初キスのタイミングとシチュエーション!成功させるコツを徹底解説!

初キスのタイミングとシチュエーション!成功させるコツを徹底解説!

好きなあの人との初キス、ドキドキしてなかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

もし自分から積極的に行って、相手に拒否されてしまったら気まずいですからね。

一気に急接近するアプローチには、十分な注意が必要です。

今回は、初キスのタイミングやシチュエーション、成功させるコツなどを紹介しましょう。

恋愛に対して臆病になっている方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

初キスのタイミングが分からない…

「初キスのタイミングが分からない。」と言う悩み、割と多くの方が経験しているものです。

自分から積極的に行っても、相手がその気でなければ気まずくなってしまいます。

逆に慎重になりすぎてしまうと、タイミングを逃して関係が進展しないこともあり得ますよね。

いつ初キスをしたら良いか、初キスのタイミングを的確に判断することが大切です。

みんなの初キスはいつ?どっちからするのが普通?

初キスを経験した年齢の平均は、高校生(15~18歳くらい)と言われています。

恋愛経験の少ない方ほど、気になる相手との初キスのタイミングを慎重に選んでしまいがち。

相手がリードしてくれれば、もちろんそれでも全然OKです。

ただ、相手も恋愛に慎重なタイプだと、どうしても進展に時間がかかってしまいますよね。

みんなの初キスはいつか?どっちからするのが普通か?参考程度にチェックしてみましょう。

3回目までのデートが圧倒的多数

初キスをしたタイミング、多くの方が「3回目までのデート」と答えています。

中には「初めてのデートで初キス」と言う方もいますが、物凄く気の合うカップルなら有りでしょう。

例えば幼馴染だったり、仲の良い友達同士だったりする場合は、既にお互いを知っていますよね。

逆に知り合ったばかりだと、1~2回目のデートで初キスは早いかもしれません。

「早すぎず遅すぎず」と言う適度なタイミングは、やはり3回目くらいのデートなのでしょうね。

どっちからするのかはカップル次第

「初キスはどっちからするのが普通なのか?」基本的に正解はありません。

結局のところ、カップルの考え方次第で、どっちから初キスなのかが変わってくるんですね。

  • 自分から初キスしたい派:相手からだと「誰にでも同じことをするのかな」と思ってしまう
  • 相手に初キスされたい派:自分からだと相手の方がその気でなかった時に気まずい
  • どっちでもいい派:お互いが良ければどっちからでもいい

必ずしも相手があなたからの初キスを、プラスの気持ちで受け入れてくれるとは限りません。

相手がどういうタイプの人なのか?今どういう気持ちでいるのか?よく見極めることが大切です。

おすすめの初キスのタイミング4つ!

「デートしてくれれば、いつキスしても大丈夫!」なんて思っていませんか。

実は初キスのタイミングは、人によって考え方が全然違うこともあるんですよ。

相手の様子を見ながら、的確なタイミングを逃さないようにすることが大切です。

いつ初キスをしたら良いのか?おすすめの初キスのタイミングを4つ挙げてみました。

3回目くらいのデート

まず一番におすすめの初キスのタイミングは、「3回目くらいのデート」です。

初めの1~2回のデートの時は、二人っきりで過ごせると言うだけでもドキドキします。

こんな時に初キスをしてしまうのは、何となく勿体ない感じがしませんか。

場合によっては、せっかくのドキドキ感を潰してしまうことも!

3回目くらいのデートで初キスを決めれば、最高に良いドキドキ感になりますよ。

何かのイベントの時

「何かのイベントの時」も、初キスをするにはグッドタイミングです。

カップルに嬉しいイベントと言えば、お花見、夏祭り、紅葉、クリスマス、バレンタインなど。

こういうイベントの時は、二人の時間も今まで以上にドキドキします。

せっかくのドキドキ感を潰さないよう、自然な流れを作りやすくて良いタイミングです。

お互いの記念日

おすすめの初キスのタイミングと言えば、「お互いの記念日」もです。

お互いの記念日と言えばお互いの誕生日以外に、付き合って1ヶ月記念日もありますよね。

こういう日もカップルにとっては、イベントと同じくらいドキドキするものです。

「3回目のデートは逃してしまったけど、お互いの記念日はまだこれから!」と言う方はいませんか。

まだお互いの記念日が残っているなら、ぜひ初キスにチャレンジしてみてくださいね。

相手に好きと言われた時

「相手に好きと言われた時」も、自然な流れで初キスをしやすくておすすめのタイミングです。

好きな相手からキスされて、嫌な人間はいません。

ただ、あまり恋愛慣れしていない相手だと、突然のキスはビックリしてしまうことも!

相手の表情や態度を見ながら、慎重に行動した方が良いでしょうね。

初キスの上手な誘い方

初キスはただ積極的にすればいいものではなく、上手に誘うのがポイントです。

雰囲気がイマイチだと、せっかくの初キスも台無しになってしまいますよね。

そうならないためにもあなた自身も役者になって、自然な流れを作りたいところです。

どんなふうに初キスを誘ったら良いのか?初キスの上手な誘い方を見ていきましょう。

軽く相手を抱きしめてみる

初キスの上手な誘い方ですが、勇気のある方は「軽く相手を抱きしめてみること」です。

抱きしめる勇気がない場合は、相手にちょっともたれかかってみるのも良いでしょう。

一気に相手のパーソナルスペースに入り込めるので、急激に相手との距離を縮められます。

あとは自然な流れで少しずつ顔を近づけて、初キスにチャレンジするだけです。

暫く相手と視線を合わせる

「暫く相手と視線を合わせる」のも、初キスを上手く誘うのに効果的です。

付き合ったばかりだと照れ臭くて、相手から視線を背けてしまう方も多いのではないでしょうか。

でも、相手と視線を合わせることは、心の準備が整ったサインにもなりますよね。

相手と視線を合わせてみて、相手も自分のことを見ようとしてくれているならチャンスです。

このまま顔を近づけてキスをすれば、自然な流れで初キスができます。

相手の手を握ってみる

初キスの上手な誘い方として、「相手の手を握ってみること」もおすすめです。

手は相手の体の中でも、もっとも安心して触れやすい場所なのでは?

比較的ハードルが低い場所だからこそ、敢えて自然に力を入れてみるんです。

この時、視線はできるだけ相手と合わせた方が良いでしょう。

自然な流れで顔を近づけて、初キスに発展しやすくなるかもしれません。

初めに頬に軽くキスをする

いきなり本格的なキスに抵抗があるなら、「初めに頬に軽くキスをすること」でも良いでしょう。

相手の唇を狙うよりも、頬を狙う方がハードルは低めです。

頬以外の場所だと、おでこも比較的ハードルが低いですよ。

相手がその気ならそのまま、本格的な初キスに進める可能性があります。

「キスしたい」と言ってしまう

思い切って「『キスしたい』と言ってしまうこと」も、初キスの上手な誘い方です。

キスしたいと言ってしまうのって、言い方によっては図々しく感じられるかもしれません。

でも、控えめな感じで言ってみれば、可愛らしく思ってもらえますよ。

きちんと相手の許可をもらって、安心して初キスを迎えたい方にはおすすめです。

初キスにベストな場所やシチュエーションを解説!

初キスはタイミングだけ良くても、場所やシチュエーション次第でイマイチになってしまうことも!

結局はタイミング・場所・シチュエーション、全てがベストな状況でないといけないんですね。

逆に全てが上手く行けば、ロミオとジュリエットみたいに素敵なカップルになれます。

初キスにはどんな場所やシチュエーションが最適か?解説しましょう。

景色のいいデートスポット

初キスに最適な場所と言えば、やはり「景色のいいデートスポット」ですよね。

中でも特におすすめなのが、港や海辺、展望台など夜景が綺麗に見える場所。

こういう場所はロマンチックで、もっとも恋心が燃え上がりやすいです。

特に夜は比較的キスを断られにくい時間帯なので、初キスにおすすめですよ。

2人っきりの公園

初キスに最適な場所と言えば、「2人っきりの公園」もおすすめですよ。

公園は私たちにとって身近な場所なのですが、実は初キスの人気場所でもあります。

昼間の公園は子供たちが遊んでいて、あまりデートには向かないかもしれません。

でも、夜は人がいることはほとんどなく、2人っきりになりやすい静かな場所です。

観覧車の中

「観覧車の中」も初キスに人気の場所で、ゆったり動く密室空間と言うのがいいですよね。

昼間の観覧車も遠くの景色が見えて良いのですが、一番のおすすめはやはり夜景です。

観覧車から見える夜景は、海の近くで見える夜景とはまた違ったロマンがあります。

但し、低い位置だと人に見られてしまうことがあるので、タイミングには十分に気を付けましょう。

自分or相手の車の中

密室空間で初キスにベストな場所として、「自分or相手の車の中」もおすすめです。

車は色々な場所に移動できますし、あなた次第でロマンチックな場所に出かけることも可能!

2人っきりになれる静かな場所に着いたら、初キスにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

もちろん車の中だからと言って、強引に関係を迫るのは絶対にNGですよ。

自分or相手の自宅

「自分or相手の自宅」は車の中以上に、人目が気にならない密室空間でいいですよね。

相手が自分の自宅に来てくれたり、自分が相手の自宅に呼ばれたり。

これって信頼関係が築けていないと、なかなかできないですよね。

特に現在のコロナ禍だと、お互いの自宅で過ごすのは比較的ハードルが高い方でしょう。

良い雰囲気になった時に、勇気を出して初キスにチャレンジしてみるといいですよ。

帰り際に相手が寂しがった時

初キスに最適なシチュエーションと言えば、まずは「帰り際に相手が寂しがった時」です。

帰り際に寂しく感じると、

  • もう帰るの?
  • 寂しいな。
  • 次はいつ会えるの?

なんて言う言葉が、相手の方からあるかも!

こんな時に「また会えるから大丈夫。」と言って、初キスして別れるのも良いでしょう。

あなたも安心ですし、相手の方もきっと安心してくれますよ。

ディナーの前

特に女性に多い初キスのシチュエーション希望が、「ディナーの前」なんだとか。

なぜディナーの前かと言うと、ディナーで思いっきりお酒を飲んでしまう方もいるのでは?

「酔っぱらった勢いではなく、正気の時に愛情をぶつけて欲しい!」

これが世の中の多くの女性の本音なので、やはり大切な初キスはお酒が入る前がおすすめです。

ディナーの前に夜景を楽しんで、自然な流れに任せて初キスをするのも良いのではないでしょうか。

初キスを成功させるポイント

どういうタイミング・場所・シチュエーションでも、成功するためにはやり方が大事です。

逆にやり方を間違ってしまうと、良いタイミング・場所・シチュエーションでも失敗することが!

最大限の準備をして、お互いに気分よく初キスを迎えられるといいですよね。

初キスを成功させるにはどうしたらいいか?初キス成功のポイントを挙げてみました。

ある程度は距離を縮めておく

初キスを成功させるポイントと言えば、まずは「ある程度は距離を縮めておくこと」です。

  • まだ告白もOKしてもらっていない
  • 付き合ってそれほど時間が経っていない
  • 会話があまり弾まない

このような状況で初キスをしようと思っても、上手く行く可能性は低いと考えた方が良いでしょう。

初キスを成功させるためには、事前に相手の警戒心を取り除いておくことが大切です。

焦ってアプローチするより、少しずつ自然な流れで距離を縮めていくことをおすすめします。

謙虚さを見せつつも甘えてみる

「謙虚さを見せつつも甘えてみること」も、初キスを成功させるのに効果的です。

ぐいぐい来る相手だと、何となく逃げたくなってしまうことも!

でも、少し遠慮がちな姿勢を見せると、相手から積極的に来てくれることがあります。

この時に甘えてみせると、可愛く思ってもらえるかもしれませんよ。

一緒に過ごしている時はずっと笑顔

初キスを成功させるコツとして、「一緒に過ごしている時はずっと笑顔でいること」も大事です。

相手の笑顔を見ていると、自然と自分まで笑顔になりませんか。

あなたが笑顔でいれば、緊張した相手の表情もきっと柔らかくなるはずです。

安心感からちょっと顔を近づければ、初キスになるかもしれません。

キスの前に手をつなげる関係になっておく

初キスを成功させるためには、「キスの前に手をつなげる関係になっておくこと」もおすすめです。

手をつなげる関係をすっ飛ばして、初キスに挑戦するのも決して悪いことではありません。

でも、急接近は状況によって結果が変わるので、比較的リスクが高くなります。

手をつなげる関係になっておけば、急接近と比較してお互いに安心感はありますよね。

初キスは焦ったり急いだりせず、ゆっくり相手との関係を築いてからでも遅くありませんよ。

視線を合わせる時間を増やす

「視線を合わせる時間を増やすこと」も、初キスを成功させるポイントです。

相手をチラッとだけ見て、すぐに視線を逸らすのは簡単ですよね。

一方、じっと相手の目を見つめるのは、緊張感からハードルが高くなります。

お互いにじっと見つめ合うことができれば、相手の方も心の準備ができているはず!

少し顔を近づけて嫌がられることがないなら、そのまま初キスにチャレンジしてみても良いでしょう。

さりげなく「好き」と言ってみる

初キスのタイミングが見つからなければ、「さりげなく『好き』と言ってみること」もおすすめです。

きちんと構えて「好き」と言ってしまうと、失敗した時に逃げ場がなくなりますよね。

でも、流れに任せてさりげなく「好き」と言う分には、失敗した時に冗談で済ませることができます。

相手の気持ちを探ることもできて、便利なアプローチ方法ですよ。

顔を近づけて相手が嫌がっていないかチェック

「顔を近づけて相手が嫌がっていないかチェック」も、初キスを成功させるポイントです。

どんな人でも基本的に苦手な異性に、パーソナルスペースに侵入されることを嫌がります。

パーソナルスペースに一歩でも入ることができれば、あなたは相手に受け入れられてると言うこと。

顔を近づけて相手の様子を見ながら、初キスにチャレンジしてみるといいですよ。

初キスの注意点

嫌がっている様子があればすぐに止める

初キスで注意した方が良い点と言えば、「嫌がっている様子があればすぐに止めること」です。

嫌がっているのに無理強いしたり、しないといけない雰囲気にさせたりは絶対にNG!

無理に初キスできたところで、これから相手に拒否されてしまう可能性が高まります。

好きな相手と長く付き合うためにも、初キスはお互いに無理なく楽しめるのが一番です。

口周りのケアはきちんとしておく

初キスでも2回目以降のキスでも、「口周りのケアはきちんとしておくこと」は大事な注意点です。

  • 口臭対策をしっかりしておく
  • 鼻の穴や周りを清潔にしておく
  • リップクリームや口紅を塗りすぎない

誰もが不快に感じるのは、臭い・不潔さ・べたべた感などでしょう。

どんなに好きな相手との初キスでも、このようなものは嫌な思い出になってしまいます。

初キスを素敵な思い出にするためにも、香りや清潔感、心地よさには気を遣いたいですね。

目は閉じて息は控えめにする

「目は閉じて息は控えめにすること」も、初キスの時に気を付けたいことです。

目を空いたままのキスは、相手がビックリしたりドキドキしたりしてしまいます。

息を吸ったり吐いたりしてキスしても、雰囲気が崩れてしまいますよね。

お互いに気持ちを落ち着かせるためにも、目は閉じて息は控えめにするのがおすすめです。

まとめ

初キスを成功させるためには、タイミング・場所・シチュエーション・コツなど色々なものが大事!

どれかがかけていても、相手をがっかりさせてしまう可能性があります。

相手の様子を見ながら、慎重にアプローチすることが大切です。

一度失敗してしまうと、再アプローチの難易度が上がってしまうことが!

成功率を上げるためにも、事前のシミュレーションはきちんとしておきたいですね。

コメント