バーナム効果とは?占いとの関係をわかりやすく解説!

バーナム効果とは何なのでしょうか。

知っている人もよく知らない人もイメージがつきますか。

知っている人はどんな現象か説明できるでしょうし、よく知らない人はどういうものなのか皆目見当がつかないのではないかと思います。

それではバーナム効果についてわかりやすくかみ砕いて解説します。

バーナム効果についてよく知り、日常生活に役立てましょう。

バーナム効果がどういう心理効果であるか、提唱者や由来、実験などを詳しく説明し、情報提供できればと思います。

執筆者

バーナム効果とは

バーナム効果とはどういうものなのかを説明しますと、占いなどで言い当てられたと感じる心理効果のことを言います。

誰にでも当てはまる曖昧なことを言って言い当てることで、バーナム効果が発揮されます。

占いであなたは悩みがありますねということでギクッとする人はいるのではないでしょうか。

この人は私のことを理解してくれていると感じたり、心的距離を縮めたりしていく中で相手に好意を抱くようになります。

このメカニズムには確証バイアスが存在しているからです。

この関連している確証バイアスとは認知バイアスの一種です。

占いだけでなく、性格診断などでもバーナム効果は起こります。

相手に言い当てられたと感じ、ハッとするのです。

それで性格診断や占いを信じ込んでしまったりしてしまうのです。

バーナム効果を使いこなしましょう。

好きな人へのアプローチでもいいですし、バーナム効果には色々なメリットがあります。

上手くバーナム効果を使えば、相手も心を開いてくれます。

正しく使い、有効に活用していきたいものです。

バーナム効果を自分だけに適合するのだと信じ込ませる使い方はより強くバーナム効果が発揮されます。

バーナム効果には確かな科学的根拠はないですが、威力は絶大です。

心理学は奥が深く、非常に使えるツールです。

バーナム効果をわかりやすく解説!

バーナム効果を体感した人はどうなるでしょうか。

この人は私のことを理解してくれていると思い込むでしょう。

そうやって理解してくれた人を信用し、興味を持つことになるでしょう。

バーナム効果では、言うことは相手をよく観察してから発言することが大事なのです。

相手のことをよく分析してから発言し、相手のことを言い当てるような感じで言うのがいいのです。

バーナム効果の乱用は良くないですし、使く頻度やタイミングは重要な要素となりますので、よく考えて発言しましょう。

バーナム効果の英語表現はBarnum Effectとなります。

フォアラー効果と言われることもあります。

占いなどで相手の性格を言い当てる人っていますよね。

そうです、あれがバーナム効果です。

ズバリ言い当てる人が相手をハッとさせることがあるのがバーナム効果のきっかけなのです。

バーナム効果を使いまくって薄っぺらい発言ばかりでは良くないですし、いい発言をする方が好ましいです。

バーナム効果を活用する上で相手に呼び掛けることが大事です。

皆さんではなく、あなたと呼び、言い当てる手法の方が賢いです。

また、バーナム効果を利用すれば、マーケティングにも応用でき、商品が売れるようになります。

バーナム効果の提唱者

バーナム効果の提唱者は誰かご存知ですか。

心理学者のバートラム・フォアがバーナム効果を発見しました。

バーナム効果とは誰にでも当てはまりそうな内容をあたかも自分にぴったりと言い当てられたような感覚で信じてしまう効果を言います。

この人はよく当たるし、信頼できると思わせることで発言を受け入れないといけないと思ってしまう効果のことを言うのです。

バーナム効果の語源はフィニアス・テイラー・バーナムという人物が元になっています。

バーナムはアメリカの興行師であり、1880年代にサーカスの興行で人気を集めた人物でもあります。

あなたは悩みを抱えていますねと言われただけでドキッとすることはないですか。

これには確証バイアスが関係しています。

初めて会った人とでも心理的距離が近いと感じる時はこのような時です。

自分にとっていい情報のみ取り入れ、都合の悪い情報は頭に入れずといったことです。

バーナム効果ではこうした確証バイアスが利用されています。

アメリカの心理学者であるポール・E・ミールがバーナム効果と名付けました。

誰にでも当てはまる要点というものがあるという言葉は有名です。

バーナム効果は19世紀にアメリカで人の心理を巧みに操り、サーカスを大成功させたフィニアス・テイラー・バーナムから来ています。

彼の有名な言葉に、「We’ve got something for everyone.」という言葉があります。

日本語に訳すると、誰にでも当てはまる要点というものがあるという意味です。

この言葉から心理学者はバーナム効果と名付けたのです。

バーナム効果とは、あたかも自分に言われているように感じてしまうので、ドキッとしてしまうのです。

でも、それが誰にでも当てはまりそうなことを言っている訳ですから、案外簡単な仕組みですよね。

バーナム効果の論文・実験

バーナム効果を実証するための実験では、被験者に性格診断をするとしてテストを受けてもらいました。

そのテスト結果を後日、個々人に渡し、どのくらい当たっているの五段階評価で評価してもらいました。

実はネタバレとなりますが、このテストの結果として渡した文章は性格分析を行ったのではなく、新聞の星座占いを抜き出して組み合わせたデタラメのものだったのです。

そして極めつけが全員に同じ文章を渡していたのです。

評価の平均点は4.26と高めですが、かなり当たっていると感じた被験者がいたようです。

この実験から事前に性格診断を行い、その診断結果だと伝えて星座占いの文章を渡すのがキーです。

バーナム効果では相手の肩書や権威に大きく左右されるので、高い地位にある人の発言の方が影響力は大きいと言えます。

発言する人の地位が高ければ高い程、バーナム効果の信ぴょう性は増すことでしょう。

それだけバーナム効果の影響は大きいのです。

プラシーボ効果にもよく似ていて、バーナム効果と比較されることがあります。

バーナム効果の具体例・事例

バーナム効果を上手く活かせば、自ずと成果がアップします。

営業でバーナム効果を使用するのも良いでしょう。

バーナム効果には誰にでも当てはまる要素があるということを意味しています。

バーナム効果はセールストークに利用されていますし、広告などにも活用されています。

占い、おみくじ、血液型診断など幅広く利用されているので、活用方法は色々とあります。

活用する時には特定の相手のみに伝えましょう。

そしてポジティブな内容で発信者として権威性を高めましょう。

誰にでも当てはまることを伝えることがバーナム効果の基本スタイルですが、特定の相手に伝えるということを忘れてはいけません。

相手に悟られないことが大事ですので、サラっと言い当てる方がいいでしょう。

人は不思議なもので血液診断などが当たっていると思うのです。

これは自分のことだと錯覚してしまうからなのです。

こうしたバーナム効果は日常に溢れていますし、有り触れています。

バーナム効果では前向きな内容を重視し、インパクトを持たせた方が賢いです。

このバーナム効果は血液型でも使われていますし、非常に効果的です。

バーナム効果はなぜ起こる?心理学的に解説!

バーナム効果がなぜ起こるのかというのは、人には理想像があるからです。

バーナム効果は人の理想像を巧みに利用していますし、人は本当はこうありたいと思っていますし、その思いが叶わなければ、理想像にすがるのです。

そうして理想像を言い当てられたら、ハッとし、人は嬉しく思うのです。

褒められた気持ちになり、言い当てられた感じ、信頼するのです。

人とは自分が特別な存在だと思いたく、認めてもらいたいと思っています。

褒められたら嬉しいのは勿論ですが、人から言い当てられるとバーナム効果が発動するのです。

バーナム効果では言葉選びは重要ですし、いい言葉がいい人生を作ります。

バーナム効果を活用するためにも敏腕営業マンのセールストークを見習うべきです。

営業マンのセールストークはまさしくバーナム効果そのものですし、真似する価値はあります。

バーナム効果はプラシーボ効果とも関連がありますし、非常に魅力的な心理効果なのです。

相手に思い込ませることは凄く大事ですし、こうした思い込みは自信がなければできないことですので、良い手法なのです。

相手を錯覚させる手法がバーナム効果なのです。

自分をこんなにも見てくれているんだとか、私を分かってくれているんだと思わせることがバーナム効果では大事なのです。

バーナム効果を活用する方法【ジャンル別】

血液型診断はバーナム効果を活用した代表例であります。

タロットカード占いもそうです。

何だか当たっていると感じることが多いので、バーナム効果の活用例です。

人は言霊を信じ、どんな言葉でもいいのですがりたいし、頼りたいのです。

そもそも占いに行く人は何かしら不安を抱えた人ですし、行く人は悩みがある人が多いはずです。

何かにすがり、安心したい人が行くのです。

活用するにはどうしたらいいでしょうか。

ずばい言い当てることです。

相手にこれは自分のこと言われていると思わせることが大事なのです。

バーナム効果を上手く活用するためには、発信する人自身の信頼性を高め、実績を構築することです。

権威ある人の言葉を引用したり、自分の発言を補強したりするとともに、信ぴょう性が増す努力が必要です。

言葉をしっかりと選び、いい言葉で良い人生を作っていき、バーナム効果を上手く活用するのです。

バーナム効果をポジティブに活用し、ビジネスでも恋愛でも上手くいくように活用していきましょう。

恋愛で頻繁に活用できるのがバーナム効果のメリットです。

まとめ

バーナム効果においてはいかにポジティブな発言が重要かお分かりいただけたと思います。

それはネガティブな発言を人は好まず、ポジティブな発言を好むからです。

人は占いでも悪い占いは信じたくないですし、いい占いを信じたいものなのです。

明るい内容を多めにした方が人は聞き入れてくれますし、印象にも残ります。

恋愛でもバーナム効果は使えますし、気になる人へのアプローチをしてもいいでしょう。

場面によって使い分け、バーナム効果を体感しましょう。

相手の状況をよく見極め、バーナム効果を適切な場面で使用することが大事です。

ですから、バーナム効果の乱用はいけませんし、使い過ぎると逆効果となり、悪い影響が出ます。

上手に使えば相手も心を開いてくれるでしょうし、メリットは多いです。

バーナム効果を使うことでコミュニケーションを深めることができ、相手との間によりよい関係性を築くことが可能となります。

バーナム効果は認知バイアスの一つですので、占いでよく使われることが分かっています。

バーナム効果自体、広告のキャッチコピーでもよく使われますし、活用しない手はありません。

但し、このバーナム効果は出会ったばかりの人に使うと無意味となりますので、注意が必要です。

営業トークでよく使えるのがバーナム効果です。

バーナム効果を上手に使って生活を充実させましょう。

本記事を読んでくださったことに感謝いたします。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント