【男女別】髪を触る心理を解説!状況・シチュエーション別に徹底解説

【男女別】髪を触る心理を解説!状況・シチュエーション別に徹底解説

ついつい髪を触ってしまうクセがある方って多いのではないでしょうか?そして自分のことだけではなく、人が髪に触れているのを見ると、その人がどんな心理状態なのかが気になるという方もいらっしゃると思います。

人はなぜ髪を触ってしまうのか、つい触ってしまう場面はどんな時か、髪を触る心理の男女での違いなどを解説していきます!ぜひ最後までご覧ください。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

髪を触る人の心理を徹底解剖!

デートをしているとき、一緒にいても彼氏が頻繁に髪をいじっている・・・。

好きな女性と話していても、相手が退屈そうに髪を触っている・・・。

なんでこの人はこんなときに髪を触るの?と疑問に思った経験がある方も多いと思います。人はどんなときに髪に触れるのか?男女での心理の違いは?シチュエーションによる心理の違いは?人が髪を触る心理について一つずつ紐解いていきましょう!

男女に共通する髪を触る人の心理3つ

特徴①:髪を触るのが癖になっている

小さい頃に自分の髪を触ることが癖だった人は、大人になってもその癖が抜けずに続いている可能性があります。

癖というものはなかなか本人にも自覚がありません。もし気になるようであれば、本人に優しく伝えてみるのもいいかもしれません。しかし、癖はそう簡単には治りませんので、無理矢理やめさせるという方法はとらないようにしましょう。

特徴②:緊張している・不安を和らげている・ストレスを感じている

人は緊張している時や、不安・ストレスを感じている時もついつい髪を触ってしまいます。

好きな人と話している時に緊張して髪を触ってしまったり、学校での発表会や仕事でのプレゼンテーションなど、大勢の人の前で何かをする時、こんなに多くの人から見られている・・・という不安やストレスから髪を触ることもあります。

人には「自分の体に触れると安心する」という特性があります。緊張しているとき、不安・ストレスを感じているときに自分の体の一部である髪に触れることで安心感を得ているのです。

特徴③:コンプレックスがある

自分の容姿に自信が持てない、自分の顔にコンプレックスがある・・・そんな人は、自信の無さの表れからしきりに髪に触れるようになります。髪に触れることで人の視線が顔ではなく髪にいくことを狙っています。もしくは髪に触れることで手や腕で自分の顔を隠している場合もあります。

いずれにせよ自分に自信がなく、自分の顔を見て欲しくない、自分に注目されたくないという引っ込み思案な方は、よく髪に触れる傾向があります。

前髪を触る心理は

顔の印象を大きく変える前髪をいつも気にして触れている人は、他人から自分がどう見られているかが非常に気になるナルシスト的な性質があります。

男性であればいつも格好よくいたい、女性であれば常に一番可愛い状態をキープしておきたいという、自分を良く見せたいという思いが強い人ほど、前髪によく触れる傾向があるようです。 前髪の少しの乱れも許せないくらい 、良く言えば美意識の高い、完璧主義な人でもあるのでしょう。

仕事中に髪を触る心理

仕事中は何かとストレスが溜まる出来事がよく起きますよね。仕事でミスをしてしまったり、完成しかけの企画で大幅な修正を命じられたり、上司に理不尽なことで叱られたり・・・などなど。

そんなとき、人が髪に触れる心理には2パターンあります。

1つは【髪に触れることでストレスを発散する】

むしゃくしゃして頭をかきむしることで多少はストレスが軽減されます。ただし、頭をかきすぎると頭皮がダメージを受けるので、別の方法でイライラを鎮めることをおすすめします。

2つめは【自分を慰める】

自分の体の一部である髪に触れることで、自分で自分を慰めているんですね。人は自分の体に触れることで安心感を得られますから、ストレスで不安定になったメンタルを落ち着かせようとしている表れです。

髪を引っ張ったり、髪を抜く心理

髪を触る行為と、髪を引っ張ったり、抜こうとする行為の裏側に隠された心理は全く違います。

髪を引っ張ったり、髪を引き抜こうとする人、または自分の髪を抜く癖がある人は多大なストレスを抱えています。先ほど、髪をぐしゃぐしゃにかきむしる行為にはストレス発散の効果があると述べましたが、髪を引っ張る、引き抜くといった行動はそれとは段違いの大きなストレスを抱えていることを表します。

もし周りの人でこのような行動をとっている人がいれば、その人はとても大きな悩みやストレスを抱えている可能性が高いので、優しく声をかけてあげてみてはいかがでしょうか?

【男性】髪を触る人の心理5つ

特徴①:自分を格好よく見せたい

街中を歩いている時に、建物の窓ガラスに映った自分の姿を見て髪を整える男性、多いですよね。彼らは自分をより良く見せたい願望が強いので、ヘアスタイルを常に完璧の状態にしておきたいのです。

デート中に彼氏が髪をいじってばかりで嫌だ・・・とお悩みの女性はご安心ください。彼らは格好いい自分の姿をあなたに見て欲しいだけです。

特徴②:イライラしている

男性は外では常にストレス社会に晒されて生きています。 思うように仕事が進まない時、上司に無理難題をふっかけられた時、取引先とのトラブルがあった時・・・、そんなイライラが募ったとき、髪をかきむしる事があります。

髪をめちゃくちゃにかきむしることでストレスを少しでも発散しようと無意識に髪に触れているのです。

特徴③:考え事をしている

男性は女性ほどおしゃべりが得意ではありません。そのため自分の考えていること、思っていることを言語化することが女性と比べて難しい傾向にあります。

男性は思ったことを何でも話すというより、頭の中で深く思考していることが多いです。そのため考え事をしているときは、自分の頭に触れながら自分の考えを整理しているのです。

特徴④: 照れている

好きな女性を目の前にすると、恥ずかしくなってつい頭に手をやってしまう男性は多いです。相手に自分の好意がバレるのが恥ずかしくて、髪を触ることでごまかしているのです。

好きな女性が自分と会話してくれることが嬉しくて、でも照れくさくて・・・そしてそんな自分の本心を悟られたくなくて、髪を触って自分を平常に保っているのです。

特徴⑤: 髪にコンプレックスがある

男性はどうしても年齢を重ねるごとに頭皮が薄くなってくる方が多いです。朝起きるたびに枕に着いた抜け毛が気になったり、ふと鏡に映った自分の額の生え際が後退しているのに気付いたり・・・。そうなってくると四六時中自分の髪のことが気になってきます。髪に触れて毛量のチェックをしてるのでしょう。

それとは別に、男性でくせ毛や天然パーマに悩む方も意外と多いです。せっかく朝に髪型をセットしても、雨や汗による湿気でだんだんセットが崩れてきてしまうこともしばしば。くせ毛や天然パーマの方は、湿気があるとどうしても髪がまとまらず、クセが出やすくなってしまいます。髪が崩れていないか気になって、頭に触れて髪型を確認しているんですね。

男性がすれ違いに髪を触る心理は

男性がすれ違いざまに髪に触れるのは、女性に自分を少しでも格好よく見せたいとの思いからくる行為です。なんとも思っていない人とすれ違っても気にも留めませんから、あなたとすれ違う時にわざわざ髪を整える素振りがあるのなら、あなたのことを意識している可能性があります。

男性が女性の髪を触る心理は

男性が女性の髪に触れるのは、その女性に好意を持っている証拠。嫌いな女性には触れたいと思いません。あなたに触れるという事は、あなたに対して好印象を持っていることを表しています。

また男性は自分には無いものに惹かれる傾向があります。女性特有の艶のあるやわらかく美しい髪は、見ているとつい触れたくなってしまうのでしょう。

【女性】髪を触る人の心理5つ

特徴①:安心したい思っている

小さい頃に、親や周りの大人に頭を撫でられた経験はありますか?人は他者から頭を撫でてもらえると安心感を得られ、不安やストレスが軽減されます。

しかしある程度大きくなってくると、もう親や周りの大人たちが自分の髪を撫でてくれる機会はほとんどありません。そのため自分で自分の髪や頭を撫でる行為(自己親密行動)をすることで、他者から得られる安心感を自分で満たしているのです。

特徴②:枝毛をチェックしている

女性の髪はカラーリングやヘアアイロン、ヘアスタイル剤の使用などでどうしても傷んでしまい、枝毛が出やすいものです。枝毛を発見してしまうと他にも枝毛が出来ていないかつい気になって探してしまいます。

しかし一緒にいる時に、相手が自分の枝毛ばかりチェックしていたらあまりいい気はしませんよね。枝毛を探す時は自宅で、外出先であればお手洗いに行った時になど、なるべく人目の付かない場所で行うのが良いでしょう。

やはり公の場で髪に触れるのは、一緒にいる方にも、その場の周りにいる方にもあまり良い印象を与えません。大人の女性のマナーとして、人前では髪に触れないようすることを心掛けたいですね。

特徴③:退屈している

話していても楽しくない、いまいち盛り上がらない、そんなとき手持ち無沙汰になってしまうので、髪をいじって時間をやり過ごす女性は多いです。

目の前の女性が毛先を指でくるくる回していたら、それは退屈しているというサインかもしれません。話題を変えたり、女性が楽しめるような場所へ移動したりと、何かしらの変化を起こしてみましょう。

特徴④: 髪の手触りを楽しんでいる

可愛いモフモフの犬や、毛並みのいい毛布などを目にすると、「触れてみたい」と思いませんか?実は人間にも「毛づくろい」の習性が残っていると言われており、毛並みのいい物を見ると触れたくなるという本能があるそう。

女性は日頃から自宅でヘアケアに力を入れていたり、美容室に定期的にトリートメントに通ったりと髪への意識が高い方も多いです。そんな日々の努力が艶のある美しい髪をつくり、そして美しく保っているサラサラの自分の髪に触れるたくなるのです。艶々で手触りのいい髪、つまり「毛並みのいい」自分の髪に触れることによって満足しているんですね。

特徴⑤: 自分を可愛く見せたいと思っている

女性はいつでも綺麗で可愛くありたいもの。好きな男性の前ではなおさら自分を可愛く見せたいという思いが強くなりますね。

好きな人が目の前にいる時、はたまた注目を浴びている時といった状況で女性が自分の髪に触れ髪型を整えることは、自分をより可愛く見せようという心理が働いるのです。女性たるものやはり可愛いと言ってもらいたいですものね。

女性がすれ違いに髪を触る心理は

女性がすれ違いざまに髪をかき上げる行為は、自分を実際よりも高く見せたい、自分に注目が集まって欲しいという、強い自己顕示欲を表します。自分の魅力をすれ違いざまにアピールしているのです。

また、髪をかき上げる人は自分に自信がある人が多いです。自分に自信はあるが、実際以上にさらに自分を良く見せたい、自分の魅力を周りにもっとわかってもらいたいという思いから髪をかき上げて自分の存在をアピールしているのです。

女性が同性の髪を触る心理は

人の髪に触れる為には、相手にある程度近づかなければなりません。あなたの髪に触れるために近づいてくるということは、あなたと心の距離を縮めたいという証でもあります。

人は親しくない他者に、自分のパーソナルスペースに入られるのを好ましくないと感じるので、相手からあなたの方に近づいてきたという事は、あなたに対して好印象を持っている証拠。相手が自分の髪に触れてきたら、仲良くなれるチャンスです。

【シチュエーション別】髪を触る人の心理を解説

会話中に髪を触る心理【男性】

男性が会話中に髪に触れているとき、男性がどのような表情をしているかに注目してください。

嬉しそうにニコニコしながら髪に触れていたら、それはあなたといるのが楽しくて仕方がない証拠。好きな女性とおしゃべり出来ることが嬉しくて舞い上がって、だけど照れくさくて、自分の気持ちを相手に感づかれないように頭をかいてごまかしているのです。

反対に暗い表情や、無表情で髪に触れていたら、あなたとの会話に退屈しているサインです。もしくは仕事が忙しい、何かトラブルを抱えているなどの悩み事があるのかもしれません。いずれにせよ、目の前にいるあなたよりも他のことに意識がいってしまっています。

会話中に髪を触る心理【女性】

女性が会話中に髪に触れている場合は、髪のどの部分に触れているかに注目して見て下さい。

女性が頭頂部の髪を触る行為は、頭を撫でて欲しいという甘え願望の表れです。 よしよしして欲しい、可愛がって欲しいという欲求から、自分の頭を撫でているのです。もしくはその女性もまた仕事のトラブルや悩み事を抱えていて、誰かに慰めて欲しい、労わって欲しいという欲求が表れているのかもしれません。

女性が毛先を触れていたり、髪をくるくる回していたりしたらそれは会話に飽きてきている状態です。話も上の空で自分の世界に浸っています。女性が毛先を触れ出したら、話題を変えるか、女性が今何をしたいか、どこへ行きたいかなど、女性の望みを聞いてあげるのもいいでしょう。

まとめ

【男女別】髪を触る心理、いかがだったでしょうか?

髪を触ると一口に言っても、男女での心理の違いや、シチュエーション・触る髪の位置によっても心理状態が異なることをお分かりいただけたでしょうか?

彼は何でこのとき髪を触るんだろう・・・彼女はどうして会話中に髪をいじってばかりなんだろう・・・そんな疑問が少しでも解消されるように参考にしてみて下さい。

コメント