冷却期間はどのくらい必要?最短の冷却期間で復縁する裏技

冷却期間はどのくらい必要?最短の冷却期間で復縁する裏技

突然ですが、皆様には、復縁したい人がいらっしゃいますか?

別れた後も彼のことを忘れることができず、すぐにでも復縁したいと気持ちが焦っているという方もいるのではないでしょうか?

しかし、復縁するためには、お互いに冷静さを取り戻したり、別れた原因を見つめ直したりする冷却期間が必要だといわれています。

今回は、復縁のための冷却期間はどのくらい必要なのか?最短の冷却期間で復縁する裏技などについて紹介していきたいと思いますので、参考になさってみて下さい。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

冷却期間とは

冷却期間とは、物事や感情的対立をしずめて、事態を落ち着かせるためにおく期間のことです。(kotobank.jp/word/冷却期間より)

別れた直後は、お互いに感情的になりやすくなっていたり、冷静なやり取りができなくなることが多いといわれていますので、このような状態のまま行動を起こしてしまうと、復縁が遠のく結果を招いてしまうこともあります。

ですので、冷却期間というのは、期間や時間の長さではなく、この期間にどのような過ごし方をして、自分自身をレベルアップさせるかが大切なときという意味になります。

ここを勘違いしてしまいますと、冷却期間を3ヵ月あけたのにまだ連絡も取れていない、1ヵ月の冷却期間が過ぎて復縁をもちかけたら断られたなど、更につらい思いをすることになってしまいます。冷却期間のメリットを活かして、相手との復縁の準備をすることが、冷却期間ではとても重要なこととなります。

冷却期間の効果

別れた後に、相手に忘れられてしまうのが怖い、相手のことが忘れられないなどの理由から、すぐに復縁をしたくなることもあるかと思われますが、どのような理由があっても、別れたということは、相手の男性にとってもショックな出来事なのです。

別れのショックや傷が癒えていないうちに、復縁したいといわれても、素直に受け止めることはできないといわれていますし、また、復縁できたとしても、別れた原因が改善されていない場合は、同じことを繰り返してしまう可能性があります。

冷却期間は、別れた原因をつきとめたり、自分の気持ちと向き合うことで、本当に相手と復縁する意味があるのかを確認する効果が期待できます。

冷却期間は、復縁した後に、前よりも良好な関係を築くために取る時間なのだということです。

冷却期間のメリット

この項目では、冷却期間のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

別れた原因を見つめ直すことができる

彼に突然振られた、喧嘩別れをしてしまったなど、別れの原因はさまざまかと思われますが、どのような原因であっても、別れた直後はショックで冷静な判断をすることができなくなるといわれています。
もし、復縁を望むのでしたら、別れた原因を見つめ直す冷却期間が必要となります。

冷却期間を設けることによって、別れの原因をつきとめたり、自分の悪い部分を改善することができたり、何より、自分にとって本当にその相手が必要なのかどうかを考えることができます。

お互いに相手のことを考えられる

付き合いが長くなると、お互いに馴れ合いの気持ちがでたり、自分中心の意見を押しつけてしまったりと、相手の大切さに気がつきにくくなるといわれています。

お互いが相手に対して、思いやりの気持ちを持って行動することができないようでしたら、冷却期間を設けることが必要です。

一度距離を置いてみると、自分は本当に相手のことを好きなのかどうか、相手を思いやることができるのかどうかが分かるといわれています。

自由な時間を楽しめる

付き合っていた頃は、彼氏と会うことに時間を取られていたという場合もあったかと思われますが、冷却期間を作ると、自分の自由な時間が取れるようになります。

付き合っていた頃のような楽しい関係に戻すためにも、自分の時間は、趣味や習い事などに没頭するのが良いとされています。

自分の時間を充実させることによって、復縁したい相手に依存する気持ちを少なくさせたり、ストレス解消やネガティブな感情を抑えられるなどの良い効果を得ることができます。

特に趣味がないという方も、冷却期間中に興味が持てそうなことを見つけてみてはいかがでしょうか

自分磨きができる

冷却期間中に、外見だけではなく、性格やメンタルなど内面の自分磨きをすることで、復縁が成功する可能性が高まるといわれています。

自分磨きをするということは、もう一度恋愛をする準備ができているという状態を相手に見せたり、自分のために努力をしてくれたのだと感じさせることができるため、復縁しやすくなるといわれています。

冷却期間のデメリット

友達としてしか見られなくなる

冷却期間中に気持ちの整理がついてしまい、相手を恋人ではなく友達としてしか見られなくなってしまうというデメリットがあります。

このような場合は、連絡を取って相手に復縁を迫ったりすると、更に復縁を遠ざけてしまう可能性もあるといわれています。

このような状況になってしまったときは、自分と相手は一度は付き合っていた関係であることを思い出し、相手の気持ちが再び自分に向くまで待つことが大切です。

新しく好きな人ができてしまう

冷却期間とは、相手に連絡を取らずに関係を断つことを示しており、お互いにフリーな状態でもありますので、離れている間に、相手に好きな人ができてしまったり、新しい相手と付き合い始めてしまう可能性もあります。

冷却期間中に、相手に新しく好きな人ができてしまった場合は、焦りやつらい気持ちを抑えて、復縁を持ちかけるようなことはやめておくのが良いかと思われます。

本当に彼のことが好きで復縁したいという気持ちがあるのでしたら、一途に待つことが大切です。

冷却期間中に心理が大きく変化していく

冷却期間中に、どのような目的で冷却期間を設けているのかを忘れてしまう場合があります。

お互いに冷静になるために冷却期間を設けたのはいいものの、時間が経てば経つほど気持ちが冷めていくこともあります。

これは、復縁に向けて行動をすることだけで満足してしまい、本当に相手と復縁したいのかどうかが分からなくなるという心理状態になるといわれているものです。

しかし、相手のほうも、冷却期間中に考え方や価値観が大きく変わる可能性があります。

男性の心理としては、たとえ嫌な別れ方をした相手であっても、ある程度の時間が経つと、良い思い出に変わってしまう場合もありますので、復縁を考えたときに、どのような状況にも対応できるように、柔軟な思考回路を作っておくことが重要となります。

冷却期間は長ければいいというわけではない

恋愛とは自分の思う通りに進むとは限らないもので、冷却期間中に復縁するための準備をして、復縁を持ちかけたとしても、相手の気持ちの中で復縁まで考えていなかった場合は、失敗に終わることもあります。

そのときに、冷却期間を取らず、別れてすぐに復縁を持ちかけていれば、このようなことにはならなかったかもしれないなど、復縁が叶わなかったときに、冷却期間を長く設けたことを失敗の理由にする場合もあります。

冷却期間を設けて復縁することができれば、冷却期間中に我慢して自分がするべきことはしたからとプラスに考えることができますが、復縁が失敗してしまったときは、冷却期間を設けたことをマイナスに考えてしまう傾向にありますので、冷却期間とは、長さの問題ではなく、過ごし方のほうが重要になるといえます。

平均的な冷却期間は3ヶ月

冷却期間は、平均して3カ月ほどの期間が必要だといわれています。

これは、人が気持ちを落ちつけて物事を考えることができるようになるまでの期間の目安だといわれており、状況や相手の性格によっては1ヶ月と短くなることもありますし、逆に半年から1年と時間がかかる場合もあります。

あくまでも目安ですので、別れたときの状況や原因を考えて、3ヶ月を基準とし、冷却期間を短くするか長くするかを判断するのが良いとされています。

また、冷却期間中は、お互いを見つめ直すための期間となりますので、相手と離れている間は自分の気持ちと向き合うことが大切です。

必要な冷却期間は人それぞれ違う

復縁をするということは、元の関係に戻ることではなく、前よりも良い関係を築くという意識を持つことが大切です。

復縁をするために取る冷却期間は、3ヶ月とも半年ともいわれていますが、自分と相手が復縁をするために必要な期間がどのくらいになるのかは、2人の状況や、性格によってもそれぞれ違います。

別れた後に、相手の存在の大切さに気がついたり、別れなければ良かったと後悔の気持ちがでたりした場合は、冷却期間は短くなりますし、逆に、冷却期間を設けたことで、相手に新しく好きな人ができたなどの場合は長くなります。

状況別で分かる!冷却期間の目安はどのくらい?

復縁を成功させるために、どのくらいの冷却期間を設ければいいのかは、別れた原因によっても違うといわれています。

この項目では、冷却期間の目安はどのくらい設ければ良いのか、状況別に紹介したいと思いますので参考になさってみて下さい。

彼氏を怒らせた場合の冷却期間はどのくらい?

彼氏を怒らせた場合の冷却期間は、1カ月といわれています。

別れた直後、彼氏は怒りにまかせて、別れてせいせいしたという気持ちになっていることが多いといわれていますが、時間が経つにつれ別れたことを実感して、気持ちが落ち込むことがあります。

もし彼氏が未練を残している場合は、冷却期間の後に改めて謝罪をすると、復縁できる可能性もあります。

プライドが高い男性の場合は、復縁をしたくても自分からはいいだせないこともありますので、自分のほうから連絡してみて下さい。

喧嘩別れの冷却期間はどのくらい?

喧嘩別れの冷却期間は一般的に、1~2週間程度といわれています。

冷却期間中に、お互いに冷静になれたり、喧嘩の原因をつきとめ改善することができていれば、復縁に向けての話し合いをしても良いとされています。

しかし、大きな喧嘩に発展したり、長く付き合っていた2人が喧嘩別れをしてしまった場合は、喧嘩の原因をつきとめて改善することはもちろんのこと、冷却期間も半年以上は取るべきだといわれています。

彼氏に振られた場合の冷却期間はどのくらい?

彼氏に振られた場合の冷却期間は、短くても3カ月から半年、長い場合は1年以上の期間が必要になるといわれています。

何かしらの原因があって彼氏は別れを決心していますので、冷却期間中に、もう連絡しても大丈夫かな?と勝手に判断して連絡をしてまうと、復縁が失敗してしまう可能性がありますので、相手から連絡が来るまでは、振られた原因を考えながら待つことが大切です。

別居からの復縁冷却期間はどのくらい?

別居からの復縁冷却期間は、1年程は必要だといわれています。

夫婦の間に問題が起きて別居の話がでたときは、お互いの意見を主張しても、2人の気持ちが離れてしまう傾向にあります。

1年程別居をしている間に、夫婦喧嘩になった原因が分かったり、当たり前の日常に感謝をすることができるようになったり、相手が自分にとって必要な人だということが分かれば、復縁のときが来たといえます。

また、別居の理由が深刻な問題だったり、夫婦関係が長い場合は、相手の気持ちや信頼を取り戻すために、3年程の冷却期間が必要なこともあります。

ただ、4年以上になってしまうと、相手への執着心がなくなるといわれていますので、復縁をすることは難しいとされています。

片思い・失恋の冷却期間ってどのくらい?

片思いの冷却期間は、長くても10日程度といわれています。

冷却期間が短すぎると距離を置くことの効果が得られませんし、期間が長すぎると片思いの相手にアピールすることができなくなりますので、それぞれのバランスを考えることで片思いを実らせる可能性が高まります。

失恋の冷却期間は、半年程といわれています。

相手が別の異性のことが好きになり、その人とうまくいっている場合は、復縁を持ちかけても失敗することが多いといわれています。

失恋したつらい気持ちは分かりますが、元彼に振り向いてもらうために冷却期間中は、自分磨きに時間をかけて、復縁のときが来るまでは、程よい距離感を保つようにしてみて下さい。

遠距離恋愛の冷却期間はどのくらい?

遠距離で会えない寂しさなどで、自分のほうから別れを伝えてしまった場合、すぐにでも謝ってやり直したいと伝えれば、相手も同じ気持ちであることが多いため、復縁することは可能だといわれています。

逆に、冷却期間を長く置きすぎてしまうと、相手も、仕方がないと気持ちが冷めてしまうこともあります。

また、遠距離恋愛をしている間に、相手に環境の変化が起きて別れた場合の冷却期間は、3カ月といわれています。

相手の状況を最優先に考えて連絡を控え、冷却期間を終えたころに改めて連絡を取るようにしてみて下さい。

冷却期間中は、自分のことを優先して自分磨きをしたり、離れていても気持ちは変わらないと相手に思ってもらえるようになることが大切です。

自分が浮気して別れた場合の冷却期間はどのくらい?

自分が浮気をして別れた場合の冷却期間は、半年から1年といわれていますが、相手からすると、好きな人の浮気というのは精神的なダメージを受けるため、復縁できる可能性は低い傾向にあります。

ただ、相手が浮気は絶対に許さないという性格ではない場合は、半年から1年の冷却期間を設けて、真剣に謝罪を繰り返し、相手の信頼が取り戻せるようでしたら、復縁することも可能だといわれています。

冷却期間中の過ごし方・すべきこと

冷却期間は、復縁を望む方にとって必要なときとなりますので、この項目では、冷却期間中の過ごし方やするべきことを紹介したいと思います。

別れた原因や自分のことを見つめ直す

別れた直後は、悲しみやつらさに耐えることができずに、すぐにでも復縁をしたいと思うこともあるかと思われますが、冷却期間中に、別れたことを受けとめ、別れた原因や自分の良くない部分を見つめ直して改善することが、復縁するために必要なこととなります。

復縁を成功させるためには、別れたつらさを乗り越えて、前よりも成長したという自信を持つことができたり、前より幸せな付き合いができることを確信したりなど、冷却期間をどのように過ごすかが大切です。

自分磨きの時間にあてる

冷却期間は、早くて数週間、長くて数年という時間がかかりますので、冷却期間中は、自分磨きの時間にあてるのが良いといわれています。

パートナーと過ごしていた時間を、美容や運動、映画鑑賞や読書、趣味など、今までに経験したことがないことに使えるようになります。

復縁を成功させるためにも、冷却期間中は自分の外見だけではなく内面も磨いておくことが大切です。

冷却期間中にしてはいけないNG行動・言動

冷却期間を設けたとしても、自分の気持ちだけを考えて、相手に迷惑をかけてしまい、復縁が失敗してしまうこともあります。

冷却期間中の行動によっては、相手の気持ちが冷めてしまったり、信頼関係を築くことが難しくなる場合もありますので、この項目では、冷却期間中にしてはいけないNG行動・言動を紹介したいと思います。

頻繁に連絡を入れる

彼との関係を元に戻したい、彼の声が聞きたいなど、相手に連絡をしたくなってしまう気持ちは分かりますが、冷却期間中に連絡を入れるのはやめておくのが良いとされています。

相手が冷却期間をフリーになった期間と考えているときに、連絡が頻繁にきて、自分の時間が取られてしまい迷惑に感じたり、あなたからの未練を感じたりした場合は、余計に距離を置かれてしまうこともあります。

ただ、相手に復縁しても良いかな?という気持ちを持たせるために、SNSに髪型やファッションを変えてより魅力的になった姿や、女友達と楽しく遊んでいる姿を投稿するのは良いとされています。

また、どうしても相手に連絡をしたくなってしまったときは、仕事や趣味に没頭したり、信頼できる友達と一緒にいる時間を増やすなどをして、自分の気持ちを抑えることが大切です。

ネガティブになりすぎる

復縁できるのかどうかも分からない、いつまで我慢をすれば良いのかも分からない冷却期間中は、なぜ別れてしまったのだろう、もう別の女性を好きになっているかもなどと、どうしてもネガティブ思考になってしまう傾向にあります。
変えることができない過去のことについて悩むことをやめて、自分と相手がこれからどのような関係になれるのか、どのような未来があるのかなど、復縁した後の2人のことをイメージすることが大切です。

復縁したい相手の悪口をいう

冷却期間中に相手との悪い出来事を思い出して、悲しくてつらいと思うのと同時にイライラしてしまい、友達などに相手の悪口をいうことは良くないことといわれています。

人の悪口をいうことは、自分の魅力を下げたり、心の成長をさまたげたりしますし、最悪な場合は、その悪口が相手の耳に入ってしまう可能性もあります。

復縁の可能性が低くなるだけではなく、悪口を聞かされた友達も良い気はしないため、人間関係を悪くさせる場合もあります。

友達には、相手とどうすれば復縁できるかなど、自分の悩みや気持ちだけを聞いてもらうようにすることが大切です。

自分にあった復縁成功率が最も高い冷却期間の取り方とポイントを電話占いで相談しよう!

冷却期間中に、別れてしまった相手とすぐに復縁したいと気持ちばかりが焦ってしまう方には、電話占いがおすすめです。

電話占いサイトには、復縁を得意とする占い師や鑑定士が多く在籍していますので、自分と相性の良い占い師や鑑定士を探して、自分にあった復縁成功率が最も高い冷却期間の取り方やポイントなどを相談してみるのも1つの方法です。

ご自宅にいながら、好きな時間に電話で相談ができますし、一部無料もありますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

また、復縁成功率が高い人気の占いサイトも紹介しますので、参考になさってみて下さい。

電話占いピュアリ【復縁成功率98%】

電話占いピュアリは、復縁相談件数12万件、復縁成功率98%という驚異的な実績を誇っています。

テレビやラジオ連載などさまざまなメディアから取り上げられるだけではなく、企業様や著名人とのタイアップやコラボなど、各種人気のイベントにも出演している復縁専門の占い師が多数在籍していますので最高のアドバイスをもらえます。

ピュアリは24時間鑑定可能ですが、占い師の待機スケジュールは24時間ではありませんので、待機スケジュールを確認して下さい。特にお願いしたい占い師を決めていない場合は、お問い合わせで相談内容に強い鑑定師を紹介してくれます。

初めての鑑定に限り、冒頭の10分間(最大4,100円分)が無料になりますので、電話をする前に鑑定してもらいたいことを整理しておくと良いでしょう。

電話鑑定がどのようなものなのか体験してみたい方にとっては安心できるサービスです。
公式HP:https://pure-c.jp/

エキサイト電話占い

大手ポータルサイトエキサイトから派生したエキサイト電話占いは、「未来に起きる出来事が当たる」「的確な助言のおかげで復縁できた」など口コミ件数3万件を集める人気サイトです。

大手IT企業が運営する電話占いサイトですので、サイトが使いやすいとの評判もあります。

ぴったり占い師ナビ!では、質問に答えていくと自分に合う占い師、占術を案内してくれるのでとても便利です。更にLINEの友達登録をしておくと、お目当ての占い師が待機に入ると知らせてくれるというサービスもあり、タイミングを逃しません。

エキサイト電話占いでかかるのは鑑定料金だけ、通話料は無料です。

更に初回特典として、3,500円分無料で鑑定を受けることができます。

公式HP:https://d.excite.co.jp/

電話占いウィル

占い師オーディションが厳しいことでも有名なウィルですが、お客様から意見・要望を募集するなど常に前向きな姿勢を持っています。

多くの実力占い師が在籍する中、復縁に特化した占い師、メディアで活躍している人気占い師、占い師からのアフターメール、占いの館で実際に占い師に会えるなど、詳細が一目で分かるようなサイトになっています。

最近、増えている復縁ですが、通常の恋愛と異なり、一度別れた男女を再び良い状態にしていくため、占いの中でもかなり高度な技術が求められます。

ウィルでは、復縁に関わる祈願祈祷、恋愛成就など、復縁に特化したベテラン占い師が常駐していますので、悩みを解決する糸口が見つかりやすくなります。

ウィルでは初回予約優先のシステムがあるため、初めて鑑定を受ける方を優先して鑑定してもらえます(初回3000円分無料、特典使用後に1000pt×3回プレゼントで最大6000円分無料鑑定・24時間鑑定可)。
公式HP:https://d-will.jp/

まとめ

今回は、復縁のための冷却期間はどのくらい必要なのか?最短の冷却期間で復縁する裏技などについて紹介してみましたが、いかがでしょうか?

冷却期間というのは、一般的に2~3カ月ほどの時間が必要だといわれています。

状況別の冷却期間の目安としては、2人の関係性や状況によっても違いますが、彼氏を怒らせた場合:1か月、喧嘩別れの場合:1~2週間、彼氏に振られた場合:3か月から半年、長い場合は1年、別居の場合:1年、片思い:10日程度、失恋:半年、遠距離の場合:3か月、自分が浮気した場合:半年から1年となります。

最短の冷却期間で復縁する裏技としては、別れの原因や自分自身を見つめ直す、自分磨きをする、復縁成功率の高い電話占いを利用するなどがありました。

復縁を成功させたい場合は、冷却期間を設けて、冷静に自分と相手との関係を見つめ直し、別れの原因を改善したり、自分磨きをすることが大切です。

また、こちらの記事もおすすめですので、参考になさってみて下さい。

この記事が少しでも、皆様の幸せのお手伝いとなれば幸いです。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント