【数秘術】運命数7の特徴・性格・恋愛・相性

【数秘術7】運命数7の特徴・性格・恋愛・相性

カバラ数秘術とは生年月日の数字を1つずつ、ばらして足算して最後の1桁になった数字で自分の性格や恋愛の傾向や相性などの運勢を知る占いです。その1桁の数字はあなたに一つしかない運命数です。

このカバラ数秘術はピタゴラスが創始者と言われていますが、昔から知られている古い占星術です。

その算出によって出た運命数『7』を今回ご紹介します。

『7』の持つ性格や恋愛傾向、良い相性、悪い相性などを具体的に説明します。自分の運命数が7であったり、パートナーや家族が7であるなど、自分との関わり合いのなかでぜひ参考になさってください。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

運命数7の人生・使命

7という数字を好きな人は多いですよね。昔から7はラッキーな数字として認識されています。

7という数字について、旧約聖書に『神様が天と地と万象とを6日間で創造し、7日目を安息日とした』と書かれています。このことで『7』は聖なる数と考えられたそうです。

それがきっかけなのでしょうか?日本でも世界でも7という数字がモノを表す時に使われることが多いですね。ラッキーなイメージで使われているものもありますよね。

文字通り運命数の7は強い数字なんです。

この数字の人は強運の持ち主とも言われています。

運命数7とは?基本的な性格・特徴

運命数7の人は、何事にもじっくり、掘り下げて考える傾向があり、とても議論好きです。常に考えているので自分の思いもはっきり言いますし、一本筋が通っています。

自分にとって山が高く険しければ険しいほど、やりがいを感じ、その山に向かっていきます。決して途中で投げ出すことはありません。なぜなら自分に負けたことになるし、解決できないことはないという自信もあるからです。

そして強運の持ち主で、やり遂げてしまいます。ですから敵なしなんです。

でも人には見せない努力をしているんですね。負けず嫌いなんです。でもポーカーフェイスなんでわかりづらいのです。

答えが出ることに対しては追及の手を緩めず、結果を必ず出します。そんな強さがあるタイプです。

もう少し具体的に運命数7の特徴を挙げていきましょう。

強い探求心

疑問に思ったことは、とことん調べ納得するまで考えるタイプです。答えが出ないと気になって仕方がないところもあります。研究者気質だと思います。そして自分の考えはいつも明確になっていて、中途半端に言い返しても、理論がしっかりしているので言い返されてしまいます。

とても勉強していて、地頭が良いのです。

友達の数は少ない

一人の時間がとても大切で、大勢とつるむから楽しいとか安心するなどという考えからは無縁です。

もちろん人が嫌いなわけではありませんが、一人でいることを楽しめて、孤独を感じないのです。

ですから、友達を作ったとしても、とても信頼できる人が一人でも二人でもいればそれで充分という考えです。

完璧主義者

中途半端にやるということが何より嫌いです。疑問を持ってやるからには納得いくまで、探求するので、とても自分に厳しいです。

たいして考えないで適当なことを言ったりするのも好きではないので、常に理論的にものを考え進める傾向にあります。

人によっては理屈っぽく面倒な人に映ることもあるかもしれません。

頑固

超がつくほど頑固者です。でもそれは訳もわからず頑固なのではなく、きちんと自分で調べたことや経験などに基づいているので、もし、そういう切り口で説得する人がいたら、耳を傾けるかもしれません。それくらい自信があるから揺るぎないわけです。

百科事典のような存在
お互いディスカッションになった時でも感情的な思考と発言にはなりません。論理的にものを考えたことが発言となります。ですから、感情でものをいう人とは違い、聞いていて気持ち良いかのしれません。そして納得もしてしまうでしょう。とても信頼できる人でもあります。

悩み相談をしても、論理的にそして合理的に考えるので、悩んでも仕方のない部分などバッサリ削ぎ落とし明快な答えが帰ってくるでしょう。

運命数7の人の2071年の運勢

<全体運>

いろいろなジャンルにおいて、何か新しい事を始めるチャンスが巡ってくるでしょう。そのチャンスをおっくうがらずに、積極的に利用してゆくことでより良い年を送ることが出来ます。変化を恐れずに、他人に頼らず、自力で物事を進めることが幸せへの鍵となります。

何事にもチャレンジして良いという、大きなチャンスの時です。

ただしこれは、過去の数年間であなたが何を学んだかが大切です。それを世に出すタイミングが与えられているという意味なので、何もしていなかったという人は残念ながら「形」にすることはできません。その場合は、今までのルーティンを変化させて、新たな思考や行動をしてみるようにしてください。変化させないのはもったいない時でしょう。

<恋愛運>

相手を選ぶ目が高くなったり、仕事などの恋愛以外にエネルギーが向けられがちですので、それほど強い恋愛運はありません。

しかしそれでも将来に大きく発展する可能性を秘めた出会いが期待できます。ただし、今まで長く交際してきた相手とは、別離か結婚かの大きな岐路に立たされることもあるでしょう。別離の場合は、お互いサッパリ別れる傾向です。結婚の場合、恋愛時代の甘いムードはあまりなく、生活のパートナーとしての関係に変化していきます。また、この時期の結婚は、今までのライフスタイルを大きく変えるものとなりやすく、社会的身分が変わったり、遠く離れた場所へ嫁ぐことになるかもしれません。

出会う異性は、将来的には恋人や結婚相手になる可能性はありますが、しばらくは友人として交際することが多いでしょう。恋人同士になった場合でも、お互いに切磋琢磨して成長を刺激しあう関係になるでしょう。

運命数7の人の2022年の運勢

<全体運>

職場や恋愛関係など、他人との協力やパートナーシップ、助け合いを学ぶことが必要な時です。新しい関係が始まったり、今までの関係に終止符が打たれたりと、人間関係での重要な出来事が増えるでしょう。常に相手に対する思いやりを持つことが幸せへの鍵となりますよ。

そして、自分で手に取るように自身の感情面でのアップダウンが感じられる年となりそうです。それは悪いことではなく、自身の感受性が高まるためです。それにより、いつもよりも細かな部分に気付きがあるので、生活の充実を図ることができる、とても良い時期となるでしょう。

自分の気付きを他者とシェアしながら物事を進めると、よりスムーズにいきますから、そうやって人間関係の充実を図るようにしてください。「自分より他者」という気持ちをどれだけ持てるかが今後の吉凶を左右します。そして、いじわるな考えや行動は絶対にやめましょう。

<恋愛運>

深く理解し合えるようなロマンチックな恋が芽生えるチャンスがある反面、心が不安定になりやすく、現実をありのままに見ることが難しくなるので恋愛問題でも波乱が生じやすそうです。

片思いで悶々としたり、逆に好きではない人からしつこくアプローチされたり、あるいはもてあそばれるなど傷つくこともあるかもしれません。

交際中のお相手がいる場合は、感情的になったり誤解を与えるなどして決裂しないように自制心と冷静さが求められます。

寂しさや孤独感に襲われることが多いため、一時的な関係に走って後悔しないように注意が必要です。
今まで友達のように付き合っていたカップルは、深い関係になり、地味ながら穏やかな恋愛を楽しむでしょう。本命となる相手との出会いの可能性はそれほど高くはありませんが、出会うとすれば、家庭や個人的な趣味を大切にする人で、柔和で優しいタイプでしょう。

運命数7の男性の性格・特徴

論理派で冷静沈着です。周囲から「個性的」と思われることも多いでしょう。精神的に自立している人も多く、困難にも一人で立ち向かえる力を持っています。感情を表に出さず、感情的な人も苦手です。自分の趣味や仕事に時間を使いたいので、恋愛を後回しにしてしまうこともあるでしょう。

運命数7の女性の性格・特徴

口数の少ない落ち着いた雰囲気があるでしょう。あるいは、開放的に見えておしゃべりな人もいますが、いずれも自分の気持ちを素直に伝えられないので本当の友達は少ない傾向にあります。器用ではありませんが努力を続けられる精神力や忍耐力の持ち主です。

運命数7の恋愛傾向

さて、そんな強運の持ち主ですが、恋愛についてはどうでしょうか。

自分一人で頑張れば、答えが出ることならば問題はないですが、恋愛に関しては正解は一つじゃないですよね。相手あってのことなので、これが運命数7の人の性格や考え方が邪魔をします。

まず積極的にいけないところがあるので、相手に気持ちが伝わりづらいところがあります。そしてさらに理想が高く、それを求めてしまうので相手にとっては厳しい状況です。

また、自分が正しいと思えば相手を屈服させようと理論で負かしてしまうところが恋愛にも出てしまいます。グレーゾーンが作れないところがとても残念です。そこまで追い込まれると相手は本当に疲れてしまい、長く付き合うのはなかなか難しくなりますね。

運命数7の男性の恋愛傾向

自分の思い、信念、理想、生き方などを深く理解してくれる豊かな精神性を持った女性を愛する傾向があります。クールに見えても、内心では温かいハートを持っている女性です。世間体を気にせず、自分のライフスタイルを貫き、独立心のある女性に惹かれるでしょう。

運命数7の女性の恋愛傾向

独創的な考え方をする男性を愛する傾向があります。鋭い知性と物事の本質を見抜く直観力を備え、深く突き詰めていく情熱と崇高な理想を持つ男性です。精神的な価値や人生の意味に気づかせてくれ、成長に導いてくれる男性に惹かれるでしょう。

運命数7の子供の特徴・育て方

なんでもすぐに理解し、育てやすい子どもでしょう。同じ失敗はせず、慎重さもあるので手がかかりません。賢い子どもで、親としてはもっと甘えてほしいと感じてしまうかもしれませんね。

運命数7の結婚

精神的に深く共感できる相手を見つけて結婚するでしょう。結婚後は、お互いの人間性を磨き合ったり、仕事その他で同じ目標に向かって助け合うような夫婦になるようです。
結婚年齢はやや晩婚の傾向で、あまりにも理想が高すぎたり潔癖すぎると婚期を逃すこともありそうです。

運命数7の金運

人生を通して金運に恵まれ、思いがけないとことでお金を手にする幸運を持っています。物に対する欲求はないので何かを衝動買いするようなことはないのですが、旅行やセミナー、習い事など精神的に満たされることに必要以上にお金を使ってしまいます。

運命数7のおすすめの職業!仕事・適職・天職

運命数7の人は「強い探究心」を持っているので、一つの事を究める仕事に向いています。興味の無いことには無頓着になるため、興味のある分野を選ぶ必要があります。
仕事は大勢の中よりも、一人で集中できる職場が肌に合います。何よりも精神的に落ち着き、マイペースで取り組める環境が良いでしょう。

適職例

文学、医学、研究、科学の分野、心理学者、精神科医など精神面や物質面に関らず真理を探求する仕事が向いています。

運命数7の有名人・芸能人

手塚治虫、庵野秀明、蛭子能収、尾崎豊、小室哲哉、椎名林檎、新田真剣佑、竹内涼真、広瀬すず、新垣結衣、長澤まさみ、広末涼子、イチロー、ブルース・リー、テイラー・スウィフト、プーチン、ジョニー・デップ等

運命数7と相性

運命数7と1の相性

運命数1の人はエネルギッシュなリーダー格なので強運同士で相性が悪いです。お互い息が抜けませんね。

運命数7と2の相性

個人主義の運命数7の人にとって、お節介になりがちな運命数2の人を時に疎ましく感じてしまいそうです。運命数7の人のサポートは、かなり困っていそうな時だけで良いでしょう。

運命数7と3の相性

運命数3の人は幅広く合わせられる才があります。そして心配りもできるので相性が良いです。理解できない部分がありつつも惹かれる相性です。

運命数7と4の相性

運命数4の人とは相性が良いです。責任感が強く協調性もあり懐も大きいので受け入れてくれる度量の深さがあります。

運命数7と5の相性

お互い職人気質な部分があり、少しでも意見が食い違えばすぐ距離を置きます。あまり相性は良くありません。

運命数7と6の相性

運命数7の人は運命数6の人を「褒めなければいけない」感覚を窮屈に感じそうです。協調性の点からも、お互いにイライラする相性です。

運命数7と7の相性

運命数7同士はお互いわかり合っているので相性は悪くありません。

運命数7と8の相性

仕事上の相性は良いのですが、恋愛では求めるものが異なるのでプライベートでの相性は良くないでしょう。

運命数7と9の相性

適度な距離感を保てる良い相性です。運命数7の人が孤独な時を理解してくれるでしょう。

運命数7と11の相性

運命数7の人のクールさが、運命数11の人にとって寂しく、感情的に疲れてしまう相性です。

運命数7と22の相性

お互いに感情的にならずに理論的に話すことができるので、基本的には気が合います。ただ、距離感が合わないので、適度な距離感を保つことが必要です。

運命数7と33の相性

正反対の特徴を持っていますが、運命数33の人は運命数7の人が求めているものを感覚的に理解してくれる相性です。

運命数7と44の相性

運命数7の人は運命数44の人が興味深く、思わず研究したくなってしまいそうです。お互いに気付きをもたらす相性です。

運命数7のラッキーカラー

運命数7のラッキーカラーは「紫」です。

「7」の人の探求心や分析力、神秘性表す色です。どこかミステリアスな雰囲気が似合います。

運命数7のパワーストーン

ストレスを癒し、心の安らぎを与えてくれるパワーストーン

アメジスト・アメシスト(紫水晶)

古代から高貴な色石として珍重されてきた石。ストレスで疲れた心を癒し、落ち着かせて穏やかな安らぎを与えてくれます。

エレスチャル(骸骨水晶)

専門分野にずば抜けた能力を発揮する「7」の人ですが、新たな分野を見つけたい時にこの石を身につけることで内なる秘めたパワーが覚醒するでしょう。

まとめ

強運の持ち主ということは紛れもない事実なので、とても生き抜く力があり、頭脳も明晰で頼り甲斐があります。恋愛で運命数7の人を深く理解し、リスペクトして大きく包み込んでくれるパートナーであれば、仕事もプライベートも充実した人生を送れるのではないでしょうか。

コメント