当サイトには広告が含まれます。
40歳過ぎると結婚はほぼ不可能と言われる理由

40歳過ぎると結婚はほぼ不可能と言われる理由

結婚は、その人にしかないタイミングでやってくるものです。

しかし年齢が上がっていくたびに、結婚のタイミングを逃してしまったように感じることが多くなりますよね。

40歳を過ぎると、「結婚はもうできないのではないか…」と不安を煽る考えも湧いてきます。

なぜなら、40歳を過ぎると結婚はほぼ不可能に思えてしまう理由があるからです。

ただ、40歳を過ぎてから結婚できた人も、少なからずいるのが事実です。

そこで今回は、40歳を過ぎてからの結婚に対する認識や課題を深掘りしていきます。

まずは、どうして40歳を過ぎると結婚は不可能だと言われるのか、理由を見ていきましょう。

40歳過ぎると結婚はほぼ不可能な理由

妊娠が難しくなるから

40歳を過ぎると、女性の体はだんだんと妊娠しにくくなっていきますよね。

もちろん、今は不妊治療も発達してきていて、絶対にできないことはありません。

ただし、20代の頃と比べて治療が必要になるなど、妊娠するまでに費用がかさむ傾向が高くなります。

男性が結婚を考えるとき、自分の子供も一緒に欲しいと考えることは多いです。

そのため、年齢が上の女性を結婚相手の候補として外すことも多くなってくるのです。

結婚相手への理想が高くなるから

40歳を過ぎると、それなりに恋愛経験ができてきますよね。

また、周りに既婚者が増えてくるため、現実の結婚生活には嫌な部分や後悔があることも知っていきます。

だからこそ、40歳を過ぎると結婚相手への理想はどんどんと上がっていくようになるでしょう。

例えば、結婚に失敗して離婚した友人を見たときは、自分はそうならないようにしようと学ぶでしょう。

そうなると結婚相手への条件が増えていったり、結婚への期待値もグッと上がってしまうのです。

理想が高くなればなるほど、出会える男性の数は少なくなっていくため、結婚できるチャンスも一緒になくなっていくのです。

出会いが少なくなるから

40歳を過ぎると、自然と出会いが減っていきます

なぜなら40歳を過ぎる頃には、多くの人はドキドキするような恋愛よりも、長く一緒にいれる結婚相手のようなパートナーを求め出します。

そのため、既婚者やすでに長く付き合っている彼女持ちの男性が周りに増えてくるでしょう。

そうなると「結婚を前提に出会いを探したい」と思っても、フリーの男性との出会いは見つからないことが多くなってくるのです。

生活のこだわりが増えてくるから

独身生活が40歳を過ぎてくると、自分のルーティンが毎日に生まれてきますよね。

生活のこだわりもどんどんと増えていきます。

ただし、こだわる部分が多くなると、それだけ誰かと一緒に暮らすことが難しくなってくるため注意しなければいけません

「洗剤は絶対に〇〇のメーカー」「朝食は絶対に○時に食べる」など些細なこだわりでも、数が多いと相手は暮らしにくいと思うからです。

40歳を過ぎてから婚活をする場合は、生活を変化させる覚悟も必要になってくるでしょう。

年下男性を好きになりやすいから

20代など年齢が若いときは、年上の男性に憧れるものです。

しかし40歳を過ぎると、年上の男性はミドル世代になってくるため、興味は薄れていくでしょう。

その代わり、今度は年下男性に目がいくようになるのです。

ただし、年上好きな男性がいたとしても、多くは年下の女性を好む男性が多いです。

40歳を過ぎた女性と、40歳よりも下の男性の関係は平行線で比例していて、交わることがないのです。

そのため、好きになった男性が振り向いてくれないなど、40歳を過ぎると希望通りの相手を見つけるのも難しくなってしまうのです。

40歳過ぎてからの結婚に対する認識

40歳を過ぎてからは、結婚に対する認識を変えなくてはいけません

どんなことを中心に考えを変えていくべきなのか、チェックしてみてください。

本当に結婚したいのか考える

40歳を過ぎてからまず考えたいのが、結婚についてです。

今まで結婚のタイミングを逃していたのは、深層心理では自分は結婚をしたくなかったからなのかもしれません。

そのため本当に結婚したいかどうか、自分としっかりと向き合うようにしてみてください。

特に結婚に対して焦りを感じているのであれば、なおさら立ち止まって自分の考えを見直すことが大事になってきます。

結婚への焦りは、自分の中から生まれるものよりも、外からの環境によって生まれることが多くなってくるからです。

周りが2人ほど子供をすでに作っていたり、結婚して幸せそうだったりすると、自分と比べて焦りを自己発電してしまうでしょう。

婚活を後回しにしない

40歳を過ぎてからの婚活は、自分が余り物のように感じて、恥ずかしく思うことが増えていくかもしれません。

そのため、婚活をしていること自体を言えなくなってしまうことも、珍しくないのです。

仕事や趣味など言い訳を作って、婚活を後回しにしている40代女性は多いでしょう。

しかし、本当に結婚をしたいと考えているのであれば、婚活は最優先事項です。

40歳を過ぎたからこそ、積極的に婚活を利用していきましょう。

いつかできると思わない

結婚ができない原因は、心のどこかで「いつかできる」と思っているからです。

しかし結婚は、どの年代でもいつかできると思っているだけでできるものではありません。

特に年齢が上がるにつれて、結婚できる確率は下がりつつあるのが現実です。

40歳を過ぎてからは、いつか結婚できると思うのではなく、実際に結婚へと行動を踏み出すようにしましょう

待つだけでは、恋愛も結婚も自分の元に運ばれてはきません。

結婚は自分から狙いにいくものだと、認識を改めましょう。

40歳以降の結婚の課題

40歳以降で結婚を成功させるには、20代や30代の頃の結婚観のままでいてはいけません。

40歳以降の結婚にはどんな課題があるのか、チェックしていきましょう。

体力をつける

40歳以降で結婚をするには、実は体力が必要になってきます。

なぜなら、40歳以降の婚活は疲れを感じることが多くなってくるからです。

これは精神的な部分だけでなく、純粋に体力部分でも同じことが言えるでしょう。

服やメイクを考えて婚活会場に向かい、そこから基本的には立って移動して数人の男性と話をします。

婚活パーティーの場合は、1時間以上立ちっぱなしになることもあるため、ヒールがあるパンプスなどを履いていれば、疲れが出てきます。

また休みの日や、仕事が終わってからのオフの時間を利用して男性と会うことになれば、自分が休める時間は少なくなるでしょう。

婚活は精神的にタフなだけでなく、体力にもタフさがあることが、40歳以降の女性が成婚まで辿り着くためのポイントになります。

自己肯定感を上げる

40歳以降の結婚には、自己肯定感を上げておくことが欠かせません。

なぜなら、40歳以降で婚活をしていると、自己肯定感は下がり気味になるからです。

「40歳以上だから誰にも相手にされない…」「40歳でパートナーがいないなんて恥ずかしい」などと、年齢を理由に惨めな気持ちは増幅されやすくなります

きっかけは年齢だったとしても、一度自信をなくしてしまえば自分の見た目や知識など、いろいろな部分が他の人よりも劣っているように感じて、自信はどんどんなくなっていくかもしれません。

しかし、40歳以降でも結婚できた女性はたくさんいます。

40代の女性だからこそある魅力を思い出して、自信を失わないようにしましょう。

また、ネガティブな思考を持っている女性に男性の目はいかなくるため、注意が必要です。

過去の自分に縋らない

40歳を過ぎてからの結婚が難しくなるのは、過去の自分に縋ってしまうようになるからです。

特に、若い頃にモテた経験があると、今の自分との差にギャップを感じてしまい、現実を受け止めることができなくなります。

自分に自信がないのは良くありませんが、自信があり過ぎるのもまた考えものでしょう。

自分に自信があると、相手への理想条件も自然と上がってきてしまうため、婚活が成功しにくくなるデメリットがあります。

40歳過ぎても結婚できる人の特徴

ここからは、40歳を過ぎて結婚できた人の特徴を紹介していきます。

結婚できた人と結婚できない人にはどんな差があるのか、また結婚できた人は何をやっていたのか確かめておきましょう。

とにかく出会いの場に足を運んでいる

40歳を過ぎて結婚できた人は、とにかく出会いの場に足を運んでいます

さまざまな婚活パーティーを始め、婚活アプリの利用や結婚相談所への登録など、結婚に必要な出会いの方法は、一通り網羅しているでしょう。

周りにも自分は婚活中であることをアピールし、紹介のきっかけを自ら作り出していきます。

また、飲み会の誘いなど、どんな誘いにもフットワーク軽く参加するのが特徴です。

人が集まる場所に積極的に顔を出していけば、自然と出会う人の数も増えて、恋愛に発展するチャンスも多くなるでしょう

理想条件に当てはまらない相手ともデートしている

婚活をしていると、理想条件に当てはまらない男性は切っていくことがありますよね。

理想条件に合わない男性であれば、デートしても時間の無駄だと感じて、誘いがあっても断ってしまうかもしれません。

しかし40歳で結婚できた人は、自分の理想条件に合わない相手とも積極的にデートしています

なぜなら、直接二人きりでコミュニケーションをとることで、理想条件に関係なく良いと思うこともあるからです。

婚活は、プロフィールから相手を自分の頭の中で印象を決定づけてしまうのではなく、直接会ってみましょう

会うことでお互いに気持ちの変化が訪れることがあるため、万が一のチャンスも見逃さないようにすることが大切です。

自立できている

40歳を過ぎて結婚できた人は、自立できている特徴があります。

仕事が楽しく収入も安定していて、自分一人でも家事をこなすことができるなど、仕事にもプライベートにも余裕があると、相手に安心感を与えることができるでしょう。

特に男性は、女性からの依存に敏感になっています。

自立できている女性であれば男性の負担は軽くなるため、「一緒に人生を歩んでいけそうだ」と感じて、結婚相手として想像するようになるでしょう。

40歳を過ぎても長続きする恋愛をするための戦略

40歳を過ぎてからの結婚を可能にするには、まずは40歳を過ぎてからの恋愛を楽しまなくてはいけません。

特に、長続きする恋愛が40歳を過ぎてからは必要になってくるでしょう。

最後に、40歳を過ぎても長続きする恋愛の秘訣を解説していきます。

一緒にいすぎない

40歳を過ぎてから付き合うときは、相手と一緒にいすぎないことを意識しておきましょう。

好きな人とはいつでも一緒にいたいものですが、40歳を過ぎてからは自分の時間も大切にすることが長続きする恋愛の秘訣になるからです。

休みの日は毎日会ったり、毎週末お泊まりの計画を立てたりするような「いつでも一緒!」の関係は、相手に依存を感じさせてしまいます。

20代であれば男性も、彼女からの依存を感じても「まだ経験がないから…」と多めに見てくれるでしょう。

しかし40歳を過ぎた大人の女性から依存されれば、男性は「怖い」と思う気持ちが先にきてしまうのです。

40歳を過ぎてからの魅力は、いかに大人であるかが重要になってきます

恋愛の理想を押し付けすぎない

40歳を過ぎると、過去の恋愛経験から恋愛自体への期待値がグッと高くなる傾向があります。

これは、今までにさまざま失敗を重ねてきたことから、成長した証でもあります。

しかし、自分の恋愛への理想を相手に押し付けてはいけません

特にLINEなどの連絡頻度やデートのタイミング、結婚の話などは、自分の希望を汲んでくれることを相手に期待してしまうので、注意しなくてはいけないでしょう。

まとめ

40歳過ぎると結婚はほぼ不可能と言われていますが、何事にも絶対はありません

40歳を過ぎてから結婚できた人の特徴を参考にして、婚活を進めていきましょう。

また、婚活を成功させるには、今まで結婚に描いていた認識を改める必要があります。

結婚への課題を参考にして、相性ぴったりのパートナーを見つけてみてくださいね。

コメント