当サイトには広告が含まれます。

目を下にそらす女性心理とは?

女性と目が合ったのにそらされると「もしかして、嫌われているのかな?」「避けられているのかな?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、一緒にいるときに目を下にそらす女性の心理について解説します。
脈ありかどうか、目をそらされたときの対処法、関係を深める方法についても解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

目を下にそらす女性心理とは?

目を下にそらす女性の心理とはどのようなものなのでしょうか?
考えられる女性心理をいくつかご紹介します。

恥ずかしい

会話中などに正面から目が合って視線をそらされた場合、恥ずかしいと思われている可能性が高いでしょう。
好意を持っているからこそ、目が合って恥ずかしくなったり照れたりしてしまうのです。

好きな人のことを正面から直視できる女性は意外と少ないものです。そのため、目が合った際にとっさにそらしてしまう女性は多いでしょう。

緊張している

女性側が緊張している場合も目をそらしてしまうことがあります。

恋愛対象かどうかにかかわらず、好意がある場合や尊敬している場合、そのような相手と目が合うと誰しも緊張するのではないでしょうか?

自分の気持ちを隠したい

人の本心や気持ちは、言葉よりも行動に現れることが多いです。「目は口ほどにものを言う」という言葉もあるように、目には本心が現れやすいでしょう。

そのため、目を下にそらす場合、自分の考えや気持ちを悟られたくないと思っている可能性があります。

「あなたへの好意に気づかれたくない」という場合もあれば、「苦手だと思っていることに気づかれたくない」と思われている場合もあるでしょう。ポジティブな理由でも、ネガティブな理由でも、どちらにせよその気持ちを悟られたくないため、視線をそらすことで隠そうとしているのです。

気まずさを感じている

出会ったばかりやあまり会話をしたことがない場合、気まずさを感じている可能性があります。
関係性が浅い人と目が合ったときに、戸惑ったり緊張したりするのは誰にでもあり得ることです。

つまらないと思われている

「あなたと一緒にいてもつまらない」「気まずいから早く帰りたい」と思われている場合も、目を下にそらされてしまうことがあります。
この場合は目をそらすというより、下を向いているという表現がふさわしいかもしれません。

何を話そうか考えている

会話が途切れたり、共通の話題が見つからなかったりしたときに目をそらされた場合、何を話そうか考えている可能性があります。
盛り上がりそうな話題や会話のネタを必死に探しているのです。

目を下にそらす女性の特徴

目を下にそらす女性に多く見られる特徴を解説します。
全員に当てはまるわけではありませんが、参考程度に知っておくと良いでしょう。

恥ずかしがり屋・内気な性格

目を下にそらす女性は、そもそも恥ずかしがり屋だったり、内気で控えめな性格だったりすることが考えられます。

人と目が合うこと自体に恥ずかしさを感じている場合や、他人に自分の気持ちを悟られたくないと思っている場合など、その理由はさまざまです。

自信がない

自分に自信がない場合も目を下にそらしてしまうことが多いです。
自信に満ちている人は堂々と前を向き、相手の目を見ることができるでしょう。

恋愛経験が少ない

恋愛経験が少なく、男性と関わることに慣れていないことも理由の1つとして考えられます。
男性と目が合うというシチュエーション自体に慣れておらず、緊張感や恥ずかしさから耐えられなくなり、視線をそらしてしまうのです。

目を下にそらす女性は脈あり?

目を下にそらす女性は脈ありなのか、それとも脈なしなのか……気になる方が多いのではないでしょうか?
「目を下にそらす」という行為のみでは判断が難しいため、他の言動とあわせて総合的に判断するのが良いでしょう。
ここからは、脈ありサインと脈なしサインの代表例をご紹介します。

脈ありサイン

距離が近い

視線はそらされるけど、物理的な距離が近いという場合は脈ありの可能性が高いでしょう。
好きな人との距離は無意識に近くなってしまうものです。反対に、嫌いな人や苦手な人に近づきたいと思う人は滅多にいないといえます。
視界に入る距離や、肩が触れるような距離にいる場合は、あなたに興味や好意があるといえるでしょう。

目をそらしつつも見てくる

目はそらされるけど、チラチラと見てくる場合はあなたのことが気になっていて、興味や好意を持っている可能性が高いです。
正面から目が合うのは恥ずかしいけど、つい気になって見てしまうのです。

よく笑う

一緒にいるときに笑顔が多く、よく笑っているのであれば嫌われてはいないでしょう。
嫌いな人や苦手な人と一緒にいるときに楽しそうな様子を演じられる人も中にはいます。そのため、それだけで脈ありとまでは言い切れません。
しかし、心から楽しんでくれていて笑顔が絶えない場合は、脈ありの可能性も考えられるでしょう。

ボディタッチをされる

女性は苦手な人や嫌いな人に自分から触れるということが滅多にありません。
そのため、もしボディタッチをされるという場合は、あなたに興味や好意がある可能性が高いでしょう。少なくとも、嫌われたり避けられたりはしていないといえます。

話題を振ってくれる

女性側から話題を振ってくれる場合、会話が途切れないように話題を探しているため、目をそらしてしまっているということも考えられます。
脈ありとまでは言い切れなくても、嫌われてはいないでしょう。

声のトーンが高い

会話中の声のトーンが高い場合、脈ありの可能性があります。一般的に、女性は好きな人の前では無意識に声が高くなるといわれています。
もし、他の人と会話しているときより声のトーンが高いように感じるのであれば、脈ありの可能性も十分に考えられるでしょう。

脈なしサイン

会話が続かない

目をそらされるだけでなく、会話も続かない場合、脈なしの可能性が高いでしょう。中には緊張や恥ずかしさからうまく話せないという女性もいるかもしれません。
しかし、話題を探そうとすらせず、明らかに会話を続ける気がなさそうな場合は興味や好意を持たれていない可能性が高いといえます。

足のつま先が自分の方を向いていない

足のつま先が自分の方を向いていない場合、脈なしの可能性が高いです。一般的に人は好意がある相手に対し、体や足のつま先を向けるといわれています。
そのため、足のつま先や体が自分の方を向いていない場合、その場にいること自体を苦痛に感じていたり、早く帰りたいと思っていたりする可能性があるでしょう。

スマホをよく見る

スマホをよく見たり、時間を気にしたりしているようであれば、つまらないと感じていたり、早く帰りたいと思ったりしている可能性が高いでしょう。

好きな人といる時間は貴重で、できれば長く一緒にいて会話をしたいと思うものです。そのため、一緒にいるときに目をそらすだけでなく、スマホをよく見ているようであれば脈なしの可能性が高いといえます。

目を下にそらされたときの対処法

目を下にそらされたときの対処法をご紹介します。

過度に気にしない

目をそらされると、「嫌われているのかな?」と不安になることもあると思います。しかし、過度に気にしないようにしましょう。

ただ恥ずかしがっているだけなのか? それとも、つまらなくて帰りたがっているのか?
他の言動からも冷静に判断するのが良いでしょう。

焦らない

恋愛経験が少なかったり、内気な性格だったりする場合は、焦らずに時間をかけて関係性を築いていくことが大切です。
無理に距離を縮めようとせず、相手のペースに合わせましょう。

LINEでのコミュニケーションを大切にする

恋愛経験が少なく、男性と話すことに慣れていない場合、LINEでのコミュニケーションも大切にしましょう。
文章のやりとりであれば、緊張せずにいろいろなことを話してくれるかもしれません。

優しく接する

目をそらされたときに、「なんで目をそらすの?」などと詰めるのはやめましょう。
目をそらされることには触れず、優しく話しかけ、緊張がほぐれるような雰囲気を作ることが大切です。

目を下にそらす女性と関係を深める方法

最後に、目を下にそらす女性と関係を深める方法をご紹介します。
他の言動も含めて、「なんとなく脈ありかも」と思った場合は関係を深められるよう、アプローチしてみましょう。

優しい視線を向ける

目を合わせてほしいからといって、強い視線を向けたり、目をそらさないように指摘したりするのは避けましょう。

女性が自然に見てくれるようになるまで、強要せず優しい視線を向け続けることが大切です。
そして、相手が心地よいと感じてくれるような距離感を保つことを心がけましょう。ボディタッチなども含め、無理に距離を縮めようとするのは逆効果です。

相手が話しやすい雰囲気を作る

相手が話しやすい雰囲気を作ることも重要です。相手が話しやすい話題を振ったり、会話のペースを合わせたりしましょう。

また、一方的に話したり、相手の価値観を否定したりすることは避けましょう。会話の中で何かを相談された場合も、上から目線でアドバイスをするのではなく、相手の気持ちに共感しながら解決策を提案するのが良いです。

話していて心地よいと感じてもらえると、コミュニケーションも自然に取れるようになります。

自分のことも適度に話す

自分のことも適度に話すことで、自己開示をすることも大切です。何を考えているのか、どんな気持ちなのかを相手に共有することで、信頼関係を構築していけるでしょう。

自分のことを話すことと、相手の話を聞くことのバランスを取りながら信頼関係を築いていきましょう。

質問する

会話を続けるためには、適度に質問をして相手の話を引き出すことが大切です。

1つの話題をすぐに終わらせるのではなく、「そのときどう思ったの?」「その後どうなったの?」などと質問をすることで、相手の話を引き出しましょう。

また、会話のテーマも趣味や好きな音楽、グルメなど、楽しく話せるものを選びましょう。他人の悪口や仕事の愚痴、政治、宗教などの話は盛り上がりにくく、相手を不快にさせてしまう可能性があります。

相手の趣味や好みに合うデートプランを考える

リラックスして一緒に楽しむために、相手が好きなものを食べに行ったり、趣味に合った場所を選んだりするのが良いでしょう。

また、スケジュールを詰め込みすぎず、ゆったりとした時間を共有できるようなプランを提案するのがおすすめです。距離を縮めたいからといって無理をすると、相手に負担をかけ疲れさせてしまう可能性があります。長期的に考え、ゆっくりと信頼関係を築いていきましょう。

おわりに

一緒にいるときに目を下にそらす女性の心理や、脈の有無、目をそらされたときの対処法、関係を深める方法について解説しました。

脈ありかどうか、嫌われていないかどうかは、一緒にいるときの他の言動も見た上で判断する必要があることが分かりました。

また、脈がありそうな場合も無理に距離を縮めようとせず、相手のペースに合わせながら、ゆっくりと信頼関係を築いていきましょう。

コメント