ペリステライト(ブルームーンストーン)とは?意味・スピリチュアル効果・取り扱い方

ペリステライト(ブルームーンストーン)とは?意味・スピリチュアル効果・取り扱い方

ムーンストーンの中でももっとも人気があるブルームーンストーン。実は2種類あるって知っていましたか?現在流通しているブルームーンストーンのほとんどが、本来のブルームーンストーンではなくペリステライトと呼ばれる鉱石で、実はムーンストーンではありません。今回は、「新しいブルームーンストーン」ともいえるペリステライトについてまとめました。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

ペリステライト(ブルームーンストーン)ってどんな石?

ペリステライト(ブルームーンストーン)とは

ペリステライトはムーンストーンと同じく長石グループに属する鉱物ですが、斜長石の1種であり、アルバイト(曹長石)とオリゴクレース(灰曹長石)の中間の成分を持っています。一方、ムーンストーンはペリステライトと同じ長石グループに属しますが、アルカリ長石の1種であり成分はオーソクレース(正長石)。鉱物上、ペリステライトはムーンストーンの1種ではありません。

本来の意味でのブルームーンストーンが激減してしまった点や、ブルームーンストーンと見た目や輝きが近く、パワーストーンとしての効果も近いことから、ペリステライトはムーンストーンでないにも関わらずブルームーンストーンという流通名で出回っています。

本来の意味でのブルームーンストーンを求める人にとっては、ペリステライトは偽物といえるでしょう。しかし、見た目も効果も近い上、元来長石グループの鉱物は判別の基準が曖昧かつ変化することがあるという点を考えれば、現在では流通しているブルームーンストーンのほとんどがペリステライトもしくは同じ長石グループのラブラドライトとなっているのも不思議ではありません。

また、「半透明の地」「青白い光学反応を見せる」といった2点を満たせばブルームーンストーンと呼ばれてきました。そのため、ペリステライトはブルームーンストーンの偽物や代用品ではなく、正真正銘のブルームーンストーンであるという考え方もあります。

ただし、やはり本来の鉱物学的なブルームーンストーンと区別するため、ペリステライトであるという記載は必要でしょう。1つの名前を別々の鉱石がシェアしている以上、消費者心理を考えれば当然の配慮かもしれません。2つの鉱石の違いやペリステライトの存在そのものを知らない業者もいるため、こだわるのなら購入の際にきちんと質問しておくと安心です。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の名前の由来

ペリステライト(Peristerite)はアルバイト(曹長石)とオリゴクレース(灰曹長石)が層状になっていて、ラメラ構造と呼ばれる構造をしています。そこに光が当たると虹色のイリデッセンスが見られます。この輝きがハトが首を動かしたときの色の変化に似ているとされ、ギリシャ語で「ハト」を意味する「peristeria(ペリステリア)」と呼ばれ、転じてペリステライトとなりました。

この輝きはペリステライト独特の輝きであり、ムーンストーンの輝きが「アフラレッセンス」と呼ばれるのに対し、ペリステライトの輝きは「ペリステリズム」と呼ばれることがあります。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の和名・別名

ペリステライトは和名では曹長石(そうちょうせき)と呼ばれます。

ペリステライトはアルバイト(曹長石)を多く含んでいる点やブルームーンストーンに酷似していることから「アルバイト・ムーンストーン」、カナダで発見された点から「カナダ・ムーンストーン」という別名もあります。英語で「ハト」を意味する「pigeon(ピジョン)」から、「ピジョン・ムーンストーン」と呼ばれることもあります。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の歴史

本来の意味でのブルームーンストーンは、スリランカのミーティヤゴダ鉱山で偶然産出された青白いシラー効果を持つムーンストーンのことを指します。しかし、1980年代に主要だった鉱山が次々と閉鎖となってしまったのです。

本来のブルームーンストーンの鉱山閉鎖より遡ること150年、1842年に新種としてペリステライトは発見されています。カナダのケベック州パース付近で医師であり鉱物愛好家でもあるJ.ウィルソンとA.F.ホームズが採掘し発表した鉱石がペリステライトです。しかしこのときに学会に発表したT.トムソン博士が成分を間違えて発表してしまいました。そのため、150年後にスリランカ以外の地方で採掘されたペリステライトが新種のムーンストーンとして注目を集めた際にも、「新しい鉱脈のブルームーンストーンはペリステライトでは」という疑念と結び付けられることがなく、「新しいブルームーンストーンの鉱脈がスリランカ以外にも見つかった」という認識になってしまいました。もしT.トムソン博士が成分を間違えていなければ、スリランカ以外の地域で採掘されたブルームーンストーンはペリステライトであることがすぐに判明していたかもしれませんね。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の伝説・言い伝え

ペリステライトというより本来の意味でのムーンストーンの伝説になりますが、ムーンストーンにはさまざまな逸話や言い伝えがあります。

「ムーンストーンを口に含んで願い事を言うと叶う」「ムーンストーンを樹木に吊るせばたくさんの実ができて豊作になる」というおまじないや、ムーンストーンとオパールを使って満月の夜に行うという、守護天使に会うための儀式などもあります。ムーンストーンは月の光を固めて作ったものとされ、愛の贈り物や結婚相手を占いアイテムとして用いられてきた歴史もあります。ムーンストーンの亜種であるブルームーンストーンも同様の意味を持つと考えてよいでしょう。

古来より、月は世界各国でスピリチュアルなものと関連付けられてきました。海の満ち欠けと深く関連することから月は水と同じように精神性を司り、予言や呪術に欠かせない存在であったとされています。夜に見えるという点でも、精神世界と結び付けやすかったのでしょう。その結果が予言やまじないに表れています。スピリチュアル好きの人にとっては、昼より夜、太陽より月に関連するおまじないや伝説が多いことは周知の事実でしょう。

古代や中世ではブルームーンストーンとペリステライトを判別する方法はありません。もしかしたら、ペリステライトがブルームーンストーンとされ、特別な力を持つムーンストーンの1種とされたこともあったかもしれませんね。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の産地

スリランカ・タンザニア・カナダなど

ペリステライト(ブルームーンストーン)の硬度

モース硬度は6.0~6.5で、柔らかくはありません。一定方向に力が加わると割れやすいという性質を持っています。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の宝石言葉・石言葉

「神秘の力」「家族愛」「生命力」など

ペリステライト(ブルームーンストーン)と誕生石・曜日石・守護石

1月16日の誕生日石です。
また、6月の誕生月石にも制定されています。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の色と種類・似ているパワーストーン

ペリステライトは、ガラス光沢を持ち、半透明の地に青白い光学反応を見せる鉱物です。ブルームーンストーンに酷似しているため、現在では流通しているブルームーンストーンのほとんどがペリステライトだといわれています。

ペリステライトに他のカラーリングは存在せず、半透明の地に青白い光学反応を見せるもののみとなります。

ペリステライト(ブルームーンストーン)と似ているパワーストーン

ブルームーンストーン

元来の意味でのブルームーンストーンは、ムーンストーンの中でも青白い輝きを持ったもののこと。現在は鉱山が閉山されているため新しく採掘されたものが流通することはありませんが、コレクター品の流通などがあります。しかし、とても希少で鑑定書付きのものは高価になるでしょう。

比重や硬度はペリステライトとほとんど変わりません。違いとしては、「ムーンストーンが内側から光っているように見えるのに対し、ペリステライトは外側から光って見える」んだそう。しかし、個人差がある鑑定方法なので、やはりプロによる鑑定に出した方が無難でしょう。

ロイヤルブルームーンストーン

ブルームーンストーンの中でも光彩が虹色に光るものを、ロイヤルブルームーンストーンと呼びます。しかし、こちらもペリステライト同様にムーンストーンではなく、ホワイトラブラドライトもしくはペリステライトの1部もロイヤルブルームーンストーンと呼ばれています。

ロイヤルブルームーンストーンとペリステライトの見分け方は、光彩のカラーリング。ロイヤルブルームーンストーンはホワイトラブラドライトであり、ラブラドレッセンスという光学反応をします。イエローやグリーンなどが光彩に混ざっているので、ブルー系の色相を持つペリステリズムとは判別が可能です。ただし、判別の際の環境によって大きく左右されるため、不安ならプロによる鑑定を求めるのがよいでしょう。

ペリステライト(ブルームーンストーン)が持つスピリチュアル的性質

ペリステライト(ブルームーンストーン)と風水

ペリステライトはブルームーンストーン同様に水の気質を持ちます。

五行思想においての水気が司るのは、「智」「夜」「冬」「変化」など。柔軟で何物にもとらわれない自由さと不安定さを表し、人智を超えた能力が宿るのも水気の特徴です。

また、水は女性性やスピリチュアルなものを表す側面もあり、ペリステライトの性質と合っていますね。

ペリステライト(ブルームーンストーン)と相性の良い方位

ペリステライト(ブルームーンストーン)とチャクラ

ペリステライトが活性化させるのは、眉間にある第6チャクラ。「サードアイチャクラ」と呼ばれ、「神秘」「霊性」「神秘」を司ります。

インスピレーションを高めて神秘的なパワーを向上させ、霊感を強くする効果があります。

ペリステライト(ブルームーンストーン)はこんな人におすすめ

・優しい癒しに包まれたい人

・口下手な人

・緊張しやすい人

・自己表現が苦手な人

・自信がない人

・トラウマから解放されたい人

・女性らしくなりたい人

・恋愛や結婚のお守りが欲しい人

ペリステライト(ブルームーンストーン)の効果・効能・スピリチュアルへの影響

1.ヒーリング

ペリステライトは優しい癒しの波動を持つパワーストーン。気持ちをポジティブにし活性化させるというより、心に落ち着きを与えてゆっくりと休める効果を持っています。叱咤激励するのではなく、ただそっと寄り添ってくれるタイプのパワーストーンなので、傷ついた心を癒したり過去のトラウマから解放されたりすることができるでしょう。

2.女性らしさアップ

ペリステライトはブルームーンストーンと同じ性質があり、月のパワーを持つとされています。そのため女性特有の悩みや症状を抑えてくれるだけでなく、内面から女性らしさを引き出し、穏やかかつ芯の強い性格へと変えてくれるでしょう。無邪気な少女ではなく、母性に溢れた大人の女性やたおやかな淑女のようなパワーがあり、身に着けることで精神的な余裕を得ることができます。

3.恋愛運アップ

「恋人たちの石」と言われるムーンストーンと同様に、ペリステライトも恋愛に効果があるパワーストーンです。意思伝達をスムーズにし、恋愛成就や幸せな結婚といった吉事を呼び込んでくれるでしょう。

持ち主に女性らしさを与えることで良き出会いを呼び込み、幸せな結末へとサポートしてくれます。パートナーとの愛を深めたい人や出会いが欲しい人、幸せな結婚生活を送りたい人におすすめです。

4.対人運アップ

ペリステライトは心を解放する効果があり、コミュニケーション能力アップに役立ちます。インスピレーションに働きかけて相手の気持ちを汲み取るだけでなく、その場においての最善の振舞いを教えてくれるため、周囲の人との関係が今より良くなるでしょう。「伝達の石」でもあることから、自分の気持ちを上手く伝えられない人にも効果的です。

また、ペリステライトはヒーリング効果がある上に、女性らしい大きな愛情を持ち主の心の中から引き出してくれます。自己肯定感を高めると同時に周囲の人に優しく接することができるようになり、対人運もアップしていくでしょう。

ペリステライト(ブルームーンストーン)と相性の良い組み合わせ

ペリステライト×ラブラドライト

ペリステライトとラブラドライトの組み合わせは、状況好転に効果があります。

ラブラドライトは、ペリステライトと同じく長石グループに属し、ブルームーンストーンと酷似していることで有名なパワーストーンです。ネガティブな感情やストレスを解放してオーラを修復する作用があるとされ、悪い流れを断ち切り望むものを引き寄せる効果があるとされています。

自己肯定感を高めたり安心感を与えたりしてくれるペリステライトと組み合わせることで、物事をポジティブに考えられるようになり、目標へ向かって進んでいけるでしょう。これまで悪いことばかりが続いてきた人も、オーラの流れを修復して気持ちを新たにすることで良い方向へと向かっていけますよ。

ペリステライト×ムーンストーン

ペリステライトとムーンストーンは、女性らしさアップや対人運アップに効果がある組み合わせです。

ムーンストーンは女性性の象徴とされる月に縁が深く、女性の健康や美に尽力してくれるパワーストーンです。精神性を高めて勘を鋭くすると同時に、優しさや母性を呼び起こして周囲の人との関係を修復してくれるでしょう。満ち欠けのある月に関連することから、感情の波をコントロールする能力に長け、気持ちを落ち着けるヒーリング効果の強いパワーストーンでもあります。

一方、ペリステライトもムーンストーンと似た効果があり、自己肯定感を高めて優しい気持ちを持つことで周囲の人に優しく接することができるようになります。ムーンストーンと組み合わせることで、対人関係の改善や良縁呼び込みに効果を発揮してくれるでしょう。

ペリステライト×ローズクォーツ

ペリステライトとローズクォーツの組み合わせは、恋愛運アップに効果があります。

ローズクォーツは、美の女神ヴィーナスに捧げられたという鉱物。女性の美と健康、そして愛を司るパワーストーンであり、恋愛運に効果があるとされるピンクの可愛らしいパワーストーンです。女性らしさをアップするペリステライトと合わせることで、より恋愛運がアップするでしょう。
また、ペリステライトは心を開く効果があり自己表現が上手になる上、洞察力を高めて相手の心を直感的に読めるようになります。意中の相手がいる人は、上手に自分をアピールすることができるようになるでしょう。社交性もアップするため、出会いを引き寄せてくれる効果もあります。

ペリステライト(ブルームーンストーン)×セレスタイト

ペリステライトとセレスタイトは、感受性を豊かにし直感力を高める組み合わせです。

セレスタイトは、月の女神であるセレネースに縁のあるパワーストーンです。同じく月に縁があるペリステライトとは相性が良く、似た効果を持っています。組み合わせることで直観力がアップし勘が鋭くなったり、感受性が高まったりするでしょう。霊性が高めたりインスピレーションを受けたい人におすすめの組み合わせです。クリエイティブな能力が必要な職種の人や、危険察知をしたい人にもよいですね。

また、お互いに波長が優しく穏やかなので、ゆっくりと癒されたいという人にも効果をもたらします。癒しの波動にじっくりと包まれ、穏やかに心身を休めたい人によいでしょう。

ペリステライト(ブルームーンストーン)×アクアマリン

ペリステライトとアクアマリンの組み合わせは、周囲の人との絆を深めたり結婚運アップに効果があります。

アクアマリンは人と人を結びつけるパワーストーン。結婚のお守りとしても有名ですよね。大きな愛情を呼び起こし自信を高めることで対人関係をスムーズにするペリステライトと合わせることで、周囲の人とのより仲良くなれたり、パートナーとの絆が深まり強固な関係を築けるでしょう。

また、アクアマリンは海に由来しペリステライトは月に由来しているため、相性はとても良いです。さらに、両者ともに水の気質を持っているため女性らしい優しさや母性愛を司るため、持ち主を優しく癒してくれるでしょう。

ペリステライト(ブルームーンストーン)×モスアゲート

ペリステライトとモスアゲートの組み合わせは、ヒーリングに強い効果を発揮します。

モスアゲートはアゲートの1種で、樹木や苔を閉じ込めたようなルックスで人気があります。自然のパワーが強く森林浴をしているかのようなリラックス効果を得られるでしょう。癒し以外にも、繁栄や地道な努力を促す効果があります。

ペリステライトも癒し効果が強く、モスアゲートと合わせて持つことで相乗効果が期待できます。月光浴と森林浴の両方のパワーを得られるため、ストレスを手放し緊張から解放され、精神が安定するでしょう。心が落ち着くことで自信が持てるようになり、周囲の人とのコミュニケーションも上手くいくようになりますよ。

ペリステライト(ブルームーンストーン)×フローライト

ペリステライトとフローライトの組み合わせは、インスピレーションをアップする効果があります。

フローライトは「天才の石」といわれ、無邪気な子供のような自由な発想力を与えるとされています。集中力と直感力をアップし勘を鋭くするため、危険察知にも効果をもたらすでしょう。混乱を静める効果もあるため、パニックしがちな人や複雑な問題を抱えている人にも冷静さをもたらします。

一方、ペリステライトも直感力をアップし周囲の状況や他人の心に対して敏感にしてくれます。迷いが生じたときや考えがまとまらないときにフローライトと組み合わせることで、これまでに思いつかなかったような解決方法が見つかったり、精神が安定して最良の道を選ぶことができるでしょう。

ペリステライト(ブルームーンストーン)×モルガナイト

ペリステライトとモルガナイトの組み合わせは、対人運アップや精神安定に効果があります。

ペリステライトは母性をもたらし、持ち主の中から大きな愛情を引き出します。他人に対する許容範囲が広がるため、イライラしがちな人や他人を批判しやすい人に効果的だとされています。懐が深くなり他人に優しく接することができるようになるため、周囲の人と揉めづらくなり、円満な関係が築けるでしょう。

一方、ペリステライトは持ち主自信が持つ自己愛を高めて自己肯定感をつけ、自身を持たせます。自分に余裕ができることで周囲の人に優しくなり、モルガナイトと同じように周囲の人との関係を円満にする効果があるのです。作用原理は違いますが結果は同じなので、周囲の人に優しくなりたい人やネガティブな考えに支配されたくない人におすすめの組み合わせです。母性愛を強くすることから、子育てにイライラしてしまうお母さんにもよいですよ。

ペリステライト(ブルームーンストーン)と相性の悪い組み合わせ

ペリステライト(ブルームーンストーン)×タイガーアイ

ペリステライトとタイガーアイの組み合わせは、パワーの方向性がまったく違うためあまり意味がない組み合わせとなります。

金運や魔除けの石として有名なタイガーアイは、持ち主に洞察力を与えビジネスチャンスを逃さず損害を防ぐ効果があります。聡明かつ勇猛な虎がそばに控えているかのような注意深さと行動力を持ち主に授けるため、危険を遠ざけここぞというタイミングを逃しません。ビジネスや魔除けのお守りとして効果が強いので、金運の石としても人気があります。

対して、ペリステライトは愛の波動を持つ優しいパワーストーンです。ペリステライト自身は他を排除するようなことはありませんが、タイガーアイのパワーとは合わず、効果が打ち消されてしまいます。愛情を与え自他ともに許し包み込むペリステライトは、危険を遠ざけチャンスを狙うタイガーアイとは相性が良くないのです。

また、土の気質を持つタイガーアイと水の気質を持つペリステライトは、五行思想においても相性が良くありません。水は土にせき止められてしまうため、水は土によってパワーを消されてしまうのです。合わない組み合わせなので、一緒に持っても効果は期待できないでしょう。

ペリステライト(ブルームーンストーン)×オブシディアン

ペリステライトとオブシディアンの組み合わせは、効果が正反対なのでお互いにパワーを打ち消してしまいます。

魔除けの石として有名なオブシディアンは、攻撃的でクセの強いパワーストーンでもあります。オブシディアンの和名は黒曜石。石器時代に矢じりとして利用された歴史があり、魔や邪を見つけると一直線に飛んでいく攻撃性を持ち合わせているのです。その攻撃性は持ち主の中にある魔や邪にも向かうことがあり、強い精神力がないと石のパワーに負けて破滅するという謂れもあるほどです。破邪の石でありながら呪術にも使われることがあるため、他人へのプレゼントには適さないといわれることもあります。

一方、ペリステライトは自他ともに許し愛する深い母性を持ったパワーストーン。排他的な面のあるオブシディアンとは基本的に合いません。オブシディアンの攻撃性はペリステライトに止められるものでもないため、ペリステライトの良さが打ち消されてしまいます。合わせても意味がないばかりかマイナスになってしまう組み合わせなので、避けた方がよいでしょう。

ペリステライト(ブルームーンストーン)を身に着けるのにおすすめのアクセサリーと効果

ペリステライトは原石ではなくペンダントやネックレス、ブレスレットにして身に着けるのをおすすめします。

対応チャクラは眉間にある第6チャクラですが、ヒーリング効果が強いため胸の近くに着けるのがよいでしょう。衝撃に弱いので、乱暴に扱わないようにしてくださいね。

ペリステライト(ブルームーンストーン)のお手入れ・浄化方法

ペリステライトは扱いやすく、塩分や流水にも強いです。ただし、一定方向に割れやすいへき開性を持っているため、衝撃に注意しましょう。一部、樹脂でコーティングされているものも存在します。

浄化方法対応
塩・塩水
流水
ホワイトセージ
水晶クラスタ
日光・月光浴
ペリステライト(ブルームーンストーン)のお手入れ・浄化方法早見表

塩・塩水

ペリステライトは塩分に強いので、塩や塩水での浄化が可能です。

塩で浄化する際には、浄化皿に塩を盛り、その上にペリステライトを置くか塩の中に埋めます。3時間程度で浄化が完了するので、取り出して流水ですすぎ、天然素材の布で水気を拭きましょう。

塩水で浄化する際には、3%程度の塩水を作って3時間程度ペリステライトを沈めます。取り出したら流水ですすぎ、天然素材の布で水気を拭き取ってください。

使用する塩はヒマラヤ岩塩もしくは天然の粗塩を使いましょう。

流水

水道水を流しっぱなしにして10分程度ペリステライトをすすぎます。終わったら天然素材の布で水気を拭き、自然乾燥させてください。

ホワイトセージ

ホワイトセージのお香もしくは乾燥葉を燃やし、立ち上る煙にペリステライトを10回程度くぐらせます。流水で洗ったり布で拭いたりする必要はありません。

ホワイトセージのオイルを塗り込む方法も悪くありませんが、樹脂加工されているものは表面に変化が表れるかもしれません。不安ならお香もしくは乾燥葉を使用した方法を選んでください。

水晶クラスタ

水晶クラスタの上に1晩ペリステライトを置いておくだけで浄化ができます。水で洗ったり布で拭いたりする必要はありません。

水晶クラスタがなければさざれでもOKです。

日光・月光浴

ペリステライトは日光や月光による浄化が可能です。

日光もしくは月光の当たる場所にペリステライトを数時間置いておくだけで浄化ができます。

ペリステライトは月に縁が深いパワーストーンなので、月光浴で浄化するのがもっとも向いています。新月から満月へ向かう期間に浄化を行うのがベター。満ちていく月の光で、パワーチャージもできるからです。

あまりメジャーな方法ではありませんが、土によってペリステライトを浄化することもできます。

天然素材の布でペリステライトを包み込み、2週間程度土の中に埋めます。取り出した後は流水ですすぎ、天然素材の布で水けを拭き取りましょう。

音叉やクリスタルチューナー、水晶ポイントでペリステライトを浄化することもできます。

ペリステライトを置き、音を奏でます。水晶ポイントの先をペリステライトに向けたまま、ペリステライトを中心にして円を描きましょう。水晶ポイントの先から音が出て、ペリステライトを全方面から包むようなイメージを持つとやりやすいですよ。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の好転反応・副作用

ペリステライトは自己主張が強くなく、相性の悪い人は滅多にいません。大きな母性愛を持っているため、他人を拒むことがないからです。しかし、まれに強い影響を受けてしまう人も存在します。

もっとも考えられるのは、眠気やだるさです。身に着けることによる好転反応というよりは、効果の副作用といった方がよいかもしれません。ペリステライトは感情を鎮めて心に落ち着きを与える効果があります。その効果をダイレクトに受けてしまう人の場合、感情の波が平たんになったことにより眠気や疲れ、だるさを生じる可能性があります。

もし辛いようなら、身に着ける時間を短くしてから徐々に伸ばしていきましょう。持ち主の波動とペリステライトの波動が完全に馴染み、副作用に耐えられるようになります。それでもダメなら水晶を合わせて効果をやわらげるか、ペリドットやサンストーンなど太陽に由来するアッパー系効果を得られるパワーストーンと組み合わせて緩和させましょう。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の偽物の見分け方は?

ペリステライトはブルームーンストーンという流通名で販売されているものの、本来の意味でのブルームーンストーンは別にあるため、取り扱いがとてもややこしくなってしまっています。そのため、業者によっては「ペリステライトはブルームーンストーンの偽物」という人もいれば、「ペリステライトのことをブルームーンストーンというのだ」と思っている人もいるでしょう。

ペリステライトは同一視された経緯もあり、本来の意味でのブルームーンストーンが激減したの現在では、ブルームーンストーンとして流通して当たり前の存在となっています。ペリステライトは元々の知名度が低かったため、業者の中には本来の意味でのブルームーンストーンとペリステライトの区別がついていなかったり、ペリステライトそのものを知らないという人もいるようです。

しかし、ペリステライトはブルームーンストーンの偽物というわけではありません。本来、ブルームーンストーンとは、半透明の地にブルーのシラー効果を持つムーンストーンの総称。そのため、ペリステライトは成分的にはムーンストーンではありませんが、ブルームーンストーンとしての定義を満たしています。「ペリステライト=ブルームーンストーン」といってもあながち間違いではないのです。成分を重視するか見た目を重視するかの違いがあるだけといってよいでしょう。

ペリステライトは本来の意味でのブルームーンストーンとだけでなくホワイトラブラドライトとも見分けがつきづらいです。一般的に言われているのは、「本来の意味でのブルームーンストーンは内側から光っているのに対し、ペリステライトは外側から光っている」「ペリステライトは青く光るのに対し、ホワイトラブラドライトは虹色に光る」などですが、どれも素人には難しく、すべての石がこういった違いを見せるわけではありません。プロに成分を鑑別してもらうことをおすすめします。

ペリステライト(ブルームーンストーン)のQ&A

Q
ペリステライトが割れた・欠けた!特別な意味はある?
A

ペリステライトは硬度が低いわけではなく、扱いやすい鉱物です。しかし、へき開性という一定方向に割れやすい性質を持っています。そのため、衝撃に弱く割れやすいといえます。

Q
ペリステライトの色が変わった?退色・変色する?
A

ペリステライトは変色や退色をすることはありません。

ペリステライト(ブルームーンストーン)の購入におすすめの販売店・通販

kenkengems.com

500 Internal Server Error

ハンドメイド用ルース専門サイト。ブルームーンストーンとして扱われていますが、きちんとペリステライトであることを記載していますので、信用できますね。

ハンドメイドジュエリーDOLPO

ボヘミアンアクセサリー | ハンドメイドジュエリーdolpo | 日本

ボヘミアンテイストな手作りアクセサリーを販売しているサイトです。すべてが1点ものなので、個性的なアクセサリーがお好みの人におすすめです。

まとめ

ムーンストーンではないのにブルームーンストーンに似ていることから、ブルームーンストーンとして流通しているペリステライト。その経緯もあって「ブルームーンストーンの偽物」といった扱いを受けることもありますが、そもそもブルームーンストーンの定義が曖昧な上に長石グループの鉱物たちはそれぞれに定義がきちんと定まっておらず見た目と成分で違う鉱物となることもあります。鉱物に名前をそれぞれつけてカテゴライズしていくとこうした複雑な問題が起きることは多々ありますが、結局は見た目や印象でカテゴライズするか成分上のカテゴライズを選ぶかのどちらかであるだけのこと。ペリステライトはペリステライトでしかなく、長石グループにおいてムーンストーンとは違う成分を持ったブルームーンストーンに酷似した鉱物であることだけが事実です。

ペリステライトは成分的にはムーストーンではないからといって、ブルームーンストーンと呼べないわけではありません。現在流通しているブルームーンストーンのほぼ100%がペリステライトであり、もはや「ペリステライト=ブルームーンストーン」といっても過言ではないからです。見た目や硬度、比重も近いので、本来の意味でのブルームーンストーンが産出されなくなった今、新しいブルームーンストーンといっても良いでしょう。ただし、両者を同一視して販売するのは問題があります。本来の意味でのブルームーンストーンは枯渇しており価値が高いため、ブルームーンストーンという流通名で販売する際にもペリステライトであるという記載は必要です。業者の中には両者が同じだと思い込んでいる人やそもそもペリステライトの存在を知らない人もいます。お店選びの基準にもなる知識なので、覚えておくとよいでしょう。

ペリステライトは非常に美しいと同時に優しくあたたかな波動を持っています。人間性を丸くし愛情を呼び起こすパワーストーンなので、ブルームーンストーンの代用品としてではなくペリステライトとして身に着けるのもおすすめですよ。

コメント