ダンビュライトとは?意味・スピリチュアル効果・取り扱い方

ダンビュライトとは?意味・スピリチュアル効果・取り扱い方

ダンビュライトは、ダイヤモンドのような美しさとヒーラーやチャネラーに指示される高い能力を誇る、素晴らしいパワーストーンです。魅力がいっぱいなのに、ごく一部のパワーストーン好きや鉱物収集家には知られていますが、一般的な知名度は低いです。今回は、ダンビュライトの性質や効果、組み合わせなどをチェックしていきましょう。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

ダンビュライトってどんな石?

ダンビュライトとは

ダンビュライトとはカルシウムとホウ酸を含むケイ酸塩鉱物で、組成式はCa[B2Si2O8]。主にスカルン鉱床から産出し、カルサイトやフェルドスパーと共に見つかることが多いです。

パワーストーンやジェムストーンとして流通するのは主にクリアなダンビュライトですが、最近では淡いピンクやゴールドのダンビュライトも人気があります。結晶の形が美しいためパワーストーンとしては原石として流通することがほとんどですが、ビーズやタンブルとして流通したりジェムのようなカットを施されたものもあります。また、複屈折性があるため多色性があり、角度によっては別のカラーが顔を出すこともあります。

ダンビュライトの名前の由来

ダンビュライト(Danburite)の語源は、発見地であるアメリカのコネチカット州にある「ダンブリー(Danbury)」という町の名前です。

ダンビュライトの和名・別名

ダンビュライトの和名は「ダンブリ石」。そのまま和訳をした形ですね。

ダイヤモンドの代用品とされた経歴と日本でもジェムランクのものが発掘されていたことから、「ジャパニーズダイヤモンド」という異名があります。他にも、発音の違いで「ダンブライト」と表記されることもありますが、ダンビュライト表記の方が多いでしょう。

ダンビュライトの歴史

1839年、アメリカのコネチカット州にあるダンブリーという町で発見されたダンビュライト。発見者は、アメリカの鉱物学者であるチャールズ・アップハム・シェパード氏(Charles Upham Shepard)です。

ダンビュライトといえば、「ダイヤモンドの代用品」と考える人も少なくありません。確かに、かつてダンビュライトはその分散率の高さからダイヤモンドとして流通していることもありました。日本でも多くのダンビュライトがダイヤモンドとして流通していて、「形見のダイヤモンドに傷が入ったからリペアに」とショップに持ち込まれたものを鑑別したら、ダイヤモンドではなく、よりモース硬度の低いダンビュライトだったなんて話もよくあるんだそう。

現在、ダンビュライトはどちらかというとレアな石ですが、ダイヤモンドに匹敵する輝きを持つ点から、未だにフェイクとして流通していることもあるといわれています。

ダンビュライトの伝説・言い伝え

ダンビュライトは霊性が高く、多くのヒーラーやチャネラーが好んで使用するパワーストーンです。すべてのチャクラを開き活性化させるため、高次元の存在と繋がることができるんだそう。そのため、瞑想のお供にしたりダウジングに使用することもあります。

ダンビュライトの産地

アメリカ・メキシコ・ボリビア・ミャンマー・ロシアなど

かつては日本でも採掘があり、大分県や宮崎県では美しい結晶のものが多く産出していました。「ジャパニーズダイヤモンド」という異名をつけられるほどでしたが、現在はすでにどこも閉山しています。日本産のダンビュライトを手に入れることは、持ち主が手放さない限り容易ではないでしょう。

ダンビュライトの硬度

ダンビュライトのモース硬度は7~7.5。水晶と同じくらいと考えてよいでしょう。へき開性はありませんので、割れにくいです。耐久性があり、比較的扱いやすいパワーストーンといえます。

ダンビュライトの宝石言葉・石言葉

「浄化」「調和」「個性」「救済」「希望」など

ダンビュライトと誕生石・曜日石・守護石

ダンビュライトは2月14日の誕生日石として制定されています。また、ゴールデンダンビュライトは1月2日の誕生日石になっています。

ダンビュライトの色と種類・似ているパワーストーン

ダンビュライトは基本的にクリアですが、ホワイトや淡いピンク、イエロー、ゴールドなどバリエーションがあります。ジェムストーンやパワーストーンとして流通するのはクリアなものが基本でしたが、近年ではカラー付きのものも流通するようになりました。結晶が柱状で美しいので、原石のままで取引されることが多いです。

また、Heaven&Earth社にて販売されている、「オーラダンビュライト」というものもあります。これは、ダンビュライトに金を蒸留させてカラーをつけたもののこと。水晶にイオン化しか金を蒸留して付着したものを「アクアオーラ」と呼びますが、同じ技術を使用しています。カラーによって「エンジェルオーダダンビュライト」や「アクアオーラダンビュライト」、「ローズオーラダンビュライト」として流通していますが、鉱石名ではなくあくまで流通名、商品名となります。

ダンビュライトと似ているパワーストーン

ダイヤモンド

ダンビュライトに似ている石としてもっとも有名なのは、やはりダイヤモンドでしょう。かつて、ダンビュライトはダイヤモンドの代用品として利用されてきたほどです。

世界でもっとも有名な宝石であるダイヤモンドは、モース硬度が高くて硬い上に分散率が2.419と高く、光を受けてキラキラと輝きます。美しく輝くことはジェムストーンとしての必須条件であり、別格の輝きを持つダイヤモンドが「宝石の王様」と呼ばれるのに対し異論を唱える人はいないでしょう。ダンビュライトはダイヤモンドほどではないにせよ他の鉱石に比べて分散率が高く、ダイヤモンドのような輝きを放つことから代用品に選ばれたのです。

ダイヤモンドには鑑定書というものが付きますので、鑑定書があればダイヤモンド、そうでなければダンビュライトと考えてよいでしょう。

トパーズ

イエローの印象が強いトパーズですが、カラーレスのトパーズは水晶やダイヤモンド、そしてダンビュライトに似ています。ダンビュライトとの違いはへき開性の有無。へき開性があり一定方向に割れやすいトパーズ似た石、ダンビュライトにはへき開性がありません。そのためカットを施しやすく、トパーズよりはダンビュライトの方がダイヤモンドの代用品になりえたのでしょう。

また、勇気のいる方法ですが、加熱して見分けることもできます。トパーズは加熱しても溶けず変化がありませんが、ダンビュライトは火に入れると火をグリーンに変色させて溶けていきます。

クンツァイト

淡いピンクのダンビュライトはクンツァイトに似ています。

クンツァイトはライラックピンクと呼ばれる淡いカラーが特徴で、クリアかつキラキラと輝くためパワーストーンとしてだけでなくジェムストーンとしても流通しています。

クンツァイトとダンビュライトは両者ともに複屈折性があり多色性もあります。肉眼での見分けはかなりつきづらいでしょう。プロにお任せした方がよさそうですね。

ダトーライト

ダトーライトもしくはダトー石と呼ばれるホウ酸を多く含んだ鉱石も、ダンビュライトに似ています。磨くと艶のある光沢が出るので、鉱石標本や置き石として集めている人もいます。へき開がなく、スカルン鉱床から産出し、カルサイトなどと共生していることも。ダンビュライトと共生していることも多いです。

本来のダトーライトはクリアでへき開がなく、見た目でダンビュライトと区別するのは難しいでしょう。火にくべるとグリーンの炎が出るという点も、ダンビュライトと同じです。ただし、モース硬度が5.5とダンビュライトよりわずかに低く、塩酸で溶ける性質があります。

ダンビュライトが持つスピリチュアル的性質

ダンビュライトと風水

風水における五行思想は、ダンビュライトの場合はカラーによって違います。

ダンビュライトは基本的にすべての気質を持っているとされています。しかし、それぞれのカラーによって対応する気質が強くなるのです。イエローの中でもゴールドに近いものは金気や土気が強くなり、淡いといってもピンクカラーのものは火気が強まります。しかし、強まっているだけで他の気が消えているわけではなく、あくまで弱まっているだけと考えてよいでしょう。

カラー五行
クリア土・木
ピンク
ゴールド金・土
ダンビュライトのカラーと五行一覧

代表的なカラーのものだけを紹介しましたが、それぞれの気質についてみていきましょう。

火気は「礼」。旺盛さや激しさ、華やかさなどを表します。火は物質を燃やして別のものへと変化させることから、発展や応用、浄化や昇華といった意味もあります。金気は「義」を司り、ルールや掟などを表します。収穫や実りといった意味もあります。

土気は「信」で、不変や不動を表します。すべての基礎となる大地の投影であり、始まりの前段階です。木気は「仁」。木が伸びていくように成長や若さなどを表す反面、未熟さや足りなさもはらんでいます。

最後に水気ですが、水気は「智」です。人智を超えた知恵や常人では理解できないようなスピリチュアルな存在を表します。水が形を変えるように不規則かつ自由で、ルールや常識に縛られることはありません。

ダンビュライトと相性の良い方位

ダンビュライトと相性の良い方位は、カラーによって異なります。

カラー方位
クリア太極、東南
ピンク
ゴールド西
ダンビュライトのカラーと相性の良い方位一覧

ダンビュライトとチャクラ

ダンビュライトはすべてのチャクラを活性化させるといわれていますが、中でも第6チャクラや第7チャクラ、第8チャクラに強く働きかける効果があります。この3つのチャクラはスピリチュアルなチャクラ。ダンビュライトがヒーラーやチャネラーに愛されるのは、このためでもあります。

それぞれのチャクラについて説明していきましょう。

まず、第6チャクラ。第6チャクラは眉間にあり「サードアイチャクラ」と呼ばれます。「霊性」「直感」などを司り、自身の中にあるスピリチュアルなパワーを自覚するのに必要なパワーを秘めています。次に、第7チャクラです。第7チャクラは頭頂にある「クラウンチャクラ」で、第6チャクラで活性化させたスピリチュアルな能力をより高めるためのものです。「信仰」「神聖」「意識」などを司り、より高次元の存在へアクセスするための力を持っています。

そして、第8チャクラ。頭上より20センチほど上にあります。活性化させることでマイナスのエネルギーが侵入しないように防御したり、高次元の存在からのメッセージを受け取ったりできるといわれています。また、自分の本質を理解して人生を好転させることも可能です。

ダンビュライトはすべてのチャクラを通して意識を一本化し、心身のバランスを整え、魂のカルマを昇華し、新たなステージへと導くとされています。

ダンビュライトはこんな人におすすめ

・自分自身を理解したい人

・トラウマから解放されたい人

・感情の波を抑えたい人

・心機一転したい人

・目標達成のサポートが欲しい人

・瞑想のお供が欲しい人

ダンビュライトの効果・効能・スピリチュアルへの影響

1.ヒーリング・トラウマ除去・カルマ解消

ダンビュライトは強いヒーリング効果を持つパワーストーンです。持ち主やその周辺を浄化する能力が高く、心の奥底に閉じ込めた恐怖心や不安感を浄化し、ストレスを緩和し、魂レベルで癒してくれるでしょう。精神面に強く作用するパワーストーンなので、感情的になりやすい人や特定の何かに対して恐怖心を抱いている人、喪失感や悲しみを昇華したい人、カルマを解消したい人におすすめです。

「カルマ」や「魂」というとスピリチュアルで胡散臭いイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、自分でも説明がつかない嫌悪感や不安感を抱えている人は多いものです。「理由は分からないけど、とにかく怖いもの」や「自分ではそんなつもりはないのにいつも同じ失敗をしてしまうクセ」など、思い当たりませんか?それは子供のころの嫌な思い出が原因であることもあれば、生まれついての性質である場合もあります。それらの感情は、前世からのカルマや魂の記憶だといわれています。

ダンビュライトは非常にスピリチュアルなパワーが強く、心や魂をまっさらな状態にしてくれます。前世からのカルマや不要な価値観、過去のトラウマや喪失感を解消することができるので、新たな自分へと生まれ変われるでしょう。

2.目標達成

ダンビュライトには目標達成をサポートする効果があります。

タンビュライトは持ち主の精神に深く作用し、癒し、頑張らせてくれます。ダンビュライトの強力な浄化作用でまっさらになった心に、ポジティブなエネルギーが流れ込むのです。「気の流れ」とよくいいますが、いくら良い気が入ってこようとしても場所がなければ入れませんよね。ダンビュライトは持ち主の心からネガティブなものを追い出すことで、ポジティブな気が流れ込むスペースを作ります。そのため、落ち着いた気持ちで「がんばろう」となれるのです。いわゆる「心機一転」という状態ですね。

目標を達成するためには精神的なストレスがつきものです。勉学であれ資格取得であれ、出世であれダイエットであれ禁煙であれ、なんでもです。ダンビュライトは折れそうになった心を癒し、浄化してくれるので、モチベーションを保つことができ、目標に向かってしっかりと努力を重ねることが可能となるでしょう。

3.インスピレーションアップ

ダンビュライトは第6から第8までのチャクラを活性化するので、高次元の存在にアクセスできるようになるといわれています。高次元の存在からのメッセージに気づくことができれば、事前に危機を回避したりチャンスを逃さなくなったりと、勘が鋭くなるでしょう。

また、インスピレーションがアップするということは、洞察力や思考力が高まるということ。そのため、問題解決の糸口がつかめたり、独創的なアイデアが思い浮かんだりもします。逆に、これまで見ないようにしてきた問題を目の前に突き付けられてしまう場合も。これまで気づかなかったことに気づくようになるので、良くも悪くも新しい扉が次々に開けていくでしょう。

4.自己表現・自己改革

ダンビュライトは持ち主の心を浄化してクリアにし、自分の本質を理解させる効果があります。

人は生まれながらに性質があり、それぞれにとっての幸福や生き方は違いますよね。現代社会において自分自身を表現することは難しく、抑圧された思いを抱えている人も多いでしょう。また、自分がどういった存在なのかに気づいていない人もいます。自分自身を分かることで、自分らしさを出せるようになるでしょう。

インスピレーションアップ効果もあるため、隠されていた才能や魅力、感情に気づきやすくもなります。さらに、その長所をどうやって生かせばよいのかもおのずと分かるでしょう。ダンビュライトは持ち主がありのままで幸せをつかめるよう、サポートしてくれるパワーストーンなのです。

ダンビュライトと相性の良い組み合わせ

ダンビュライト×ルチルクォーツ

ダンビュライトとルチルクォーツは、ピンチを避けてチャンスをつかめるようになる効果があります。

「金運の石」として知られるルチルクォーツですが、「金色の線が入っているから金銭」という言葉遊びで金運の石とされているのではありません。ルチルクォーツは単なる金運アップの石ではなく、洞察力を高める効果があるのです。洞察力がアップすれば、ビジネスにおけるチャンスやピンチを察知できますよね。その結果、プラスを得てマイナスを避けられるようになり、金運アップにつながるのです。内包されるルチル部分がアンテナのような役割を果たしているわけですね。そのため、ビジネス面だけでなく恋愛や対人関係でも恋のチャンスを逃さなかったり相手の気持ちが分かるようになります。

そして、ダンビュライトは持ち主の精神を浄化し、守ってくれる効果があります。インスピレーションを高めて勘を鋭くする効果があるので、洞察力アップ効果の高いルチルクォーツと組み合わせることで、相乗効果が期待できるでしょう。ビジネスや恋愛における気持ちの浮き沈みを抑えてモチベーションを保つ効果もあるので、ポジティブに努力することもできますよ。

ダンビュライト×モルダバイト

ダンビュライトとモルダバイトの組み合わせは、能力開花や自己確立に効果があります。

モルダバイトは宇宙から飛来した隕石によって作られた、天然のガラスです。非常に強い波動を持っているため、クセがあり、合わない人もいるでしょう。しかし、その効果は絶大で、前世からのカルマを解消できたりトラウマを除去する効果に長けています。また、空より高い宇宙という場所に縁がある存在なので、自分自身を俯瞰で見ることができ、自分の性質や立ち位置などをしっかり把握できるようにもなるでしょう。

一方、ダンビュライトは持ち主の精神を癒し、まっさらな状態にしてくれます。前世からのカルマ解消や魂を癒すといった点で、モルダバイトと共通しています。そのため、相乗効果が期待できるでしょう。それだけでなく、ダンビュライトが持ち主の本質を深く理解させ、モルダバイトが進むべき道を示してくれます。目先のことだけでなく遠い未来を考えて生きたい人や、ありのままの自分自身で生きていきたい人におすすめの組み合わせです。しかし、スピリチュアルな側面が非常に強い組み合わせなので、合わない人は無理をしないことも大事です。

ダンビュライト×プレナイト

ダンビュライトとプレナイトの組み合わせは、悪縁切りや環境好転に効果があります。

「縁切り石」として有名なプレナイト。マスカットグリーンの優しいカラーで、持ち主に癒しを与える効果があると同時に、真実を見抜く洞察力と決断力を高める効果があります。結果、本当に必要なものだけを選び取る取捨選択ができ、不要な存在から離れられるでしょう。悪縁がなくなったところに良縁が入ってくるので、良縁結びの効果も得られます。

そして、ダンビュライトは心をクリアにして新たなステージへと歩き出させる効果があります。インスピレーションを高めて問題の解決策を見出させ、ポジティブなエネルギーを与えて1歩を踏み出すように仕向けるのです。取捨選択の石であるプレナイトと組み合わせれば、自分にとって不要なものを一掃でき、精神が安定するでしょう。主に対人面に効く組み合わせですが、悪習慣や悪癖などから離れられる効果もあります。

ダンビュライトを身に着けるのにおすすめのアクセサリーと効果

ダンビュライトを身に着けるのにおすすめのアクセサリーは、ピアスやイヤリング、ネックレスなどです。

ダンビュライトには、インスピレーションを高めたり心を落ち着ける効果があります。そのため、ピアスやイヤリングとして耳に着けることで情報を多く得ることができ、チャンスを逃さずピンチから逃げることが可能となるでしょう。アイデアを思いつく効果もあります。

そして、なんといってもダンビュライトには強力なヒーリング効果があるので、胸にある第4チャクラを活性化させて精神を安定させるのがおすすめ。感情に流されやすい人や不安を感じやすい人などは、感情的になりそうなタイミングや嫌なことがあったとき、ダンビュライトを胸に押し当ててみてください。すっと心が落ち着き、「大したことじゃないな」と冷静に対処できるようになるでしょう。

また、アクセサリーではありませんが、原石のまま置き石として飾るのも効果的です。空間ごと浄化してくれるので、いつもポジティブかつ新しい気持ちで過ごすことができるようになります。勉強机に置けば勉強がはかどりますし、ベッドサイドデスクに置けば安眠効果が得られるでしょう。

ダンビュライトのお手入れ・浄化方法

ダンビュライトはモース硬度が水晶と同じくらいあり、へき開性もありません。そのため、傷がつきにくく耐久性も高いです。そのため、多くの浄化方法に対応しています。ただし、カラーのあるダンビュライトは長時間日光に当てることで退色してしまいます。日光による浄化は避けた方が無難でしょう。

日頃のお手入れの際も、さほど注意を払う必要はありません。保管の際にはしっかりとしたジュエリーボックスに入れて日光をシャットアウトしてくださいね。

浄化方法対応
塩・塩水
流水
ホワイトセージ
水晶クラスタ・水晶さざれ
日光・月光浴
ダンビュライトのお手入れ・浄化方法早見表

塩・塩水

塩や塩水で、ダンビュライトを浄化することが可能です。

塩で浄化する場合は、浄化皿に塩を盛ります。その中にダンビュライトを埋めて3時間程度待ちましょう。その後は流水で軽くすすぎ、柔らかい布で水けを取ったら自然乾燥させてください

塩水での浄化には、3%程度の濃さの塩水が必要です。コップの中に塩水を入れてその中にダンビュライトを沈め、3時間程度待ちましょう。浄化が完了したら流水ですすぎ、柔らかい布で水けを拭いて自然乾燥させてください。
塩は、天然の粗塩かヒマラヤ岩塩を使用しましょう。水は水道水でOKです。ミネラルウォーターなどの硬水は石の表面に変質をもたらす可能性がありますので避けてくださいね。

流水

流水も、ダンビュライトを浄化できます。

浄化皿にダンビュライトを置き、水道水を流しっぱなしにして浄化皿に当てます。なるだけダンビュライトに直接当たらないよう、水の量や場所を調節してください。

3時間程度で浄化が完了します。柔らかい布で水けを取ってから自然乾燥させましょう。

ホワイトセージ

ホワイトセージを使った浄化方法も、ダンビュライトに対応しています。

ホワイトセージのお香や乾燥させた葉っぱに火をつけ、立ち上る煙にダンビュライトをくぐらせます。10回程度くぐらせれば浄化が完了するとされていますが、持ち主が「浄化ができた」と思うまで繰り返しても問題ありません。

水晶クラスタ・水晶さざれ

水晶クラスタや水晶さざれでもダンビュライトの浄化が可能です。

水晶クラスタを使用する場合は、クラスタにダンビュライトを3時間置くだけです。

水晶さざれを使うなら、浄化皿にさざれ石をセットしてダンビュライトを埋めるか上に乗せるかします。こちらも3時間程度で浄化が完了するとされています。

カラーのあるダンビュライトは長時間の日光に弱いため、日光が直接当たる場所は避けてください。

日光・月光浴

カラーのあるダンビュライトは日光に当て続けると退色することがあるので、日光による浄化は不向きです。月光浴なら問題なく浄化できます。

浄化皿にダンビュライトを置き、月光が差し込む場所に3時間程度置いてください。朝になる前に片付けて、日光から守ってくださいね。

土による浄化方法も、ダンビュライトに対応しています。

柔らかい布で包んだダンビュライトを、乾いた柔らかい土の中に埋めます。2週間で掘り起こし、流水で洗って布で拭きます。その後は自然乾燥させればOKです。

必ず自分の土地で行うようにしましょう。

音を使った浄化方法も、ダンビュライトに対応しています。

音叉やクリスタルチューナー、そして水晶ポイントを用意します。浄化皿にダンビュライトを置き、音を奏でてください。水晶ポイントの先をダンビュライトに向けたまま、ダンビュライト中心に円を描くように動かします。水晶ポイントの先から音が出て、まんべんなく全方位からダンビュライトに浴びせているようなイメージを持つとやりやすいでしょう。

音でパワーチャージができる

ダンビュライトは高次元の存在と縁があり、大天使ガブリエルの石の1つでもあります。そのため、音によってパワーをチャージすることができます。

4096Hzの音を、浄化皿に乗せたダンビュライトに浴びせるだけでパワーがチャージされます。4096Hzは、地球の基本振動である8Hzの9オクターブ上の音で、「天界の扉を開ける音」とされています。ダンビュライトとの相性は抜群です。

ダンビュライトの好転反応・副作用

ダンビュライトは強い波動を持っているので、人によっては好転反応や副作用が起きることがあります。強い石というのはクセも強いので、人を選ぶのです。

ダンビュライトはヒーリング効果が高いだけでなく、非常にスピリチュアルなパワーストーンでもあります。そのため、元々スピリチュアルな能力が高い人は一気に能力が開花して戸惑ったり、頭痛や倦怠感を感じる人もいるでしょう。ダンビュライトによってもたらされた恩恵に、体がついていっていないのです。高熱が続いたり体の一部が痛くなるという人もいます。また、トラウマ除去という効果があるので、その過程で嫌な出来事がフラッシュバックすることもあります。避けては通れない1つの作業ですが、どうしても辛いという人はダンビュライトを手放すことを考えてもよいかもしれません。幸福を得るためにパワーストーンを持つのですから、無理をしないことが大切です。

ダンビュライトのQ&A

ダンビュライトの偽物の見分け方は?

ダンビュライトの偽物は多くありません。あるとすれば、ガラス玉をダンビュライトと偽っているか、他のパワーストーンと混同されているかのどちらかでしょう。

ガラス玉とダンビュライトの見分けは簡単です。ダンビュライトには変色性と複屈折性があります。そのため、角度によってカラーがわずかに変化したり向こう側が二重に見えるのです。ガラス玉には変色性も複屈折性もありませんので、見分けることができるでしょう。

他には、カラーレストパーズや水晶などが間違われてしまうケースが考えられます。カラーレストパーズはダンビュライトより希少なので、可能性は低いです。水晶の場合は、水晶に複屈折性があることから見分けはつきづらいかもしれません。

他のパワーストーンとの区別は、あくまで原石や大きなルースの場合です。ビーズのように小さくなると見分けがつかないことがほとんどなので、プロに鑑別をお願いした方がよいでしょう。

ダンビュライトが割れた・欠けた!特別な意味はある?

ダンビュライトは割れたり欠けたりしづらく、耐久性のあるパワーストーンです。しかし、何をしても割れたり欠けたりしないというわけではありません。乱暴に扱わないようにしましょう。

特に衝撃を与えたわけでもないのにダンビュライトが割れたり欠けたりしたなら、スピリチュアルな理由が考えられます。

パワーストーンはパワーを完全に失うと割れてしまうことがあるといわれています。浄化やパワーチャージの頻度が足りないと起きる現象です。ダンビュライトには自浄効果があるので毎日のように浄化する必要はありませんが、「ダンビュライトの力を借りた」と感じたあとにはしっかりと浄化やパワーチャージをしてあげましょう。

また、ダンビュライトは持ち主を成長させて次のステージへと背中を押すパワーストーンです、持ち主の心に潜む闇を消し、自己を確立させ、新たな場所へと導くのです。そのためにトラウマを除去したり不要な価値観を捨てさせたりしますが、それはとても明確な目標ですよね。そのため、その目標が達成されたとき、ダンビュライトは自分の役目を終えたと感じて眠りにつくことがあります。そんなときが訪れたら、ダンビュライトにしっかりと感謝の気持ちを伝え、土に還してあげましょう。

ダンビュライトの色が変わった?退色・変色する?

ダンビュライトは主にクリアなものが流通しています。しかし、わずかながら淡いピンクやイエローゴールドのものも流通するようになってきました。これらのカラーを有するダンビュライトは長時間日光に当てることで退色するので、注意が必要です。

ダンビュライトを日光に当て続けたわけでもないのにカラーが変化した場合は、スピリチュアルな原因があるのかもしれません。パワーストーンの持つ力は、カラーの濃さに関連するといわれています。退色は、力が弱まったということです。浄化やパワーチャージをしてもカラーが元に戻らなければ、力が弱くなってしまったのだと思いましょう。ダンビュライトはクリアなものがメインですから、そのまま使い続けても問題ありません。ただし、持ち主本人が不吉さを感じたりためらうようなら、潔くお別れするのがベストです。自分の感覚を大事にしてくださいね。

逆に、クリアだったはずのダンビュライトにカラーがついたという話は聞いたことがありません。もしそんな現象が起きたとしたら、何らかの意味があるのかも……。もしくは、ダンビュライトではないのかもしれません。注意深く様子を見ておいた方がよいでしょう。

ダンビュライトの購入におすすめの販売店・通販

ラベンダーストーン

https://item.rakuten.co.jp/ac-jewel/da308r/

ギャラリーメイスン

https://item.rakuten.co.jp/cmirror/10001891/

Ulula

https://item.rakuten.co.jp/ulula-stone/pinkdanbulite120/

まとめ

「ダイヤモンドの偽物」というイメージが強い、ダンビュライト。ジェムストーンとしての美しさだけでなく、パワーストーンとしての高い能力を備えたハイスペックな鉱石といえます。スピリチュアルなことに興味がない人には向きませんが、自分を変えたい人や新しい人生を生きたい人、自分のことをよく理解したい人にはおすすめ。カラーレスだけでなく淡いピンクやハッキリしたゴールドのものもあるので、インスピレーションで選ぶのがよいでしょう。

コメント