PR

逆ギレする人にいい人はいない?逆ギレする人の心理とは?

「逆ギレする人」とは、相手に指摘や批判をされたり、思い通りにならない状況になったりした際に、感情的に怒鳴ったり暴言を吐いたりする人のことです。

時には、周囲を困惑させ、関係悪化の原因にもなりやすい存在となってしまいます。

しかし、すべての逆ギレする人が悪い人ではありません。

中には、深い悩みや葛藤を抱えて、思わず感情を爆発させてしまうというケースもあります。

職場や友人関係など、日常生活の中で逆ギレする人に出くわすと、戸惑いや恐怖を感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、「逆ギレする人=悪い人」という単純な図式は当てはまりません。

むしろ、逆ギレという行動の裏には、様々な心理が隠されているのです。

そこで、このブログ記事では、

・逆ギレする人の心理と特徴

・逆ギレする人の具体的な行動

・逆ギレする人への対処法

・逆ギレする人にならないための心構え

について解説していきたいと思います。

逆ギレする人の心理と特徴

逆ギレする人は、様々な心理的要因によって行動しています。  

では人はなぜ逆ギレするのでしょうか?

ここでは、逆ギレする人の心理や特徴について詳しく解説します。

1. 自己防衛

逆ギレする人の多くは、指摘や批判を自分への攻撃と捉え、自己防衛のために逆ギレします。

 * 自信が低く、自分の欠点や間違いを認めたくない

 * プライドが高く、自分が間違っていることを認めたくない

 * これまでの人生で、指摘や批判を否定することで問題を解決してきた

2. コミュニケーション能力不足

自分の意見や気持ちを適切な言葉で伝えることができず、フラストレーションを募らせて逆ギレしてしまう人もいます。

 * 感情のコントロールが苦手で、ついカッとなって怒ってしまう

 * 自分の非を認めたくない気持ちから、相手を責めてしまう

 * 本来伝えたいことがうまく伝わらず、誤解が生じてしまう

3. 劣等感

劣等感が強い人は、ちょっとした指摘でも自分が否定されていると感じ、逆ギレしてしまうことがあります。

 * 自分に自信がなく、他人からの評価を気にする

 * 過去のトラウマやコンプレックスがあり、それが逆ギレにつながる

 * 本当は弱い自分を見られたくないという気持ちから、強がってしまう

4. 育った環境

親が怒鳴ったり暴言を吐いたりする家庭で育った人は、逆ギレをコミュニケーション手段として身につけてしまうことがあります。

 * 自分の意見を主張する方法を学んでいない

 * 怒鳴ったり暴言を吐いたりすることで、相手を従わせることに慣れている

 * 問題解決の手段として、暴力に頼ってしまう

5. 精神的な問題

うつ病や不安障害などの精神的な問題を抱えている人も、逆ギレしやすくなります。

 * 感情のコントロールが難しく、些細なことで怒りやすくなっている

 * ストレスに弱く、追い込まれると感情的になってしまう

 * 客観的な判断ができず、被害者意識に陥ってしまう

逆ギレする人の具体的な行動

逆ギレとは、自分が指摘されたり、叱られたりしたことに腹を立て、相手に怒りをぶつけることを指します。

一見、短気な人のように見えますが、その背景には様々な心理が隠されています。

ここでは、逆ギレする人の具体的な行動について、解説していきます。

1. 責任転嫁

逆ギレする人は、自分の非を認めたくないので、責任を相手に転嫁しようとします。

「あなたのせいだ」「私が悪いなら、あなたも悪い」など、相手のせいにすることで、自分の心を落ち着かせようとしているのです。

2. 揚げ足取り

逆ギレする人は、相手の言葉の揚げ足を取ったり、論点から外れた話を持ち出したりして、相手を混乱させようとします。

自分が不利な状況になると、話題を変えて逃げようとするのです。

3. 脅迫

逆ギレする人は、相手を脅迫することで、言い分を押し通そうとする場合があります。

「もう二度と喋らない」「絶交する」などと、相手を怖がらせて黙らせようとするのです。

4. 自傷行為

逆ギレする人は、極度に追い詰められると、自傷行為に及ぶ場合があります。

リストカットや薬の乱用など、自分を傷つけることで、相手への怒りを表現しようとするのです。

5. 暴力・暴言

逆ギレする人は、感情のコントロールができず、場合によっては暴力や暴言を振るうこともあります。

殴る蹴るなどの身体的な暴力だけでなく、言葉による暴力もこれに含まれます。

逆ギレする人への対処法

逆ギレする人への対処法は、状況や相手によって異なりますが、ここでは基本的に注意するポイントをご紹介していきます。

1.冷静さを保つ

逆ギレされた時、つい感情的になって反論したくなってしまうのは自然な反応です。

しかし、相手も同じように感情的になっている状態では、冷静な話し合いは不可能です。

まずは深呼吸をして、心を落ち着かせましょう。

2.感情的に反応しない

逆ギレする人は、周囲を巻き込みながら自分の主張を押し通そうとする傾向があります。

相手の発言に惑わされず、感情的に反応しないことが重要です。

意見が合わなかったとしても、「それは違うと思う」「あなたの意見は理解しているけど、私の考えはこうだ」など、冷静かつ客観的な態度で接しましょう。

3.相手の話を聞く

逆ギレする人は、自分の意見を聞いてもらえないと感じていることが多いです。

まずは、相手の話に最後まで耳を傾けましょう。

「なるほど、そういう気持ちだったのね」「あなたの気持ちは理解できる」など、共感を示す言葉をかけるのも効果的です。

4. 共感を示す

逆ギレする人は、自分自身の問題を認めたくないという心理が働いている場合があります。

相手の気持ちに寄り添い、共感を示すことで、心が落ち着き、冷静な話し合いが可能になるかもしれません。

「私も似たような経験をしたことがある」「あなたの立場だったら、私も同じように感じるかもしれない」など、共感の言葉を伝えてみましょう。

5.距離を置く

上記の方法を試しても、相手が聞く耳を持たない場合は、無理に話し合いを続ける必要はありません。

一旦、精神的・物理的な距離を置き、その場を離れることも大切です。

逆ギレする人にならないための心構え

逆ギレは、自分自身だけでなく、周囲の人にも悪影響を及ぼします。

ここでは、自分が逆ギレする人にならないための心構えを意識することで、逆ギレを防ぎ、円滑なコミュニケーションを築くことができる方法をご紹介します。

1. 自分の感情をコントロールする

怒りやイライラを感じたら、深呼吸をするなどして気持ちを落ち着かせましょう。

感情的になっている時は、冷静な判断ができず、発言や行動を後悔してしまう可能性があります。

2. 相手の見解に耳を傾ける

自分の意見ばかり主張するのではなく、相手の意見にもしっかりと耳を傾けましょう。

相手の立場や考えを理解することで、誤解を解き、建設的な話し合いへと導くことができます。

3. コミュニケーションを丁寧に行う

相手を尊重した丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

上から目線で話したり、攻撃的な言葉を投げかけたりすると、相手を逆上させてしまう可能性があります。

4. 完璧主義を捨てる

自分が常に完璧である必要はありません。

間違いを認め、そこから学ぶ姿勢が大切です。完璧主義は、周囲にプレッシャーを与え、コミュニケーションを阻害する要因にもなります。

5. ユーモアを持つ

適度なユーモアを取り入れることで、緊張を和らげ、場の雰囲気を明るくすることができます。

ただし、皮肉や自虐ネタは避け、相手を不快にさせるような発言は慎みましょう。

まとめ

「逆ギレする人にいい人はいない?逆ギレする人の心理とは?」についての執筆はいかがだったでしょうか?

逆ギレする人への対処法は、「冷静さを保ち、感情的に反応せず、相手の話を聞き、共感を示す」**ことが基本ですが、状況によっては、「距離を置く」ことも必要です。

相手との関係性や状況に応じて、適切な方法を選択することが重要です。

逆ギレする人は、決して悪い人ではありません。

様々な心理的要因によって、思わず感情を爆発させてしまうことがあるのです。

「なぜ逆ギレするのか」「どうすれば逆ギレを防げるのか」という心理的なメカニズムを理解することで、自分自身も相手も、より良いコミュニケーションを築くことができるようになるでしょう。

この記事が、自分が逆ギレしてしまいそうになったり、身近に逆ギレする人がいて、どのように対処していいのかわからない・・・と悩んでいる方に少しでも理解を深めていただき、円滑なコミュニケーションを図っていくためのお役に立てていただけると嬉しいです。

電子書籍やレビュー、ブログ記事の執筆をしています。
関西在住、現在の本業は医療系事務のお仕事をしています。
元国際線CA・海外留学・海外駐在の経験もありますので、執筆の得意分野は語学学習・海外生活・マナー・転職・ワーキングマザー・マインドフルネス・美容・健康・医療・メンタルヘルスなど幅広い分野での執筆活動中です。

marron_latte(マロンラテ)をフォローする
ライフスタイル(268)
Lani

コメント