PR

恋愛占いを受けるのはどんなとき?実際に当たった方は50%以上!

恋愛占いに関するLaniの同様の調査では、恋愛占いを受けた満足度を含むフィードバックを中心に結果を取り上げています。

しかしながら、恋愛占いを受けようと思った具体的な経緯やきっかけについては不明確なのが現状です。

本調査では、事前調査で得られなかった「恋愛占いを受けるきっかけ」やその具体的な内容を明らかにして恋愛占いを受けるユーザーの実態を明確にしていきます。

調査の仮説

事前調査にて、恋愛占いで相談した内容についてアンケートをとったところ、「結婚」に関する内容が多くみられています。

以上の結果に乗っ取り、今回の調査では「回答者の半数以上が結婚に関する悩みをきっかけに恋愛占いを受けている」という仮説を立てて調査を実施しました。

調査概要

調査期間:2023年3月2日
調査機関:自社調査
調査対象者:恋愛占いを受けたことのある全国の男女120名
有効回答数(サンプル数):120名
調査方法:インターネット(クラウドソーシングサービス)による調査

本アンケート調査結果を引用する際は、LaniのURL(https://lani.co.jp)をご使用のほどお願いいたします。

調査の結果

Q, どんな時に恋愛占いを受けようと思いましたか?

「どんな時に恋愛占いを受けようと思いましたか」という問いに対し、「恋人との行末が気になった時」「気になる人がいる時」と回答した方が最も多くみられました。

今回、回答者のうち半数以上が結婚に関する悩みをきっかけに恋愛占いを受けていると予測を立てましたが、結婚に該当す回答数は少ない結果となりました。

Q, 占いの結果は当たりましたか?

恋愛占いを受けた方のうち、実際に占いが当たったと回答した方は51%、対して外れたという方は49%を占めてしました。

近差ではあるものの、恋愛占いが当たった方の方が多い傾向にあることが明らかとなりました。

Q, 恋愛占いを通じて悩みや問題は解決しましたか?

恋愛占いを通して悩みや問題が解決したか、アンケートの設問を通じて調査を行いました。

結果、「占いとは関係なく解決した」との回答は49%、「占いをきっかけに解決した」という方が28%、「解決していない」と回答した方が23%という割合となりました。

恋愛占いを受けるきっかけとなった具体的な相談内容

恋愛占いを受けるきっかけとなった具体的な相談内容について回答者に回答を求めました。

恋愛占いを受けようと思ったきっかけとして10個選択肢を用意しましたが、ここでは回答数が特に多くみられた3つの項目に着目。それぞれの具体的な相談内容についてご紹介していきます。

恋人との行末が気になった時

ひぴち、20代女性
ひぴち、20代女性

数年付き合っていて、この先結婚できる見込みがあるのか気になり相談しました

まっちゃん、30代女性
まっちゃん、30代女性

長期付き合っていた彼と結婚がしたかったので、どうすれば先に進めるかを相談しました。

「恋人との行末」では、現状において長い間交際している恋人との結婚に関する相談が多くみられました。

付き合いは長いものの、なかなか先に進めないことがきっかけとなっているようです。

気になる人がいる時

ゆーりんちー、30代女性
ゆーりんちー、30代女性

好きな人ができたけど、果たしてその人と付き合えるのかどうか

みく母、30代女性
みく母、30代女性

自分と付き合うことができるか気になって相談しました

「気になる人がいる時」を選択した方の大半は、この先付き合うことができるのかどうか知りたいからという理由をあげていました。

中には、気になる人との相性が気になって相談したという方も。

好きな人がなかなかできない時

nk、30代男性
nk、30代男性

仕事上、出会いが全然無く彼女が出来なかったので受けにいきました。

まる、40代女性
まる、40代女性

仕事ばかりしていて、たまに寂しくなり、この先のパートナーに巡り会うチャンスを聞きたくなる。

「好きな人がなかなかできない時」と回答した方に関しては、仕事柄出会いが無い、あるいは仕事ばかりしていることをきっかけとしている方が多い印象です。

特に、異性との繋がりがあまりない職場であればパートナーとの出会いは気になるところでしょう。

まとめ:「交際相手」「片想い」をきっかけに恋愛占いを受ける傾向にあり

今回、回答者のうち半数以上が結婚に関する悩みをきっかけに恋愛占いを受けていると仮説の下検証を行いました。

結果、結婚に該当す回答数は少なく、「交際相手」「片想い」をきっかけに恋愛占いを受けている方が多いという結果に。

本調査を含め、恋愛占いを受けるユーザーの実態について少しは垣間見えてきたのではないでしょうか。

■今後の展開

今回、恋愛占いにフォーカスを当てて実際に利用するユーザーの実態について明らかにしました。

調査を踏まえ、次に気になるのは「恋愛占いの中でどのような占いの種類を受けたのか」という点。

手相占いや夢占いなど占い方は多種多様。実際に恋愛占いを受けた方の傾向について更に調査を進めていきます。

■関連記事

【恋愛占い実態調査】2人に1人が恋愛占いに満足!実際に相談した感想は?

合同会社Laniについて

合同会社Laniでは、インターネットメディアの企画・制作・運営を行っています。各ジャンルの専門家監修に監修を依頼し「Lani(https://lani.co.jp)」をはじめとするコンテンツを制作しています。

会社概要

社名:合同会社Lani

本社所在地:神奈川県横浜市鶴見区諏訪坂19-26

代表者:須山 輝明 

事業内容:Webメディア事業、コンテンツ制作事業

設立:2021年7月7日

HP:https://lani.co.jp

鈴木健太
執筆者

高校生時代からおよそ5年弱、学業とともにWebライターとして副業を続けてきました。大学にて心理学を専攻しているということもあり、心理学を始めとする対人関係・恋愛のライティングを中心に活動しております。

占い(222)
Lani

コメント