フルソイは効果なしで危険?試して悪い口コミないか調査!

フルソイは効果なしで危険?試して悪い口コミないか調査!

40代に入り、特に45歳を過ぎたころからなんだか気持ちに余裕がなくなり、小さいことでイライラする・疲れやすくなったということはありませんか?
他にも急に肌にハリがなくなってきたり美容の面でも悩みが増えがちになってしまいます。

それは、女性ホルモンの減少が原因の可能性があります!

画像をタップ50%OFF!
Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

フルソイとは

女性ホルモンは20代後半あたりをピークに、30代頃から減少し続け、40代に入り45歳になる頃に急激に減少していってしまいます。
閉経の時期をはさんだ45歳頃から55歳くらいまでの10年ほどを、いわゆる更年期といいます。
卵巣の機能が低下することで月経が変化していき、女性ホルモンの分泌量が低下していきます。

さらに、40代は基礎代謝も徐々に低下していく時期です。
ホルモン・自律神経の乱れ、体温調節の変化など更年期はゆらぎやすい時期なのです。

気持ち・心が不安定になり、さらにほてり・のぼせ・めまい・肩こりなど体調の変化も大きくなります。

そこでおすすめしたいのが、更年期特有のゆらぎ・女性らしさに悩む方を応援するサプリ『FULL SOY(フルソイ)』です。
フルソイは麹菌発酵のイソフラボンを高配合し、話題のエクオールを摂れる1日1回飲むだけでOKのサプリです。

イライラや体調の変化で毎日楽しく過ごせない更年期の女性の強い味方です!

フルソイの効果

更年期のイライラ・ゆらぎをゆるやかにするエクオールをつくる

女性ホルモンの分泌が減少することでゆらぎやすい時期に積極的に摂りたいと言われるのが大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンがなぜ良いのかというと、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるからという理由があります。

減少した女性ホルモンの働きを大豆イソフラボンを摂って補うことで、更年期特有の悩みをゆるやかにしてくれます。
しかし、この大豆イソフラボンの効果を実感しやすい人は話題の成分エクオールに体内で作れるか作れないかということが関わってきます。

エクオールは大豆イソフラボンよりも、さらに優れた更年期に対する効果が期待できるのでスーパーイソフラボンとも呼ばれることがあります。
イソフラボンと同じように女性ホルモンと似た働きをしてくれるので、積極的に摂りたいのですが、エクオールは残念ながらすべての人が体内で作り出せるわけではありません。

大豆イソフラボンに含まれているダイゼインがエクオール産生菌とも呼ばれる腸内細菌によって、エクオールに変換されるのですが、その腸内細菌がない人がいるのです。
2人に1人は腸内細菌がないと言われ、エクオールに変換することができません。

どれだけ大豆イソフラボンを摂っても、なかなか効果が現れないという結果になってしまいます。

そこで、フルソイはエクオールのもととなるダイゼインをたっぷり配合することで、エクオールをつくりやすい腸内環境を整えていくことができるようになっています。
だからこそ、更年期のゆらぎ・イライラをゆるやかにしてくれる効果が期待できます。

アグリコン型イソフラボンを使用しているから吸収しやすい

イソフラボンには種類があり、グリコシド型とアグリコン型というものがあります。
グリコシド型イソフラボンは吸収されにくく、アグリコン型イソフラボンは吸収されやすいという特徴があります。

フルソイに配合されているのはアグリコン型イソフラボンで、吸収されやすくなっています。
吸収されやすく麹菌発酵イソフラボンを高配合で、ダイゼインがたっぷりだからしっかりと更年期の悩みに効果を発揮してくれます。

1日1カプセルでOK!手軽に女性ホルモンをサポートできるサプリ

エクオールの1日の摂取目安量10mg分を食べ物から摂取しようとすると、納豆なら1パック、木綿豆腐なら2/3丁とやや多めです。
体調がすぐれない・だるいという時期に食べ物まで考えなくてはいけないのは大変です。

フルソイなら1日1カプセルを飲むだけで、女性ホルモンの働きをサポートできるからとても手軽に続けられます。
飲みやすいうえに、しっかりと吸収してエクオールを摂れるからおすすめです。

フルソイの口コミ

だるくて毎日つらかったのが変わりました

毎日体が重くてだるい、めまいまでするという日々が続いていました。ですが、フルソイをはじめてから毎日晴れやかな気分が続きます。体も軽くなって、以前と同じように動けてます。

寝起きのぼーっとした感じが続いてた

起きてから毎日疲れがのこっているような、ぼーっとした寝起きの状態が続いてました。フルソイを飲みはじめて1週間ほど経ってから、スッキリとした目覚めに戻りました。ほてりもなく、助かってます。

イライラして家族にあたっていた

落ち込んだり、イライラしたり忙しく、家族にあたる日々でした。半信半疑で飲み始めたフルソイのおかげで、イライラする気持ちがどこかへ行ってしまいました!気持ちの浮き沈みがほとんどなくなって嬉しいです。

フルソイの原材料・成分を解析

【原材料】麹菌醗酵大豆胚芽抽出物(デキストリン、醗酵大豆胚芽)(国内製造)、豚皮コラーゲンペプチド、豚プラセンタエキス末、コエンザイムQ10/微結晶セルロース、ゼラチン、微粒二酸化ケイ素、着色料(二酸化チタン)、葉酸、ビタミンB12、(一部に大豆・ゼラチンを含む)

フルソイは話題の成分エクオールの働きに注目したサプリです。

ホルモンや自律神経のバランスが乱れ心も身体も不安定になりやすい更年期の症状は女性ホルモンの減少が引き金となって起こると言われています。

女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンを摂取することが症状緩和に有効的だと言われていますがイソフラボンを摂るだけでは不十分だということが分かりました。2人に1人はせっかく摂ったイソフラボンの働きを活かせていなかったんです。

イソフラボンが体内でゆらぎ時期に必要な成分エクオールに変換されるには腸内細菌の力も必要、でもエクオールの元となるダイゼンが足りないとイソフラボンを摂ってもエクオールが作られないと言う不毛さ。フルソイなら大豆イソフラボン→ダイゼン→変換→エクオールと効率的にゆらぎにアプローチしてくれるような処方になっています。

フルソイは危険なのか

フルソイに副作用や危険性の報告はありませんでした。製薬会社が調査を重ねて開発したサプリということで安全性も高く安心して飲むことができると思います。

注意すべき点としてはフルソイ以外のイソフラボン含有サプリとの併用は避けることです。大豆イソフラボンの1日の摂取量目安は70〜75mgとされています、そのうちサプリからの摂取量目安は30mg以内が望ましいのでフルソイ以外のイソフラボンサプリを併用すると過剰摂取になってしまうことが考えられます。(フルソイには1カプセル中にアグリコン型を20mg配合)

極稀に体質に合わない場合があるので体調がすぐれない時は使用を中止してください、また現在投薬中の方は使用前に医師に相談することをおすすめします。

フルソイは妊娠授乳中でも飲める?

妊娠授乳中の方の摂取は控えてください。

また乳幼児・小児も同様に摂取することは控えてください。

フルソイのお問い合わせ先

会社名:フィブロ製薬株式会社

店舗名:赤坂LOHAS(ロハス)

アドレス:〒107-0052 東京都港区赤坂1−5−12 第二虎ノ門ビル3F

TEL:03−3568−6884/FAX:03-5549-2580

公式サイトURL:http://www.684.jp/

フルソイのお試しはある?

フルソイでは現在初めての方を対象としたキャンペーンを行っているので、お試し価格で購入することができます。

通常価格5,832円のところ50%OFFの2,916円(送料無料)!

2回目以降も5%OFFで購入が可能、さらに購入回数が増える毎に割引額がお得になるんです。

なんだ…結局定期購入じゃないと安く買えないの?と思った方、ご安心ください。このキャンペーンは回数の縛りがないので1度切でもOK!次回発送日の10日前までに解約の手続きを取ってしまえば良いんですよ。

画像をタップ50%OFF!

コメント