当サイトには広告が含まれます。
結婚迷うならやめた方がいい?

結婚迷うならやめた方がいい?

結婚が決まったり、プロポーズされたりしたときは、気分は最高頂ですよね!

しかし、幸せのはずなのに、なぜか気持ちが上がらないこともあります。

このまま結婚していいのかな…」と、結婚に迷いが出てくることも。

結婚を迷うならやめた方がいいのか、それとも気にせず結婚した方がいいのか、どう判断をしていけば良いのでしょうか?

「結婚迷うならやめた方がいい」は本当?

花を持っている結婚するか迷っている女性の後姿

やめる・やめないの選択をするとき、「迷うならやめておく」答えを出す人は多いです。

ただ、その問題が結婚となると、相手がいるからこそ簡単には選べなくなってしまいますよね

しかし、結婚を迷うならやめた方がいいのかもしれません。

なぜ結婚を迷ってしまうのか、そして迷うならやめた方がいい理由をチェックしてみてください。

結婚を迷って「やめたほうがいい」と思ってしまう理由6つ

ウェディングドレスを着ている結婚するか迷っている女性

結婚を迷ってしまうのは、どんなときに多いのでしょうか?

「やめた方がいいのかも」とまで思ってしまう、あるあるな理由を紹介していきます。

「もっといい人がいる」と思ってしまった

結婚は、「生涯に一度!」と思ってするものですよね。

「離婚できるから…」なんて思いながら結婚すれば、幸せな結婚生活は見えてこないからです。

そのため結婚をするときは、人生の賭けに出ると言っても良いでしょう。

だからこそ、結婚が決まったとしても「本当にこの人でいいのかな」「もっといい人がいるんじゃないかな」と迷いが出てしまうのです。

迷って結婚して後悔した体験談を聞いた

結婚が決まると、周りの結婚話が耳に入るようになります

結婚が決まる前は「自分には関係ない」と聞き流していた話でも、印象に残るでしょう。

特に「結婚しても幸せになれない」「結婚して後悔した」といったネガティブな話は、インパクトが大きいです。

結婚生活に希望がないように思えてしまえば、「結婚はやめた方がいいのか」と迷ってしまうでしょう。

相手や相手の家族に不満がある

好きな人だからこそ結婚を決めるものですが、相手がパーフェクトな相手だとは限りませんよね。

どこかしら不満があり、見ないフリをしていたとしても、結婚となれば気になってしまものです。

また、相手ではなく、相手の家族と気が合わない場合は、余計に結婚への迷いが出てきてしまいます。

「毎日会うわけでもないし、我慢すればいいのかな」と思っても、迷いは残るでしょう。

引っ越しや転職など環境が大きく変わる

結婚をすると、環境が大きく変わることがあります。

もちろん、中には今までとあまり変わらない生活を送れるケースもありますが、相手に合わせて住む場所や仕事を変えたりするケースもありますよね。

相手と一緒に暮らす生活が始まるだけでも、「これからやっていけるかな」と不安が出てくることは多いです。

それだけでなく、周りの街も仕事も何もかもが新しくなるとすれば、心の不安はより大きくなるでしょう。

新しい環境でうまくやっていけるかどうか不安になったときは、結婚を迷う気持ちも出てくるようになるのです。

経済的な不安がある

結婚は、二人で一緒に生活していくことがメインですよね。

そのため、生活をしていく上で欠かせないお金に不安が出てくると、結婚する前から迷いは大きくなります。

また、自分の経済力だけでなく、相手の経済力にも不安があれば、二人の未来は見えなくなるでしょう。

お互いに好き同士であれば、気持ちのまま結婚を決めることもありますよね。

しかし、生活の現実的な部分が見えてくると、結婚に迷いは生じてきます。

価値観にズレがある

付き合っているときは、価値観に多少のズレがあっても、そこまで気にならないことが多いです。

しかし、結婚は一生もの

二人のズレがず〜っと続いていく…となると、結婚することに迷いが出てきます。

特に、金銭感覚のズレや、食の好みのズレは、結婚生活において喧嘩や不満が溜まる原因にもなりかねません。

結婚迷うならやめた方がいい理由3つ

モノクロのウェディングブーケ

結婚を迷うならやめた方がいいのは、どうしてでしょうか?

ここからは、その理由を一緒に見ていきましょう。

結婚に迷ってる時点でダメ?!

実は、結婚に迷いが出てきている時点で、結婚はするべきではないでしょう。

結婚は、その後の人生を大きく左右するものです。

「やって後悔するよりやらない後悔の方が大きい」とよく言われますが、結婚だけは後から後悔しても遅いのです。

また、迷いのあるまま結婚をすると、その後の結婚生活にも支障が出てきます

少しでも何か迷いがあるなら、結婚には一度ストップをかけるべきかもしれません。

「迷う原因」があるならやめておくべき

あなたが結婚に迷うのは、どんな理由でしょうか?

もしも、ハッキリとした原因があるなら、その結婚はやめておくべきでしょう。

例えば、以下のような迷いの原因があるケースには注意が必要です。

結婚を迷う原因

・相手に不満がある
・相手の家族と気が合わない
・どちらかが仕事がうまくいっていない
・今の生活環境を本当は変えたくない

原因から目を背けてしまえば、結婚後も一生その迷いはついてまわるものとなります。

「あのときやめておけば…」と後悔する可能性は非常に高いでしょう。

そうなると、幸せな結婚をすることは難しくなってしまいます。

嫌な予感や直感は当たる

人には、危険を察知する本能が備わっています。

なんとなく「危なそうだ」と感じた場所には近づかなかったり、危なそうだと思う人とは距離を置いたりしますよね。

嫌な予感や直感が当たるのは、生きていく上で必要なことだからです。

結婚に迷いが出てきているときも、実は同じ状態だと言えます。

「このまま結婚をしてしまったら、自分は幸せにはなれない気がする…」と人生の危険を感知しているのです。

結婚を迷うなら、自分の気持ちに従ってやめておいた方がいいのかもしれません。

妥協して結婚するのも大事?

妥協して結婚したけど楽しそうな夫婦

結婚を迷うならやめておくべきですが、場合によってはそのまま結婚した方が良いケースもあります

結婚に迷ったときは、次の項目を自分に当てはめてみましょう。

自分が結婚するべきかどうかが見えてくるはずです。

不安なだけなら結婚してOK

結婚に迷ったときに注意したいのが、その迷いに原因があるのかどうかです。

「結婚して大丈夫かな」「この人で良いのかな」と思ったとき、その理由はあるでしょうか?

何か理由がなく、漠然として不安だけを感じる場合は、マリッジブルーの可能性が高くなります

相手に不安を話してみてれば、結婚への迷いはなくなることも多いです。

実際、いざ結婚してみても幸せになれるはずですよ。

結婚を決めた理由を思い出してみる

結婚を決めたときは気持ちが盛り上がっていても、結婚するまでに迷いが出てくることは多いですよね。

そんなときは、結婚を決めた理由を思い出してみましょう

結婚を決めた自分の気持ちと向かい合ってみることで、「やっぱり結婚したい」「結婚しても大丈夫だ!」と気持ちが固まることも多いです。

また、結婚を決めた理由を思い出したとき、「この結婚はするべきじゃない」と答えが出る場合もあります。

どちらにせよ、自分がどうしたいかがハッキリするので、まずは自分の気持ちを思い返してみてください。

この人と結婚していいのか迷う…判断材料4つ

結婚の判断材料を考えている二人

結婚に迷いが出てくると、「この人で本当にいいのかな…」と思う気持ちが強くなりますよね。

そんなときは、結婚していい相手かどうかを、もう一度見極めてみましょう

結婚していいのか迷ったときは、次のチェックリストに当てはまるかどうか、診断してみてください。

相手からの愛情は伝わってくる?

結婚の定義はたくさんありますが、愛情あることがやはり大前提です。

自分に好きな気持ちがあることはもちろん、相手からも愛情は伝わってくるでしょうか?

愛されていると実感することができれば、結婚生活を不安に思うことはありません。

何かすれ違いがあったとしても、相手が自分を愛してくれてさえいれば、一緒に乗り越えていくことができるでしょう。

好きな人であれば、大抵のことは許してしまえるし、我慢もできます。

それだけ愛情のパワーは大きいので、相手からの愛情があるかどうかは一番に再確認しておきましょう。

自分の気持ちを素直に伝えられる?

結婚生活は、どんなにラブラブな二人でも、多少なりともストレスが溜まっていきます。

仕事や人間関係など、生活する中でのストレスはなくならないからです。

それでも、自分の気持ちを出すことができる相手がいれば、ストレスは軽減されます。

反対に、自分の気持ちを出すことができない相手といれば、ストレスはより肥大化してしまうでしょう。

あなたは、結婚する相手に自分の気持ちを素直に伝えられているでしょうか?

結婚生活は、隠しごとがない方がうまくいきやすいです。

いつでも相手に本音を言い合えるようであれば、二人の信頼関係は強くなるからです。

もしも、自分の気持ちを我慢してしまうようであれば、結婚は少し待った方が良いのかもしれません。

結婚生活でも、我慢を強いられることは目に見えています。

まずは、相手に自分の本音を伝えることから始めてみましょう。

自分の家族や友達を大事にしてくれてる?

結婚は、二人だけでするものではありませんよね。

最も近い存在にお互いがなるため、必然的に家族や親戚、友達も巻き込むことになります。

家族や友達と一線を引いてしまうような相手であれば、結婚はやめた方が良いのかもしれません。

反対に、積極的に関わりを見せてくれたり、大切にしてくれたりするようであれば、結婚相手として最適だと言えるでしょう。

結婚相手だけではなく、その周りも大事にできる人であれば、結婚後も幸せになれることは間違いありません。

迷ったときは周りに相談するのもアリ!

結婚に迷ったときは、一人で抱えこまないことが大切です。

最後は自分自身で決めることであっても、誰かに相談してみましょう

友達や家族など身近な相手に相談するのも、もちろんアリです。

ただ、もっと客観的な目が必要だと思ったときは、全く関係のない第三者の手を借りてみてください。

特におすすめなのが、電話占いです。

あなたの気持ちと、相手との相性を冷静に判断してくれるので、真実に近い答えを聞くことができます。

エキサイト電話占いなら、24時間365日対応が可能なので、時間も場所も選ばずに相談することができます。

在籍している230名の占い師の中でも人気が高い灯先生なら、自分でもわかっていなかった結婚に対する迷いを徹底的に見抜いてくれます。

一度相談をしてみれば、「この人でいいのかな」といった迷いは消えて、自分がどう結婚に進んでいけばいいのか、二人の運命が見えてくるはずです。

今なら新規登録で2500円分が無料になるので、結婚に迷うならやめた方がいいのか、答えを聞いてみましょう。

まとめ

男性に抱きついている女性

結婚するべきか迷い始めてしまうと、簡単に答えは出なくなりますよね。

それでも結婚の話はどんどんと進んでしまい、気持ちは焦るばかりでしょう。

そんなときは、相手と向き合う前に自分の気持ちをまずはハッキリさせましょう

特に、結婚に迷う原因がわかれば、自分の本当の気持ちがわかるようになってきます。

また、どうしても答えが出ないときは、電話占いに頼るのも悪くありません。

人にうまく伝えられない悩みだからこそ、プロの占い師から判断を聞いてみると、目の前の道が開けてくるかもしれませんよ。

コメント