PR

やっぱり別れたくないと思わせる6つのステップ【彼がもう一度恋に落ちる方法】

彼氏の気持ちが冷めたことを感じると、別れの危機を感じますよね。

どうにか別れない方法はないものかと、悩むことが多いでしょう。

そこで今回は、彼氏にやっぱり別れたくないと思わせるステップを解説していきます。

彼氏が別れを告げてくる前に、すぐに行動に起こしてみましょう。

たとえ現時点で彼の気持ちが冷めていたとしても、やっぱり別れたくないと感じさせることができれば、二人の関係は再燃する可能性が高いです。

また、別れの危機を乗り越えたことで、今までよりも彼からの強い愛情を感じられるかもしれません。

彼がもう一度恋に落ちるための6つのステップで、別れのピンチをチャンスに変えていきましょう!

彼の気持ちが冷めたサインは?

彼氏にやっぱり別れたくないと思わせるには、まずは本当に彼の気持ちが冷めたのかどうか確認する必要があります。

もしも勘違いで行動を起こしてしまえば、別れのきっかけを自分自身で引き寄せてしまうかもしれないからです。

ここからは、彼氏の気持ちが冷めたサインを解説していきます。

LINEの返信速度が遅くなる

LINEの返信速度が落ちてきたときは、彼氏の気持ちが冷めたサインかもしれません。

もちろん彼の環境の変化にもよりますが、その場合何らかの説明があるはずです。

何も話をされずに返信速度が遅くなった場合、それは彼の気持ちが冷めてきていて、無意識に彼女の優先順位を下げている可能性が高いでしょう。

彼氏が冷めたサイン12選!診断してみよう【言葉・行動・LINE編】

デートをキャンセルされる

彼氏にデートをキャンセルされる頻度が多くなってきたら、気持ちが冷めているサインです。

デートに誘っても、「仕事が忙しい」「友達と遊ぶ予定が入っている」と理由を付けて断ってきただけの場合は注意が必要でしょう。

彼女への気持ちがあれば、たとえ予定が入っていたとしても、リスケとして空いている日を提示してくるはずだからです。

つまり、デートをキャンセルだけする彼氏は、彼女と会いたくない気持ちが強くなっていると言えるのです。

またデートの約束ができても、当日にドタキャンしてきた場合、彼氏の気持ちが冷めたサインとなるので見逃さないようにしましょう。

話していた内容を忘れる

彼氏と話をしているときに、以前話していた内容を忘れているようであれば、気持ちが冷めてきている可能性があります。

男性は好きな女性のことなら何でも知っておきたい気持ちが強くなるため、彼女の些細な情報も覚えていることが多いです。

反対に、気持ちが薄れてくれば関心がなくなってくるので、覚える必要性がないと判断して話を覚えていないだけでなく、きちんと聞いていないこともあるでしょう。

やっぱり別れたくないと思わせる6つのステップ

ここからは、彼氏にやっぱり別れたくないと思わせる6つのステップを解説していきます。

彼氏の気持ちが冷めてきていると感じたときは、焦りや不安に駆られますよね。

しかしその感情のまま行動を起こすと、より彼氏の気持ちが離れていく原因を作る可能性があります。

まずは自分がどうするべきなのかをしっかりと考えてから、行動に移すようにしましょう。

彼氏の気持ちが冷めてきていたとしても、あなたの行動次第で相手の気持ちを取り戻すことはできるのです。

彼を責めない

彼氏の気持ちが冷めてきたと感じると、「どうして?」と相手を責める気持ちが出てくるでしょう。

他に好きな女性ができたのかと、浮気を疑いたくもなります。

しかし、ここで気持ちのまま彼氏を責めてしまえば、相手の気持ちは離れていきます

実際に彼氏の気持ちが冷めてきていれば、怒って責めてくる彼女に良い印象を抱くことはないからです。

もしも勘違いで彼の気持ちが冷めていなかった場合でも、マイナスのイメージを与えることは避けられないでしょう。

彼氏を責めたい気持ちが出てきても、ここはグッと我慢する必要があります

彼と同じ態度をしない

彼氏の気持ちが冷めてきたと感じるのは、相手の態度が素っ気なくなったときですよね。

LINEの返信速度が遅くなったり連絡をくれる頻度が少なくなったり、デートをキャンセルされたりすれば、自分も同じ態度をとりたくなるかもしれません。

しかし、気持ちが冷めてきている彼氏と同じ態度をとってしまえば、相手との距離は離れていくだけでしょう。

特に、冷たい態度を同じように彼にとれば、印象はますます悪くなるかもしれません。

人は、相手と同じ態度をとろうとする心理が無意識に働きます。

好意を示されれば好意を返したくなりますし、悪意を示されれば悪意を返そうとしてしまうのです。

これは自分の気持ちをわかってほしいことから生まれる感情ですが、ネガティブな気持ちの場合は関係性を悪化させるだけなので気をつけなくてはいけません。

彼氏が冷たいと感じたときこそ、今まで通りの態度や、より優しい態度を意識するようにしましょう。

冷められた彼氏を好きにさせるLINE

愛情は素直に伝える

彼氏にやっぱり別れたくないと思わせるには、愛情を素直に伝えることも重要になってきます。

ここまでのステップで、彼氏を責めずに今まで通りの態度を心がけてきたのであれば、次はいつもよりわかりやすく愛情を伝えるようにしてみるのがおすすめです。

なぜなら愛情が伝わることで、彼氏に罪悪感を抱かせることができるからです。

また、愛情を素直に伝えてくれる女性に、好感を抱かない男性はいません。

自分が愛されていることを彼氏が確認できると、相手を離してしまうのは惜しい気持ちが出てくることもあるでしょう。

そのため別れを考えていた彼氏でも、「本当に別れてしまっても良いのか」と考え直すきっかけを作ることができるのです。

別れを思いとどまらせる言葉

彼の環境や気持ちを理解する

彼氏に素直な愛情を伝えたあとは、相手の環境や気持ちを理解すること意識しましょう。

愛情を伝えただけでいると、彼氏は気持ちを押し付けられているように感じることもあります。

特に男性は、自分の気持ちをわかってくれないと感じると、一緒にいることに窮屈さを抱くようになるでしょう。

自由がなくなっていると彼氏が感じてしまえば、別れたい気持ちに拍車をかけてしまいます。

そのため、自分の気持ちを伝えた上で、相手の気持ちをわかろうとしている姿勢を見せることが大事になってくるのです。

たとえば、彼氏の仕事が忙しいのであれば、メッセージで好きな気持ちを伝えてから「返信はしなくても大丈夫だよ」と気遣いの言葉を入れるだけで、グッと印象は良くなります。

【別れたくない】彼氏に別れたいと言われた時に考えること

恋愛以外のことに集中する

彼氏との別れの危機を感じると、どうしても相手に執着する気持ちが出てきますよね。

気持ちを取り戻したい思いが強いほど、彼氏とのコミュニケーションの機会を増やそうと躍起になってしまうかもしれません。

しかし、気持ちが冷めてきている彼氏にとって、彼女からの執着は依存のように感じられて、逃げたい気持ちが強くなっていきます

ただ、執着する気持ちは意識してもコントロールが難しいと感じることが多いでしょう。

そんなときは、恋愛以外のことに集中できるように、何か習い事を始めてみたり、友達との予定をたくさん入れてみたりすることがおすすめです。

自然と彼氏との距離を置ける環境ができれば、あなたの存在を彼に再確認させることができるでしょう。

特に楽しんでいる姿を彼氏に見せることが、やっぱり別れたくないと思わせるには重要になってくるため、寂しい気持ちがあっても紛らわす努力をしてみましょう。

そのときは辛かったとしても、先の未来で彼氏があなたの元に戻ってくる可能性は高くなります。

最後に距離を置く

もしも、これまでのステップで彼氏にやっぱり別れたくないと思わせることが難しかった場合、潔く距離を置くことを承諾するようにしてみてください。

別れを受け入れるのは簡単ではありませんが、あなたが彼氏とあっさりと距離を置くことで意外性が生まれ、相手の気持ちが逆転することがあるからです。

男性でも女性でも、恋愛は追われすぎると逃げたくなりますが、反対に追ってこないと相手が気になって追いたくなります。

つまり、別れ際に縋ってしまったり、彼氏の気持ちを変えようと必死になったりすると、相手は余計に逃げていってしまうでしょう。

そのため最後の駆け引きとして、あえて距離を置くようにすることが、彼氏にやっぱり別れたくないと思わせるには必要なステップになるのです。

彼との関係を改善するためのポイント

彼氏の気持ちが冷める原因は、彼だけの問題ではありません。

もしかしたら気づいていないだけで、自分自身の言動が彼氏の気持ちを離れさせていたかもしれないからです。

彼氏の気持ちが戻ってきたとしても、二人の関係が改善されていなければ、同じことが繰り返される可能性は高くなります。

最後に、彼氏との関係を改善するためのポイントを紹介していくので、チェックしてみてください。

愛情に見返りを求めない

彼氏との関係をうまく作っていくには、愛情に見返りを求めない意識を持つことが大切です。

愛情が冷めるきっかけの多くは、相手の要望に応えられないことのプレッシャーからきています。

相手への愛情が大きくなっていくと、自分自身と同じくらいの愛情を返して欲しくなりますよね。

しかしその場合、愛情は相手ではなく自分に向いていることに気づかなくてはいけません。

相手に対して愛情があれば、見返りを求めることなく無償の愛情を注げるはずだからです。

もしも相手からもっと愛情が欲しいと感じたときは、自分の気持ちが自己中心的になっていないか確認するようにしましょう。

愛情が欲しいと感じているときは、彼氏自身と向き合うことができなくなっています。

そのことに気づけずにいると、相手の気持ちは冷めていってしまうのです。

愛し方は一つじゃないことを学ぶ

彼氏との関係を長期的に作っていくには、愛し方は一つではないことを学ぶ必要があるでしょう。

たとえば、愛情表現を言葉で表す人もいれば、行動だけで表す人もいます。

どちらも愛情の度合いは同じですが、愛情表現を一つしか知らなければ、愛されていないのだと勘違いを起こしてしまうでしょう。

本当は愛されているのに、愛されていないと思い込んでいると彼氏との関係を自らの手で壊しかねません

人によって愛し方は違い、愛情表現の仕方も人の数だけあることを知ることが大切です。

彼氏に冷められた?サインのよくある勘違いと別れるかの判断基準

おわりに

気持ちが冷めた彼氏にやっぱり別れたくないと思わせるのは、難しいと感じてしまうかもしれません。

しかし、ステップの方法を間違えなければ彼氏の気持ちを取り戻すことは可能です。

彼氏の気持ちが冷めたと感じたときは、今回紹介した6つのステップを参考に関係の修復を図りましょう。

最後まで読んでくれた
あなたにだけ特別プレゼント!

エキサイト電話占い

恋愛成就で評判の
当たる占いを体験してください

あなたは恋愛で悩んでいませんか?

好きな人の気持ちが分からない…、彼との関係が進展しない…、そんなときはエキサイト電話占いに相談してみましょう。

エキサイト電話占いは、口コミで当たると評判の占い師が多数在籍する電話占いです。

様々な占術からあなたにピッタリの占い師を選べます。

相手の気持ちや相性を占ってくれるだけでなく、彼との関係を進展させるコツやアドバイスも教えてくれます。あなたの恋が叶うようにサポートしてくれるのです。

エキサイト電話占いは、初回最大8500円分無料ポイントがもらえます。

これなら気軽に試すことができますね。

24時間受付中だから今すぐ登録して、あなたの恋を叶えましょう。

>>【初回最大8500円分無料】エキサイト電話占いの登録はこちらから

Lani編集部
執筆者 Lani編集部
恋愛(711)
Lani

コメント