1月6日生まれの性格や特徴・運命・運勢を分析!【誕生日占い】

1月6日生まれの性格や特徴・運命・運勢を分析!【誕生日占い】

1月6日は「六日年越し」と呼ばれ、「もう一度年を取り直す日」とされています。元旦から続いた正月行事が6日を越すとひと段落し、神聖な場所として年神様を祀っていた家が、日常生活の場所へと戻っていく節目の日とされています。

1月6日生まれの人は、「正義感が強い」「博愛の心を持つ」「真面目・慎重」な性格であるとされていますが、男女差や血液型によって性格に差はあるのでしょうか。

この記事では、そんな1月2日生まれの人の性格や運勢について詳しく紹介していきます。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

基本的な1月6日生まれの性格

1月6日生まれの人は、正義感が強く、人助けが得意なヒーローのような人です。不正や不平等などが許せない真面目な性格で、困っている人がいると放っておくことができません。また博愛主義で包容力があり、ためらいなく他人のために動くことができるでしょう。

頼りにされたり、尽くしたりすることに喜びを感じるので、人から頼まれごとがあると断れず、意に反して引き受けてしまうことも。自分は良かれと思ってやったことが、相手によってはおせっかいになってしまうこともあるかもしれません。

誰彼構わず人助けをするのではなく、相手が本当に必要としているのか、結果として相手のためになる助力なのか見極めることが必要でしょう。

直感や洞察力に優れているので、トラブル回避能力は高いほうです。フレンドリーで交友関係も幅広く、様々なタイプの人とうまく付き合うことで、多くの学びを得ることができます。一生を通して、比較的穏やかな人生を送ることができるでしょう。

1月6日生まれの男性の性格

1月6日生まれの男性は、誠実で面倒見がよく、分け隔てなく周りに接するため多くの人から支持されています。

人に世話を焼くのは好きですが、反対に自分が世話を焼かれることが得意ではありません。自分自身のポリシーがあるので、他人に踏み込まれるのを嫌がることもあります。また、尽くしてくれることが当たり前になり、相手が驕り始めると、利用されたと感じ途端に冷たくなることも。

恋愛では相手にも誠実さを求めます。良く知った相手に心を許すため、友達や同僚から恋愛に発展するケースが多いでしょう。

1月6日生まれの女性の性格

1月6日生まれの女性は、石橋を叩いて渡るような慎重な性格です。相手にどう思われるかを気にするあまり、人間関係においては気を遣いすぎてしまうところがあります。

恋愛では真面目でしっかりとしている人を好み、誠実な恋愛をします。チャラチャラした浮ついた人を好きになったり、一目惚れをしたりすることはなく、相手を良く知った上で好意を抱きます。

持ち前の優しさや面倒見の良さから、1月6日生まれの女性にお世話してもらいたいという男性が寄ってきますが、本人は紳士的で自立した男性に魅力を感じ、慎重に相手を吟味する性格のため、ダメ男に引っかかることはあまり無いでしょう。

1月6日生まれの血液型占い

次は1月6日生まれの人の性格を、血液型別でみていきましょう。

1月6日生まれのA型

1月6日生まれのA型は、目的達成のためなら辛いことでも我慢できる辛抱強い性格です。少々打算的なところがあり、特に人間関係において、自分の損得を優先してしまうことがあります。

1月6日生まれのB型

1月6日生まれのB型は、大きな夢や目標に対して強い憧れを持ち、常に追いかけているタイプの人です。憧れに向かって頑張れる人ではあるのですが、追いかけるものがコロコロ変わるため、周りからはミーハーで夢みがちな人だと思われてしまうこともあるでしょう。

1月6日生まれのAB型

1月6日生まれのAB型は、仕事とプライベートを両立させ、がむしゃらに頑張ることができる人です。しかし、周りに努力していることを知られたくないため、そのことについて周りに公言したりせず、隠そうとするでしょう。時々熱中しすぎて周りが見えなくなることも。

1月6日生まれのO型

1月6日生まれのO型は、自分の目標にストイックになれる人です。熱中するあまり、時々周りが見えなくなることもあるので注意しましょう。

また、他人の話を親身になって聞いてあげられる優しい心を持った人なので、何かと相談され頼られることが多いかもしれません。

1月6日生まれの仕事運・適職・天職

1月6日生まれの人は、面倒見がよく責任感が強いため、管理職や教育者に向いています。周囲の人を巻き込んでいくカリスマ性や派手さは無いものの、穏やかなムードメーカー的存在で周りから信頼され、職場になくてはならない縁の下の力持ちです。

仕事内容に満足しやりがいを感じている場合、たとえ収入が少なくても夢中で働くことができる人です。忙しくしていたいタイプなので、そこにやりがいがあればたとえ激務でも、本人は天職だと感じるでしょう。

仕事は好きなタイプですが、仕事とプライベートは混同したくないタイプです。業務上の付き合いは円滑ですが、それ以上の関係は望まない少々ドライな一面もあります。

また、現状に満足していない場合、思い切って起業や転職をすることが成功につながります。収入が増え、金運アップすることもありそうです。

1月6日生まれの恋愛・恋愛運

1月6日生まれの人は、包容力があり優しいため、異性から好意を向けられることが多いでしょう。自分から積極的に行動するよりは、相手からのアプローチを受け入れることを選びます。

いざ交際がスタートすると、相手に真摯に向き合い、一生懸命お世話をする人です。そのため、未熟な相手だと「なんでもしてくれる人、許してくれる人」だと勘違いして調子に乗ってしまうかもしれません。相手をダメにしない程々の距離感を保つよう心がけてください。

1月6日生まれの結婚運・結婚観

1月6日生まれの人は、結婚後は家族のために一生懸命尽くします。つい相手の顔色をうかがってしまう人が多いので、なかなか本音を伝えることができずに苦労することがあるかもしれません。若くして結婚するよりも、じっくりとお付き合いをし、一緒に時間を重ねてからゴールインするほうが、長く関係が続き幸せになれるでしょう。

子育てに対して少々ストイックさがあり、理想の子育てを実現しようと熱中するでしょう。また理想の家族像が固まっている人も多く、結婚と同時にマイホームを購入する人も少なくないでしょう。

1月6日生まれの誕生花

1月6日生まれの人の誕生花は「マンサク」です。

マンサクは寒さの残る2月〜3月頃に開花時期を迎える落葉低木です。真っ先に黄色い花を咲かせ、春を告げることから「先ず咲く」が名前の由来だとされています。また、たくさんの花をつけることから、作物の豊作を占う植物として使われたことが由来して、「満作」と呼ばれるようになったという説もあります。

 花言葉は「呪文」「魔力」「ひらめき」です。

1月6日生まれの誕生石

1月6日生まれの人の誕生石は「スターガーネット」です。

スターガーネットは創造力を高め、愛情を豊かにするパワーストーンです。紫のような濃く深い赤は心臓や血液を象徴し、生命力を高めるとされているため、健康運をアップしたいときやパワーが欲しい時に身につけると、効果を発揮してくれるでしょう。また、感情を落ち着けたいときや、自暴自棄になりそうなときに身につけると、穏やかな気持ちになれるためお守りがわりに持ち歩くといいでしょう。

1月6日生まれの偉人


ジャンヌ=ダルク(聖女・軍人)
伊達 斉村(第8代仙台藩主)
アンリ=エルツ(作曲者)
ハインリヒ=シュリーマン(考古学者)
ヘルマン=グリム(文化史家)
カール=サンドバーグ(詩人)

1月6日生まれのタレント・有名人・芸能人

aiko(歌手)
ヴァン=マッコイ(作曲家・音楽プロデューサー)
内田嶺衣奈(アナウンサー)
梅澤実波(タレント)
エレーナ=ラジオノア(フィギュアスケーター)
大場久美子(タレント)
亀田大毅(プロボクサー)
菊地凛子(女優)
武良布枝(エッセイスト)
CHAGE(ミュージシャン)
中畑清(プロ野球解説者)
本田路津子(歌手)
馬淵かの子(水泳・飛び込み選手)

1月6日生まれのラッキーカラー

1月6日生まれの人のラッキーカラーは「レッド」です。

1月6日生まれのラッキーナンバー

1月6日生まれの人のラッキナンバーは「99」です。

1月6日生まれのラッキータロットカード

1月6日生まれの人のラッキータロットカードは「恋人」です。

恋人のカードは、男性が持つ性質と女性が持つ性質を1つにすることで、あらゆるものを結びつける愛情をあらわしています。恋愛だけでなく物事や人を惹きつける能力を持っており、心が躍ることやワクワクすることの象徴でもあるとされています。

このカードは、恋愛の始まりやあらゆる幸福の到来をあらわしています。まるで恋愛が始まったばかりのような、ドキドキと心踊る幸せが訪れることでしょう。

1月6日生まれの相性

1月6日生まれの人との相性を誕生日別に紹介します。仲の良い友達やパートナー、家族など、周りの人との相性をぜひチェックしてみてください。

ソウルメイトの誕生日

1月5日、1月7日
2月2日、2月5日
3月8日、3月21日
4月5日、4月10日
5月3日、5月15日
6月4日、6月15日
7月11日、7月18日
8月1日、8月6日
9月5日、9月7日
10月5日、10月6日
11月2日、11月7日
12月3日、12月6日

ソウルメイトとは、魂の伴侶のことです。運命として惹かれ合い、前世からの深い結び付きがあるとされています。恋人やパートナーとしてだけでなく、家族や友人、時には上司や先輩など間柄は多岐に渡ると言われています。

ソウルメイトの特徴として、「一緒にいると落ち着いていられる」「言葉にしなくても気持ちが伝わる」「雰囲気や感性がよく似ている」などが挙げられます。つまりソウルメイトはお互いの人生を豊かに、より良くするために欠かせない存在だとされています。

運命の人の誕生日

3月29日、4月27日、6月23日、7月8日、7月21日、12月10日

相性が良い誕生日

1月3日、1月5日
2月9日、2月12日
3月23日、3月31日
4月5日、4月24日
5月3日、5月11日
6月19日、6月27日
7月11日、7月18日
8月1日、8月6日
9月13日、9月17日
10月20日、10月24日
11月1日、11月2日
12月6日、12月23日

恋人・パートナーとして相性の良い誕生日

1月4日、1月16日
2月16日、2月27日
3月8日、3月25日
4月21日、4月27日
5月5日、5月7日
6月4日、6月20日
7月2日、7月28日
8月8日、8月21日
9月5日、9月27日
10月6日
11月18日、11月20日
12月3日、12月18日

相性が悪い誕生日

2月5日、4月22日、6月7日、8月7日、9月9日、10月30日、11月11日

まとめ

いかがでしたか?

1月6日生まれの人は、正義感や博愛心が強いあまり、弱いもの、困っている人を放って置けない性格です。多くの人から慕われ、頼りにされているでしょう。

他人に尽くすあまり、自分のことをついつい後回しにしてしまわないように気をつけてください。相手に与えるだけで自分を満たさないのは本末転倒です。一人の時間を充実させることで、他人との距離感も正しく測れるようになるでしょう。

この記事があなたのお役に立てば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント