当サイトには広告が含まれます。

別れさせ屋で離婚は違法?気になる成功率など徹底解説

もう離婚しかない…

そう思い悩んでいるあなた。

もし、パートナーの浮気が原因で離婚を検討しているなら、「別れさせ屋」という選択肢が頭に浮かんだかもしれません。

近年、離婚を目的とした「別れさせ屋」の利用が話題になっています。

別れさせ屋で本当に離婚できるの?違法性はないの?成功率はどのくらいなの?

しかし、このような疑問や不安は尽きないですよね。

この記事では、別れさせ屋を利用して離婚を目指す場合に知っておくべき情報を徹底解説します。

この記事を読めば、このようなことが分かります。

  • 別れさせ屋は違法?
  • 別れさせ屋の成功率は?
  • 別れさせ屋を利用する前に知っておくべき注意点
  • 別れさせ屋に代わる解決方法

離婚という人生の重大な決断を前に、後悔のない選択をするために、ぜひ参考にしてください。

別れさせ屋で離婚は違法?

結論から言うと、別れさせ屋を利用して離婚することや、夫婦を離婚させるということは、必ずしも違法ではありません。

ただし、民法には、公序良俗に反する法律行為は無効という規定(90条)があります。

その依頼を実行する過程で違法行為(例えば、プライバシーの侵害、脅迫、名誉毀損など)が行われた場合、それらの行為に対して法的な責任が問われる可能性がありますし、離婚工作そのものが公序良俗に反するのではないかという考え方もあるので、現在ではグレーな業務という考え方が一般的です。

実際に裁判になってみないとわからないというのと、現在では別れさせ屋と離婚による裁判例というのがないのが現状です。

別れさせ屋を利用して違法となるケースの例

  1. プライバシーの侵害: 個人のプライベートな情報や秘密を無断で収集、公開する行為。例えば、盗聴器を設置する、秘密の写真を撮影するなどがこれに該当します。
  2. 名誉毀損: 事実無根の噂や虚偽の情報を広め、人の社会的評価を低下させる行為。嘘の浮気情報を流布するなどが該当します。
  3. ストーカー行為: 繰り返しのつきまといや嫌がらせを行うこと。特定の人物の行動を執拗に監視し、プライバシーを侵害する行為も含まれます。
  4. 脅迫: 直接的または間接的に脅迫し、離婚を強要する行為。相手に不利益を与えると脅すことで、離婚を迫る場合などです。

また、別れさせ屋全体で異性の工作員が接触して浮気をさせて離婚させるようなケースがあるそうですが、こちらもバレた場合などは慰謝料請求などのリスクや倫理的な問題があるため、あまり推奨できるものではありません。

別れさせ屋で離婚する・離婚させることが違法にならないケース

このように、法的なリスクをはらまなずに離婚させることで、違法性に問われない離婚工作が可能になります。

具体的な方法としては、ケースバイケースで異なり、別れさせ屋の業者ごとに異なるアプローチをとっています。無料相談を利用することで、自分の状況に最適な方法を提案してもらえるでしょう。

それでも無料相談って何か怖いな…違法にならないって、具体的にどういう方法で離婚してる(させてる)んだろう?

不安になる方も多いと思いますので、あえて例を挙げると、工作員との接触を通じて離婚する意思を本人に芽生えさせる方法が基本です。これは、不倫などの証拠がすでに存在する場合に、プライバシーを侵害せず、違法な監視に該当しない方法で情報提供を行うなどの方法で遂行されます。

さらに、夫婦関係の改善を試みる名目で接し、必要に応じてカウンセリングを提案することで、自然と離婚へと誘導する手法もあります。このようなアプローチは、違法性を避けつつ、夫婦の一方または双方が納得のいく解決を見つけるためのものです。

最終的には、別れさせ屋の利用が適切かどうかは、その手段や方法が法律に遵守しているかに依存します。そこで、まずは無料相談を利用して、自身のケースで「離婚する、離婚させることが可能か」を確認することが重要です。

次に公序良俗に反しないようなケースとして、「趣味が原因での離婚」を考えてみましょう。

例えば、ある夫婦がいます。夫は非常に時間とお金を要する趣味に夢中で、そのために家庭生活が疎かになっています。妻は夫との時間を大切にしたいと考えていますが、夫の趣味が原因で夫婦間のコミュニケーションが取れなくなり、関係が悪化してしまいました。

この場合、妻の親族が、夫婦関係の修復を試みるものの、夫の態度が変わらないため、最終的には妻の精神的健康を守るために別れさせ屋に相談することにしました。

このケースでは、親族の介入の目的は、妻の精神的健康と幸福を守ることにあります。

趣味自体が悪いわけではありませんが、夫婦関係におけるバランスを取ることができず、一方のパートナーが苦しんでいる場合、親族が何らかの形で介入を試みるのは、妻を守るための一つの手段として理解できます。

ここで重要なのは、別れさせ屋がどのような方法を用いるかです。公序良俗に反していない範囲で、かつ法律に違反しない方法であれば、直ちに違法とは言えません。たとえば、カウンセリングへの誘導や夫婦間の対話を促すようなアプローチなどが考えられます。

このようなケースでは、目的が当事者の福祉を考慮したものであるため、公序良俗に反するとは言い難いと考えられます。ただし、実際の介入方法には注意が必要です。

まずは無料相談!
別れたい・別れさせたいプロの工作員が解決のお手伝い!
  • 対象者を調査・分析し、別れさせるプランを提案
  • プロの工作員が別れさせる状況を作り出す
別れさせ屋M&M 探偵業届出済 全国対応 PR
  • 業界トップクラスの実績
  • リアルタイム報告で安心
匿名相談OK

別れさせ屋における離婚工作の成功率は?

別れさせ屋の離婚成功率は、業者によって様々ですが、一例として株式会社アクアグローバルサポートが公表している別れさせ工作の成功率は70%です。1

およその目安にはなりますが、かなり高い確率で「別れさせる」ことに成功していることがわかります。もちろんこの数値は「離婚工作」ではありませんが、株式会社アクアグローバルサポートは公式のブログでも「離婚工作の成功率は70%程度です。」と公表しています。2

「離婚」も「別れさせる」ことも、本質的には変わらないので、ほぼ同じ数値になるといったところでしょうか。もちろん離婚工作のほうがリスクも大きいので、業者としても入念に相談した上で、安全に成功できるケースのみ依頼を受けている上での数値というところに注意が必要です。

成功率を左右する要素

  • ターゲットとなる夫婦の関係性
  • 工作内容
  • 依頼者の積極的な協力
  • 依頼業者の経験とスキル

これらの要素が複雑に絡み合い、別れさせ屋の離婚成功率は大きく左右されます。

成功を保証できない理由って?

ケースバイケース、状況によって大きく変わる上に、人間の感情は複雑であり、似たような状況やシチュエーションでの工作によっても必ずしも思い通りに関係を壊したり、離婚したりすることができるわけではありません。

100%離婚に成功?誇大広告に注意

絶対に成功させたいという強い思いがでてきてしまいましが、まず100%成功を謳う業者は、まず避けるべきです。

成功率というのはあくまでも目安であり、統計的なものですから、まずは無料相談をして信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

離婚に強い別れさせ屋の選び方・ポイント

離婚に強い別れさせ屋を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮することが大切です。適切なサービスを選ぶことで、より良い結果を期待できます。以下に、選び方のポイントをまとめました。

実績と評判

パソコンとビジネスマン

長年の実績があるかどうか、成功事例が豊富にあるかを確認します。特に、離婚に関して成功したケースが多い業者は、経験とノウハウを持っている可能性が高いです

実際にその業者を使った人の声を聞くことは、すごく大事。ネット上の口コミや評判をチェックして、良い話が多いところは信頼できるかもしれません。

でも、口コミも色々あるから、良いことばかりじゃなく、悪い評判もあるかもしれません。全部鵜呑みにしないで、ちょっと距離を置いて見るのがコツです

Lani編集部の口コミ

口コミは大事だけど、サクラだったり、意地悪な競合の嫌がらせだったりすることも。だから、口コミだけに頼らず、他の情報もしっかりチェックして、全体のバランスを見て業者を選びましょう。

料金体系

別れさせ屋選びで次に大切なのは料金体系です。特に以下の2点はしっかり抑えておきましょう。

  • 追加料金が発生する可能性があるか
  • 料金体系が明確で分かりやすいか

別れさせ屋の中には、追加料金が発生する可能性があることを明示していないところがあります。

離婚案件の料金相場は、以下のように設定されています。

  • 一般的な案件: 30万円~100万円
  • 複雑な案件: 100万円~300万円

追加料金が発生する可能性がある別れさせ屋は、依頼人にとってリスクが高くなります。別れさせ屋に依頼する際には、追加料金が発生する可能性があるかどうかを必ず確認しましょう。

また、料金体系が明確で分かりやすい別れさせ屋は、依頼人に対して誠実であると言えます。別れさせ屋に依頼する際には、料金体系が明確で分かりやすいことを確認しましょう。

具体的には、以下のような点に注意するとよいでしょう。

  • ホームページに料金表を掲載しているか
  • 無料見積もりを作成してくれるか
  • 料金について丁寧に説明してくれるか

秘密厳守

離婚に強い別れさせ屋を選ぶポイントはたくさんありますが、中でも重要なのが秘密厳守です。

別れさせ屋に依頼する理由は人それぞれですが、依頼人にバレたくないというケースが大半です。バレてしまえば、依頼人と相手方の両方から恨まれることになるからです。

秘密厳守を重視するのであれば、別れさせ屋選びの際に以下のポイントに注目しましょう。

  • 個人情報保護体制がしっかりしているか
  • 秘密漏洩のリスクがないか
  • 契約内容に秘密保持に関する条項があるか

特に「業者名+バレた」などの複合がある場合は要注意です。過去に漏洩したリスクなどがないかチェックするようにしましょう。

Lani編集部の口コミ

過去にトラブルがあった業者は名前を変えるなどの手段を取ることが多いため、秘密厳守という点においても長年の実績があるかどうかは重要なポイントです。

別れさせ屋に離婚を依頼する際の注意点

離婚は人生における大きな決断であり、周囲に知られたくないデリケートな問題です。

そのため、別れさせ屋に依頼するという選択肢を検討する方も少なくありません。

しかし、大金を支払ったにも関わらずトラブルに巻き込まれてしまったというケースも存在します。

後悔しないために、別れさせ屋に依頼する際には、以下の5つのポイントを絶対に押さえておきましょう。

100%成功を謳う業者には注意する

100%成功を謳う別れさせ屋は、依頼人を騙そうとしている可能性があります。

別れさせは、依頼人と相手方の状況によって成功するかどうかが決まります。

100%成功を謳う別れさせ屋は、依頼人の希望に迎合して、成功する可能性が低い別れさせでも引き受けてしまう可能性があります

違法な工作は絶対に依頼しない

別れさせ屋の中には、違法な工作を行うところがあります。

違法な工作を行う別れさせ屋は、依頼人と相手方の双方に被害を及ぼす可能性があります。

別れさせ屋に依頼する際には、違法な工作を行わないかどうかを必ず確認しましょう。

トラブルが発生した場合に備えて、契約内容をしっかり確認する

別れさせ屋に依頼する際には、契約書を交わすようにしましょう。

契約書を交わすことで、依頼人と別れさせ屋の双方が権利と義務を確認することができます。

契約書には、料金体系、成功報酬の有無、追加料金が発生する可能性があるかどうか、違法な工作を行わないことなどが記載されているはずです。

契約書の内容をしっかり確認して、納得してからサインするようにしましょう。

別れさせ屋に代わる解決方法

別れさせ屋に依頼する前に、以下の代替手段を検討することをおすすめします。

夫婦関係の修復に向けたカウンセリングやセラピー

夫婦関係の修復には、カウンセリングセラピーが有効です。専門家のサポートを受けながら、夫婦間のコミュニケーションを改善し、問題解決に向けて取り組むことができます。

離婚協議や調停などの法的な手段による問題解決

離婚を前提とした場合、離婚協議調停などの法的な手段も有効です。弁護士などの専門家のサポートを受けながら、財産分与や養育費などの問題を解決することができます。

専門家による適切なアドバイスと、自分自身で解決策を探る努力

別れさせ屋に依頼する前に、弁護士カウンセラーなどの専門家に相談することをおすすめします。専門家は、客観的な視点からアドバイスを提供し、自分自身で解決策を探るためのヒントを与えてくれます。

まとめ

別れさせ屋を利用して離婚すること自体が直接違法というわけではないものの、その過程で違法行為にあたる可能性があることや、公序良俗に反するリスクがあることを理解しておく必要があります。

離婚を成功させるための方法として別れさせ屋を検討する際は、法的なリスクや倫理的な問題をしっかりと考慮することが重要です。

人生の重大な決断を前にして、後悔のない選択をするためには、情報をしっかりと収集し、複数の選択肢を検討することが大切です。本記事が、その一助となれば幸いです。

【参考記事】別れさせ屋をやめたほうがいいのか迷う場合について詳しく解説しています▼

  1. https://newscast.jp/news/9129233, 「別れさせ工作」依頼を決意した瞬間 | NEWSCAST
  2. https://www.voiceofdance.com/news/detail/363/,奥さんと別れるための最終手段「離婚工作(別れさせ工作)」とは? | 別れさせ屋の老舗アクアグローバルサポート

コメント