スノッブ効果とは

スノッブ効果というものがあります。

この心理現象を皆様はご存知でしょうか。

人は自慢したい心理を持っていたり、見栄がある生き物ですので、高級車を持ちたいとか有名なお土産を購入してみんなに見せびらかしたいなどの欲求があります。

皆様は誰かに買ったものを見せびらかしたいと思ったことはないですか。

自慢したいとか、こんないい物があったとか、人に見せたい心理や見せた経験はあると思います。

心理学には凄い力があり、人間の原理原則を抑えてあるので、分析されているだけの学問で価値があります。

スノッブ効果という心理効果を活用してビジネスや恋愛、人間関係などを成功させてみてはどうでしょうか。

執筆者

スノッブ効果とは

スノッブ効果とは他に人が持っている物とは違う物が欲しいと思う心理のことです。

これは顧客心理なのです。

Snobとは元々、イギリスの学生コミュニティで見栄っ張りとか紳士気取りの嫌な奴とかという意味があります。

隠語なのです。

この意味が転じてスノッブ効果というマーケティング用語が生まれたのです。

スノッブ効果は非常に使えるので、こういう心理学を取り入れた方が賢いでしょう。

人とは違う物が欲しいと思う心理は誰にでもあるものです。

スノッブ効果とは多くの人が持っている物の価値を低く見積もる心理のことを指します。

人は期間限定という名目に弱く、迷わず買ってしまうのです。

限定商品は非常にレアな感じがしますし、希少価値が高く感覚があるので、ついつい買ってしまいますよね。

人は他者と違った物を欲しがりますし、数量限定という言葉にも弱いのです。

誰でもレアな物は欲しくなるのは当然です。

お得情報にも敏感なのが人間です。

簡単に手に入らない商品であればある程、欲しくなってしまう、これがスノッブ効果の効力です。

今日は特別な日を過ごしたいというような時でもスノッブ効果は発揮されます。

他人とは違う特別な物が欲しいと思うのはごく普通のことなのです。

誰も持ってないレアな物が欲しいと思うのは自然なことであり、誰もが抱く感情なのです。

スノッブ効果をわかりやすく解説!

わかりやすくをコンセプトに解説します。

バンドワゴン効果というものの真逆をいく心理効果がスノッブ効果です。

他に人が持っているから自分も欲しくなる顧客心理がバンドワゴン効果でした。

それではスノッブ効果はどういう心理効果なのでしょうか。

ゲームを友達が持っているから欲しくなることはあると思います。

自分も同じゲームを買ってしまうことはバンドワゴン効果ですが、スノッブ効果は違う物が欲しくなるのです。

他人と違う自分でいたいと思うのがスノッブ効果です。

街中で自分と同じ商品を持っている人がいるとどう感じますか。

何だか嫌な感じがしませんか。

これがスノッブ効果です。

要は人は限定商品の希少性に惹かれるのです。

みんなが持っていない物に価値があると思い、その心理がスノッブ効果なのです。

だが、このスノッブ効果は売れすぎると希少価値が下がるのです。

凄く分かりやすく言えば、ドラえもんのスネ夫のような人がスノッブ効果です。

見せびらかし、自慢しているスネ夫はまさしくスノッブ効果の代表のような人です。

スネ夫タイプは決して人柄がいいとは言えず、友達になりたいタイプだとは言えませんが、権力者に寄り縋る姿は、スノッブ効果の現れです。

スノッブ効果はある商品とサービスに関して他者の消費が増えれば増える程、需要が減少することを指す心理学用語です。

他の人が持ってない物が欲しいと思う心理は自然なことであり、よく起こることでもあります。

特別扱いするというのがスノッブ効果の基本なのです。

スノッブ効果の提唱者

アメリカの経済学者であるハーヴェイ・ライベンシュタイン氏が提唱した心理現象で1950年に発表した論文の中で、スノッブ効果とバンドワゴン効果、ヴェブレン効果について述べています。

スノッブという語源自体は上品ぶった振る舞いをするなど、人よりも上の立場になると自己アピールをするという意味があります。

100年くらい前のイギリスでは上流階級ぶっている人や気取っている偽の紳士がいました。

そういう人々の総称となっていたのがスノッブですが、スノッブの言葉の由来は二つあります。

由来に関しては詳しく説明することは置いておき、ここで提唱者について解説します。

スノッブ効果の提唱者はライベンシュタインであり、バンドワゴン効果とヴェブレン効果の提唱者でもあります。

人は他の人が持っていない物を欲しいと心があり、限定やお得に弱いです。

損失を恐れないことは大事なのですが、人は守りに入り、攻めではなく、損失を恐れるのも実際よくあることです。

消耗品なら失っても使い捨てですので惜しくはないですが、いい物は長く使いたいと思うことでしょう。

スノッブ効果の論文・実験

スノッブ効果には人気が出ると売れなくなるというデメリットも存在します。

スノッブと言葉には紳士ぶる人という意味があります。

一般的には人をけなす悪口のような言葉ですので、あまり堂々と使わない方が賢明です。

みんなが同じ物を持っていたらどうでしょうか。

何だか違う商品が欲しくなりますよね。

世の中にはブランド志向が高い人もいます。

他者の消費が加速すればする程、個人の購買欲求が減少するという心理効果がスノッブ効果です。

限定された物は価値が高いと感じるのは脳の仕組みの影響です。

質も大事なのですが、質よりも希少性に重きを置いてしまいやすいのも事実です。

被験者に二つのクッキーを食べてもらいます。

そこでどちらが美味しいのか評価してもらう実験です。

A. クッキー10枚

B. クッキー2枚

実験結果はBのクッキー二枚が美味しいと評価したのです。

数が少ない方が希少価値が高く、高価だと感じる傾向が強いということが判明したのです。

特別感を出すことがスノッブ効果では有効なのです。

スノッブ効果の具体例・事例

応援していた歌手がメジャーになればなる程、応援をやめてしまう人が出るのはなぜでしょうか。

これは希少性がなくなるためです。

この手のタイプの人は人気が出る前の歌手を応援する傾向があります。

アーティストも一つの具体例です。

お店でよくある地域限定などのワードも売り上げアップには効果的です。

これもスノッブ効果で差別化を全面に打ち出すことにより他者の消費が限られたものであると消費者に訴えかけ、それによりスノッブ効果を味わうというプロセスを構築しているのです。

それにより、他者と差別化したいと考えている消費者は珍しい物があると購買意欲が掻き立てられ、結果として買ってしまうのです。

オーダーメイドもスノッブ効果を活用した事例です。

このことから消費者の購買意欲を煽ることがいかに大事なのか分かると思います。

人は他の人が持っているとその商品が欲しくなりますが、逆に人が持っていない物を所持していると優越感を感じることができるという面を持っています。

スノッブ効果はなぜ起こる?心理学的に解説!

スノッブ効果は差別化の意識から生じます。

採用面接の場面で周囲が採用しているから、私は採用したくないという心理学の用語で重要の増加により、排他性や差別化の意識が働くことがスノッブ効果の仕組みです。

高級ブランドの商品を持ちたいと思ったことはないですか。

それもスノッブ効果の影響です。

他人が持っていない物を持ちたいとかいう心理はスノッブ効果なのです。

限定とか唯一という言葉はスノッブ効果の性質をよく表現しています。

電車などでみんなと同じ靴だと気分が下がりませんか。

何だか自分の靴を他に人も持っているのかと思ってしまいますよね。

特別感がなくなってしまうんですよね。

お気に入りの品なのに周りのみんなが持っていると何だか気分が落ちますよね。

他の人と違う商品が欲しいという時はスノッブ効果が働いていると言えます。

特に限定品は誰しもが欲しいと思うはずです。

スノッブ効果がなぜ起こるのかは脳内エネルギー節約のためです。

限定商品は価値が高いと瞬間的に考え、考える暇をなくし、思考で脳を使うことを避けるためです。

脳内エネルギーを無駄に消費することがなくなる訳です。

ブランド品で優越感に浸りたい人はステータスを感じたい人は、スノッブ効果を発揮する商品が欲しいはずです。

そういう人は同じようなありふれた商品では満足しないから、スノッブ効果が大事なのです。

人は特別な商品を欲しいと思うから、スノッブ効果が発揮されている商品を欲しがる訳です。

流されやすいと思われたくないという心理も裏には隠されていて、そうした心理がスノッブ効果発動の要因となっているのも事実です。

スノッブ効果を活用する方法【ジャンル別】

スノッブ効果はマーケティングでよく使われますし、非常に大事な意味を持ち合わせています。

このスノッブ効果を使って販売促進を行いたい場合には、販売個数や販売時期を適切に調整する必要があり、利益を出す売り方を実践することが重要となります。

利益を出すためには多くの商品を売ることが条件となりますが、売り過ぎてしまうと市場に商品が出回り過ぎてスノッブ効果による売り上げの変動が起きにくくなります。

こういうことが起こるので、販売個数や時期のバランスを取る必要があるのです。

商品を流通させ過ぎないことがスノッブ効果発揮のためには大事です。

スノッブ効果は活用が非常に難しいんですよね。

一見は簡単に使えそうに見えますが、扱いと使用方法が難しいのがスノッブ効果なのです。

スノッブは悪口のように使われることが多く使われる分野によっては全く別の意味を持っています。

スノッブ効果はビジネスで大いに役立ちます。

心理効果を仕事に取り込んでみては良い成果が出ると思います。

勿論、マーケティングにも活用は可能です。

その他、恋愛にも活かせます。

人間関係にも応用が可能です。

スノッブ効果は単純な心理効果なのです。

それ故に活用は難しい面もあるのです。

消費者もそれなりに騙されないように考えているので、情報を吟味しているためです。

まとめ

スノッブ効果の記事、いかがでしたか。

スノッブ効果の導入文、スノッブ効果とは何かをシンプルに解説し、提唱者などを踏まえて、段階的にご説明しました。

人は限定品に弱く、ついつい欲しくなるのもよくあることです。

簡単に手に入らない商品は欲しくなるものなのです。

心理学とは本当に活用方法が多様にあり、優れた学問です。

それはよく分析されているからだと感じます。

スノッブ効果を巧みに日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

凄く効果があり、いい効果が出るので、使ってみる価値は十分にあります。

消費者にもっともらしいように見せ、スノッブ効果を活用することで売り上げアップや購買意欲を向上させることが可能です。

スノッブ効果についてお分かりいただけましたか。

このスノッブ効果の背景には他者と違う物が欲しいという心理が裏打ちされている訳です。

他者と差別化して、効力を高めたいとため、このような心理効果が存在するのです。

最新限定5品までなどと言われると好奇心で購買意欲が高まり、思わず買ってしまうのです。

これがスノッブ効果の力です。

珍しい物であればある程、買いたくなるものです。

スノッブ効果について書きましたが、ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント