当サイトには広告が含まれます。

彼氏がいるのに他の人にドキドキする理由と対処法

彼氏がいるのに、他の人にドキドキすることってありますよね。

いけないことだと頭ではわかっていても、ドキドキする気持ちを止めることはできません。

だからこそ、「もう彼氏のことが好きじゃなくなったのかな?」と自分の気持ちがわからなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、彼氏がいるのに他の人にドキドキする理由とその対処法を解説していきます。

彼氏に後ろめたい気持ちになったときや、別れるべきなのか悩んでしまったときは、記事を参考にしてみてください。

ドキドキするからと彼氏と別れてしまえば、後悔するかもしれません。

ドキドキする理由がわかれば、自分の本当の気持ちもハッキリ見えてくるはずです。

彼氏がいるのに他の人にドキドキするのは悪いこと?

彼氏がいるのに他の人にドキドキするのは悪いことのように感じますよね。

他の相手と関係はないものの、浮気しているような錯覚に陥ることもあるでしょう。

ただ、彼氏がいるのに他の人にドキドキするのは、悪いことではありません

その気持ちのまま関係を持ってしまえば、浮気として彼氏を裏切ることになりますが、ドキドキする気持ちを持つことは、いけないことではないのです。

なぜなら、相手に惹かれてドキドキしているわけではないこともあるからです。

他の人にドキドキして好きになりそうな気がしているのは、恋に恋しているときと同じ状態のケースもあります。

もしくは、芸能人を見て憧れるのと同じ気持ちとも言えるでしょう。

彼氏がいるのに他の人にドキドキして悪いことになるのは、どうして自分がドキドキしてしまうのか、その理由を放っておくことかもしれません。

彼氏がいるのに他の人にドキドキする理由を知って、もう一度彼氏との関係を見直していきましょう。

彼氏がいるのに他の人にドキドキする理由

ここからは、彼氏がいるのに他の人にドキドキする理由を解説していきます。

気持ちがドキドキすると恋をしたのかと思ってしまいますが、ときめいただけで本格的に恋に落ちることはありません。

もちろん、恋に落ちるきっかけにはなるため、注意しなくてはいけないでしょう。

しかし、彼氏がいるのにドキドキするのは、恋をしたわけではない他の理由が隠されていることの方が多いのです。

彼氏との関係がマンネリ化しているから

彼氏との関係がマンネリ化していると、他の人にドキドキしやすくなります。

付き合い始めは緊張もしているために、彼氏にときめくことが多いですよね。

でも彼氏との関係に慣れてしまえば、ときめきは次第に薄れていきます。

そのため彼氏に恋をしたときのような刺激を求めて、他の人にときめきやすくなるのです。

ただ、これはときめきだけを脳が欲している状態であり、本当に他の人を好きになっているわけではありません。

あなたが求めているのは、ドキドキと恋をしている状態の自分であり、他の異性を求めているわけではないのです

彼氏とマンネリ化しているときに他の人にドキドキすると、「彼氏への愛情が冷めたのかもしれない」と勘違いしがちになるため、注意しましょう。

彼氏以外の男性と接する機会が少ないから

彼氏ができると、他の男性との接触をなるべく減らすようになりますよね。

彼氏に悪いからと、男友達と二人でご飯に食べに行くことも少なくなります。

男女混合のグループの遊びでも、必要最低限の回数に抑えることもあるはずです。

出会いの場に参加するなど、もってのほかでしょう。

そのため彼氏ができると、他の男性と接する機会が少なくなり、男性への免疫が薄れていきます

もちろん彼氏も男性ですが、安心できる特定の男性とばかり接していると、いざ他の男性と接したときは緊張してしまい、ドキドキすることが多くなるでしょう。

つまり、恋をしてドキドキしているのではなく、恋愛未経験者や男性慣れしていない女性と同じ心理状態になっていると言えます。

どんなにドキドキしてもそれは恋ではなく、未知の相手に対して敏感に反応しているだけなのです。

彼氏とは違うタイプの男性だったから

彼氏と付き合っていれば、彼氏のようなタイプの男性について詳しくなっていきますよね。

例えば、草食系やオタク系と呼ばれる男性と付き合っていれば、彼らの言動をある程度予測することができます。

だからこそ、彼氏と違うタイプの男性と出会ったときは、ドキドキしてしまうことが多くなるでしょう。

自分には予想もつかないような言動をしてくるため、感情の揺れ幅がどうしても大きくなるのです。

最初のうちは興味深く感じて、恋をしたような錯覚感に陥りますが、それは自身の中の知識欲が働いているだけです。

相手を知ってしまえば、自分が本当は誰が好きなのかはすぐにわかるようになるでしょう。

相手の男性がイケメンだったから

女性はメスの本能として、より良い遺伝子を残せるオスを見極めることに敏感になります。

その判断方法として一つの基準になっているのが、実は見目の良さです。

特に左右対称の顔は骨格的にも健康な印と見られて、無意識に惹かれる女性は多くなるでしょう。

左右対称であるほど、イケメンに近くなるのも特徴的です。

そのため好みのタイプに関係なく、一般的にイケメンだと言われる男性を相手にすると、女性はドキドキと胸がときめいてしまうでしょう。

男性は中身が大事だとわかっていても、イケメンにドキドキしてしまうのは女性の性とも言えます。

だからこそドキドキしても、それは恋をしているのではなく、生物としてメスの本能が動いているだけだと自覚することが大切です。

他のイケメンにドキドキすることに、罪は全くありません。

ドキドキする空気感だけを楽しんで、彼氏の元に帰りましょう。

いけないことの背徳感に酔っているから

彼氏がいるのに他の人にドキドキするのは、浮気を匂わせる感覚に陥ることがあります。

そのため、「いけないことをしている自分」といった背徳感に酔って、自分でドキドキを増幅させていることがあります。

ただそれは、相手に恋をしているわけではありません。

背徳感で興奮している自分に気づかずに、「もう彼氏のことは好きじゃないんだ」と判断してしまうと、別れてから後悔する可能性が高くなります。

彼氏がいるのに他の人にドキドキするときは、自分が背徳感に酔っていないか、また好きになってドキドキしているのではなく、違う理由からときめいていないかしっかりと確認することが大切です。

恋ではなく憧れの可能性が高い

人の感情は複雑で、時にややこしいことも多いです。

ドキドキする感情は、恋愛だけでなく相手に憧れたときにときめくこともあるでしょう

また、憧れは人だけでなくシチュエーションに対しても持つことがあるため、注意しなくてはいけません。

例えば、密室で男女二人きりで閉じ込められるなど、少女漫画のようなシチュエーションは、物語の中に自分が入り込んだようでドキドキしてしまうでしょう。

しかし、一緒に閉じ込められた相手を好きになっているかというと、違うものがあるはずです。

ただ、憧れのシチュエーションでドキドキしてしまうと、そのまま世界観に酔ってしまって、相手のことが気になり始めることがあるため注意が必要です。

自分が恋に落ちたのかどうかを判断するには、客観的に自分を見つめるようにしましょう

相手が憧れや尊敬している人物だったり、ドラマティックなハプニングが起こっていたりする場合は、ドキドキしてもそれは本物の恋ではないため、勘違いしてはいけないのです。

彼氏がいるのに他の人にドキドキするときの対処法

彼氏がいるのに他の人にドキドキすると、その気持ちが止められなくなることが起こるかもしれません。

本当に恋に落ちてしまえば、ドキドキは継続して続くことになるため、見極めがしにくくなってくるでしょう。

そんなときは、次の対処法を試してみてください。

基本的には、彼氏を裏切らないことが大切なため、他の人にドキドキすることをやめる努力が必要になります。

しかし、そのドキドキが好きな気持ちからきている場合は、彼氏との別れを考えなくてはいけません。

間違った判断をしないためにも、彼氏がいるのに他の人にドキドキするときの対処法を紹介していきます。

彼氏を裏切ることはいけないことだと自覚する

彼氏がいるのに他の人にドキドキするときは、第一前提として彼氏を裏切ることはいけないことだと自覚しましょう

ドキドキするだけでは彼氏を裏切ることになりませんが、ドキドキする気持ちを育てていき、実際に相手と関係を持ってしまえば、それは明確な浮気行為となります。

他の人にドキドキした時点で、まずは彼氏を裏切らない気持ちを確認するようにしてください。

また彼氏を裏切らないと自分に言い聞かせるには、彼氏への愛情を確認しなければいけなくなるため、彼氏のことを考える良いきっかけになってくれるはずですよ。

彼氏とのマンネリ化から抜け出す努力をする

彼氏がいるのに他の人にドキドキするのは、彼氏とのマンネリ化が原因となっていることが多いです。

そのため、マンネリ化から抜け出す努力を自分から起こしてみてください

二人でいつもとは違う場所にデートに行ってみたり、旅行をしてみたりするのも悪くありません。

また、イメージチェンジを自分がしてみるのも方法です。

あなたが変われば、相手の反応も変わってくるため、二人の関係に新鮮さが出るでしょう

彼氏を大切に感じる気持ちを思い出すことができれば、自然と他の人にドキドキすることはなくなりますし、ドキドキしても彼氏に後ろめたさを感じることはなくなります。

二人の関係に自信が持てるようになれば、他の人にドキドキしても自分の気持ちは揺らがなくなるでしょう。

色んなタイプの男性と関わってみる

思いきって色んなタイプの男性と関わってみるのも、彼氏がいるのに他の人にドキドキするときの対処法です。

男性慣れをしていけば、ちょっとのことでは他の人にドキドキすることはなくなる可能性が高いからです。

「男ってこんなもの」と思えるようになれば、ドキドキする気持ちも薄れていくはずですよ

また、色んなタイプの男性と関わることで、「やっぱり彼が一番かも」と彼氏への愛情を確認できることもあるでしょう。

ドキドキする相手をもう少し知ってみる

彼氏以外の男性にドキドキしたときは、その相手のことをもう少し知ってみるのも、自分の気持ちをハッキリさせる方法です。

知らないことが多い相手には、人は知識欲が刺激されて自然と興味を持ってしまいます。

そのため相手を知ることで、ドキドキが薄れてくる可能性があります。

相手を知ることでもっと好きになったと感じるのであれば、それは最初から恋に落ちていたのかもしれません。

ただその場合は、相手の良い部分だけではなく、嫌な部分も知っておくことがポイントです。

自分の恋心を判断するには、ドキドキする相手ともう少し踏み込んだ関係を作ってみてください。

現状維持のまま様子を見る

人の気持ちは簡単に変わるもので、彼氏ではない男性にドキドキしても、その気持ちがすぐになくなることって多いです

そのため、彼氏がいるのに他の人にドキドキするときは、現状維持のまま様子を見ましょう

時間が経つことでドキドキがおさまっていけば、それは一時的に恋心以外の理由でドキドキしていたとわかるでしょう。

ただ、時間が経ってもドキドキする気持ちが増加している場合は、恋に落ちている可能性が高くなるため、相手をもう少し知るようにしてみてください。

まとめ

彼氏がいるのに他の人にドキドキすると罪悪感を持ちますが、ドキドキしても他の人を好きになっているとは限りません

彼氏との関係に慣れを感じて、彼氏以外であれば誰にでもドキドキしやすくなっているケースだってあります。

また、環境によってドキドキすることもあるため注意しなければいけないでしょう。

ドキドキと胸がときめいているのは、相手にではなく、憧れのシチュエーションにキュンとしているだけの可能性もあるのです。

「彼氏への気持ちがないのかも」と間違って判断しないように、記事を参考にもう一度自分の気持ちを見つめ直してみてくださいね。

【Laniから初回15分無料のプレゼント】

電話占いピュアリ 櫟井スミレ先生
夢のような愛の理想を
現実へと結びつける
櫟井スミレ先生
料金:
1分/ 電話料金 360円
占歴:
14年
評価:
4.98
お気に入り:
876
口コミ:
1556
霊感・霊視・霊聴・霊感ルーン・未来透視・未来視・未来予知・過去視・思念伝達・想念伝達・霊感タロット・スピリチュアルリーディング・サイキックリーディング・タロット・エンジェルオラクルカード・ルーン・ダウンジング・オラクルカード・故人との会話・ペットの気持ち・ヒーリング・コンサルテーション・ペンデュラムダウジング・イーチンタロット・ルーン魔術・恋愛トラウマ矯正術・愛する人に世界一愛される術
恋愛成就・出会い・片思い・相手の気持ち・相性・結婚・男心・女心・複雑な恋愛・三角関係・浮気・不倫・復活愛・復縁・国際恋愛・離婚・人間関係・職場の人間関係・対人関係・仕事運・適職・天職・転職・進路・就職・経営相談・開業・夢・目標・家族関係・夫婦関係・家庭問題・夫婦問題・親族問題・育児・子育て・シングルマザー・人生相談・魂の本質・ペットの気持ち・ペット交信・パワーストーン選択

既婚男性の本音を知りたいなら、電話占いピュアリのカウンセラー、櫟井スミレ先生の右に出る者はいないでしょう。

神道の高霊力家系から受け継いだ鋭い霊感で、お相手の本心をズバリ言い当てます。また、Laniからの登録で初回15分無料相談ができるので、その分の費用は一切かかりません。

既婚男性の気持ちがわからないと悩んだら、まずは想念伝達で相手と通じ合える櫟井スミレ先生に相談してみましょう。

櫟井スミレ先生に相談したところ、未読無視/既読無視されていたお相手から電話がかかってきた、相手とのコミュニケーションが円滑になったという奇跡の口コミが多数寄せられています。

ぜひ、初回15分無料を活用して奇跡の体験をしてみてください。

▶櫟井スミレ先生の口コミ・詳細はこちら

櫟井スミレ先生が在籍している電話占いピュアリのキャンペーンはこちら

電話占いピュアリ
初回15分無料はLaniからの登録限定!
Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

浮気・不倫(123)
Lani

コメント