ザイオンス効果とは

皆様はザイオンス効果とは何のことか知っていますか。

この効果は人間関係や生活などでよく使われる心理効果です。

知っておいて損はないですし、知識は知っているか知らないかそれだけでかなり違ってきます。

ザイオンス効果では身近な例としてはテレビCMなどがあります。

皆様はテレビCMを見たことがありますか。

あれはザイオンス効果が活用されているのです。

ザイオンス効果という心理効果を使い、要領よく乗り切ろうではありませんか。

心理学にはそれだけの力がありますし、よく研究された学問ですので、効果は抜群です。

ザイオンス効果とは

ザイオンス効果とは単純接触効果と言います。

これはコミュニケーションでは大事な手法です。

毎日見ていると段々と興味が強くなってきたということはありませんか。

それがザイオンス効果なのです。

人間関係では熟知性の原則と呼びます。

会えば会う程、知れば知る程、親しくなり、相手に好意を持つのです。

このザイオンス効果、日本語でいう単純接触効果を知っておくことは、ビジネスにおいても大事なことです。

ザイオンス効果とは無意識であっても何度も会うと好きになる心理効果です。

繰り返し会うことで好感度は増し、印象が高まるからです。

何度も目にして認知度をアップすることで親近感が湧きますし、距離は近くなります。

ザイオンス効果はWebマーケティングや営業などで幅広く活用されています。

接触時間ではなく、接触回数が大事なのです。

好きとか嫌いとか感情は別にして、接触回数を重ねることで印象が強くなるのです。

恋愛でのザイオンス効果を応用するには、いきなり恋愛のお付き合いを申し込んでも無理な訳で段階があるのです。

ザイオンス効果をわかりやすく解説!

ザイオンス効果とは元々興味がなかった物事や人物に対して、複数回接触を繰り返すことで興味を持つようになる心理現象のことです。

CMで流れている曲を好きになってしまったことはないですか。

毎日聴いているうちに繰り返し脳でリピートし、好きになってしまうのがザイオンス効果です。

ザイオンス効果は音や映像などを通して繰り返し聴くことでも好感度が上がります。

それが例え、面識のない対象であっても効果は見られます。

特に対人関係には熟知性の原則と呼ばれるものが見られます。

この時、対象の持つ性質、性格や背景は好感度の上昇に無関係です。

ブログのアフィリエイトも単純接触効果の応用なのです。

何度も目にするからです。

営業マンの訪問もザイオンス効果ですし、警戒心を薄め、興味を持ってもらうことがポイントなのです。

ザイオンス効果は全く親しくない間柄の人に使うことは良くないので、ある程度の距離感が定まってから使用しましょう。

あくまで心理作戦ですので、ザイオンス効果に過信せず、よりよい人間関係を築いていきましょう。

ザイオンス効果の提唱者

1968年にアメリカの心理学者のロバート・ザイオンス氏により提唱されたのです。

この人の名前からザイオンス名付けられたのです。

論文はこの人が書きました。

ザイオンス効果を上手に使い、好感度アップを狙いましょう。

相手に悪い印象を与えないようするのもザイオンス効果です。

相手が要求していないのに、あるいは脈がないのにも関わらず、メールを連投して送るのも逆効果です。

しつこい営業は逆に嫌がられるので、注意が必要ですし、相手への配慮が重要です。

無意味な接触をせず、相手との距離感を上手く取りながら接することでザイオンス効果は上手く発動します。

沢山目にした者に好意を抱くという経験則から、ロバート・ザイオンスが命名しました。

ザイオンス効果は正しく活用しないといけないのです。

誤った活用方法ではストーカーとなってしまいます。

脈がないのに猛アタックはストーカーとなり、強引なナンパは嫌われます。

相手の空気を読み、配慮が必要です。

独りよがりなアタックは良くないです。

ザイオンス効果の論文・実験

ロバート・ザイオンスはアメリカの大学生に様々な漢字を見せて、その漢字の意味を想像してもらう実験を行いました。

実験の結果、見た回数が多い程、良い漢字を答えた回数が多かったそうです。

好意や好感は接触機会が増えれば高まります。

この実験からも分かるようにザイオンス効果は接触回数が多ければ多い程、警戒が解け、安心して接することができますし、好印象を持ちます。

被験者に写真や単語を示し、回数に応じてどういう印象を受けるのか実験したところ、沢山目にした単語や写真に好意を抱く傾向があったことが判明したのです。

ただ繰り返せば好感度が爆上がりする訳ではないので、知っておきましょう。

例えば、気になる異性に脈がないのに猛アタックしてもそれはストーカーとなることを知っておくべきです。

目にする機会が多い程、強い印象を持つということが分かったのです。

ザイオンス効果には時間は関係ありません。

ザイオンス効果の法則を正しく理解し、どうしたら上手くいくのか把握することが大事です。

接触回数を徐々に増やし、相手との関係性を深めていき、好感を持ってもらうことが大事です。

ザイオンス効果の具体例・事例

ザイオンス効果の事例は色々ありますが、営業やマーケティングなどのビジネスシーンで大きな影響を及ぼしています。

テレビCMなどでもよく使われ、これはもっと身近な例でしょう。

日用品は単価が安く利益率も低い商品ですが、単純な接触回数が増えることでインプレッション効果が期待できますし、こうした刷り込みがあることでテレビCMを見た時に刷り込まれた記憶を思い出して商品を手に取るきっかけを作るのです。

営業活動では顧客との関係性の事例があるのです。

営業マンは好感度が大事ですし、親近感がある方が魅力的な営業マンということになります。

営業の場合、お客様との距離が離れてしまうと売り上げも落ちますし、お客様が離れていくのは接触回数が減ることが原因となるケースが多いのです。

こうした面にもザイオンス効果は重要であり、いかに発揮するかが大事だということがお分かりいただけたと思います。

ザイオンス効果を上手に活用するためには、良質な情報提供が必要ですし、関連性がある情報だけでなく、相手が知りたいと思う情報を提供しましょう。

親密な関係作りも欠かせません。

コミュニケーションを工夫することでザイオンス効果がより強く発揮されます。

相手との接触を繰り返すことで無知な状態から脱却し、警戒心を解くきっかけとなるでしょう。

人は何回も認知した人には警戒心を和らげ、安心して接することができますし、それがザイオンス効果です。

人はSNSを上手く使っている企業を好きになります。

ザイオンス効果はなぜ起こる?心理学的に解説!

ザイオンス効果はなぜ起こるのかをご説明いたします。

対象者がある刺激に接触し続けると、刺激に対する知覚情報処理レベルでの処理効率が上昇し、刺激への親近性が高まることが日本心理学会の研究論文により分かっています。

この親近感の高まりが刺激に対する好印象として誤って認識されるというものなのです。

何度も繰り返し接触することが大事なのです。

身近な例でも宝くじなんて確率的に当たる人なんて少数なのに、買っている人が買わないと当たらないよと言っているのを見て、ついつい買ってしまうなんてことはありませんか。

これもザイオンス効果なのです。

自分の意思決定が単純接触効果の影響を知らずしらずのうちに受けているのです。

安心感が芽生えるから起こるのです。

その次にドーパミンが放出されるからなのです。

他にも起こる理由は、自己開示の返報性が高まるからです。

なぜこのような心理が生まれるかと言うと、人間の認知機能が原因にあるのです。

人は知らない者に対しては警戒心を抱きますが、よく知っていて慣れている者に対しては警戒が解かれるのです。

頻繁に会うことで警戒心が解かれ、用心をしなくなります。

人は何度も来てくれる人、何度も足を運んでくれる人を信用するのです。

ザイオンス効果を活用する方法【ジャンル別】

評価を高めるためには反復して接触して親近感を深めるべきです。

反復とは何事にも大事ですので、覚えておきましょう。

記憶でもスポーツでも体力強化でも反復のトレーニングは欠かせないのです。

反復することで習得でき、自分のものとなるのです。

ザイオンス効果は恋愛や復縁にも活用でき、触れ合う時間は短くとも回数を重ねることで深い関係性を築けるということです。

広告ではリターゲティング広告という手法があります。

これは過去のその人がアクセスしたWebサイトに関連した商品やサービスの紹介を繰り返し表示させ、配信する方法です。

他にも活用する方法はあり、営業訪問などもその一つです。

定期的に営業訪問を行い、単純接触効果の発動を狙うのです。

空気を読み、相手への配慮が必要となりますので、その点は活用する際に注意しましょう。

SNSなどもザイオンス効果を発揮する良いツールです。

営業では新規顧客開拓ばかり行うよりも今ある顧客を大事にした方がいいです。

但し、初めから嫌悪感を持っている相手にはザイオンス効果は使用はできませんので、注意が必要です。

親しくても接触頻度が多すぎると相手は嫌がりますし、気を付けましょう。

メールマガジン配信もザイオンス効果ですし、繰り返し目にすることでよく認知することができるのです。

まとめ

不思議なもので人は毎日会っていると、その相手に対して好意を持ちやすくなるのです。

これがザイオンス効果の力です。

ですが、接触回数が多ければ多い程、ザイオンス効果が発揮される訳ではありません。

実際のザイオンス効果の研究結果から、10回を超えると好感度の上昇傾向が緩やかになるということが分かっています。

単純接触効果は接触回数は5~10回が目安と言われています。

恋愛でもマーケティングでも活用することができます。

単純接触効果は潜在学習や概念形成にも関わっていると言えます。

接触回数には注意し、ストーカーまがいにならないようにすることが大事です。

ザイオンス効果を積極的に使い、効力を体感してみましょう。

独りよがりの恋愛では必ず失敗します。

ザイオンス効果をよく知っておくことは得策なのです。

ザイオンス効果の特性は何なのか、それがどのように働き、どうやって活用できるのかをよく知っておいた方がいいでしょう。

要するに自分が好意を寄せている相手とは何度も会うことが大事なのであり、それだけで親近感が湧きます。

自分を高く評価してくれる人と会うことで相手は認めてくれます。

逆に言うと自分を評価してくれない人とは会うだけ意味もないのです。

自分自身がポジティブになることでポジティブな人が集まってきますし、何事もまずやってみることが大事です。

心理学という素晴らしいものがあるのですから、これを使わない手はありません。

ネガティブな人とは関わらないで、ポジティブな人とだけ関わるようにした方が生きていきやすいでしょう。

まずは基盤を固めて、ポジティブに生き、自分の周りにポジティブな人が集まるようにしましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント