ダブルバインドとは

皆様は仕事などで人から異なる指示を受けたことはないですか。

矛盾した指示を二つ以上受けると困惑しますよね。

ここでは心理的拘束力がある作用、ダブルバインドについてご説明します。

ダブルバインドの強力な威力を知り、どれだけの心理的拘束の影響があるかを知っておきましょう。

本当にダブルバインドは怖いのです。

その魔力の恐ろしさをお伝えできたらと思います。

執筆者

ダブルバインドとは

ダブルバインドとは日常生活やビジネスで使える心理効果です。

効果が強力である反面、ダブルバインドを受けた人は大きなストレスダメージを受けてしまいます。

そのため、ダブルバインドを行う際は行う側とされた側に備えて事前に対策をしておくことが必要です。

ダブルバインドとは二重拘束という意味です。

二つの矛盾した命令を他人にすることで精神的ダメージを与える手法です。

ダブルバインドとは心理的拘束のことを言います。

ダブルバインドは日本語で二重束縛と言います。

これは二つ以上の矛盾したメッセージを受けた人が、どうしていいかわからず精神的に束縛されている状態に陥ってしまうことを意味します。

ダブルバインドは我々の身近に潜んでいるのです。

二重拘束は有り触れたことなのですが、こうした経験は誰しあると思います。

ビジネスにおいて上司がさっきと言っていることがく違うなと感じる経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか。

私も大昔、上司の言うことが違うと思った体験、ダブルバインドはあります。

言うことは変わったりするので、書いてあるのと違い、難しいですよね。

でもこれが社会なのです。

矛盾やトラブル、争い、いざこざ、いじめなど汚い面があるのが人の世の中なのです。

ダブルバインドを受けた人は精神疾患、中でも統合失調症に似た症状を引き起こします。

矛盾した言動が繰り返されると、人は混乱してしまうのです。

二つの相反するメッセージを相手の送ることで受け手は相当のストレスがかかります。

ダブルバインド効果を適切に使い、自己肯定感を持ちましょう。

ダブルバインドの状況下に置かれると人はストレスを感じますから、受けた側は苦しみます。

ダブルバインドをわかりやすく解説!

ダブりバインドはメンタルヘルスにも悪影響を与えます。

ダブりバインドを受けた場合、人は混乱し、緊張してしまい、硬直します。

どうしていいのか分からなくなってしまうのです。

それは言っていることが矛盾している二つがあるからです。

ダブルバインドにより、パフォーマンスが低下してしまうのは当たり前です。

ビジネスシーンにおいて問題となるのがダブルバインドの影響です。

矛盾した指示や要求を受けることで受け手側は困惑し、主体性が失われてしまうように感じます。

良い成果を出すという動きではなく、怒られないようにとパフォーマンスが低下してしまうのがダブルバインドのやっかいなところです。

長期に渡って繰り返し行われるダブルバインドにより、そのストレスによってメンタルヘルスが損なわれるだけでなく、受け手側の主体性や自信を奪ってしまい、パフォーマンスの低下も招いてしまうのが一番問題です。

二つの矛盾した命令を指摘できないまま応答せざるを得ないのがダブルバインドなのです。

人によっては大きなストレスとなり、統合失調症の原因となることもあります。

相手の顔色を伺いすぎると、気持ちを抑えることになり、自分の本音が出せず、どうせ否定されるからと思い、ストレスとなります。

相手の期待に応えようと頑張るのはストレスとなります。

発言が二転三転する人に対してどういう対応をすれば良いのか、しっかりと考えることが大事です。

対策は事前にダブルバインドを察知して、行ないましょう。

ダブルバインドの提唱者

ダブルバインドの提唱者は誰でしょうか。

それはアメリカの精神科医、グレゴリー・ベイトソンです。

1956年に提唱したダブルバインド理論、別名、二重拘束理論に由来しています。

家庭でもダブルバインドが行われると、人は緊張感が抜けきれず、統合失調症を発症してしまいますとベイトソン氏は言っていました。

ダブルバインドが精神疾患の原因となることは否定できません。

ダブルバインドが行われた結果、怒られるのではないかとビクビクし、メンタルを損ないます。

ダブルバインドは二人以上のやりとりであることと矛盾していることが条件です。

伝えられた人がどちらも従いたくないと感じるのがダブルバインドです。

矛盾で身動きが取れない状態がダブルバインドです。

上下関係に多いのがダブルバインドなのです。

ダブルバインドによる自己否定が続くと自分で考えて動けなくなり、途方に暮れてしまいます。

ダブルバインドの矛盾や板挟みが続くと本当に凄いプレッシャーとなります。

矛盾した二つのメッセージを受け取るとどうしていいのか分からなくなりますし、心理的ストレスは計り知れないません。

ダブルバインドの論文・実験

アメリカの文化人類学、精神医学などの研究者だったグレゴリー・ベイトソン氏により作られた造語がダブルバインドというワードです。

統合失調症の子供を持つ家族で見られたコミュニケーションパターンを発見し、1956年に発表された論文で精神分裂病の理論化に向けてと提唱されました。

論文でダブルバインドが繰り返されることで精神分裂病の発症リスク高まるというダブルバインド理論仮説を立てました。

ダブルバインドにより心理的なストレスは確認されています。

否定的ダブルバインドというものもあります。

否定的ダブルバインドはパワハラなどでよくある手法です。

ダブルバインドが行われている時は気持ちや行動をしっかりと確認しておき、理由を考えておきましょう。

ダブルバインドとはフィールドワークで多くの理論を発見したグレゴリー・ベイトソン氏という名の文化人類学者が提唱した理論です。

言うことが二転三転する時は相手の様子を見ることが事前に察知する対象方法でもあります。

ダブルバインドの具体例・事例

親が遊んでいる子供に対して勉強しなさいと言って命令した後、ちょっと夕食を手伝ってと依頼するのです。

子供は勉強と家事手伝いの要求を同時にはこなせず、どう行動したら良いのか、混乱します。

これがダブルバインドです。

どのように行動し、選択したらいいのかが分からなくなるのがダブルバインドのパワーです。

ダブルバインドを受けると悪影響しかありません。

ダブルバインドは相当意識しないとやめられず、なかなか難しいものです。

実際にやっている人に自覚させることは非常に難しくやっかいなものです。

周囲の人が上手に避けることが大事ですし、かわすことが求められます。

悪いコミュニケーションは精神障害を生むので、精神障害を持つ人に対して許容できる社会作りが求められるのです。

精神障害とは社会のひずみでもあります。

行き場のない人が排除された結果でもありますが、これをものともせず、元気に暮らしている人もいるということを忘れてはいけません。

常識は全ての人には当てはまらないのです。

一概に精神障害とかダブルバインドと言ってもこの通りに全ての人が当てはまる訳ではないのです。

ダブルバインドは混乱してしまうので気を付けるべきです。

ビジネスや恋愛で会話を有利に進めることができるのがダブルバインドです。

ダブルバインドはなぜ起こる?心理学的に解説!

ダブルバインドは相手を思考停止に陥りさせ、ストレス状態にしてしまうから問題なのです。

ダブルバインドは人間関係を壊すコミュニケーションでもあります。

二つの矛盾した指示や命令から脳が混乱を起こし、ダブルバインドが起こってしまうのです。

知らず知らずのうちに精神的に追い込むのがダブルバインドの魔力です。

その影響で自由な意思決定が緊張や混乱からできなくなるのです。

ダブルバインドにはポジティブなものもありますし、全部がネガティブなものばかりではありません。

矛盾がないコミュニケーションが取れるように努力することが大事なのです。

否定的なイメージが強いダブルバインドですが、肯定的ダブルバインドもあります。

要するにダブルバインドとは二つの矛盾した質問で挟むことを言います。

普通の質問や要求、指示や命令は二つの矛盾があることはないのですが、ダブルバインドは二つの要求に応えなければならないので、先と後、どちらに応えればいいのか難しいのです。

ダブルバインドがストレス負荷の相当かかるコミュニケーションであることは間違いありません。

ダブルバインドを活用する方法【ジャンル別】

洗脳にダブルバインドを使うことができます。

DVでもダブルバインドが活用されていますし、悪い面でも利用されているのです。

催眠療法でも活用されていますし、勿論、ビジネスでもよく使われています。

ダブルバインドはとてもストレスを受けやすく、ストレス値が高くなる傾向があります。

より強いダメージを与えるのはネガティブなダブルバインドです。

一方でポジティブなダブルバインドとは自分の利益につながることばかりではないのです。

肯定的ダブルバインドは使うことで物事を肯定的に捉える訓練となります。

他にも活用されている場面はあります。

催眠療法やNLPなどで活用できます。

意識の混乱を利用して潜在意識を引き出し、記憶していく方法がダブルバインドです。

二つの質問や命令、指示で相手をコントロールするのがダブルバインドです。

ダブルバインドを仕掛けられても素早く気付くことが大事です。

そうすることにより、適切な対応が取れるからです。

幼少期の養育環境は影響は大きいですし、ダブルバインドは周囲の影響が大きいのです。

まとめ

二つの矛盾した情報が錯綜すると、良くない混乱が起こるということがお分かりいただけたと思います。

相手のためにやっていることが相手をコントロールし、拘束し、ストレスをかけているということがあります。

それがダブルバインドです。

いい方向にエネルギーを使い、悪い方向のダブルバインドはやめた方がいいですね。

相手を追い込むのは良くありません。

快適に過ごしていくためには心理学を知識として熟知しておくことです。

ダブルバインド分析は自己分析でもあるので、自分のためになります。

相手の状況や気分はよく分かりませんので、世の中や社会は矛盾の塊と感じてしまうこともあるのではないかと思います。

それは成長の元であり、肥しとしていくことが大事です。

ダブルバインドだと分かったら捉え方を変えたり、コミュニケーションを見直したりして上手に要領良く生きていくことが重要です。

ダブルバインドは非常に混乱し、ストレスとなります。

上司の指示で混乱するので、上の者の命令は一貫することが好ましいです。

自分の心のうちに抱え込まず、ストレス解消がダブルバインドの状況下では効果があります。

どのようにすればダブルバインドを回避できるか、それは事前に対処方法を考えておくことが重要です。

ダブルバインドを使ってみて効力を体感してみてはいかがでしょうか。

どれだけ相手が混乱するのかが分かると思いますし、否定的ダブルバインドは使わない方がいいのだと思えるはずです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント