当サイトには広告が含まれます。
電話占いオーディションに落ちた原因とは?合格率や審査について解説!

電話占いオーディションに落ちた原因とは?合格率や審査について解説!

「占い師として活動するために電話占い会社に応募したのに不合格だった…」

なぜ、電話占い会社のオーディションに落ちたのかその原因や合格率・審査について詳しくご紹介していきます。

どうすれば電話占い会社のオーディションに合格できるのか事前に知りたいコツなどについてもお話させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

監修者
マリユドゥ先生
白藤凪先生
占い師

白藤凪(シラフジナギ)と申します。15年以上の鑑定歴を持ち、占い店舗での経験も豊富にございます。現在、LINE占いでの鑑定を中心に行っています。チャネリング、タロット、数秘術、ルーンなど、ご相談内容に合わせた多様な手法を用いて鑑定を行っております。私の鑑定を通じて、皆さまが明日を明るく、笑顔で迎えられるようサポートさせていただきます。良いご縁を心からお待ちしております。

監修者の詳細

電話占い会社のオーディション合格率はどれくらいなのか?

電話占い会社を確認したときに占い師の紹介として「厳選された実力派占い師」や「厳しい審査を通過した鑑定師」と言われていることがありますよね。

というのも電話占いは占いというサービスを提供しているということもあり、占い師がどのような占い鑑定をするか?ということが電話占いサイトの評価となるため、厳しい審査が行われています。

信頼性やクオリティを維持する、満足度を高めるためにも占い師を厳しく選定しているのです。

応募人数がどの程度なのかにもよりますが、各電話占い会社の合格率は5%ほどが多いようです。

一般的なバイトや社員の採用とは異なり、必ず何人採用するということが決められていないこともあります。電話占いサイトの基準を満たす占い師がいない場合は採用が0人ということもあるようですね。

占い師になりたい・すでに占い師として活躍している人が応募している中を勝ち抜かなければいけないので、どの電話占い会社に応募するか?どのようにしてオーディションを受けるか?選ぶことも重要になります。

各電話占い会社のオーディション合格率

サイト名採用率
電話占いヴェルニ書類審査からオーディションへ進めるのはおよそ60%
採用に至るのは全体のわずか3%
電話占いカリス採用率わずか5%
電話占いフィール採用率わずか5%
電話占いシエロ採用率0.5%の超難関

電話占いサイトにより採用率は異なります。

また、厳しいオーディションが行われることから、採用される人数が0人ということもありますし、優秀な占い師が多ければ5%以上になることもあるでしょう。

あくまでも採用率は参考程度にしておくのが良いかもしれません。採用率が低いから落ちたと諦めないようにしてください。

電話占い会社のオーディションの審査とは?審査は誰がしているのか

オーディションの審査員は運営会社の社員・スタッフや所属している占い師などです。

書類選考・一次審査は運営会社のスタッフにより行われることが多いようです。応募要項が満たされているのか?所属するのにふさわしい占い師であるか?などを確認しています。

二次審査は実際に鑑定などの面接・実技試験となるため、運営会社の社員だけでなく所属している占い師が審査を担当することもあります。実際に所属して電話占いをしている占い師が鑑定を審査するので、しっかりと実力を発揮できるようにしましょう。

電話占いオーディションの流れ

どのような流れで電話占いオーディションが行われるのか流れを確認してみてください。

各電話占いサイトの会社概要、または占い師募集のページで確認できることが多いです。書類選考の後に行われる審査は一次審査から三次審査くらいまでが多いようです。

その後に合格の連絡があれば、研修や事務手続きなど行ってデビューとなります。

①応募要項・応募資格の確認

所属したいと思った電話占いサイトの占い師募集ページを探しましょう。

詳しい応募要項・応募資格やオーディションの流れが記載されていることが多いです。

②書類選考に応募

条件がマッチしていたら、書類選考に応募しましょう。

書類選考の時点では多くの方が通過するようです。

③面接・実技試験

面接・実技試験では実際にスタッフや所属している占い師を鑑定します。

第一次選考~第三次選考くらいの厳しいオーディションがあります。実力を発揮できるように万全の準備が必要ですね。

④事務手続き・研修などデビュー準備

選考期間があり、お電話などで合格が伝えられるとデビュー準備期間に入ります。

契約や研修などが行われますよ。

⑤デビュー

契約や研修が終了すると、いよいよデビューです!

デビュー後もきめ細やかなフォローをしてくれる電話占いサイトも多いです。

電話占いオーディションの内容・チェック項目について

書類選考の後に面接・実技試験になったとき、どのような部分が審査されているのかを確認しておきましょう。

対面鑑定を経験された方であっても、電話占いだと電話を利用した占い特有の話し方などもあるので事前練習や実際に電話占いを受けてみるのもおすすめです。

①占いスキルや経験・実績

占いを提供するため、もちろん占いのスキルはチェックされます。

占い師に資格は必要なく、占い師だと自称すればだれでも占い師になれます。そのため、各電話占い会社のオーディションでは、知識や技術を実技試験で確認されるのです。

きちんとプロの占い師として相談に来たお客様を鑑定することができるのか、所属している熟練の占い師やスタッフを鑑定し、確認されます。

②話し方や会話のテンポ

対面鑑定とは違い、電話占いは身振り手振りが相談者には見えません。電話占い特有の話し方や会話のテンポを意識する必要もあります。

早口すぎてもNGですし、ゆっくり話しすぎてしまうと時間をかけて鑑定してしまう結果になります。

相手に伝わりやすい話し方や会話のテンポを意識してみるようにしてください。

③言葉遣い・わかりやすい表現

占い師としての言葉遣いやわかりやすい表現も意識してみましょう。

敬語を正しく使えることも大切なのですが、占い師のなかには相談者に寄り添うためにあえて少し崩した言葉遣いをすることもあります。

社会人としてのマナーを守りながら、丁寧な言葉遣いで面接や実技試験を行ってください。

④解決力・アドバイス力やカウンセリング能力

相談者が求めている解決への道やアドバイスがしっかりできるか?ということも、オーディションでは見られています。

相談した内容に対して明確かつ的確なアドバイスができているか?相手が不安になるような内容のアドバイスではないか?など、解決策を見つけ出しながら相手癒やされるような時間にしてみてください。

⑤コミュニケーション能力

電話占いサイトでは当たる占いをしてくれる占い師であるうえに、コミュニケーション能力も求められています。

実技試験でも相談者とコミュニケーションがしっかりとれているか?ということがチェックされています。

相談者から悩み事や必要な情報を引き出しながら、正確に捉えて的確にアドバイスできるようにしてみてください。

⑥タイムマネジメント能力

電話占いは時間制で1分あたり◯◯円という鑑定料金に設定されています。

鑑定の時間が長くなるほど料金が高くなるため、電話占い師はスピーディーに鑑定することが求められます。

丁寧に鑑定することも大切ですが、タイムマネジメントをしながら占うことも重要になってきます。

相談者のなかには10分以内に鑑定してほしいという方もいらっしゃるので、占い方も磨くようにしてみてください。

⑦相談者を癒やす能力

電話占いを利用する方は不安を抱えて話に来ている方が少なくありません。

なので、相談者を癒やす・寄り添うことも大切です。良いことばかりを伝えるのではなく悪いこともしっかりと伝えながらアドバイスしていけると良いかもしれません。

ただし、ズバリと伝える・辛口な鑑定が魅力の先生もいます。ご自身のスタイルによって寄り添う方法を変化させてみてください。

⑧納得できる満足度の高い鑑定

相談される方は「占い師に相談して良かった」と思える満足度の高い鑑定を求めています。

モヤモヤとした気持ちを残すのではなく、きちんと実行できるような的確なアドバイスを提案できるようにしてみてください。

どれだけ良く当たる占いだったとしても、アドバイスがわかりにくい・行動できないもの、言葉遣いが悪すぎる…などと言う場合は占い師との相性が合わなかったと思われてしまうかもしれません。

電話占いオーディションに落ちる人の特徴や原因

そもそも電話占いサイトの採用率は5%なので、落ちる人のほうが多いです。なので、落ち込まずに次のオーディションに向けて対策をしておきましょう。

どのようなことがオーディションに落ちる原因になってしまうのかご紹介します。

的確なアドバイスが出来ていない

占い師に愚痴を言うため・ただ話を聞いて欲しいという方も電話占いを利用していますが、多くの場合は占い師に的確なアドバイスをしてもらい問題や悩み事を解決したいと思われている方たちが利用しています。

そのため、的確なアドバイス力が実技試験で発揮できていないと落ちる原因になります。

漠然としたアドバイスではなく、具体的かつスピーディーにアドバイスできるようにしてみてください。

相談者を不安にさせる・寄り添えない

相談した内容に対して不安を煽ることで、再び相談に訪れるようにする悪質な行為をする占い師も存在します。

電話占いサイトは信頼されることや安心・安全に利用できるようにすることに努めているため、相談者を不安にさせるような発言や寄り添っていない鑑定をすると不合格になってしまうことがあります。

すべてに寄り添って良いことばかりしか伝えないということもNGになることがありますが、不安になるようなことは言わないようにしてください。

会話が聞き取りにくい

電話占いは通話のみで鑑定するということもあり、会話が聞き取りにくいと判断される場合はオーディションに落ちることがあります。

ハキハキとわかりやすく、相談者に伝わりやすい話し方を意識しましょう。会話を濁しすぎてしまったり、ボソボソとわかりにくい話し方は落ちてしまう原因になります。

占い鑑定スキルが足りていない

そもそも占いスキルがほとんどない場合、実技試験を担当する占い師に「占えていない」ということがわかってしまうことがあります。

なので、電話占いサイトで占い師として活動する前に、ある程度の占い鑑定スキルは習得するようにしておく必要があります。

知り合いを鑑定したり個人で登録することができる占いサイトやスキルマーケットなどを利用したりして、占いスキルを磨いてみてください。

じっくりと占いすぎている

まったく占わずに鑑定結果を導き出して適当にアドバイスすることはNGですが、逆に一生懸命なあまりにじっくりと鑑定することもNGとなる場合があります。

電話占いサイトは時間制で1分ごとに鑑定料金が発生することがほとんどです。鑑定が長引くほど料金が高くなっていくため、スピーディーかつ丁寧に鑑定することができるようになることが理想です。

そもそも応募者が殺到していた

電話占いサイトの合格率は5%前後だと言われていますが、応募者のなかにどれだけ求めている占い師がいたのかによって合格率は変わります。

占いスキルが足りていない・コンセプトに合わないなどという理由で落ちることもありますが、そもそも応募者が殺到していることで落ちてしまうこともあります。

実際に電話占いを利用してみるのもおすすめ

まずは電話占いの雰囲気を確認するために、人気電話占いサイトで実際に電話占い鑑定を受けてみるのもおすすめですよ。

特に人気の占い師に相談することによって、なぜその占い師が人気なのか?どうすれば電話占い師になれるのか?ということがわかってくるはずです。

新規会員登録で無料相談が利用できる場合もありますので、占い師の求人に応募する前にぜひ体験してみてください。

電話占いオーディションに落ちないための受かるコツ!

どのようにすれば電話占いのオーディションに受かることができるのか、落ちないためのコツをご紹介します。

所属する前に個人で占い能力を高める

占い師として電話占いサイトで活動していくことになるため、占いスキルを向上させる必要があります。

どれだけ上手く相談者の悩み事を引き出せたとしても、占いスキルがないと解決に繋がらない・相談者を不安にさせてしまう原因になってしまいます。

きちんとした基礎的な占いの知識や鑑定の経験を身につけてからオーディションに挑みましょう。

会話方法や聞きやすさを磨く

当たる占いが出来るとしても、相手に伝わらなければ意味がありません。

占いスキルを向上すると同時に会話スキルや聞き取りやすいスピードで話せるようになる必要もあります。

特に電話占いの場合は声だけで相談・鑑定することになります。互いの表情や身振り手振りが見えない状況での鑑定なので、占いの結果やアドバイスをわかりやすく聞き取りやすく伝えられるようになりましょう。

サクッとスピーディーに占えるようになる

電話占いは時間制で鑑定することが多いので、いかにスピーディーかつ丁寧に鑑定できるか?ということも大切です。

名前・生年月日などの情報から占いをするタイプなのであれば事前に聞き出します。事前情報がほとんど必要ないのであれば、サクッとわかりやすいアドバイスができるようになれると良いですね。

相談者をリラックスさせるための会話は必要ですが、無駄な会話は時間を引き伸ばす行為に感じられることもあります。相談される方が不安にならないような無断のない鑑定をしてみてください。

ポジティブな姿勢で占う

ネガティブな発言ばかりだったりマイナスなアドバイスばかりだと、相談される方を不安にさせてしまうことになるかもしれません。

相談者を安心させる・信頼してもらうためにも、ポジティブな姿勢で鑑定するようにしてみてください。もしも、占いの結果が悪かったとしても、どうすればこれからの未来が良くなっていくのか?ということを一緒に伝えるようにするのがおすすめです。

占いは相談される方の人生に影響を与えるかもしれません。適切なアドバイスをしてあげることが大切です。

新規オープン前の電話占いサイトに応募する

電話占いサイトは次々に新しいサイトがオープンしています。そのため、大手電話占いサイトではなく新規オープン前や新規オープンしたばかりの電話占いサイトのオーディションに応募してみるのもおすすめですよ。

新しくオープンする際にたくさんの占い師が募集されている可能性が高いです。

すでに人気の大手電話占いサイトの場合、求められる占いスキルが高い・すでに有名な占い師の移籍を求めているということも考えられます。

なので、新しい電話占いサイトから応募してオーディションを受けてみる方法も試してみてください。

電話占いサイトに所属する以外にも占い師になれる!

電話占いをしたいと思ったときに電話占いサイトに在籍するという以外に、個人で電話占いをするという方法もあります。

まずは個人で電話占いを受け付けてみて占いスキルや会話スキルを磨いていくという方法もありますし、逆に電話占いサイトで経験を積んでから独立するという方法もあります。

どのような場所で個人の占いを提供することができるのかご紹介します。

ココナラ

ココナラはスキルを売り買いすることができるスキルマーケットです。

占い師が占いスキルを販売していることも多く、電話占いを利用できるサービスが整っているというメリットもあります。

お客様とサイト上でやり取りすることができますし、決済もココナラが間に入ってくれるので「占い鑑定したのに支払いされない」というトラブルを避けることができます。

電話占い以外にもチャット占いやメール占いといった使い方も可能です。占いスキルを身につけるために、ココナラから占い師として活動するのもおすすめですよ。

MIROR(ミラー)

日本最大級のインターネット占い館MIRORは全国各地の占い師が1000名以上所属しています。

占い師と相談者をつなぐ鑑定プラットホームであり、電話占いやチャット占いを提供することができます。

電話占いサイトとは異なり、雇用契約・業務委託契約などを書面で結ぶのではなく、会員登録することでサービスを利用することができるようになります。

待機ノルマなどもないため、好きな時間など自分のペースで占い師として活動することが可能です。運営を通して決済も行われるため、お支払いのトラブルもないです。

価格設定なども自由にできますし、MIRORを通して通話するのでお客様に電話番号がバレる心配もありません。

占いに特化したサイトなので、占いを目的としたお客様が訪れるというメリットがあります。

フリマサイトやオークションサイト

フリマサイトやオークションサイトで占いを出品する方法があります。

利用者が多いサイトを利用することで、占いを利用してもらいやすいようにすることができるというメリットがあります。

しかし、注意したいのが「無形物」の販売が許可されているかどうか?ということです。

無形物とは、サービスや権利といった実態のないものです。お店の予約や家の貸出、ヒーリングやお祓いなど行為自体に価値のあるもの…などが違反になります。

例えばメルカリの場合は無形物の販売が許可されていないため、鑑定書などを郵送することを条件に占いを出品することができる場合があります。メッセージのみで鑑定結果を伝えるのではなく、何かしらの有形物を送る必要が発生します。

また、フリマサイトは評価がされる・多くの人が利用するためトラブルが起こることもある・利用規約が厳しいというデメリットもあるので、占い師としてサービスを利用する際はしっかりと規約を確認して占いが安全に出品できるのかチェックしましょう。

ネットショップを利用する

ネットショップで占いを販売するという方法もあります。

メリットとしてはクレジットカード決済やコンビニ決済などを導入することができてより便利に安心に利用することができます。

ただし、ネットショップも無形物の販売がNGだったり、占い師の占いは販売できないことがあるので利用規約をしっかりと読み込んでから利用するようにしてください。

WEBサイトを作成・SNSで宣伝

個人占い師は自身の公式サイトを用意していることも多いです。そこから電話占いなどの鑑定を申し込みすることが出来るように整えることで、占い師として活動できるようになります。

決済も出来る予約システムやネットショップなどを導入することで、便利かつ安全にお客様とやり取りが出来るようになる場合もありますよ。

また、SNSで宣伝したり簡単な毎日占いを提供したりすることでお客様を呼び込むことが出来るようになる場合もあります。

まとめ

電話占いの占い師になるには厳しいオーディションを通過する必要があります。

どれだけ対面鑑定で経験を積んでいても、電話占い特有の話し方やスピード感を求められることがあるので、当たる占い師としての実力だけで合格できないこともあります。

なので、電話占いではどのようなことが求められているのか?ということを意識してオーディションを受けてみてください。

合格率5%という厳しい世界ではありますが、コツをつかめば未経験という方でも受かる可能性はあります。

実際に電話占いを受けてみて、雰囲気を掴んでみるのもおすすめです。諦めずに色々な電話裏なサイトに応募してみてください。

コメント