当サイトには広告が含まれます。

嫌なことは忘れられない?嫌なことを忘れる方法や対処法について解説!

誰もが毎日楽しく過ごしたいと思っているものの、生きているとたくさんの人と深く関わりさまざまなことが日々訪れてしまいます。

良いことばかりな人生ではないため、仕事やプライベートで嫌なことが起きてしまうことがもちろんあるもの。

もし、嫌なことが起きても気持ちを切り替えることができればいいですが、多くの人が嫌なことを忘れられずに引きずってしまうのではないでしょうか。

人の思考や記憶は楽しかったことよりも嫌だったことを強く意識してしまうため、忘れられずに苦しんでしまうのです。

今回はそんな、嫌なことを忘れる方法について解説します。

過去の失敗や後悔、人からなにかされたことを早く忘れたいと思っている人の、手助けができれば幸いです。

嫌なことは深く根付いてしまうもの

過去に失敗したことや後悔・誰かにされたことや言われたことなど、誰もがこうした辛く悲しい想いを抱えているはず。

そのため、すこしでも早く気持ちを切り替えて前を向けるように「忘れたい!」「記憶を消したい!」などと、思う人が多いのではないでしょうか。

ですが、人は忘れようとしているときは「この記憶を忘れたい!」と、強く意識してしまうため、過去の辛く悲しかったことを思い出してしまうもの。

ゆえに当時の感情を思い出して再び傷ついてしまうため、無意識に忘れさせないようにしてしまっているのです。

無意識的に思い出すことをやめるのは難しく、本心では忘れたくないという場合もあるため、まずは自分の気持ちにしっかりと向き合うことが大切になるでしょう。

嫌なことを忘れたい!忘れるための7つの方法

嫌なことが起きた場合、素直に自分の気持ちを吐き出すことができればいいですが、それぞれの性格によっては「ネガティブになってはいけない」など、負の感情を否定してしまう人もいます。

そのため、忘れたい記憶を自ら意識させる原因にもなってしまい、忘れることができないと苦しんでいる場合もあるでしょう。

まずは、どのような方法で嫌なことを忘れられるのか解説しますので、ぜひ試してみてくださいね。

我慢せずに思い切り泣く

辛く悲しいことがあったとしても、自分の感情を抑えていたり気づかないふりをしている人もいるのではないでしょうか。

特に完璧主義者や真面目な人に多く「愚痴や負の感情はいけないこと」など、誰かに言われた言葉で自分自身を縛り付けている可能性があります。

そのため、傷つくことがあっても自分の気持ちに寄り添うことができておらず、たとえ1人であっても悲しめないことでさらに、嫌なことを意識してしまっているのでしょう。

あなた自身の心を守るためにも自分の感情に素直になり、悲しいと心が感じているのであれば、我慢せずにまずはたくさん泣くことが大切です。

明るく前向きになるための言葉を使ってみる

悲しいことがあるとうまく気持ちを切り替えることができず「あのときこうすれば……」など、どうしても引きずってしまい、忘れたくても後悔が頭から離れない人もいるのではないでしょうか。

気持ちを切り替えてポジティブを意識しようと思っていても、強い後悔が残ってしまっている場合は忘れたくても無意識的に思い出してしまうもの。

ですが、後悔などが心に引っかかっている場合、発する言葉をポジティブな言葉に変えて使っていくことで、思い込むことができて嫌なことを手放せます。

過去のできごとを思い出したときはもちろん、新たに嫌なことが起きてしまった際には、

  • そんなときだってあるよね!
  • まあ、いっか!
  • なんとかなるよね!

などと、言葉だけでもポジティブになれるように普段から使っていきましょう。

好きなことや趣味に没頭する

暇な時間があるときほど、ネガティブや深く悩んでしまうと言われているため、好きなことや趣味に没頭する時間を作りましょう。

なにか夢中になっているときは雑念などがなく、気づけば時間が経っているということが多いもの。

そのため、好きなことを始めてみることで嫌な過去を一時的に忘れることができ、夢中になるあまり常に考えていたという思考を手放せるでしょう。

また、新しく勉強などを始めてみることもおすすめです。

資格取得に向けて勉強している間は同様に忘れることができるため、毎日時間を決めて勉強することを習慣にしていくことも一つの方法となります。

おしゃれなカフェで一息付く

人は1人の空間で長い時間過ごしているとネガティブな考えをしてしまうため、嫌なことや後悔などが手放せない場合には外に出てみることもおすすめです。

図書館など静かな場所や自宅に引きこもっていると、どうしても考えがマイナスになってしまうため、嫌なことを手放したいと思っていても意識してしまうもの。

そのため、ネガティブに支配されそうになったら気分転換に外に出るようにして、好きなカフェなどで時間を気にせずに過ごすことも一つの方法です。

自宅にこもっているよりも外に出ることで気持ちを切り替えることもでき、さまざまな発見ができるでしょう。

ペットを飼ってみる

過去の嫌なことが忘れられずに引きずってしまっている場合、ペットを飼い始めると夢中になれるため、徐々に忘れることができるでしょう。

誰か話を聞いてくれるような相手がいる場合、抱えるネガティブな想いに寄り添ってくれるため、一時的にでも忘れることができるはず。

ですが、話ができる相手がいない場合や一人暮らしの人は、家に帰ると1人ゆえにどうしても抱え込んでしまい、深夜など深く想い悩んでしまいます。

このようなときペットを飼ってみることで1人ではなくなるため、たとえネガティブになったとしてもペットが寄り添ってくれることで癒され、徐々に手放すことができるでしょう。

アニマルセラピーというものがあるため、どうしても不安などネガティブが手放せない場合は、ペットをお迎えすることを考えてみてください。

自然と触れ合ってエネルギーの浄化

アニマルセラピーと同様に自然と触れ合うことで、癒し効果が得られる森林セラピーというものがあるため、嫌なことを忘れるためにも自然と触れ合うことがおすすめ。

緑を目にすることで抱いているネガティブな感情を手放すことはもちろん、ストレスを和らげて古くなったエネルギーの浄化もできてしまうのです。

この森林セラピーは、実際に外へ出て自然に触れ合う方がたくさんの効果が得られるものですが、さまざまな理由から外へ出られない人もいるはず。

そのような場合は、花や緑の絵を見たり自然の音を聞いてみるなど、自宅にいてできることを行い、抱えているネガティブエネルギーを手放しましょう。

体を動かして心をリフレッシュ

体を動かすことで一時的にネガティブな感情を手放すことができるため、忘れたいことを手放すにはおすすめの方法です。

たくさんの運動ではなくても、すこしのランニングやウォーキングなどがストレス発散になり、運動している最中に考えごとができないもの。

そのため、モヤモヤして気持ちが晴れないときはもちろん、ネガティブな感情に支配されて前向きになれないときなど、短時間でも体を動かしてリフレッシュしてみましょう。

嫌なことを忘れるのに大切なこと3つ

人の記憶は嫌なことや後悔などを強く意識し、そのときの感情がしっかりと思い出につながっていることも影響していることで、嫌なことがなかなか忘れられないもの。

だからといって絶対に忘れられないことではなく、物事の捉え方など改めてしっかりと持っておくことで、完全に忘れることができなくてもそのときの感情を薄めていくことができるはず。

ここでは嫌なことを忘れるのに大切なことをお話します。

自己肯定感を高める

嫌なことや後悔など自分にとってマイナスなことが起きてしまうと、特に真面目で誠実なタイプの人ほど「あのときこうすれば……」「違う方法があったかもしれないのに……」など、引きずってしまっては忘れられなく意識してしまっているもの。

そのため、嫌なことを嫌なことだと認識しないことや、今以上に嫌なことを増やさないようにすることが大切になるため、自己肯定感を高めましょう。

自己肯定感を普段から高めていると、嫌なことや予想外のことが訪れたとしても冷静に対処でき、引きずってしまうなど深く意識することがありません。

たとえば仕事のことだった場合、そういう時期だったと受け入れて次は失敗しないように、前向きに考えることができるはずです。

素直な想いを吐き出す

過去の嫌な思い出を忘れられない人の多くに、普段から自分の気持ちを外に吐き出せずに溜め込んでいるという人がいます。

周囲の目を気にするあまり想いを吐き出せない環境に身を置いていたり、普段から頼られることが多いゆえに悩みなどを相談する相手がいないのかもしれません。

このような人は無意識的に我慢することが身についてしまっているため、嫌なことがあっても溜め込んでしまいがち。

ですが、今以上に嫌なことや後悔などを増やさないために、自分の想いを素直に吐き出して受け入れることが大切です。

誰かに話すことができないのであればノートに今の自分の想いを書き出し、気持ちを整理するようにしておきましょう。

自分の思考のクセを理解する

嫌なことを忘れるためには、自分の思考の癖を把握しておくことも大切なことになります。

たとえ嫌なことが起きてしまっても自分の思考の癖を理解していると、別の視点から物事を考えることができるもの。

そのため、嫌なことだと認識することが少なくなり抱えているものに対して「本当は嫌なことではなかったのかもしれない」など、新たに気づくことができるでしょう。

  • 頑張って取り組んでいたのに目標に届かなかったと責める
  • 一つでもうまくできないと自己否定につながる
  • 恋愛など相手から連絡がないと「嫌われた……」と思い込む

多くの人がこのような思考の癖を持っているものですが、すこし考え方を変えるだけで「ネガティブに考えすぎているだけだよね」と、切り替えることができるもの。

特に恋愛で強く現れてしまう人もいますが「そういうときもあるよね!」「連絡がなくても嫌いって言われてないもんね!」と、異なった視野で物事が見れるようになると嫌なことを手放せるでしょう。

それでも嫌なことが忘れられないときは専門家に相談してみよう

どうしても嫌なことを意識してしまって忘れたくても忘れられない場合は、専門家に相談してアドバイスをいただくこともおすすめです。

エキサイト電話占いの陸奥陽気先生は、どのような相談内容であっても得意や不得意というものがないため、安心して相談することができるでしょう。

また、相手の気持ちを視ることが得意ゆえに嫌なことに相手がいる場合、相手がどのような気持ちを抱いているのか知ることができるため、解決も見えてくるはずです。

まとめ

嫌なことというのは、深く傷ついたり後悔などの想いが強ければ強いほどなかなか忘れられず、忘れたいゆえに強く意識してしまうもの。

ですが、新しく夢中になれることを始めてみたり物事の捉え方をすこし変えることで、嫌なことを徐々に手放すことができ「そんなときもあるよねっ!」と、前向きになることができます。

ぜひ今回ご紹介したものを試して、少しずつでも嫌なことを手放せるようになってくださいね。

柳瀬 蓮
執筆者

元キャバ嬢ライター。脚本やエッセイ・コラムなど、主にアニメ・恋愛・美容・占い・心理学・スピリチュアルについてさまざまなメディアで執筆中。夜職を約10年以上の経験していたことで、ナイトワークについての執筆も得意としています。1人でも多くの人のためになるような記事を届けられることを心がけています。

柳瀬 蓮をフォローする
ライフスタイル(232)
Lani

コメント