PR
「子持ち男が離婚を決めるとき」5つの決断の瞬間

「子持ち男が離婚を決めるとき」13の決断の瞬間

既婚者の男性を好きになってしまうと、離婚してほしい気持ちが出てきますよね。

ただ、既婚者で子持ち男性となれば、離婚を決めるのは難しいかと諦めの気持ちが出てきてしまうかもしれません。

子持ち男性は他に好きな人ができても、家族への責任を放置することはできないからです。

しかし、日本の夫婦の3組に1組は離婚していると言われている現代です。

子持ち男性でも離婚を決めるときがないわけではありません。

今回はそんな、子持ち男性が離婚を決断する瞬間を解説していきます。

子持ち男性が離婚を決めたときは、どんな行動をとるのかもチェックしてみてください。

また、既婚者の子持ち男性に離婚を決意させるにはどんな方法があるのか参考にしてみると、二人の未来に答えが出てくるかもしれません。

子持ち男が離婚を決めるとき!13つの決断の瞬間

子持ち男性が離婚を決めるのは、多くは家庭環境への不満が関係しているでしょう。

家庭に自分の居場所がなくなったと感じたり、他に居場所ができたと感じたりすると、子持ち男性であっても離婚を決めることがあるようです。

不倫相手に本気になったとき

不倫相手に本気になったとき、子持ち男性は離婚を決めます

子持ち男性にとって、不倫の優先順位は高くありません。

既婚者であり子供がいることから、最優先順位は家族になってくるからです。

次の優先順位としては、仕事です。

家族を養うために仕事が必要で、そんな仕事と家庭の日常のストレスを発散する場として、非日常的な不倫をハマっていくことがほとんどです。

そのため、あくまで不倫は不倫として、遊びの域を出ることはありません。

「離婚する」と口では言っていても、その気がないことの方が多いでしょう。

しかし、不倫相手に気持ちが本気になってしまったとき、子持ち男性は離婚を真剣に考え始めます。

特に、恋愛感情は自分でコントロールができなくなりますよね。

本気で相手を愛してしまえば、優先順位は自然と不倫相手が一番になります

家族への責任を放棄してでも、不倫相手と一緒になりたいと考えた子持ち男性は、離婚を進めていくでしょう。

セックスレスが続いたとき

パートナーとのセックスレスが続くと、子持ち男性は離婚を考え始めます

男性にとって女性とのセックスは、人生における大事なものだからです。

そのためセックスレスが長く続くと、男性はパートナーを大事に思う気持ちが薄れていきます。

自分が男として見られていないと感じることで、相手から居場所がなくなったようにも感じるでしょう

また、パートナー以外の女性と気持ちを発散している場合は、回数を重ねるごとに相手への気持ちが増幅していく傾向もあります。

つまり、セックスレスが続いている子持ち男性は、それだけ不倫相手に本気になりやすいと言えるのです

病気や妊娠などと関係なく5年程セックスレスが続くと、男性はパートナーを見限り、離婚を決めたり考えたりすることが多くなるでしょう。

性格の不一致に我慢できなくなったとき

男性は、女性を受け入れる懐が広い傾向があります。

基本的には、女性に優しくすることを小さな頃から教育されているからです。

そのため、多少の価値観の違いや性格の不一致は、自分が我慢することで相手の女性に合わせようとするでしょう。

結婚生活でもパートナーに合わせることが多く、不満がありながらも日常を送っている子持ち男性は多いです

だからこそ、性格や価値観への不一致の我慢が溜まっていき、爆発したときに子持ち男性は離婚を決断します

また、不倫相手に本気になっていくと、パートナーとの性格の不一致がより気になり始めるため、離婚を決めるときは早くなるでしょう。

パートナーからのモラハラを感じたとき

パートナーからのモラハラを感じたとき、子持ち男性は家庭に自分の居場所がなくなったことを実感します

家に帰るのが苦痛になり、避難場所として不倫相手を求める男性も多いでしょう。

ただ、モラハラを感じても、「子供がいるから…」と結婚生活が苦痛でも我慢しようと子持ち男性はするかもしれません。

しかし、そういった決意は長く続かないことがほとんどです。

モラハラは言葉や態度などで目に見えない精神的な攻撃が行われるため、家庭内でのモラハラがひどくなれば耐え切ることができません。

モラハラをしている側は自覚がないことも、モラハラを助長させる原因になります。

そうなると精神的な病気が発症するケースも多く、離婚を決断せざるをえなくなるのです

子持ち男性であっても、命の危機を感じたときは離婚を決めるでしょう。

子供が不倫相手に懐いたとき

男性が離婚したいと思っても決め切れない理由は、離婚後の生活に不安があるからです。

離婚後の周囲の人間関係や、経済面での心配事はつきません。

特に子持ち男性であれば、離婚後の子供との関係性は重要になってくるでしょう。

そのため子供が不倫相手に懐いた様子を見せると、離婚後の未来に希望が持てるようになります。

子供の親であれば、自身の子供が傷つかない方法をとろうとするのは当たり前のことですよね。

不倫相手と子供との関係が良好であれば、子持ち男性は離婚を決めるでしょう

妻に対する尊敬や信頼が失われるとき

「パートナーが信頼できなくなったとき」、この瞬間は多くの夫婦関係で心の距離が広がる一大イベントといえるでしょう。

特に子持ちであれば、その影響は家庭全体に及びます。

嘘をつかれた瞬間、裏切りを感じたとき、約束が破られたとき、これらは信頼の土台を崩し、夫婦間の絆にひびが入ります。

結婚生活は二人で築くもの。

だからこそ、信頼が揺らぐと、それはお互いの未来にも影響を与えるのです。

お金に関する問題も見逃せません。経済的な不誠実さが明らかになると、それだけで一気に信頼関係が崩れる場合があります。

子供がいると、この問題はさらに深刻です。

子供は親を見て育ちます。

信頼できない環境で育った子供が、将来どのような人間関係を築いていくのか、親としてそのリスクを受け入れられるでしょうか?

信頼は修復可能なものもありますが、一度失われた信頼を取り戻すのは容易ではありません。

そのため、「パートナーが信頼できなくなったとき」は、離婚を考える決断の瞬間と言えるでしょう。

この重大なポイントで何を選択するかは、その人その人の価値観や状況に左右されますが、少なくともこの瞬間は、多くの人にとって離婚の二文字が頭によぎるのを避けられない分かれ道に立たされます。

経済的な問題が解決しないとき

「経済的な問題が解決しないとき」—このフレーズだけで心がざわつきませんか?

特に子供がいる家庭であれば、お金の問題はただの「問題」では済まされません。

これは夫婦間のトラブルを直接引き起こす引き金となることが多いのです。

例えば、一方が隠れて借金をしていたとき。この事実が明るみに出た瞬間、まるでドラマのクライマックスのように、信頼が崩れ去ります。それと同時に、家庭の未来までが怪しくなるんです。

または、日常生活での「浪費癖」。

買い物の際、必要なものと「欲しい」ものの違いがわからないパートナーと暮らしていると、そのストレスは日々積み重なります。

買い物袋から新たなブランド品が次々と出てくる度に、「またか」と思う瞬間、心の中で何かが壊れていく感じがしますよね。

子供がいると、さらに緊迫感が増します。

教育費、将来の計画、子供に何を提供できるのか。これらを考えたとき、お金の問題が解決しないと感じると、その時点で「これ以上は無理かも」と思ってしまうものです。

要するに、お金にまつわる問題は、ただの数字以上のもの。

それは信頼や未来にも影響を与えるんです。だからこそ、「経済的な問題が解決しないとき」は、離婚を考える、あるいは考えざるを得ない大きな瞬間なのです。

簡単に言えば、お金の問題が解決しないと、それは離婚の決断まで一直線という深刻なサインです。

子供の将来に悪影響を与える可能性があると感じたとき

この瞬間は、多くの親が離婚を真剣に考えるタイミングと言えるでしょう。

子供は家庭の中で何を見て、何を感じているのか。それが今後の人生にどう影響するかを考えると、続けていける家庭環境なのか、どうかの判断材料になります。

例えば、夫婦間での口論がエスカレートしている場合。そこで繰り広げられる「大人のやり取り」を、子供が目の当たりにすることで、その子供自身が将来、人間関係でどう振る舞うかに影響を与えかねません。

また、子供がどちらかの親に不健康な依存を見せたときも警戒が必要です。そういう状況は、子供が将来自立する上で障害となる可能性があります。

そして、親が何らかの依存症や精神的な問題を抱えている場合。このような問題が子供に及ぼす影響は計り知れません。肉体的な危害はもちろん、精神的なダメージも考慮しなければなりません。

このような状況では、離婚がもたらす「別れ」や「新しい環境」自体が、むしろ子供にとってより健全な選択肢となる場合もあります。

つまり、子供の将来を最優先に考えると、その答えが「離婚」である可能性も十分に考えられるのです。

子持ち男性にとって、何より大切なのは、子供の幸せと未来です。

そのためにどうするかは、親として最も難しい、でも最も重要な決断と言えるでしょう。

この瞬間が、多くの親にとって大きな転機となり、離婚を考える真剣な理由になるわけです。

妻との価値観や生き方が合わなくなるとき

結婚生活が始まった当初は、多くの夫婦が共通の目標や価値観に基づいて一緒に生活を送っています。

しかし、人は成長し、変化する生き物です。

時が経つにつれ、価値観や目標がズレてくることは少なくありません。

このズレが大きくなると、例えば、子育ての方針で意見が合わなかったり、仕事と家庭のバランスに対する考え方が変わったりすることも珍しくありません。

もちろん、妻が仕事に力を入れるようになり、夫がそれを理解できなかったり、逆もまた然り。こんな状況での摩擦は、まさに「価値観の不一致」です。

たとえば、子持ち男性が趣味や友達との時間を大切にしたいのに、妻は家庭に専念することが最も重要だと考えているとします。こういった場合、どちらも自分の価値観を優先させようとすると、ストレスや疲れがたまる一方です。

このように価値観が大きくずれてきたと感じたとき、多くの男性は「これ以上は一緒にいるのが難しい」と考え、離婚を選択します。

この瞬間が訪れたら、その選択が自分にとって正しいかどうか、冷静に考える時間を設けることが重要です。

ズレた価値観をどう調整するか、または調整できないならどうするか。

この瞬間も、子持ち男性が離婚を考える一つです。

妻の浮気や不倫が発覚するとき

この時点で、多くの男性は「これからどうする?」と頭を抱えます。

なぜなら、妻の行動で築いてきた信頼が崩れ去るからです。

信頼というものは、夫婦の関係で最も大切な土台。

それが崩れたら、もう何もかもが揺らぎ始めます。

さて、この瞬間、多くの人が頭に浮かべるのは、「これまでの結婚生活って、一体何だったんだろう?」っていう疑問ですよね。その瞬間、未来に対する不安と疑いがグッと増え、真剣に離婚を考え始めるんです。

子供がいる場合、その心配は倍増します。なぜなら、妻の浮気の影響が子供にも及ぶ可能性があるから。言い換えれば、夫婦の問題が子供にも波及するリスクがあります。

でも、浮気が発覚したからといって、すぐさま離婚を決めるわけにはいきません。

口では「離婚だ!」というかもしれませんが、子どもがいるからこそ、即決断というわけにはいかないでしょう。

感情が高ぶる中で、冷静な判断をするのは難しい。だからこそ、この出来事は人生の分岐点とも言える、重大な瞬間なんです。

子供のために我慢していた夫婦関係が限界に達するとき

我慢には、ある一定のラインみたいなものが存在します。

ここまで来ると、我慢と耐性が尽きてしまい、「もうダメだ」と感じるときがあります。

我慢というコップの水が溢れた瞬間、離婚が頭によぎるのです。

特にそれは、子供のために我慢してきた結果、自分自身の感情や欲求を押し殺してきたかもしれません。

でも、その“我慢”が積もり積もって、とうとう限界が来た。

これ以上はもう続けられないと感じる時、その感情は止められません。

例えば、我慢してきた夫婦関係の矛盾や不満が、家庭内での口喧嘩やストレスとなって表れることがあります。

それが子供の前で起こると、子供にも悪影響を及ぼす可能性が高くなるんです。

そうなったら、本当に「子供のため」に我慢しているのか、と自問自答する時期が来るわけです。

これは何かと言うと、人それぞれ違うかもしれませんが、明確な「これ以上は無理」というサインが自分自身から出てきます。

その瞬間、多くの男性は我慢の限界を超え、離婚を真剣に考え始めます。

結局、子供のために何を我慢してきたのか、それが本当に「子供のため」であったのか、という点に焦点が当たります。

我慢の限界が来たら、その選択がどれだけ大切で影響力のあるものなのかを理解するタイミングです。

この時が、多くの男性が「子供のため」ならばと離婚を真剣に考慮する、大事な決断の瞬間となるでしょう。

妻からの束縛や干渉が過剰になるとき

配偶者からの束縛や干渉は、初めは気にならなかったり、むしろ愛情の表れとして受け入れられていることも多いです。

しかし、それが次第に過剰になり、自分のプライベートや自由が侵されてくると、その関係性に疲れやストレスを感じるようになるんです。

ときどき、家庭内での自由が限られ、友達と遊ぶ時間もなくなったり、趣味に没頭する時間まで制限されることがあります。

その結果、疲弊してくる自分自身に気づくわけです。

この過程で、「これ以上、続けられるか?」と自問し始めるのが一般的です。

例えば、妻が毎日何度も何度も電話をかけてくる、メールやメッセージで「今どこにいるの?」と聞いてくるような状況。これが日常になると、一層、夫婦関係に疲れが見え始めます。

何より、このような過度な束縛や干渉は、信頼が欠如していることの表れでもあるので、その点も大いに考慮するべきです。

結論として、妻からの過度な束縛や干渉が続くと、心の中で何かが「ポキッ」と折れる瞬間があります。

その時、多くの男性は「もう限界だ」と感じ、離婚を真剣に考え始めます。

自分の人生を変えたいと強く思うとき

人生は一度きり。

その中で、自分が本当に望む人生を生きるためには、時に大きな決断が必要になるわけです。

こういった状況で、何が引き金となるかというと、それは千差万別です。

キャリアの変更、生活のリセット、新しいパートナーとの出会い、これまで経験したことのない冒険に挑むなど、多岐にわたる要因が考えられます。

例を挙げると、ある日突然、自分が今まで何のために頑張ってきたのか、何のために生きているのかという疑問が湧き上がることがあります。このような瞬間に、多くの人は自分自身と向き合い、大切な決断を下します。

たとえそれが、今まで積み重ねてきたものをリセットする形となっても、その選択が人生をより良くするものであれば、後悔することはないでしょう。

また、家庭内でのコミュニケーションが乏しくなったり、パートナーとの間に隔たりを感じたりすると、それが「自分の人生を変えたい」という思いに繋がることもあります。

こういった気持ちが高まると、人は勇気を出してその一歩を踏み出します。

そして多くの場合、その一歩が「離婚」という選択となるわけです。

彼を本気で愛してるなら、リーア先生に相談しよう

これらの瞬間は、子持ち男性が離婚を決める重要なポイントです。

しかし、自分では気づかないことの方が多いでしょう。

彼は、本当にあなたと一緒にいたいのでしょうか?

家庭を維持しながら、不倫関係を楽しんでるだけなの…?

そんな不安や疑問を抱えているあなたに、エキサイト電話占いのリーア先生がおすすめです。

スピリチュアル写真鑑定

リーア先生
人生最深の宇宙意識体験
リーア先生
料金:
1分/ 電話料金 430円
占歴:
19年 7 ヶ月
アカシックレコード/魂・守護霊・先祖・ハイヤーセルフ対話/想念伝達/ヒーリング/浄霊浄化/成就祈願/波動修正/ペットの気持ち/オラクルカード
恋愛全般・恋愛成就・相手の気持ち・性格・行動傾向・未来前世からの引き継ぎ・カルマ・トラウマ解消・未来予知・縁結び・結婚・復縁・別れ・片想い・出会い・不倫・浮気・歳の差・複雑な恋愛・同性愛・職場の人間関係・仕事運・適職・天職・転職・進路・就職・進路・経営相談・人事・開業・廃業・夢・目標・評価・ビジネスチャンス・ビジネスパートナー・仕事の流れで不足しているもの・運命の流れ・人生相談・人間関係・家族関係・夫婦関係・親子問題・家庭問題・親族問題・嫁姑問題・育児・子育て・シングルマザー・ご近所トラブル・嫁姑問題・外見・未来予知・健康・開運・金運・運命の開き・霊的なご相談・ご先祖様・魂の本質・前世・来世・夢診断・ペットの気持ち・ペットとの交信・ペットへのヒーリング・他

リーア先生は、アカシックレコードにアクセスして、彼の過去・現在・未来を見通すことができる占い師です。

彼の本心や気持ち、離婚の可能性やタイミング、あなたへの想いや行動、そして二人の未来をリーア先生が明らかにしてくれます。

リーア先生は、エキサイト電話占いで人気ナンバーワンを記録したこともある占い師です。多くの方から高い評価を得ており、口コミでも「彼の気持ちを的確に言い当ててくれた」「離婚してくれた」「彼と復縁できた」という声が多数寄せられています。

あなたも、リーア先生に相談してみませんか?

今なら、初回最大8500円分無料で鑑定してもらえます。このチャンスを逃さずに、彼との未来を確かめてください。

彼との幸せな未来が待っています。

▶リーア先生の口コミ・詳細はこちら

リーア先生在籍のエキサイト電話占いはこちら

子持ち男が離婚を決めたらとる行動

ここからは、子持ち男性が離婚を決めた後にとる行動を解説していきます。

男性は、言葉よりも行動で気持ちをあらわすことが多いです。

はっきりと「離婚することにした」と言ってこなくても、離婚に向けて動き出していることもあるでしょう。

彼の行動に心当たりがあれば、あなたとの未来を本格的に考え始めていると言っても良さそうです。

貯金を始める

離婚は、結婚するよりもお金がかかることになるでしょう

特に夫から離婚を申し立てるときは、妻側から慰謝料を請求される可能性が高くなります。

子持ち男性であれば、子供が成人するまで高額な養育費を払わねばなりません。

自身が子育てをしていくことになったとしても、シングルファザーとして子供を育てていく費用が必要になります。

また、離婚後に再婚を望んでいるのであれば、再婚する女性との生活費も重要になってきますよね。

離婚をするには、とにかくお金が物を言うのです

そのため離婚を決めた子持ち男性は、貯金を頑張るようになるでしょう。

節約を始めたり仕事を増やしたりと、子持ち男性が何かとお金のことを考えるようになったときは、離婚を決めたときかもしれません。

女性関係を徹底的に隠すようになる

離婚を決めた子持ち男性は、女性関係を徹底的に隠すようになります。

不倫をしていたとしても、パートナーにバレないようこれまで以上に気をつけるようになるでしょう。

もしくは、離婚が成立するまでは不倫関係を解消する子持ち男性もいます。

不倫関係が原因で離婚となれば、多額の慰謝料は免れません。

不倫相手にも、パートナーが慰謝料を請求してくる場合があるでしょう。

子供の心にも「父親が不倫していた」という事実が残るため、離婚間際の子持ち男性は女性関係に敏感になるのです。

また、不倫していた事実がパートナーにバレれば、逆上したパートナーが「絶対に離婚に応じない」と嫌がらせをしてくる可能性も高くなります。

子持ち男性が本気で離婚を決めたときは、できるだけスムーズに離婚ができるよう行動し始めるため、態度が冷たくなったり、しばらく会えなくなったりすることを告げられるかもしれません。

結婚指輪をしなくなる

子持ち男性が離婚を決めると、結婚指輪を外すようになります

元々男性は、プライベートで指輪をつける人が少ないですよね。

結婚指輪は、愛する人がいることの証明としてつけている男性がほとんどで、相手への気持ちが冷めてくるとつけたくない気持ちが強くなるのです。

パートナーの手前つけている子持ち男性でも、離婚を決めたことで相手を気遣う必要性がなくなります。

パートナーに離婚を匂わせる意味でも、離婚を決断した子持ち男性は結婚指輪を外すようになるでしょう。

家に帰らなくなる

パートナーと別れることを決めてしまえば、相手への気持ちは冷めていく一方になります。

そのため離婚を決めた子持ち男性は、家に帰る頻度が少なくなるでしょう。

家に帰りたくない思いが強くなってくるからです。

愛情がない相手と一緒にいたり、居場所がないと感じる場所にいたりするのは、苦痛でしかありませんよね。

残業を増やしたり職場に泊まったり、仕事帰りに飲みに行ったりして、家にいる時間を何とか減らそうとするでしょう。

不倫相手の家に泊まれるようであれば、そこが自分の家のように帰っていくことも多くなります。

子持ち男に離婚を決意させる方法

子持ち男性に限らず、既婚者の男性に離婚を決意させることは難しく思えますよね。

しかしポイントをおさえれば、彼らの離婚に対する気持ちを後押しできるかもしれません。

パートナー以外の女性と関わっている時点で、男性の頭の中には離婚の文字がチラついていることが多いからです。

現実的な方法として考えていなかったとしても、相手と一緒にいることで離婚する未来が見えるようになってくることもあります。

最後に、子持ち男性に離婚を決意させる方法を紹介していきます。

彼の一番の理解者になる

子持ち男性に離婚を決意させるには、彼の一番の理解者になる必要があるでしょう。

男性が不倫をするきっかけは、家庭やパートナーへの不満にあります。

その不満は、自分の気持ちをわかってもらえないことが原因です。

そのため子持ち男性の気持ちを理解する姿を見せることができれば、あなたへの愛情はどんどんと強くなっていくでしょう。

特に子持ち男性は、自分の人生の責任だけでなく、家族への責任にも不安を感じていることが多いです。

そうした不安を一緒に背負ってあげるようにそばにいれば、子持ち男性の気持ちをグッと引き寄せることができるはずです。

経済的なフォローを申し出る

自立した部分を子持ち男性に見せるのも、離婚を後押しする方法の一つでしょう。

子持ち男性の離婚後の不安材料として、経済的な面での心配はつきません。

どんなにお金持ちの男性であっても、離婚後の生活レベルは低くなるからです。

だからこそ、お金がなくても気にならない一面を彼に見せると、子持ち男性は離婚に希望を持てるようになります。

子持ち男性と本気で人生を一緒に歩んでいきたい覚悟があるなら、経済的なフォローを申し出るのも悪くありません。

家庭の不満から子持ち男性が離婚を考えているときは、誰か頼りにできる相手がほしくなるものです。

子持ち男性にとって甘えてくる彼女ではなく、安心できる未来の再婚相手となれば、離婚への気持ちをプッシュすることができるでしょう。

離婚を焦らせない

子持ち男性に離婚を決意させるときに大事になってくるのが、離婚を焦らせないことです。

元々離婚自体が、そう簡単にできるものではありませんよね。

離婚が成立するまでは、数年単位で時間がかかります

子持ち男性であれば、子供の年齢も考慮して離婚する時期を決めなくてはなりません。

不倫関係である二人の愛情がどんなに強くても、離婚をすぐにすることはどうしてもできないのです。

特に離婚を決めた当事者であれば、他人から焦らされることでプレッシャーを感じるようになります。

そうなると、不倫相手への愛情が冷めてくる危険もあるでしょう。

円満離婚から無事再婚の流れに乗るためにも、子持ち男性に何度も離婚の話題を持ち出すのはやめておきましょう。

まとめ

一度離婚を決めてしまえば、子持ち男性は目的に向かって行動するようになるでしょう

ただ、離婚することを言葉でハッキリと言わない傾向があるため、相手の行動から彼の本気度を読み取るしかありません。

離婚するのかどうかをしつこく聞いてしまえば、今度は二人の関係性にヒビが入ってしまうからです。

子持ち男性が覚悟を持って離婚を決めるように、こちらも長期戦になる覚悟を持っていなくてはいけないのです

【Laniから初回15分無料のプレゼント】

電話占いピュアリ 櫟井スミレ先生
夢のような愛の理想を
現実へと結びつける
櫟井スミレ先生
料金:
1分/ 電話料金 380円
占歴:
14年
評価:
4.98
お気に入り:
936
口コミ:
1593
霊感・霊視・霊聴・霊感ルーン・未来透視・未来視・未来予知・過去視・思念伝達・想念伝達・霊感タロット・スピリチュアルリーディング・サイキックリーディング・タロット・エンジェルオラクルカード・ルーン・ダウンジング・オラクルカード・故人との会話・ペットの気持ち・ヒーリング・コンサルテーション・ペンデュラムダウジング・イーチンタロット・ルーン魔術・恋愛トラウマ矯正術・愛する人に世界一愛される術
恋愛成就・出会い・片思い・相手の気持ち・相性・結婚・男心・女心・複雑な恋愛・三角関係・浮気・不倫・復活愛・復縁・国際恋愛・離婚・人間関係・職場の人間関係・対人関係・仕事運・適職・天職・転職・進路・就職・経営相談・開業・夢・目標・家族関係・夫婦関係・家庭問題・夫婦問題・親族問題・育児・子育て・シングルマザー・人生相談・魂の本質・ペットの気持ち・ペット交信・パワーストーン選択

既婚男性の本音を知りたいなら、電話占いピュアリのカウンセラー、櫟井スミレ先生の右に出る者はいないでしょう。

神道の高霊力家系から受け継いだ鋭い霊感で、お相手の本心をズバリ言い当てます。また、Laniからの登録で初回15分無料相談ができるので、その分の費用は一切かかりません。

既婚男性の気持ちがわからないと悩んだら、まずは想念伝達で相手と通じ合える櫟井スミレ先生に相談してみましょう。

櫟井スミレ先生に相談したところ、未読無視/既読無視されていたお相手から電話がかかってきた、相手とのコミュニケーションが円滑になったという奇跡の口コミが多数寄せられています。

ぜひ、初回15分無料を活用して奇跡の体験をしてみてください。

▶櫟井スミレ先生の口コミ・詳細はこちら

櫟井スミレ先生が在籍している電話占いピュアリのキャンペーンはこちら

電話占いピュアリ
初回15分無料はLaniからの登録限定!
Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

浮気・不倫(132)
Lani

コメント