乾燥させた葉っぱに火をつけ、煙の中にアレキサンドライトを10回程度くぐらせましょう。水で洗い流したり布で表面を拭き取る必要はありません。そのまま使い続けてOKです。

水晶クラスタ

水晶クラスタの上にアレキサンドライトを3時間置いておけば、浄化が完了します。久しぶりの浄化だったり、アレキサンドライトに疲れが溜まっていると感じたら、1晩置いておくのをおすすめします。水晶クラスタがなければ水晶さざれでも構いません。

日光・月光浴

日光や月光を使ってアレキサンドライトを浄化することができます。

日光もしくは月光が差し込む場所に、アレキサンドライトを3時間程度置いておくだけで浄化が完了します。浄化が完了したらそのまま身に着けてOKです。

あまりメジャーではありませんが、土の中にアレキサンドライトを埋めて浄化する方法もあります。

柔らかく掘り起こされることのない土の中に、天然素材の布で包んだアレキサンドライトを埋めます。2週間程度経ったら取り出して、流水で洗い流し、天然素材の布で水けを拭き取ってください。

この方法は自分の土地を持っている人で、なおかつその場所が荒らされないことが約束されている場合にのみ使えます。というのも、アレキサンドライトはとても高価です。人や動物に掘り起こされて盗難や紛失することがないように場所を選びましょう。また、「穢れがなさそうだから」といった理由で神社仏閣の土地を使うのはNGです。他人の土地を勝手に利用することは法律でも常識でも行ってはいけません。

音叉やクリスタルチューナー、水晶ポイントを使って音で浄化する方法もあります。

浄化皿の上にアレキサンドライトを置き、音を奏でます。水晶ポイントの先の方をアレキサンドライトに向けたまま、円を描きましょう。水晶ポイントの先から音が出て、アレキサンドライトに全方位から浴びせているようなイメージを持つとやりやすいですよ。

アレキサンドライトの好転反応・副作用

アレキサンドライトはとても強い波動を持つパワーストーンです。そのため、人を選ぶことがあります。「宝石の王様」「皇帝の宝石」と呼ばれるだけあって、持ち主が自分に相応しいか厳しい目を持って審査するということでしょう。

そのため、アレキサンドライトは持ち始めに好転反応を起こすことがあります。主な症状は頭痛や疲れやすさ、気分的な落ち込みなどでしょう。

アレキサンドライトは持ち主に自信を与え、強力に引っ張って行ってくれるパワーストーンです。そのため持ち主の方がパワーについていけず、オーバーヒートしてしまった結果、頭痛や疲れやすさといった症状が出てくるのですね。また、ネガティブなものとポジティブなもののバランス感覚をやしないますが、その過程でネガティブなものをあぶり出し、落ち込んでしまう人もいるでしょう。

アレキサンドライトのQ&A

アレキサンドライトの偽物の見分け方は?

アレキサンドライトの偽物は、合成石と人造石とがあります。どちらも「合成アレキサンドライト」「人造アレキサンドライト」など、人工的に作られたものであることが記載されますが、中には天然だと偽って販売するケースも。アレキサンドライトの天然物はとても少なく、特に大きなものはほとんどが流通していませんので、大きさがあるのに安いものは疑念を持った方がよさそうです。

合成アレキサンドライトは、アレキサンドライトの元であるクリソベリルと同じ成分を同じ構造にし、同じ特性を持たせたもののこと。良質なアレキサンドライトとほぼ変わらない品質を持っていることから人気があります。合成アレキサンドライトはプロでも鑑別が難しいといわれています。

そして、人造アレキサンドライトは「シンセティックアレキサンドライト」と呼ばれ、アレキサンドライトとはまったく違う成分・構造を持ったものです。アレキサンドライトと同じカラーチェンジ効果を持ちますが、アレキサンドライトとは別物といえるでしょう。

人工的に作り出されたアレキサンドライトが天然アレキサンドライトと偽られて多く流通しているかといえば、そうでもありません。というのも、人工的に作り出されたアレキサンドライトは手間がかかる割にはあまり利益がでないことから、さほど大量に作られてはいないのです。また、合成アレキサンドライトは良質な天然アレキサンドライトと同じほど美しいため「合成でも構わない」「天然の良質なアレキサンドライトなんて一生手に入らないから」という人が多く、天然でないことを隠す必要もありません。

そのため、そもそも天然アレキサンドライトと人工的なアレキサンドライトとを見分ける必要がなく、人工的なアレキサンドライトもその価値を認められています。

アレキサンドライトが割れた・欠けた!特別な意味はある?

アレキサンドライトはモース硬度が高く、一定方向への割れやすさを表すへき開性という性質を持っていません。そのため、割れたり欠けたりしづらく、安心して身に着けることができるでしょう。しかし、いくらモース硬度が高くて割れにくく駆けにくいといっても、意図的に壊そうとすれば壊れます。モース硬度が最高位であるダイヤモンドも、金づちで叩けば割れるのです。アレキサンドライトも、丈夫だからといって不必要に乱暴に扱うことのないようにしましょう。

高価かつレアなアレキサンドライトなので考えたくはありませんが、もし割れたり欠けたりしたら、持ち主に危険が迫っているのかもしれません。もしくは、すでに危険が通り過ぎ、持ち主の身代わりになってくれた可能性もあります。リペアに出して今後も使えるなら使い、そうでないなら感謝の気持ちを伝えて適切な方法で土に還してあげましょう。

アレキサンドライトの色が変わった?退色・変色する?

アレキサンドライトは退色や変色の心配がありません。

紫外線や水、熱にも強いので、あまり気にする必要はないでしょう。

アレキサンドライトの購入におすすめの販売店・通販

vec stone club

鉱物・原石・天然石・鉱石の販売専門店【vec stone club】

パワーストーンというより鉱物としての側面から、天然ものにこだわった天然ストーン販売サイトです。大学や官庁、出版社との取引実績もあることから信頼ができます。アレキサンドライトは、薄い水色の小さな粒の原石を販売しています。粒が小さく不純物も混じっていますが、お手頃価格で手に入れられるのは嬉しいですね。

Hariqua

Hariqua-パワーストーンジュエリー-

パワーストーンジュエリー販売の有名店です。高品質のアレキサンドライトが、リングやネックレス、ルースとして販売されています。高価ではありますが、美しさを見れば納得ですね。

まとめ

アレキサンドライトは全体的な産出量が少ない上に、インクルージョンが多いとされ、ジュエリークオリティのものは極端に希少です。さらに、上質なアレキサンドライトが採掘できる鉱山はどんどん枯渇に向かっており、今後もその希少性は変わらないでしょう。そのため、人工的に作り出されたアレキサンドライトが多く流通していますが、人工アレキサンドライトの出来が良ことや天然アレキサンドライトのあまりの希少性から「人工でも良い」という人が多く、他のパワーストーンやジュエリーとは違って人工であることを隠してもいません。

希少価値が高く特殊な性質を持っているアレキサンドライトは、ジュエリーとしての価値があるだけでなく、パワーストーンとしても強い力を持っています。人を選ぶことも多いですが、カラーチェンジ効果を楽みながらジュエリー感覚で身に着けるもよし、強い効力を持ったパワーストーンとして所持するのもよいでしょう。

強い力を持つ石には、強い意志で向き合うことが大切です。持ち主がしっかりとした意志を持って人生を良い方向へと向かわせるための努力を忘れなければ、アレキサンドライトは人生の転機に寄り添ってくれる良いパートナーになってくれるでしょう。

コメント