当サイトには広告が含まれます。
悪いことしか言わない占い師の特徴9個と対処法

悪いことしか言わない占い師の特徴9個と対処法

「占い師に占ってもらったら、悪いことばかり言われて落ち込んだ」という経験をしたことはないでしょうか。

占いの結果は、あくまでも占い師の意見です。

しかし、中には悪いことしか言わない占い師も存在します。

悪いことしか言わない占い師の特徴や対処法を知ることで、占いを受ける際の参考にすることができます。

占い師は悪いことしか言わない?

占い師は悪いことしか言わない?

占い師に占ってもらったことがある人は、悪いことしか言われなかった…という経験があるのではないでしょうか。

決して、「占い師は悪いことしか言わない」わけではありません。たまたま、運が悪いことにあなたが占ってもらった占い師と相性が悪かったのかもしれません。

むしろ「占いはいいことしか言わない」と考えている”アゲ鑑定占い師に悩んでいる人”も多いです。

しかし、中には悪いことしか言わない占い師もいます。

その理由は、大きく分けて2つあります。

1つ目の理由は、相談者の不安を煽って、依存関係を作り出すためです。

悪いことばかり言われると、相談者は不安や恐怖を感じ、占い師に頼りたくなります。そうすることで、占い師は相談者から継続的に利益を得ることができます。

2つ目の理由は、占い師自身の技術や能力に自信がないためです。

占い師は、占いの結果を正確に伝えることで、信頼を得ようとします。しかし、自分の技術や能力に自信がないと、悪いことばかり言ってしまう可能性があります。

この2つの理由は、必ずしもどちらか一方であるわけではありません。また、占い師によっては、他の理由もあるかもしれません。

しかし、悪いことしか言わない占い師に占ってもらう際には、これらの理由を念頭に置いておくと良いでしょう。

悪いことしか言わない占い師の具体的な例

  • 恋愛の相談で、「あなたの恋人はあなたを裏切る」「あなたは結婚できない」など、悪い結果ばかりを伝える。
  • 仕事の相談で、「あなたの仕事はうまくいかない」「あなたは転職したほうがいい」など、悪い結果ばかりを伝える。
  • 健康の相談で、「あなたは病気にかかる」「あなたは長生きできない」など、悪い結果ばかりを伝える。

このような占い師に相談すると、相談者は以下のようなデメリットを被る可能性があります。

  • 不安や恐怖を感じ、精神的に追い込まれる。
  • 占い師に依存するようになり、自分の人生をコントロールできなくなる。
  • 現実から目を背け、行動を起こさなくなる。

もし、占い師から悪い結果しか伝えられず、不安や恐怖を感じるようになったら、その占い師に相談するのはやめたほうがよいでしょう。

また、複数の占い師に相談して、意見を比較してみるのもおすすめです。

悪いことしか言わない占い師の特徴9個

怖い女性占い師のイラスト

このような特徴を持つ占い師に相談すると、相談者は不安や恐怖を感じ、自分の人生に自信を失う可能性があります。また、占い師に依存するようになり、精神的に追い込まれてしまう可能性もあります。

もし、占い師から悪い結果しか伝えられず、不安や恐怖を感じるようになったら、その占い師に相談するのはやめたほうがよいでしょう。また、複数の占い師に相談して、意見を比較してみるのもおすすめです。

1:結果が常に否定的

悪いことしか言わない占い師は、良い結果よりも悪い結果を強調する傾向があります。

例えば、恋愛の相談で「結婚はできない」「幸せな結婚はできない」など、悪い結果ばかりを伝えます。

2:相談者の不安を煽る発言が多い

相談者が不安や恐怖を感じるような発言を繰り返します。

例えば、「あなたの運勢は悪い」「このままでは不幸になる」など、脅迫めいた発言をします。

3:相談者を小馬鹿にする

相談者を軽蔑したり馬鹿にしたりするように見える発言をします。

例えば、「あなたには無理」「こんなことで悩むなんて馬鹿だ」など、ネガティブな評価をします。

4:繰り返し悪い結果を伝える

このタイプの占い師は、同じ相談者に対して何度も悪い結果を伝えがちです。

たとえ状況が変わっても、ポジティブな見通しを示さず、常にネガティブな面を強調します。

これにより、相談者は不安やストレスを感じやすくなり、自分の人生に対する希望を失いかねません。

5:相談者の状況を無視する

悪いことしか言わない占い師は、相談者の状況や置かれている立場を理解しようとせず、自分の考えや主観を押し付けます。

例えば、仕事の相談で「転職したほうがいい」と伝えた後も、相談者の希望や能力を無視して、「転職しないと失敗する」など、強引に自分の意見を押し付けます。

このような占い師は、相談者の人生をコントロールしようとしており、相談者の幸せを考えているとは言えません。

6:極端な例を引き合いに出す

悪いことしか言わない占い師は、あり得ないほど極端な例を引き合いに出して、相談者を不安にさせます。

現実離れした最悪のシナリオを提示することで、相談者は過度な恐怖や不安を感じることがあり、これは相談者の精神的な負担を増加させる原因となります。

7:感情的な言葉遣い

悪いことしか言わない占い師は、不安や恐怖などのネガティブな感情を言葉に出す傾向があります。

例えば、「あなたには災いが降りかかる」「あなたは幸せになれない」などの言葉を使い、相談者を不安にさせます。

8:個人的な意見を押し付ける

悪いことしか言わない占い師は、自分の考えや意見を押し付ける傾向があります。

例えば、「あなたは○○をすべきだ」「あなたは○○をやめるべきだ」などの言葉を使い、相談者に自分の考えを受け入れさせようとします。

9:自信過剰な態度

悪いことしか言わない占い師は、自信過剰な態度をとる傾向があります。

例えば、「私は絶対に正しい」「私の占いは絶対に当たっている」などの言葉を使い、自分の占いの正しさをアピールします。

悪いことしか言わない占い師の対処法

占い師の言葉に振り回されない

悪いことしか言わない占い師の結果に直面した時、まずは深呼吸して冷静になることが大切です。

占いの結果はあくまで一つの見解に過ぎず、必ずしもあなたの未来を決定づけるものではありません。

ポジティブな心持ちを保ち、自分自身の判断を信じることが重要です。

感情に流されない

占いの結果が悪いと、不安や恐怖などのネガティブな感情に流されてしまいがちです。

しかし、感情に流されると、冷静な判断ができなくなってしまいます。

占いの結果を聞いたら、まずは落ち着いて、冷静に考えるようにしましょう。

自分の直感を信じる

最終的には、自分の直感を信じることが大切です。

占いはあくまで参考の一つであり、自分の心や感覚を無視してはいけません。

困難な状況や選択に直面した際は、自分自身の内なる声に耳を傾け、自分にとって最善の道を選びましょう。

ポジティブな面に焦点を当てる

占いの結果は、あくまでも可能性の一つです。悪いことばかり言われても、その可能性を過度に恐れる必要はありません。

占いの結果の中にも、ポジティブな面があることに目を向けましょう。

例えば、「あなたには災いが降りかかる」と言われたら、「災いを避けるために、今からできることはあるのだろうか」と考えるようにします。

信頼できる友人や家族に相談する

また、占いの結果を聞いた後、信頼できる友人や家族に相談するのも良いでしょう。

友人や家族の意見を聞くことで、客観的な視点を得ることができます。

他の占い師の意見を求める

もし、悪いことしか言わない占い師に占ってもらったことで、不安や恐怖などのネガティブな感情に襲われた場合は、早めに別の占い師に相談することをおすすめします。

一人の占い師の意見だけに頼らず、他の占い師の意見も求めてみましょう。

複数の視点からアドバイスを得ることで、よりバランスの取れた判断が可能になります。

また、異なる占い師の意見を比較することで、自分にとって最も適切なアドバイスを見極める手助けになります。

良い占い師は、相談者の悩みを解決するために、前向きなアドバイスをしてくれるはずです。

おわりに

占いの結果は、あくまでも可能性の一つです。

悪いことばかり言われてしまっても、その可能性を過度に恐れる必要はありません。

占いの結果は、自分の行動や考え方次第で変えることができるかもしれません。

ポジティブな気持ちを持ち、前向きに行動することで、良い未来を切り開いていけるでしょう。

コメント