当サイトには広告が含まれます。
ピークエンドの法則をわかりやすく解説!

ピークエンドの法則をわかりやすく解説!

ピークエンドの法則をわかりやすく解説します。

ところで、皆様は、ピークエンドの法則とは何か知っているでしょうか。

知っている人もいれば、あまり知らないという人もいると思いますので、わかりやすくをコンセプトにご説明します。

これは法則ですので、全体の体験全てに当てはまります。

マーケティングにおいても同様で、活用用途は色々あります。

ピークエンドの法則は評価基準に関する法則ですので、特にピークとエンドの印象を大事にしましょう。

ピークエンドの法則をよく知り、要領の良い結果の出し方を学び、ディズニーなどの成功事例も見ていくことにしましょう。

ピークエンドの法則とは

ピークエンドの法則とは、ある事柄に対して記憶や印象に残っているのは、感情が最高に高ぶった時、すなわち、ピーク時であり、その終わり頃の出来事だけで、それらが全体的な影響を決定付けるという法則のことを言います。

この解釈を逆に言えば、ピークでもない、エンドでもない出来事は、全体的な印象に殆ど影響を及ぼさないということです。

これは、2002年にノーベル経済学賞を受賞した心理学者、行動経済学者のダニエル・カーネマン氏によって提唱されたものです。

この方は、プロスペクト理論を確立させたことでも有名な学者です。

ピークエンドの法則は、好印象を与えたい時に使えますし、別れ際にそそくさと立ち去るのではなく、一緒にいて楽しかったことを笑顔で伝えるといい効果があります。

ピークエンドの法則を活用して、ビジネス面では顧客満足度を高め、顧客の信頼を獲得し、喜ばれる企業を目指しましょう。

恋人と別れた人ならば、ポジティブな気持ちで別れる努力をしましょう。

相手の気持ちを受け止め、ありがとうの気持ちで別れることが大事です。

ピーク時はそれだけ意義があり、印象を左右します。

ピークあるいは、エンドにいい経験をすればする程、顧客満足度を高めることができますし、リピーター増加を目指せます。

満足度とリピーターの向上、増加は関係が深く、また利用したい、また来たいと思ってもらうことは、ピークエンドの法則が関連しているのです。

日常生活でよく見ることができる法則ですし、行列待ち、映画、恋愛などでよく使われます。

恋愛でピークエンドの法則を活用するとモテる!

皆様はモテる人がなぜモテているかを考えたことはありますか。

それはピークエンドの法則を使用しているからです。

恋愛においても日常生活においてもピークエンドは使用されています。

相手に良い印象を持ってもらうことで恋愛も上手くいくのです。

感情面のピークと出来事のエンドをいい印象で締めくくり、過去の体験を良い印象で判断してもらう方法です。

ピークエンドの法則で色々あったけど、いい思い出だったなあと感じられるような状態が理想です。

人の記憶は万能ではないので、冷静に判断できているようでも、過去の体験を振り返る時には、ピーク時の感情の影響を受けやすいと言えるのです。

一連の出来事を全て鮮明に記憶することは脳構造的にも困難ですので、第一印象で判断しやすいのです。

細かな外見や様子は記憶に残りやすいので、いい人だなあと思えばいい人だと感じるので、脳は案がいい加減なものだとわかりますよね。

これが初めが肝心の初頭効果でもありますし、第一印象はそれだけ重要な要素なのです。

恋愛などでは、ピークエンドの法則のエンドの部分が非常に重要です。

デートではできるだけ別れ際を大事にし、エンドでいい印象を持たせることが大事なのです。

印象深く、インパクトがあるエンドで締めくくることで関係は良く保てます。

最後の瞬間をいい印象で終わることで、ああ良かったなあと思ってくれるはずです。

それくらい別れ際は大事なので、いい演出をすることが必要です。

ピークエンドの法則で有名なのがディズニー

ピークエンドの法則で有名なのがディズニーです。

ディズニーは待ち時間が非常に長いことが多々あります。

それでも人が何回も行くのには理由があります。

アトラクションでどれだけ待っても、順番が来て楽しめると来て良かったと思えるからです。

それだけの価値があるし、待った分だけの楽しさも倍増するのです。

満足感が溜まらなく、それだけ楽しいテーマパークがディズニーなのです。

まさしく夢の国でピークとエンドが同時に来るのです。

パレードを見てお土産も買って大満足というハッピーエンドも待っている訳です。

すごく楽しい場所ですし、実際に今日はとても楽しかったと心から思える場所なのです。

そこにはピークエンドの法則が上手く活用されているのです。

ディズニーから学べることは沢山ありますし、ディズニーは終わりに感動があるので、ピークエンドの法則を使った成功例と言えるでしょう。

ファンを増やす仕組みがディズニーにはあり、ピークエンドの法則を使ってビジネスも成功に導く秘訣がディズニーにはあるのです。

ディズニーは夢の国と言われるだけあり、待ち時間が長くてもピーク時とエンド時のサプライズが凄く、特別感が半端ないので、それに見合っただけの行く価値があり、満足できるのです。

特別感を出す演出がディズニーは優れているのです。

ピークエンドの法則を上手く活用した結果だと言えます。

ピークエンドの法則の例

皆様は映画を観るのは好きですか。

映画を鑑賞した時、ピークであるクライマックスが存在します。

エンドであるラストシーンも映画にはありますし、その部分が非常に大事なのです。

そのピークとエンドのシーンの面白さによって、全体の評価を判断する材料となります。

飲食店でもピークエンドの法則はあります。

並んで待ちに待った飲食店で出された食事がとびっきり美味しかったらどうでしょうか。

並んだことなど忘れてしまうでしょう。

待ち長かったことなどどうでもよくなり、美味しかったとピークとエンドでの印象が記憶され、並んで退屈した苦痛など消えてしまうことでしょう。

これがまさにピークエンドの法則で、ピーク時とエンド時のシーンで記憶が強く印象付けられ、全体のシーンを決定づけるのです。

映画の場合、クライマックスシーンで大どんでん返しを持ってくるなどして、印象的なシーンがあると、その映画に対する評価が高くなりますし、前半のシーンが面白くなくても、終わりに非常に面白いシーンやグッとくる名場面があれば、感動的な映画だったと思える訳です。

旅行に関しても同じことが言えますし、旅行の帰りで美味しい食べ物、一番食べたいものを口にすることで楽しさは倍増し、最高潮に達するのです。

ピークエンドの法則の例【接客】

接客面においてピークエンドの法則は役に立ちます。

顧客の体験を一つのストーリーと考え、その中でピークエンドを位置付けし、サービス提供できればリピーター獲得が成り立ちますので、ピークエンドの法則を活用しない手はないでしょう。

お店屋さんではまず、お客様が来店します。

レストランなどでは、お客様が注文を頼み、料理が出てくるまで待ち、料理が届いたら、食事を楽しむという段取りです。

ここまででわかるようにピーク時はメインディッシュが出てきた時、つまり食事を食べる時が最大のピークです。

顧客の満足いく演出があれば、良い印象を与えることができますので、サービスは大事です。

エンドは退店時で、また来たいと思わせるサービス提供が重要なのです。

この店は他と違うという雰囲気を醸し出せたなら、顧客をゲットすることができますし、喜んでもらえると思います。

差別化が大事なのであり、接客でのサービスで差は開きます。

接客にピークエンドの法則を積極的に用いることがいかに大事かおわかりいただけたことと思います。

印象付けて、リピーターやファンを増やせていけたらいいですし、去り際が大切だということを肝に銘じておきましょう。

ラストをハッピーで終わるべく、いい印象で締めくくりたいものですね。

ピークエンドの法則を人生に当てはめると

ピークエンドの法則を人生に当てはめると、最期にいい人生だったなあと思える人生が迎えられるとベストです。

人生には浮き沈みがあり、波が存在します。

いい状態になると幸福感が高まりますが、不幸が続く悩み多き時に直面することもあります。

その時が試練であり、どうやって乗り越えるかが鍵となります。

人生の後半に幸福感が感じられるかが重要ですし、後半にピークを持ってくることで幸福度は上がります。

ピークエンドの法則を利用するのです。

これは普遍的な法則ですので、ピーク時とエンド時の状態で全体の印象が決定付けられるのです。

つまり、どれだけの期間だったとかは関係なく、人生の最期に幸福だったと思えれば、幸せなのです。

エンドは特に大事ですので、終わりよければ全て良しなのです。

過去は関係ありませんから、今この瞬間が幸せであることが大事なのです。

ピークエンドの法則おける接客面では、食事の最初の一口がピークです。

最初の一口目でインパクトを持たせられる味に拘り、残さず食べてもらえるような食事提供がベストでしょう。

エンドは会計時ですので、丁寧に対応してお見送りするべきです。

顧客が店を離れるまで気を抜かず、また来たいと思ってもらえるような対応をすべきです。

まとめ:ピークエンドの法則をわかりやすく説明すると

ピークエンドの法則は、ピーク時とエンド時によって全体の評価が決まるのです。

ピークとエンドとは、時間比例せず、感動と印象の平均値で時価が変わります。

ピークとエンドが面白い、楽しいと感じたならば、その体験全体は良かったとなる訳ですし、良い印象で終わるのです。

ピークとエンドが心地良い感情で締めくくれるようにすることが大事ですし、終わり良ければ全て良しは正しいのです。

楽しい時間が長くても最後が悪い印象ならば悪くなりますし、逆に苦労しても終わりが良ければ良く終わるのです。

ピークエンドの法則には持続時間は関係なく、楽しかったかどうかが重要なのです。

ピークエンドの法則は感じ方はそれぞれで特にエンド時に強く感じます。

エンド時の演出やサプライズはピーク時よりも簡単に行えるので、エンドに意識を置くようにしましょう。

ピークエンドの法則でファンを増やすことが可能です。

全体の構成をよく練り、リピーターを増やすことが狙いです。

お客様の心理をよく考え、どうしたらいい印象が残るかどうかを予想し、アピールしましょう。

これをマーケティングに活用していければ、成功につながることでしょう。

過去のいい悪いとか、記憶に残った、あるいは残らなかったとか、思考判断は時間的な長さではなく、ピークエンドの法則で決まるのです。

記憶が最大の山場であり、ピーク時とエンド時の状況が重要な要素となるのです。

これらの基本原理、原則をしっかりと押さえ、理解しておくことがビジネス成功の秘策なのです。

例えば、一つの失言が後に命取りになることはありますから、失言をしないように注意が必要ですし、悪い印象が残らないようにすることが第一です。

どんなにいい説明やプレゼンテーションを行ったとしても失言で全てが台無しになることはよくあるので、印象は大事ですし、ピークの印象は留意すべきです。

逆に言うと、失言をすればそれだけで全てが壊れてしまうのです。

ですので、ピーク時とエンド時はそれだけ気を付ける必要が大いにあるのです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

これらの情報が皆様の折に触れ、何か役立てば幸いです。

コメント