PR
シュンガイトとは?意味・スピリチュアル効果・取り扱い方

シュンガイトとは?意味・スピリチュアル効果・取り扱い方

シュンガイトというパワーストーンを知っていますか?健康や老化防止に効果があるといわれるC60フラーレンを、地球上で唯一自然の状態で持っているのがシュンガイトです。

隕石の影響で生成されたのではといわれたり、実は正式に鉱物として認められていなかったりと謎が多いシュンガイトについて解説します。

シュンガイトってどんな石?

シュンガイト

シュンガイトとは

シュンガイトは、結晶ではなく20億年前のプランクトンが化石化したものが炭素となり集まったものだとされています。

ブラック一色のルックスで、炭素の割合で見た目にも変化があります。実は、シュンガイトは正式には鉱物と認められていない存在。

主成分は炭素なので炭素鉱物といっても良さそうですが、結晶構造を持たず生成過程が謎に包まれているので、石とは言い切れないところがあるからです。

現時点で炭素鉱物と認められているのは、ダイヤモンドとグラファイトのみなので、シュンガイトが鉱物と認められれば3番目の炭素鉱物となるでしょう。

天然石・鉱石というより炭素の塊といった存在のシュンガイトですが、パワーストーンとして流通しています。似たような存在に、同じく非晶質であるモルダバイトやリビアングラスなどがあります。

モルダバイトやリビアングラスのように、シュンガイトも隕石によって出現した存在ではないかという説もあります。

  • 一部地域でのみ産出されること
  • 非晶質であること
  • 地球上で唯一天然のフラーレンを有していること

などが、シュンガイト宇宙由来説の理由です。

フラーレンとは

シュンガイトを語るうえで欠かせないフラーレンとはいったい何なのでしょうか?

フラーレンとは、炭素原子のみで構成されたクラスターの総称。リチャード・スモーリ((Richard Errett Smalley)氏らが1985年に実在を確認し、1996年にはノーベル化学賞を受賞しています。

フラーレンのうち、シュンガイトが有しているのは「C60フラーレン」です。

炭素原子60個が集まったもので球体に近い構造をしており、サッカーボールに近い完全な球体の形をしていて、この構造は「ボール型炭素分子」とも呼ばれます。

シュンガイトに含まれるフラーレンは1992年に発見され、分析は京都大学で行われました。2004年にはシュンガイトにC60フラーレンが含まれていることが実証されています。

天然のフラーレンを有するのは、地球上で唯一シュンガイトだけです。フラーレンは抗酸化成分で、活性酸素を吸着する働きがあります。

そのため医療や美容に利用され、殺菌効果も認められています。水を浄化する効果があり、シュンガイトによる水の殺菌実験では85~98%もの殺菌効果があったんだとか。

また、電磁波を吸収するためステルス戦闘機に利用されたりもしています。フラーレンは、ナノテクノロジーの分野において、現在も研究と利用が進められている存在なのです。

パワーストーンは古来より各地で医療に使われた形跡があるものが多いです。祈祷の際に利用されたり、粉末にして飲んだり傷口に当てると回復するといった使われ方もしてきました。

しかし、現代医療においてはその効果は実証されていません。

そのため、「昔の人がそう信じただけ」「科学的な根拠はない」と、多くのパワーストーンに関する医療効果はスピリチュアルな分野とされてきました。

ですが、フラーレンを有するシュンガイトは、言い伝えではなく科学的にもきちんと実証された医療効果を持ち、現在でも実用化に向けた研究が進められています。

シュンガイトは鉱石とは認められていないので天然石やパワーストーンとしてハッキリとした存在ではありませんが、いかに特別かが分かるでしょう。

シュンガイトの名前の由来

シュンガイト(Shungite)は北欧にあるカレリア共和国の「シュンガ(Shunga)村」という場所でのみ発掘されます。そのためにシュンガイトと名付けられました。

ただし、鉱石とは認められていないので、あくまで流通名となります。

シュンガイトの和名・別名

シュンガイトの和名は「シュンガ石(しゅんがせき)」です。

シュンガイトの歴史

1879年、シュンガイトはロシア西部にあるカレリア共和国、シュンガ村のオネガ湖付近で発見されました。現地では健康に良いと昔から有名で「治癒の石」とされていたといわれています。

シュンガイトの伝説・言い伝え

シュンガイトは発見された1879年以前からカレリア共和国で健康によいとされていたパワーストーンです。

ロシアの初代皇帝であるピョートル1世は、シュンガイトを入れた水を飲んで効果を実感したことから、医師にシュンガイトの研究を命じます。

その後は自身もシュンガイト入りの水を愛飲したり、ヨーロッパとの戦争に赴く兵士にシュンガイトを配ったりして病気から身と国を守っていたとされています。

結果、衛生状態が悪く赤痢が当たり前だった戦地においてロシア兵は健康を保ち、勝利を重ねていったんだとか。

また、ピョートル1世は祖母の病気が治ったとしてカレリア共和国に修道院を建設もしています。

シュンガイトの産地

シュンガイトはロシア西部にあるカレリア共和国でのみ産出できます。

シュンガイトの硬度

シュンガイトのモース硬度は3.5~4。結晶化した石ではなく炭素の塊なので、その強度は鉛筆の芯によく例えられます。

通常では問題ありませんが、傷が入ったり強く擦れたりすると崩れ始め、粉末状の炭となってしまいます。

シュンガイトの宝石言葉・石言葉

  • 災いを遠ざける
  • 浄化と保護
  • オーラの強化 など

シュンガイトと誕生石・曜日石・守護石

12月27日の誕生日石に制定されていることがあります。

シュンガイトの色と種類・似ているパワーストーン

シュンガイト

シュンガイトは炭素を主成分とした塊で、鉛筆の芯のようなルックスをしています。炭素の割合によって見た目が変わり、呼び名も変わります。

シュンガイト

一般的にパワーストーンやアクセサリーとして流通しているのは、炭素を30から60%含んだシュンガイトです。シリカなど炭素以外の鉱物が含まれています。

見た目はブラック一色でマットな質感。輝きはありません。加工ができますが強度はあまりないので、傷がつけばそこから崩れていってしまうでしょう。

エリートシュンガイト・ノーブルシュンガイト

90%以上の炭素を含むシュンガイトを、

  • エリートシュンガイト
  • ノーブルシュンガイト

と呼びます。ブラックにメタリックなシルバーの光沢があり、石というより金属や鏡のようにも見えます。「シルバーシュンガイト」とも呼ばれます。

限られた地層でしか産出しないので、通常タイプのシュンガイトより希少価値が高いです。ただし、非常に脆く、加工はできません。しかし、多くのフラーレンを含んでいると考えられ、人気があります。

シュンガイトと似ているパワーストーン

シャーマナイト

シャーマナイト

呪術師・祈祷師を意味する「シャーマン」を名前に冠したシャーマナイト。ネイティブアメリカンの守護石として有名です。マットなブラックカラーであり、通常のシュンガイトに似ています。

オニキス

オニキス

魔除け石として名高いブラックオニキスも、ブラック一色で光沢を放つパワーストーン。そのため、シュンガイトに似ています。

ヘマタイト

ヘマタイト

鏡のような光沢を持つブラックストーンであるヘマタイトは、ノーブルシュンガイトととてもよく似ています。

粉砕すると赤い粉になることから血液に関連があるとされ、病気の治癒に使われてもきました。見た目だけでなくその歴史や伝承も、シュンガイトと似通っているといえるでしょう。

グラファイト

シュンガイトと同じ炭素からなるグラファイト。その原石はシュンガイトに似ています。パワーストーンやジェムとして流通することはほとんどありません

モース硬度はシュンガイトより低く、鉛筆の芯などに用いられています。

シュンガイトが持つスピリチュアル的性質

スピリチュアル

シュンガイトと風水

五行

シュンガイトは風水の五行思想において水気を持っています。水気は「智」知恵や直感などを表します。水は自由に流れ形がないことから、自由さや柔軟さの象徴でもあります。

こだわりがなく不安定であるため、超常的でスピチリュアルな存在を意味します。

シュンガイトと相性の良い方位

北

シュンガイトとチャクラ

チャクラ

シュンガイトは第0チャクラ第2チャクラに対応します。第0チャクラ足の裏にあり、「アースチャクラ」と呼ばれます。足の裏は、人間が多くの時間地面につけている部分ですよね。

そのため、アースチャクラは

  • 地に足のついた生活をする
  • 現状としっかり向き合う

といった効果をもたらします。いわゆるグラウンディングですね。

そして、第2チャクラは「ヘプリーンチャクラ」で、下腹部に位置します。ヘプリーンチャクラは、人が健康的に生きていくために必要なパワーを司ります。

  • 元気
  • 自信
  • 創造性

などを司り、ただぼんやりと毎日を生きながらえるのではなく、意味がある人生を感じられるようにしてくれます。

シュンガイトはこんな人におすすめ

おすすめ
  • 癒しが欲しい人
  • ネガティブ思考に陥りやすい人
  • 失敗を引きずりやすい人
  • 何かが足りないと感じている人
  • さまざまなことが失敗しやすい人
  • 漠然とした不安を抱えている人

シュンガイトの効果・効能・スピリチュアルへの影響

スピリチュアル

1.浄化・癒し

シュンガイト最大の特徴は、癒し効果があること。

モリオンやオニキスなど多くのブラック系パワーストーンは魔除け効果がありますが、シュンガイトには魔除け効果がなく、代わりに癒し効果があります。

浄化や癒しといえばホワイトもしくはクリアなパワーストーンに備わりやすい力ですが、シュンガイトはブラック一色のルックスをしていながら、ホワイトやクリアのパワーストーンに似た性質があるのです。

シュンガイトは、穢れを吸い込むことで、ネガティブなものをポジティブなものへと変換する効果があります。結果、持ち主の心と体が健康になるのです。

まるで掃除機のように悪いものを強力に吸い込んでくれるので、辛い経験や嫌な思いがスッキリとなくなり、新たな気持ちで生活ができるようになるでしょう。

  • ストレスをためやすい人
  • 落ち込んだ気持ちを引きずりやすい人

などにおすすめです。

2.グラウンディング

グラウンディング

シュンガイトはグラウンディング効果に優れています。グラウンディングとは、自分自身が何であるかを認識し、現状を認め、地に足のついた生き方を見つけることです。

夢や理想を追いかけるのは良いですが、現実がしっかりと見えていないとただの夢物語で終わってしまいますよね。世間の評価も、「ただの空想好き」や「フラフラしている人」ともなりかねません。

夢や理想というものは、現実をしっかり見つめて叶える努力を重ねてこそ叶うのです。夢や理想だけでなく、日々の生活においても現実感は大切です。

何も考えずに状況に流されていると、後々何も手に残っていないことになるからです。グラウンディングはこういったフラフラした考え方や現実から目を背けて空想の世界に浸るクセを諫めること。

結果、自分の状況や未来をしっかりと考えられるようになり、地に足のついた生き方ができるようになります。

シュンガイトは第0チャクラ第2チャクラを活性化するパワーストーンなので、地に足のついた地味ながらも実りのある毎日をもたらします。

やる気アップの効果もあるため、仕事運や勉強運にも効果を示してくれるでしょう。

シュンガイトと相性の良い組み合わせ

相性

シュンガイト×セラフィナイト

セラフィナイト

シュンガイトとセラフィナイトの組み合わせは、ヒーリングと対人関係良化に効果があります。セラフィナイトは熾天使セラフィムの力を宿すといわれるグリーンのパワーストーン。

深い癒し効果をもたらし、日々のストレスから過去のトラウマ除去まで幅広くカバーしてくれます。持ち主の人間的成長を促すため、自己中心的な考えや古い価値観への執着を取り除いてもくれます。

穏やかで慈愛に満ちた人物となることで、対人面でも良い効果を発揮してくれます。そして、シュンガイトは持ち主の内外にある穢れを吸い込んで綺麗に浄化してくれる効果があります。

セラフィナイトの癒し効果と合わせることで、より深いヒーリングを得られるでしょう。

また、人付き合いにおけるストレス軽減効果もあるため、セラフィナイトの人に好かれやすくなる効果も合わせると嫌な人間関係から抜け出せたり、良い人間関係に恵まれたりもします。

シュンガイト×モスアゲート

モスアゲート

シュンガイトとモスアゲートは、癒しとリラックス効果をもたらします。モスアゲートは、アゲートの中にクローライトが入ることにより、苔や草木を閉じ込めたように見えるもののこと。

自然との結びつきが強く、農耕の石や繁栄の石といわれます。森林浴をしているかのようなリラックス効果があるとされ、エゴや執着心などを手放す効果もあります。

自然は命の営みにも関連することから、子孫繁栄の意味も持っています。そして、シュンガイトは持ち主の内外にあるネガティブなものを吸い込み、清浄にして吐き出します。

この効果はよく掃除機に例えられますが、植物が二酸化炭素を吸い込んで酸素を吐き出すのにも似ていますよね。そのため、モスアゲートの持つ森林浴効果を増幅させてくれるでしょう。

また、シュンガイトはグラウンディング効果によりコツコツと努力する大切さを教えて実りのある人生をもたらすので、繁栄を意味するモスアゲートと組み合わせれば、大きな実りのある人生を得られますよ。

シュンガイト×アンバー

アンバー

シュンガイトとアンバーの組み合わせは、実りと繁栄をもたらします。日本では「琥珀」の名前で親しまれているアンバー。石ではなく、樹液の化石です。

黄金色であることから金運アップのお守りとされ、また、「虎の魂が化石化したもの」という伝説を持つことから病魔退散や魔除けの効果もあります。

タイガーアイと似たような効力を持ちますが、タイガーアイより穏やかで、植物由来という点からリラックス効果もあります。

一方、シュンガイトは自分を知り現実を見つめるグラウンディング効果とヒーリング効果に長けたパワーストーンです。

アンバーと合わせることで仕事運が良くなり、物質的な豊かさがもたらされるでしょう。

また、ヒーリング効果は倍増するので、職場の人や仕事相手との関係が良くなり、気持ちよく仕事ができるようになります。

精進を続けることで、大きな繁栄がやってくる可能性が高くなる組み合わせです。

シュンガイト×ダイヤモンド

ダイヤモンド

シュンガイトとダイヤモンドの組み合わせは、目標達成に効果があります。世界でもっとも有名な宝石といえば、ダイヤモンドでしょう。

唯一無二の輝きを放つ、ジェムストーンの王様といっても過言ではありません。そんなダイヤモンドは、持ち主の個性や願望、能力を強い光で暴き輝かせます。

持ち主の思考をクリアにして願望への道筋を自覚させたり、自信を与えたりするでしょう。また、最高の硬さを持つことから、持ち主の意志力を強くして確固たる自分を確立させる効果もあります。

一方、シュンガイトはグラウンディング効果があり、持ち主自身の能力や現在地をしっかりと認識させます。現在地の確認は、目標地に到達するために欠かせませんよね。

自分のいる場所が分からなければ、いくら目的地に向かいたい気持ちが強くても、どうすればよいのか分からないままだからです。

同じように、ダイヤモンドがいくら持ち主の意志を強化し自信を与えても、持ち主自身が自分のことをしっかり分かっていなければ意味がないのです。

シュンガイトのようにグラウディング効果のあるパワーストーンを組み合わせれば、その心配はなくなります。

自分の立ち位置を理解した上で目標へ向かう強さや勇気が加わるので、目標をしっかりと達成できるでしょう。

ただし、最高位の硬度を持つダイヤモンドと脆いシュンガイトは隣り合わせにすると、シュンガイトに傷が入ってしまう可能性が高いです。間に別のものを挟んで組み合わせるのがよいでしょう。

シュンガイトを身に着けるのにおすすめのアクセサリーと効果

パワーストーン

シュンガイトは、ブレスレットにして身に着けるのがおすすめです。受信側とされる左腕に着けることで、シュンガイトの持つヒーリング効果やグラウンディング効果を得ることができるでしょう。

タンブルにして持ち運び、ここぞというときに左手でぎゅっと握りしめるだけでも効果が感じられますよ。シュンガイトは硬度が低く、とても脆いパワーストーンです。

そのため、むき出しの状態でアクセサリーにして身に着けるなら、どんなアクセサリーだとしても注意が必要です。少しでも傷が入れば黒い粉のようなものが漏れて、付着してしまうでしょう。

炭を触った時のようになってしまうので、お気に入りのお洋服を汚してしまわないよう気をつけてくださいね。

シュンガイトのお手入れ・浄化方法

浄化

シュンガイトはとても脆いため、傷がつきやすいです。そのため、塩などで表面に傷が入る可能性があるので、塩を使った浄化方法は避けましょう

また、炭が多く含まれているため匂いを吸収しやすいといった特性があります。悪臭を取るのに炭は良く使われることからも、強い匂いを避けた方がよいのは明らかです。

ホワイトセージによる浄化は避けましょう。普段身に着けたり部屋に飾ったりする際にも、摩擦や匂いには気をつけるべきです。

例えば、長袖を着ている際にブレスレットとして身に着けたり、アクセサリーの重ね着けで傷が入る可能性もあります。香水の匂いを吸収することもあるでしょう。

保管の際にも、匂いは気にした方がよいですね。

浄化方法対応
塩・塩水
流水
ホワイトセージ
水晶クラスタ・水晶さざれ
日光・月光浴

流水

浄化水

シュンガイトは、流水による浄化が可能です。

  • シュンガイトを浄化皿の上に乗せ、蛇口の下に置いて水を流す
  • シュンガイトは脆いパワーストーンなので、傷が入ったり欠けたりしてしまう可能性があるため直接水を当てるのはNG
  • 10分程度で浄化が完了
  • 柔らかい布で優しく拭いて、自然乾燥させる

水晶クラスタ・水晶さざれ

浄化さざれ

水晶クラスタや水晶さざれでも、シュンガイトの浄化ができます。

  • クラスタを使用する場合…クラスタの上にシュンガイトをそっと置くだけ
  • さざれ石を使用する場合…浄化皿の上にさざれ石を盛り、シュンガイトをその中に埋めるか上に乗せる

3時間程度で浄化が完了するので、そのまま身に着けてOKです。シュンガイトは水晶よりもモース硬度が低いため、置く際にはそっと置いてあげてくださいね。

日光・月光浴

浄化月

シュンガイトは、日光や月光による浄化も可能です。

  • シュンガイトを浄化皿の上に置き、3時間程度日光浴もしくは月光浴をさせる
  • 浄化皿の上にさざれ石を敷き詰めて、その上にシュンガイトを置いてもOK

時間が経ったらそのまま身に着けてOKです。

日光でパワーチャージ

シュンガイトは日光に当てることでパワーチャージができます。太陽は陰陽の陽の気を持つ、男性性の象徴です。シュンガイトも男性的な要素が高いパワーストーンなので、太陽との相性は抜群

そのため、日光浴をさせることでシュンガイトはパワーをチャージすることができます。やり方は、基本的には浄化と同じです。

浄化皿の上にシュンガイトを置いて日光浴をさせるだけで、浄化とパワーチャージの両方が同時に行えます。

浄化土

土による浄化も、シュンガイトに対応しています。

  • 天然素材の布でシュンガイトを包む
  • 柔らかく乾いた土の中に埋める
  • 2週間程度経ったら掘り起こす
  • 流水で汚れを落とす
  • 天然素材の布で拭き自然乾燥をさせる

土でパワーチャージ

シュンガイトに限ったことではありませんが、パワーストーンは土の中から生まれてきます。そのため、土の中はパワーストーンにとっては出身地であり実家のような存在

土の中に埋めるのは里帰り的な要素があり、パワーがチャージされるといわれています。シュンガイトは大地と縁が深いので、土でのパワーチャージはおすすめです。

浄化と同時に行えるものなので、天然素材の布で包んで埋めておくだけで浄化とパワーチャージの両方が同時に行えます。

浄化音

特殊な道具が必要になりますが、音でもシュンガイトを浄化することができます。

  • 音叉やクリスタルチューナー、水晶ポイントを用意する
  • シュンガイトを浄化皿の上にセットし、音を奏でる
  • 水晶ポイントの先をシュンガイトに向けたまま、シュンガイト中心に円を描く

水晶ポイントの先から音が出て、シュンガイトに万遍なく浴びせるようなイメージを持つとやりやすいですよ。

10回程度繰り返せば浄化が完了するといわれていますが、持ち主が「浄化できた」と感じるまで続けてOKです。

シュンガイトの好転反応・副作用

好転反応

シュンガイトは好転反応が起きやすいパワーストーンではありません。もしあるとしたら、頭痛や眠気、体のだるさなどでしょう。シュンガイトは邪気を吸い込み清浄な空気を吐き出します。

持ち主の心身をリラックスさせるので、眠気を感じる人もいるでしょう。また、ネガティブなものがポジティブなものに変換されたことによりやる気がアップし、頭が回転を始めます。

そのことで頭痛や体のだるさを感じる人もいるかもしれませんね。もしシュンガイトを手にして好転反応や副作用を感じたら、シュンガイトと少し距離を取ってみてください。

身に着けたり飾ったりする時間を短くし、徐々に時間を長くしていくことで様子を見ます。持ち主とシュンガイトの波動が合うようになってきたら、好転反応や副作用は収まってくるはずです。

2週間程度で変化がなければ、水晶を一緒にしてみてください。水晶は仲介役としての能力に長けているので、間を取り持ってくれるでしょう。

シュンガイトのQ&A

Q&A

シュンガイトに危険性はある?

シュンガイトは健康効果がうたわれるパワーストーンです。シュンガイトを水に浸したシュンガイト水は、一部の人の中で解毒作用があるとして愛飲されています。

実際に浄水機能にシュンガイトが使われた製品もあり、科学的に実証されてもいます。しかし、素人が自宅でシュンガイト水を作って飲むことは、「絶対に大丈夫」とは言い切れません。

もしシュンガイト水にチャレンジするなら、そのことをよく覚えておいてくださいね。また、シュンガイトは「放射線を防ぐ効果がある」という話もあります。

これは、シュンガイトに含まれるフラーレンが放射性物質の半減期を現象させるといった噂が原因です。

フラーレンによる効果がないとは言い切れませんが、シュンガイトを持つだけで放射性物質の影響を受けなくなったりはしません。信じすぎると危険なことにもなりかねませんので、注意しましょう。

シュンガイトの偽物の見分け方は?

シュンガイトは偽物が存在します。ブラック一色の石というのは他の同色の石と見分けがつき辛いので、他の石を偽りやすいのです。シュンガイトの場合は、

  • シャーマナイト
  • ヘマタイト

などが該当するでしょう。シュンガイトと他の石の見分け方ですが、シュンガイトは不透明なので、少しでも透明ならオニキスやモリオンなどを疑った方がよいでしょう。

また、モース硬度が低く傷がつきやすいうえに、傷部分を触ると黒い粉が付着することがあります。しかし、店頭で販売している石に傷をつけて真贋を確かめることは不可能ですよね。

ネットならなおさらです。ノーブルシュンガイトをアクセサリーのように加工しているものは偽物である可能性が高いです。

ノーブルシュンガイトは通常のシュンガイトより脆く、基本的に加工はできません

そのため、ノーブルシュンガイトをアクセサリーなどに加工しているものを売っているお店には注意した方がよいでしょう。

シュンガイトが割れた・欠けた!特別な意味はある?

シュンガイトは割れたり欠けたりしやすいパワーストーンです。モース硬度が低いうえ、結晶化していないからです。石というより炭の塊なので、特性上、耐久性が低いのは仕方がありません。

特にノーブルシュンガイトは少しの高さから落としただけでも割れてしまうので、取り扱いには注意が必要です。

スピリチュアル的な面では、シュンガイトはネガティブなエネルギーを吸い込んで清浄にし、放出する性質があります。そのため穢れを溜め込みやすく、こまめな浄化と定期的なパワーチャージが必要

もし取り扱いに問題がないのにシュンガイトが突然割れたり欠けたりしたら、穢れを溜め込みすぎて役目を果たせなくなったのだと考えられます。

パワーストーンと長くお付き合いしていくためにはこまめなケアが必要ということですね。

割れたり欠けたりしたシュンガイトは、お礼の気持ちを伝えて土に還してあげるのがもっともよいでしょう。

シュンガイトの色が変わった?退色・変色する?

シュンガイトは退色や変色をすることはありません。しかし、変質することによって退色や変色をしたように見えることがあります。

シュンガイトはモース硬度が低いため傷が入りやすいです。表面が変質しガザガザになったことで、色味が変わってみえることは時々あります。

シュンガイトのカラーが変わったように感じたら、取り扱いに問題がなかったか思い返してみましょう。スピリチュアル的に考えるなら、シュンガイトのパワーが弱まっていると考えられます

パワーストーンは、力を使っている最中にはカラーが薄くなるといわれています。そのため、シュンガイトに退色や変色が見られたら、まさにそのときパワーを使って稼働中なのかもしれません。

この場合は、あくまで一時的な退色や変色なので、すぐにカラーが戻るでしょう。

いつまでもカラーが戻らなければ、パワーを失っている状態が考えられますので、浄化とパワーチャージをしてみてください。

浄化やパワーチャージをしてもカラーが戻らなければ回復できないほどの状態になっている可能性が高いので、ジェムボックスなどでしばらくお休みさせた方がよいでしょう。

シュンガイトを保管する際には他のパワーストーンに炭がついてしまわないよう、シュンガイト用のボックスを用意するのが無難です。

シュンガイトの購入におすすめの販売店・通販

vec stone club

鉱物・原石・天然石・鉱石の販売専門店【vec stone club】

大学や出版社とも取引のある販売サイトです。シュンガイトは原石が多く、ノーブルシュンガイトに関しては小さな欠片ですが美しいものが販売されています。

Pascle

天然石アクセサリー・パワーストーン通販 Pascle(パスクル)

天然石アクセサリーやパーツの販売サイト。シュンガイトは、シンプルなブレスレットやビーズがあります。

まとめ

健康効果がうたわれるパワーストーンというのは、いくつかあります。

  • トルマリン・・・静電気を放って肩こりに効く
  • ヘマタイト・・・砕くと赤い粉になることから血液に関連があるとされ血行促進効果がある

など、現代でも健康や美容に効果があるとうたわれているものは多いです。古来には実際に治療に使われていたこともありますが、現代では「眉唾物」とされていることがほとんどではないでしょうか。

シュンガイトの持つ天然のフラーレンは水を浄化する効果が科学的に証明されていたり、ステルス戦闘機に利用されてもいます。

フラーレンを有することから、シュンガイトはパワーストーンというスピリチュアルな存在というよりは素材として人間界に根付き始めているといってもよいでしょう。

建築物や美術品の素材となる石に意味を持たせるのが、パワーストーンの世界です。

シュンガイトにも癒しやグラウンディングの効果があり、私たち人間の世界を発展させると同時に個人個人でも成長を与えてくれているのですね。

シュンガイトは実は鉱石ではなかったり宇宙由来という説があったりと、謎に包まれています。今後その謎が解明されるにつれ、一気に人気が出るかもしれません。

偽物も多いですが、気になる人は早めにお迎えしておいた方がよいかもしれませんね。

コメント