好きな人と彼女が別れてほしい!高確率で別れさせる方法とは

好きな人と彼女が別れてほしい!高確率で別れさせる方法とは

好きになった人にはすでに彼女がいたということはありませんか。

好きな人がいてもフリーとは限らずすでに彼女がいる場合もあり「彼女がいるなら好きになったらだめ…」「つらいけど諦めないといけない…」そう選択しては苦しんでしまっていませんか。

一般的に略奪愛は褒められるものではありませんが、偶然彼女がいる人を好きになってしまったのです。

そして、できるなら自分が好きな人の一番になりたいと誰でも思ってしまうでしょう。

実際に略奪愛を成功した人もたくさんいるので、どんなことが起きてもネガティブにならずに諦めないことが大切です。

今回はそんな好きな人と彼女が別れる、略奪方法をご紹介します。

好きな人に彼女がいて苦しんでいる人はもちろん、諦めることができなくて略奪したいと考えている人もぜひ参考にして彼との関係を進めてくださいね。

柳瀬 蓮
執筆者

心理カウンセラー。他にも日本化粧品検定3級・NLPなど。主に恋愛・美容・占い・心理学・メンタル系・現在勤務していることもありナイトワークなどのライティングが得意です。

柳瀬 蓮をフォローする

好きな人と彼女が別れてほしい…!彼女持ちの人を好きになる人は多い

略奪愛がいけないとわかっていても一度気になってしまうと、気持ちにブレーキをかけて止めることができなくなってしまうでしょう。

意図的に彼女持ちの彼を好きになってしまったわけではなく、たまたま好きになってしまった人に彼女がいた、それだけなのです。

ですが、略奪愛は褒められることではないので諦めてしまう選択をしてしまう人が多いでしょう。

略奪愛がいけないこととわかっていながらも気持ちを止めることができなく、後悔してしまうくらいならできるアプローチをすべて実践して後悔せずに終わらせたいと思っていませんか。

諦める前にできることをしてから諦めたいと彼女がいることを知っていながらも、彼にアプローチをする人が実は多いのです。

そして、略奪を成功して幸せを掴んでいる人がいます。

彼女がいるから必ず諦める選択をしなければいけないということはありませんが、略奪することによって誰かを傷つけてしまうことは覚えておきましょう。

彼女持ちの彼に言ってはいけないNGワードとNG行動

彼女の悪口を言ったり嫉妬をぶつける

早く彼と彼女を別れさせたい気持ちから、会話の途中に彼女の悪口を言ってしまったりヤキモチを妬いて嫉妬などを言ってしてしまうことは逆効果になってしまいます。

誰でも付き合っている人のことを悪く言われてしまうのは、あまり気分がいいものではありません。

そして彼の彼女の悪口を言ってしまうということは、彼女を選んだ彼を悪く言ってしまうことになってしまうものです。

ですので、あなたが彼女の悪口を言ってしまうことで彼の中ではあなたの印象を悪く捉えられてしまいマイナスになってしまいます。

また、彼女に対抗して嫉妬を言ってしまうこともあまりいい印象を持たれることがないでしょう。

彼女がいることを知っていて彼女に嫉妬してしまうと「彼女でもないのになぜ嫉妬…?」と思われ、彼があなたの気持ちを知っていたとしても重いと感じられてしまいます。

そう言った印象を持たれてしまうと、略奪することは難しくなってしまうでしょう。

彼から彼女の話を聞くことがどうしてもつらい気持ちになってしまうのであれば、適当に受け流すなどをして悪口・嫉妬などは言わないように気をつけることが大切です。

早く別れて欲しいなどと急かす

彼女がいる彼を好きになってしまうと、早く別れて自分と付き合ってほしいと誰でも願ってしまうもの。

彼女よりも自分のことを一番にしてほしいと思ってしまいますよね。

ですがここで「彼女と別れてほしい!」などはっきりと言ってしまわないことです。

彼があなたの気持ちに気づいているとしても彼女と別れていない時点であなたと彼女で迷っていることになり、あなたが彼に別れを言ってしまうことで急かしてしまうことになってしまうのです。

そんなあなたの発言は彼を困らせてしまうことにもなり、そのように言われて彼が疲れてしまいあなたと距離を置いてしまう選択を取ってしまうことになってしまいます。

そのような状況になってしまうとあなたに気持ちを向けてくれず略奪することもできなくなり、再び友だちからの関係を築かなくなってしまうでしょう。

さり気なく好きな人を振り向かせる方法

焦らないこと

どんなことが起こっても冷静に焦らないことが大切。

焦ってしまうと順調にいい関係を築けていたとしても、失敗に繋がってしまいます。

「早く好きな彼と付き合いたい!」「彼の一番になりたい!」そう思ってしまうのは彼のことが好きなので当たり前の気持ちでしょう。

好きだからというその気持ちだけを尊重して、彼の気持ちを思いやることも都合なども気にすることはしないということはいけません。

早く別れさせるために彼女の悪口を言ったり、周囲で固めて彼女と別れさせあなたと付き合うように仕向けることもよくないでしょう。

そんなことをして彼にバレてしまったときには、彼の中のあなたの印象は最悪になってしまっています。

彼には彼女がいるので彼の気持ちも汲んであげないといけないので、略奪愛が成功するには長期戦になってしまうことも考えていた方がいいでしょう。

彼の相談役になること

彼の相談役になることで、さらに彼から信用・信頼してもらえるようになります。

男性は友だちに軽く話しができても深い相談となってしまうと、あまり彼女の話ができない傾向にあるのです。

そのため彼女の相談してくれるということは、彼はあなたのことを信用・信頼してくれているということでしょう。

できるなら彼女の話は聞きたくないかもしれませんが、何度も話を聞いてあげ真摯に向き合うことで今以上にあなたといい関係も築くことができます。

また彼と彼女の様々な状況もわかり、あなたが行動をすべきタイミングなどがわかるようになるのです。

彼にアピールすべきとき・そうではないときがわかると、失敗する可能性が低くなり彼と付き合うことが近づいていくことになるでしょう。

彼を好きなことを匂わせる

あなたが彼のことを想っていることをそれとなく伝えることです。

男性は繊細な生き物ですので、自分がどのように思われているのか気にしてしまうことが多い傾向にあります。

もし彼もあなたに好意を抱いてくれていたとしても彼自身が「好意を持ってくれているんだ!」と確証が持てないと彼から近づいてくることがないのです。

ですので、重くなってしまわないように会話の最中などに軽く言ってしまうのもいいでしょう。

彼にあなたを意識してもらうためにボディタッチもいいですが、やりすぎてしまうと軽い女という印象を持たれてしまうことになってしまうので注意が必要です。

「好意を持たれているのか、違うのか…?」とすこしわかりづらい感じで匂わせることをしてみるのもいいでしょう。

彼女がいるのにあなたのことも気になってくれるはずです。

彼女持ちを別れさせる方法

彼からアプローチしてくるよう仕向けて体の関係を持つ

女性がそうであるように男性も一度関係を持つと相手のことを意識してしまうことがあるのです。

ですが、簡単に体を許してしまいセフレになってしまわないように気をつけなければいけません。

一度セフレになってしまうと彼氏・彼女として付き合う必要性を感じなくなってしまうので、簡単に許してしまうことではなくアプローチのひとつとして彼を意識させるために行ってください。

そうすることで彼もあなたを意識してくれるようになるでしょう。

また、実際に体の関係になって略奪を成功させた人も多くいます。

最後まですることを目的としなくても彼と密着することでも意識されやすいので、目的を見失わないようにすることです。

彼女持ちを別れさせるおまじないを使う

彼と彼女を別れさせたいのであれば、おまじないを使ってみるのもいいでしょう。

ですが注意すべきことがあり、あなたがおまじないを使っていることを周囲に話してしまうことはあまりよくありません。

叶った後に話すのはいいですが、最中に周囲に話してしまうと今から叶うはずだった効果が切れてしまい彼と彼女を別れさせることができなくなってしまいます。

また早く叶えたいという気持ちから様々なおまじないを同時に試してしまうことは、いい効果が期待できません。

おまじないはあなたの信じる気持ちから叶うことに繋がります。

ですので様々なおまじないを実践してしまうということは、行っているおまじないを心から信じることができていないことを意味するのです。

おまじないを試しているのにもかかわらず、効果が現れてくれないのであればまずはおまじないを信じることからはじめてみましょう。

あなたの信じる気持ちがおまじないをきっと叶えてくれるはずです。

まとめ

今回は好きな人と彼女が別れてほしい・略奪愛についてご紹介しました。

好きになってしまった人が偶然にも彼女がいたなんて、少なくないのではないでしょうか。

本当なら好きになってしまう前に知りたかったと思うかもしれません。

気持ちを止めることができるなら彼の幸せを願って諦めることもできるかもしれませんが、諦めれるのであればはじめから好きにもなっていないし悩んでもいないですよね。

いい恋愛とは言えないから何度も諦めようとしたことでしょう。

そうやって何度も言い聞かせても苦しい気持ちが残ってしまっては「どうして私ではなかったんだろう…」「なにがだめだったんだろう…」と何度も何度も考えてしまっていたはずです。

どうしても不安を抱え込んでしまいますが、冷静に落ち着いて焦らずに彼と付き合えるように頑張ってくださいね。

コメント