【2月誕生石】アメシスト(紫水晶)の意味・パワーストーン効果・宝石言葉・浄化方法

日本で最も高貴な色とされる紫色のアメシスト(紫水晶)。古来から魔を払い災厄を防ぐ石として、位の高い人たちが身に着けてきたパワーストーンです。また「真実の愛を守る石」とも呼ばれ、恋人やパートナーとの絆を強め、愛を深める力があると言われています。海外では「悪酔いを防ぐ石」として信じられ、お酒の席にお守りとして持っていく人も多いそうです。

様々な力をもつアメシスト(紫水晶)について、詳しく見ていきましょう。

執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

アメシスト(紫水晶)とは

アメシスト(紫水晶)といえば、上品な紫色が特徴です。天然石で紫色のものは珍しく、珍重されてきました。ではアメシスト(紫水晶)の歴史や由来について見ていきましょう。

アメシスト(紫水晶)の歴史

アメシスト(紫水晶)の歴史は古く、古代エジプトでは装飾品やお守りとして使われていました。キリスト教では「祭司の石」と呼ばれ、古来から司教は指にアメシスト(紫水晶)の指輪をはめていたそうです。

日本でも平安時代の書物にアメシスト(紫水晶)の記述があり、薬として使われていたと言われています。高貴な人の装飾品や、儀式の道具としても使われてきました。以前は日本にもアメシスト(紫水晶)の鉱山があり、採掘されていたそうです。

アメシスト(紫水晶)の名前の由来

「アメシスト」は、英名の「Amethyst」をそのままカタカナ読みしたものです。ギリシャ語で「amethustos(酒に酔わない)」の意味があり、ギリシャ神話の酒の神バッカスにまつわる伝説が由来になっています。鉱物学上「アメシスト」と言いますが、通称は「アメジスト」と、濁音で呼ばれることが多いようです。和名は「紫水晶」と呼ばれています。

アメシスト(紫水晶)の特徴

アメシスト(紫水晶)は鉄分によって紫色に発色した水晶です。この紫色は近在の鉱物から放射される、微量の放射能によって出現することが近年わかってきました。そのため同じ構造であっても近くに放射能鉱物がないために発色が起こらない、ホワイトアメジストという石が存在しています。

アメシスト(紫水晶)の宝石言葉・石言葉

アメシスト(紫水晶)の石言葉は「心の平和」「高貴」「誠実」などです。愛を守る力があると言われることから、「真実の愛」を守る石とも言われています。また、魔除けや邪気除けの効果があるとして「邪気払い」「浄化の石」ともされているパワーストーンです。

アメシスト(紫水晶)の誕生石・誕生日石

アメシスト(紫水晶)は2月の誕生石です。

アメシスト(紫水晶)と風水

アメシスト(紫水晶)は風水と深いかかわりのある石です。風水的には金運や仕事運を上昇させる効果があると言われています。さらに悪い運気を浄化する力が強いことから、お店の玄関にアメシスト(紫水晶)を置くと良いとされている石です。風水の手法として使われるアメシスト(紫水晶)には主に2種類あります。

アメジストドーム

アメジストドームは外側を雲母で囲まれた、胴体の長い筒状の原石を2つに割ったものです。中央に空洞があるのが特徴で、空洞に水晶を入れるとさらに浄化の力が強まると言われています。玄関やレジ、金庫の側に置くことで財運や福運を呼び、人の生命力を増してくれる効果があります。

トレジャーアメジスト

トレジャーアメジストは外側をメノウで囲まれた、卵のような空洞の原石を2つに割ったものです。1つは立てるように置き、もう1つは横向きに置いた2つで一組の風水の道具です。中国や台湾では一家に1つと言われるほどメジャーな置物で、財運や福運を招くと言われています。

アメシスト(紫水晶)の基本情報

ここからは、アメシスト(紫水晶)の基本情報を見ていきましょう。

アメシスト(紫水晶)の産地

アメシスト(紫水晶)の主な産地は、ブラジルとウルグアイです。そのほかインドやメキシコ、マダガスカルからも採掘されています。かつては日本にも鉱山があり、質の良いアメシスト(紫水晶)が掘られていたそうですが、現在では掘り尽くされてしまったようです。

アメシスト(紫水晶)と相性の良い方位

アメシスト(紫水晶)と相性の良い方位は南や東です。

アメシスト(紫水晶)の硬度

アメシスト(紫水晶)の硬度は7で硬い石です。通常の着用で傷ついたりする心配はありません。

アメシスト(紫水晶)とチャクラ

アメシスト(紫水晶)は7つあるチャクラのうち、第6と第7のチャクラに対応しています。第6のチャクラは「第三の目」と言われる眉間のチャクラ。第7のチャクラは「クラウンチャクラ」と言われ、頭頂部分にあると言われています。アメシスト(紫水晶)によって第三の目が開き、霊的なものとつながっていることに気づくのだそうです。

アメシスト(紫水晶)の色と種類

アメシスト(紫水晶)の色は透明な紫が一番ポピュラーですが、緑やピンク、黒など様々な色があります。アメシスト(紫水晶)の種類について詳しく見ていきましょう。

ラベンダーアメジスト

アメシスト(紫水晶)の中でも色が淡く、優しい色合いのものを「ラベンダーアメジスト」と呼んでいます。透明からクリーミーな色のものがあり、通常のアメシスト(紫水晶)に比べると比較的安価に流通しています。以前は濃い紫のものが価値が高いと言われていましたが、近年女性を中心に優しい色合いに人気が出ている石です。

グリーンアメジスト

「グリーンアメジスト」は別名「ブラシオライト」とも呼ばれ、緑色のアメシスト(紫水晶)です。ほとんど透明に近く、ほんのりと緑色がかった美しい石です。天然のグリーンアメジストは非常に数が少なく希少で、現在流通しているものは熱加工されたものがほとんどと言われています。

ホワイトアメジスト

「ホワイトアメジスト」は、白や透明のアメシスト(紫水晶)です。「紫の水晶のことをアメシスト(紫水晶)と言うのだから、ホワイトアメジストって普通の『水晶』のことじゃないの?」と思われたかもしれませんね。

ホワイトアメジストの結晶の中には鉄分が入っています。通常の水晶の中に鉄分は入っておらず、結晶構造がアメシスト(紫水晶)のものであるために、ホワイトアメジストとして分類されている石です。何らかの原因で鉄分が発色しなかったと言われています。

ピンクアメジスト

以前はピンクアメジストと言えば、ラベンダーアメジストの中でピンクがかった紫色の石を指していました。淡い色合いが特に女性に人気で、なかなか手に入らない珍しい石です。

2017年にアルゼンチンの鉱山で、桜の花を思わせる美しいピンク色のピンクアメジストが発見されました。1つの鉱山からしか採掘されない大変に希少なストーンで、まだほとんど市場に流通していないレアな石です。コレクターに人気で、現在大注目のパワーストーンと言えるでしょう。

ブラックアメジスト

「ブラックアメジスト」は、濃い紫色が黒っぽく見えるアメシスト(紫水晶)です。通常のアメシスト(紫水晶)の原石の中にまれに現れ、手に入れるのが難しいレアな石と言われています。黒い色は特に魔除けの力が強いとされ、珍重されているパワーストーンです。

バイカラーアメジスト

「バイカラーアメジスト」は、一つの石の中に2色の色が存在するアメシスト(紫水晶)です。色は紫に透明なものや、イエローや緑色の混じったものなど様々。きれいに2つに色が分かれている石のほか、グラデーションになっていたり、縞模様のストーンも存在します。

ケープアメジスト

「ケープアメジスト」はバイカラーアメジストの一種で、紫と白の二色が混ざったアメシスト(紫水晶)です。白い色はミルキークォーツで、二色がはっきり分かれているものや縞になっているもの、色の境目がはっきりせず混ざり合って見えるものなど様々な模様があります。

パワーストーンとしては、アメシスト(紫水晶)とミルキークォーツの両方の効果が得られると言われています。二つの石のパワーの相乗効果で、特に恋愛に効果を発揮するでしょう。色合いもかわいらしいので、アクセサリーとしてもおすすめです。

フラワーアメジスト

「フラワーアメジスト」は、結晶が放射線状に重なって育ち、まるで八重咲の花のような形のアメシスト(紫水晶)です。中央に別の鉱石の結晶が核になっていることがあり、これを輪切りにスライスするとガーベラを思わせるかわいらしい姿を見せます。

アメシスト(紫水晶)はこんな人におすすめ

アメシスト(紫水晶)はネガティブな気持ちを取り除いて穏やかにし、心が落ち着く効果があると言われています。「真実の愛」を守る石とも言われ、恋愛運を向上し夫婦を円満にする力が期待できます。また魔を払い邪悪なものを寄せ付けない石なので、魔除けのお守りとしてもパワーを発揮してくれるでしょう。

アメシスト(紫水晶)に合う人の特徴・スピリチュアルサイン

アメシスト(紫水晶)に合う人の特徴は、心の中にネガティブな気持ちや心配ごとがある人と言われています。アメシスト(紫水晶)を持つことで内側から心を癒し、外からの悪いものを払うことで毎日を心穏やかに過ごすことができるようになります。

また新しい恋人やパートナーとの出会いを求めている人や、今のパートナーとの愛情を深めたい人にもアメシスト(紫水晶)はおすすめのパワーストーンです。アメシスト(紫水晶)の美しい紫色から目を離せなくなったら呼ばれているサインですよ。

アメシスト(紫水晶)の効果・効能・スピリチュアルへの影響

1. 厄除け

アメシスト(紫水晶)には魔除けや厄除けの効果があると言われています。強い浄化能力を持ち、体の中のマイナスなものをプラスに変え、外からの災厄をはね返す力があるパワーストーンです。最近悪いことが続くとか、ネガティブな考え方から逃れられない人にお守りとしておすすめです。

2. 恋愛

アメシスト(紫水晶)には恋愛を守る効果が期待できます。新しい出会いを求めている人に良いご縁をもたらすと言われています。また「真実の愛を守る石」とも呼ばれ、今の恋人やパートナーとの愛を深めて円満な関係に導くとされています。

3.インスピレーションを高める

アメシスト(紫水晶)は頭頂や眉間のチャクラに影響をあたえ、直観力や洞察力を高めると言われています。第三の目が開くことで、今まで見えなかったものがはっきりと見えるようになります。クリエイティブな仕事をしている人や、人を導く立場の人に効果が期待できるパワーストーンです。

4.精神の調和

アメシスト(紫水晶)を持つと、心の調和が得られると言われています。高いヒーリング効果で持ち主の心を癒し、不安やネガティブな気持ちから解放して毎日を心穏やかに平和に過ごすことができるようになるでしょう。心が平安になることで、家庭や職場の人間関係も円満に保てます。

アメシスト(紫水晶)のお手入れ・浄化方法

浄化方法対応
塩・塩水
流水
ホワイトセージ
水晶クラスタ
日光浴
月光浴
アメシスト(紫水晶)のお手入れ・浄化方法早見

アメシスト(紫水晶)は日光に長時間さらされると、色が薄くなる場合があるため、日光浴はおすすめしません。その他の浄化方法であれば、どの方法でも大丈夫です。アメシスト(紫水晶)は浄化の力が強く邪気がたまりやすいので、こまめに浄化してあげましょう。

アメシスト(紫水晶)の好転反応・副作用

強い浄化の力をもつアメシスト(紫水晶)の好転反応にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう

眠気

アメシスト(紫水晶)の好転反応で一番多いのは強い眠気です。中にはこの眠気を逆に利用して、枕元に置いてよく眠れるようにしている人もいるほどです。アメシスト(紫水晶)には心配事を解消し、気持ちを安定させて穏やかに保つ効果があり、そのために眠気が出る場合もあります。眠気は好転反応というよりは、アメシスト(紫水晶)の持つ効果と言えるかもしれません。

アメシスト(紫水晶)を持って眠いなと感じたら、車の運転時や職場など眠ってはいけない場所には持っていかないようにしましょう。

腹痛・下痢

アメシスト(紫水晶)の眠気に次いで多い好転反応は腹痛や下痢です。アメシスト(紫水晶)には強い浄化の力があり、体の中の悪いものを外に出している状態と考えられています。通常数日から数週間で収まることが多いので、持つ時間を短くするなど少しずつアメシスト(紫水晶)に慣れていきましょう。

風邪

アメシスト(紫水晶)の好転反応には風邪のような症状もあります。咳やくしゃみ、頭痛などが数日から数週間続きます。これも体の中の悪いものが外に追い出されていると考えていいでしょう。中には好転反応ではなく本当の風邪の場合もありますので、あまり辛いようなら受診することをおすすめします。

アメシスト(紫水晶)と相性の良い組み合わせ

アメシスト(紫水晶)とローズクォーツ相性

アメシスト(紫水晶)とローズクォーツの組み合わせは、新しい恋を招き寄せる効果が期待できます。

ローズクォーツは女性の美しさや愛情、優しさを高めてくれるパワーストーンと言われています。アメシスト(紫水晶)と組み合わせることで、女性の魅力をアップさせ、新しい出会いをもたらすでしょう。現在パートナーがいる人は、ますます愛が深まり、円満な関係を後押ししてくれる組み合わせです。

アメシスト(紫水晶)の紫とローズクォーツの優しいピンクの色合いは、アクセサリーとしてもかわいらしくて女性にぴったりですね。

アメシスト(紫水晶)とサファイア相性

アメシスト(紫水晶)とサファイアの組み合わせは、知性や理性を高め、精神を安定させて落ち着かせてくれる効果が期待できます。

サファイアは知性の石と言われ、鎮静作用が期待できる石です。アメシスト(紫水晶)と組み合わせることで、感情的になりやすい人や、日々ストレスでイライラしがちな人の心を安定させ、穏やかにしてくれるでしょう。知性が高まりますので、試験や勉強にも効果があります。

アメシスト(紫水晶)とルチルクォーツ相性

アメシスト(紫水晶)とルチルクォーツの組み合わせは、邪気を払い、金運や仕事運を上げる効果があると言われています。

ルチルクォーツは石の中に金色の線を持ち、金運を上げる効果があるパワーストーンです。風水ではアメシスト(紫水晶)も金運や財運をもたらすといわれ、ルチルクォーツとの相乗効果で願望達成の力になってくれるでしょう。

アメシスト(紫水晶)とスギライト相性

アメシスト(紫水晶)とスギライトの組み合わせは、高い癒しの効果をもたらすと言われています。

スギライトは「浄化の必要がない」と言われるほど浄化の力が強く、3大ヒーリングストーンの一つとされています。アメシスト(紫水晶)との浄化の相乗効果で持ち主を癒し、直観力や洞察力を上げる効果が期待できます。

アメシスト(紫水晶)を身に着けるのにおすすめのアクセサリーと効果

ピアス・イヤリング

アメシスト(紫水晶)をピアスやイヤリングで身に着けると、眉間や頭頂のチャクラに影響を与え、創造力やインスピレーションが上がる効果があります。

眉間の第6チャクラと頭頂の第7チャクラの近くに石が来ることで、ダイレクトにチャクラに影響をあたえ、第三の目を開き、霊的に目覚めると言われています。知性を高め洞察力があがるので、クリエイティブな仕事をしている人におすすめのアクセサリーです。

ネックレス・ペンダント

アメシスト(紫水晶)をネックレスやペンダントで身に着けると、強いヒーリング効果が期待できます。

心臓の側に石が来ることで、心を鎮め、精神が穏やかになるでしょう。心配事や悪い考えを取り除き、安心して毎日を送れるようにサポートしてくれます。恋愛運アップの効果も期待できるアクセサリーです。

アメシスト(紫水晶)と似ているパワーストーン

アメシスト(紫水晶)と似ているパワーストーンは「フローライト」です。フローライトは色の種類の豊富な石ですが、紫色のフローライトはアメシスト(紫水晶)と同じような見た目をしています。フローライトは薄い色が多いため、アメシスト(紫水晶)との見分けはしやすいでしょう。

アメシスト(紫水晶)のQ&A・豆知識

アメシスト(紫水晶)の色が変わった?退色する?

アメシスト(紫水晶)は紫外線に弱いパワーストーンです。長時間日光に当てると、色が褪せて黄色っぽい色に変色してしまいます。日の当たる所にアメシスト(紫水晶)を置くことは避けましょう。また日光による浄化も、色あせするためにおすすめできません。

日光に当てた覚えがないのに退色した場合は、持ち主のために力を使ったと考えられます。まずは浄化してみることをおすすめします。浄化によって色が戻る場合もあります。

まとめ

高いヒーリング効果を持ち、持ち主を精神的に落ち着かせてくれるアメシスト(紫水晶)。強い浄化の力で魔除けや厄除けのお守りとしても人気があります。日本はもとより世界中で高貴な石とされ、位の高い人たちの装身具や儀式の用具として使用されてきました。

愛を守る石と言われ、恋人たちや夫婦の愛情を高め、円満な関係をサポートしてくれる石です。風水でも金運や財運に効果があるとされ、中国や台湾では一家に一つアメシスト(紫水晶)の置物があると言われています。アメシスト(紫水晶)の効果を、ぜひ一度確かめてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました