ゴシェナイトとは?意味・石言葉・スピリチュアル効果など徹底解説!

ゴシェナイトとは?意味・石言葉・スピリチュアル効果など徹底解説!

ゴシェナイトは、アクアマリンやエメラルドに代表されるベリル種の中でも、カラーレスかつ希少という少々異質な鉱石です。レアストーンに分類され、高品質のものとなるとほとんどお目にかかれないとされています。今回は、そんなゴシェナイトの性質や効果、おすすめの組み合わせなど魅力をまとめました。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

ゴシェナイトってどんな石?

ゴシェナイトとは

ゴシェナイトはベリリウムを主成分とするケイ酸塩鉱物、つまりベリルの1種です。ベリル種の中でカラーレスのものをゴシェナイトと呼びますが、実際にはカラーレスではなく、うっすらとブルーやグリーンが入っているものがほとんど。本来の意味でのカラーレスかつクリアなゴシェナイトはとても希少でハイレアストーンといっても過言ではないでしょう。

インクルージョンやクラックがありジェムランクにならないゴシェナイトは、パワーストーンとして流通しています。しかし、インクルージョンがないゴシェナイトや本来の意味でのカラーレスかつクリアのゴシェナイトはやはり希少なので、他のパワーストーンよりも高価です。

ゴシェナイトの名前の由来

ゴシェナイト(Goshenite)の語源は、発見地であるアメリカのマサチューセッツ州ハンプシャーにあるゴシェン(Goshen)です。

ゴシェナイトの和名・別名

ゴシェナイトの和名は「緑柱石(りょくちゅうせき)」。緑柱石とはいわゆるベリルのことで、ゴシェナイト特有の名前というよりはベリルグループの名前そのものが流用された形となっています。

別名としては、発音の違いで「ゴーシェナイト」「ゴシュナイト」と呼ばれることも。また、カラーレスのベリルであることから「ホワイトベリル」と呼ばれることもあります。しかし、ホワイトベリルとは本来カラーレスかつクリアのベリルを表す名称なので、少しでもカラーがついていればホワイトベリルではありません。しかし、本来の意味でのホワイトベリルがあまりに少ないこともあり、現在ではゴシェナイト全般をホワイトベリルと呼ぶ人もいます。

また、ダイヤモンドの模造品とされたことから「ライン・ダイヤモンド」と呼ばれることがありますが、現在ではあまり使用されない名称です。

ゴシェナイトの歴史

ゴシェナイトは1844年にアメリカで発見され、ベリルの変種であると認定された鉱石です。18世紀のヨーロッパでは貴族階級の男性が片眼鏡(モノクル)にして使用していたことから、富や階級を表すオシャレアイテムとされていたんだとか。ドイツでメガネのことを「ブリレ(brille)」といいますが、これはゴシェナイトが属する「ベリル(Beryl)」が語源という説もあります。

ゴシェナイトはダイヤモンドの模造に使用された石としてあまりに有名です。屈折率が高くブリリアントカットを施されるとダイヤモンドのような輝きを放つことから、多くのゴシェナイトがダイヤモンドの模造品として流通していました。

ゴシェナイトの伝説・言い伝え

ゴシェナイトは「真実を見抜く」とされ、アイルランドで占いの道具として利用されていたことがあります。

ゴシェナイトの産地

アメリカ・ブラジル・ミャンマー・ナミビア・ブラジル・ロシアなど

ゴシェナイトの硬度

ゴシェナイトのモース硬度は7.5~8で、傷がつきにくいです。また、へき開性も不明瞭で弱いので割れにくく、全体的に耐久性のあるパワーストーンだと思ってよいでしょう。

ゴシェナイトの宝石言葉・石言葉

「気品」・「優雅」・「聡明」・「幸運」など

ゴシェナイトと誕生石・曜日石・守護石

ゴシェナイトは5月18日の誕生日石です。また、双子座の守護石とされています。

ゴシェナイトの色と種類・似ているパワーストーン

ゴシェナイトはカラーレスなベリルとされていますが、実際にカラーレスかつクリアなものはなかなかお目にかかれないハイレアストーンとなっています。

ゴシェナイトはアルミニウムの含有率が高いことからカラーレスになっていると考えられています。かつては完全にカラーレスかつクリアのものを「ホワイトベリル」と呼び重宝していましたが、ほとんど見当たらないので、現在ではゴシェナイトの別名として使用されることも多いです。

ゴシェナイトと似ているパワーストーン

ダイヤモンド

ゴシェナイトともっとも似ているのは、ダイヤモンドでしょう。かつてゴシェナイトはダイヤモンドの模造品とされていたほどです。ダイヤモンドの中で「ラインダイヤモンド」と名付けられているものは、ダイヤモンドに偽造されたゴシェナイトのことを表します。ダイヤモンドの種類ではないので、気をつけましょう。

ダイヤモンドには鑑定書がつくことが多いので、鑑定書のないものを購入しないように気をつけていれば騙されることはないでしょう。

ホワイトトパーズ(カラーレストパーズ・クリアトパーズ)

トパーズといえばイエローカラーを思い浮かべる人が多いですが、ブルートパーズやピンクトパーズなども知名度があり人気がありますよね。その中で、カラーレスかつクリアのトパーズのことを「ホワイトトパーズ」「カラーレストパーズ」「クリアトパーズ」などと呼んでいます。カラーレスかつクリアなトパーズは、ゴシェナイトとよく似ています。

トパーズには水酸基を含むOHタイプとフッ素を含むFタイプとがあり、OHタイプは耐光性がありますがFタイプは放射線加工や熱加工を施すことで別のカラーへと変色します。ホワイトトパーズはそのほとんどがFタイプで変色させられるため、ピンクやブルーのトパーズへと加工されることも多いです。

パワーストーンとしてのホワイトトパーズは、浄化や感情の安定、ヒーリングなどに効果があるとされています。

水晶

カラーレスかつクリアな鉱石の代表ともいえる水晶。こちらも、ゴシェナイトによく似ています。

水晶は水を閉じ込めたようなルックスで、古代の日本では「水精(すいしょう・すいせい)」と呼ばれていました。水を固めたものと考えられていたのです。ゴシェナイトも水を閉じ込めたようなルックスをしていますので、よく似ていますね。ビーズのように小さく加工されると分からなくなることもあるでしょう。

ゴシェナイトが持つスピリチュアル的性質

ゴシェナイトと風水

ゴシェナイトは、風水における五行思想で水気を持っています。

水気は「智」。水が姿かたちや温度を自在に変えることから、人類を超えた叡智や予想外の出来事など、囚われない自由さを表します。何事にも囚われない奔放さがある反面、自由過ぎて安定感がありません。どんなことでも許容し受け入れられるのですが、自分自身は縛られたり留まったりするのを嫌い、常に変化し続けている性質でもあります。

ゴシェナイトと相性の良い方位

ゴシェナイトとチャクラ

チャクラとは、人間の体に点在するツボのようなもの。足の裏から頭の上までをつなぐ線があり、線上に各チャクラがポイントされていると考えるとよいでしょう。

体に直接あるのは足の裏の第1チャクラから頭頂の第7チャクラまで。下の方にあればあるほど原始的で、上にいけばいくほどスピリチュアルで高次元なものとなります。

ゴシェナイトはすべてのチャクラに働きかけるので、持ち主の全体的なバランスを取ってくれます。足の裏の第1チャクラで地に足の着いた生活をさせることに始まり、下腹の第2チャクラでは生きる意欲を保たせます。みぞおちの第3チャクラでは人生を豊かにするよう仕向け、胸にある第4チャクラでは傷ついた心を癒すのです。そして、喉にある第5チャクラで周囲の人とのコミュニケーションを取り、眉間の第6チャクラでは直観力や神秘性を高め、最後に頭頂にある第7チャクラで神聖な存在とつながったり純真さを保てるようにしてくれます。

人間が生きていく上で触れる要素すべてにおいてバランスを取ってくれるので、ゴシェナイトは現実的かつスピリチュアルな力を持ったパワーストーンといえるでしょう。

ゴシェナイトはこんな人におすすめ

・正直になりたい人

・他人に嘘やお世辞に騙されやすい人

・自分のことがよく分からない人

・パワーがありすぎもしくはなさすぎという人

・極端な考えに陥りやすい人

・日々の幸せを感じたい人

ゴシェナイトの効果・効能・スピリチュアルへの影響

1.浄化・ヒーリング

ゴシェナイトはその純粋無垢なルックスどおり、持ち主にも清浄さを求めます。浄化能力に優れ、持ち主を魂ごと浄化してくれるでしょう。

魂ごと浄化するとはどういうことでしょうか?人間には多少なりとも穢れがあります。聖人君主であったとしても、自らを犠牲にして他人に尽くすボランティア精神の塊のような人であったとしても、弱さや驕り、自尊心などがあります。もちそん、それらは悪いことではありません。しかし、自分の中にある穢れを認めず、自分の心の奥に閉じ込めるのは良くないことです。魂の浄化とは、嘘をつかないこと。他人にはもちろん自分にも嘘をつかず、弱さや穢れなどを内包した不完全な自分を認めて愛し、より良くなっていけるよう努力をすることなのです。

ゴシェナイトは魂レベルでの浄化をしてくれるので、心も頭もスッキリするでしょう。心がスッキリすれば他人の機微や日々の幸せを感じやすくなりますし、頭がスッキリすれば思考力がアップしてより幸せな道を選び取ることができますよね。ゴシェナイトの持つ浄化とヒーリングの力は、心の声に耳を傾けて意志を強化し、険しい道のりでも前向きに歩いていけるようになる効果があります。自分の心を無視せず理想を叶えられるだけの力を、ゴシェナイトは与えてくれるのです。

2.真実を見抜く

ゴシェナイトはクリアかつカラーレスのパワーストーン。曇りがなく向こう側がよく見えることから、「真実を見抜く」「嘘を追いやる」といった効果があるといわれています。

ゴシェナイトは心と頭の両方に作用し、心には平穏を、頭には分析力や思考力をもたらします。持ち主本人の魂が純粋で清浄になることにより、これまで見えてこなかったものが見えてくるというわけです。周囲の人の本心や物事の本質といったものが見えてくるので、別の価値観が生まれることもあるでしょう。

また、ゴシェナイトは持ち主自身にも真実を愛させ嘘を嫌わせます。つい嘘をついてしまいがちな人や照れくさくて真実をごまかしてしまうタイプの人も、ゴシェナイトを持つことで嘘から離れて真実を語るようになるでしょう。正直さや素直さがなくて孤独感を感じていたり、恋愛で失敗してしまう人にもおすすめのパワーストーンです。

3.精神安定・魅力を引き出す

ゴシェナイトが持つヒーリング能力は、精神を安定させて心と頭のバランスを取らせてくれます。ゴシェナイトはすべてのチャクラに作用し、エネルギーを循環させます。エネルギーがまんべんなく循環することで偏りがなくなり、心と頭、自分と周囲といった相反するもののバランスを取ることができるようになるでしょう。

まんべんなくエネルギーが循環するようになることは、デコボコの大地を真っ平にすることと同じです。平らになった大地を見ていると、そのうちたくさんのものが大地に根付き始めたことに気づくでしょう。それは、あなたの中に眠っていた才能や魅力です。これまで顔を出せなかった長所を、ゴシェナイトのバランス能力が見つけ出してくれます。心を平穏にし頭脳をクリアにして落ち着いた日々を送る中で、新たな才能や魅力に気づいて人生に生かせるでしょう。

ゴシェナイトと相性の良い組み合わせ

ゴシェナイト×アクアマリン

ゴシェナイトとアクアマリンの組み合わせは、周囲の人との絆を深めて関係を良化させてくれます。

3月の誕生月石として有名なアクアマリン。ゴシェナイトと同じベリル種の1種で、淡いブルーカラーが爽やかな鉱石です。パワーストーンというよりはジェムストーンとしての側面が強いかもしれませんね。アクアマリンは海の力を宿し、母性や愛情を司ります。愛情を深める効果があるので、結婚のお守りにもされています。海のように広い心で他人を許容し、また、自分のことも優しく癒すことができるようになるでしょう。

そして、ゴシェナイトはヒーリングに長け、心を安定させる効果があります。また、真実を好む石なので、素直な気持ちを相手に伝えられるようにもなります。精神的に落ち着いていて正直な人は、他人から好かれやすいですよね。パートナーとも安定した関係を築けるでしょう。相手の本心を理解する洞察力や分析力も授かるので、相手が求めているものを見抜いてベストな行動を取り、結果として良い関係を築ける効果もあります。他者との間に愛情をはぐくむアクアマリンと組み合わせることで、恋愛や結婚のみならず、人間関係が良くなっていくでしょう。

ゴシェナイト×ムーンストーン

ゴシェナイトとムーンストーンの組み合わせは、目標達成や魅力アップに効果があります。

ムーンストーンは月の力を宿すとされ、非常に女性性の高いパワーストーンです。母性を高めたり女性としての魅力を高めてくれる効果があるので、恋愛や結婚、出産や子育てにも良いとされています。そのため、優しくたおやか、しかし芯がしっかりあるといった素敵な女性になりたい人におすすめです。また、ムーンストーンは闇夜に浮かぶ月のように道筋を照らすとされ、困難に陥ったときやどうしたらよいのか分からないときに、進むべき方向を示すともいわれています。

一方、ゴシェナイトは持ち主の心を平穏にし頭をクリアにします。そのため洞察力が優れたり、持ち主本人の魅力が発見されたりします。女性性の象徴であるムーンストーンと合わせることで、女性としての魅力が高まるでしょう。また、ムーンストーンが持つ導きの力がアップし、幸せへの道がハッキリと見えるようにもなります。

ゴシェナイト×アメジスト

ゴシェナイトとアメジストの組み合わせは、精神バランスを取り、霊性を高める効果があります。

アメジストは、情熱のレッドと冷静のブルーを兼ね備えたパープルカラーをしています。そのことからバランス能力に長けているとされ、情熱を失わずに冷静に物事を判断できる能力が身につく効果があります。恋愛や仕事などすべてにおいて、楽しみながらも冷静に振り返ったり道筋を立てたりすることができるようになるでしょう。霊性が高まり洞察力もアップするので、自分に合う恋愛相手や良い仕事先を見つけることもできます。

ゴシェナイトも、アメジスト同様にバランス能力に長けています。ゴシェナイトは心と頭の両方に作用し、感情と思考のバランスを取ってくれるのです。また、周囲の人と自分自身のバランスも取れるようになり、自分だけが我慢したり相手にだけ我慢させるようなことがなくなります。アメジストと合わせることで、バランス能力の相乗効果が期待できるでしょう。また、ゴシェナイトは魂レベルで癒しをくれるパワーストーンなので、霊性の高いアメジストと組み合わせることで、スピリチュアルな能力が開花することもありますよ。

ゴシェナイト×ラピスラズリ

ゴシェナイトとラピスラズリの組み合わせは、幸福へと導く効果があります。

ラピスラズリは「幸運の石」と呼ばれる反面、「試練の石」とも呼ばれます。それは、ラピスラズリが見せかけの幸福を嫌い、本物の幸福のみを呼び寄せるからです。ラピスラズリは、真実の幸福を探すよう持ち主を動かします。人によっての幸福は違いますし、現在の立ち位置も違うでしょう。「自分にとっての真実の幸福とは何か?」を考えさせるため、ラピスラズリは時折試練としか思えないような出来事をもたらします。しかし、それを乗り越えて成長を遂げれば、本当の幸福へと近づくことができるでしょう。

一方、ゴシェナイトは魂を浄化して精神を安定させ、頭脳に作用して聡明さを授けます。そのため、ラピスラズリがもたらす試練を乗り越えやすくなり、より幸福をつかめるタイミングが近くなります。洞察力アップ効果もあるゴシェナイトは、持ち主をより早く、より安全にラピスラズリがもたらす幸福へと導いてくれるでしょう。

ゴシェナイト×スフェーン

ゴシェナイトとスフェーンの組み合わせは、対人関係良化や能力開花に効果を発揮します。

スフェーンは、その分散率の高さから「ダイヤモンドよりも強く輝く」といわれる鉱石です。パワーストーンとしてはオリーブグリーンが多く、まるで光に満ちた草原のようなルックスをしています。スフェーンは持ち主の意識を改革する効果があり、価値観に変化をもたらします。そのため、これまで自分でも気づいていなかったような魅力や能力に気づき、人生が一変するという人も。また、勇気やポジティブさをもたらす効果があるため、対人関係を良くする1歩を踏み出したい人にもおすすめです。

そして、ゴシェナイトは持ち主をまっさらな状態にし、リセットをかけてくれる効果があります。そのため、眠っていた才能や魅力が顔を出し、これまでとは違った自分に出会えるでしょう。価値観の変革により新たな自分に気づかせるスフェーンと組み合わせることで、より高い効果が期待できます。また、ゴシェナイトは対人関係を良くする効果のあるパワーストーン。精神を安定するだけでなく周囲の人とのバランスを良くするので、自分を大事にしながら他人にも優しくなれます。そのため、スフェーンとの組み合わせは、人間関係においてトラウマを持っている人が再起するのにおすすめです。

ゴシェナイト×ブラックスピネル

ゴシェナイトとブラックスピネルの組み合わせは、問題解決に効果があります。

スピネルの中でもっとも一般的なカラーであるブラックスピネル。パワーストーンでは、単にスピネルといえばブラックを指すことも多いです。ブラックスピネルは感性を鋭くして問題を取り除き、本来の明るさを取り戻す効果があるとされています。問題の根本から一気に解決する能力が高く、状況を一気に好転させる力があります。環境改善効果や魔除け効果も強く、持ち主自身が原因でない問題に対しても、力強く作用し窮地から救ってくれるでしょう。

ゴシェナイトには思考力や洞察力をアップさせる効果があります。問題の根本を探し当てることが得意なスピネルと組み合わせることで、ピンチや悩みを解決できる可能性はより高まります。周囲の人との関係性を良くする効果もあるので、スピネルが持つ魔除け効果と合わせることで、対人環境の改善にもつながります。対人関係に悩んでいる人や長年同じ問題に悩まされている人におすすめの組み合わせとなります。

ゴシェナイトを身に着けるのにおすすめのアクセサリーと効果

ゴシェナイトを身に着けるなら、ブレスレットがおすすめです。

ゴシェナイトはすべてのチャクラを活性化させるパワーストーンです。各チャクラに対してまんべんなくパワーを送りたいときには、左手にブレスレットとして着けるのがよいでしょう。ゴシェナイトの持つ浄化やヒーリングの力を存分に受けられ、心と頭のバランスが取れてきます。

もちろん、各チャクラを特に活性化させるのも問題ありません。例えば、ヒーリングの力を特別に欲している場合にはネックレスにして胸にある第4チャクラに近づけたり、洞察力をアップしたいときやチャンスが欲しいときにはピアスやネックレスにして耳に着けるのもよいでしょう。

ゴシェナイトのお手入れ・浄化方法

ゴシェナイトはすべての浄化方法に対応しています。ゴシェナイトの属するベリル種は日光で変色したり退色したりするとされていますが、ゴシェナイトはもともとがカラーレスなので、問題が生じないのです。

普段のお手入れでは、身に着けたあとに表面の汚れを拭き取る程度で大丈夫です。へき開性が不明瞭でモース硬度も十分なので、取り扱いは比較的楽でしょう。

浄化方法対応
塩・塩水
流水
ホワイトセージ
水晶クラスタ・水晶さざれ
日光・月光浴
ゴシェナイトのお手入れ・浄化方法早見表

塩・塩水

塩や塩水での浄化はゴシェナイトに対応しています。

塩で浄化する場合は、まず、浄化皿に塩を山のように盛り着けます。ゴシェナイトをその中に埋めるか、上にそっと置きましょう。3時間程度放置したら流水ですすぎ、天然素材の布で優しく水けを取ってください。その後は自然乾燥させればOKです。

塩水での浄化には、海水と同等の濃度である3%程度の濃さの塩水を作りましょう。その中にゴシェナイトを沈め、3時間程度待ちましょう。時間が経ったら取り出し、流水で塩水を流します。天然素材の布で水けを拭き取り、自然乾燥させましょう。

流水

流水でも、ゴシェナイトの浄化ができます。

浄化皿にゴシェナイトを置き、水道水を出します。ゴシェナイトに直接水を当てるのではなく、浄化皿に当ててゴシェナイトの周辺を流水が通るようにセットしてください。10分から30分程度で浄化が完了するといわれています。天然素材の布で水けを取ったら、自然乾燥させましょう。

ホワイトセージ

ホワイトセージでも、ゴシェナイトを浄化することができます。

ホアイトセージのお香もしくは乾燥させた葉っぱを使用します。火をつけて、立ち上る煙にゴシェナイトを10回程度くぐらせましょう。回数は目安なので、持ち主が「しっかり浄化できた」と感じるまで続けても問題ありません。その後は表面を拭いたり水で洗う必要はないので、そのまま身に着けて大丈夫ですよ。

水晶クラスタ・水晶さざれ

水晶クラスタや水晶さざれによる浄化方法は、ゴシェナイトに対応できます。

水晶クラスタを用いる場合は、ゴシェナイトをクラスタの上に乗せるだけ。水晶さざれを使用する場合は、浄化皿にさざれ石を盛り着けて、ゴシェナイトを中に埋めるか上に置くかします。クラスタもさざれも3時間程度で浄化が完了するとされています。

日光・月光浴

日光や月光による浄化も、ゴシェナイトに対応できます。

浄化皿の上にゴシェナイトを置き、日光もしくは月光に当ててあげるだけで浄化ができます。3時間程度で浄化が完了します。

月光でパワーチャージを

ゴシェナイトは五行では水気を持ち、女性性の強いパワーストーンです。そのため月と相性が良く、月光を浴びることでパワーをチャージできます。

ゴシェナイトを浄化皿や水晶クラスタ、水晶さざれの上に置いて月光を浴びせてください。月が満ちていく期間に行うのが重要です。新月から満月へ向かう期間の月光には「増加」「強化」といった意味があるのに対し、満月から新月へと月が欠けていく期間の月光には「減少」「退行」といった意味があるのです。月が満ちる期間でないとパワーチャージになりませんので、注意してくださいね。

ゴシェナイトは、土による浄化もできます。

清潔な天然素材の布でゴシェナイトを包み、乾いた土の中に埋めましょう。2週間程度で取り出し、流水ですすぎ、清潔な天然素材の布で水けを拭き取ったあとは自然感想させてください。

特殊な道具が必要になりますが、音による浄化もゴシェナイトに対応しています。

音叉やクリスタルチューナー、水晶ポイントを使用します。まず、ゴシェナイトを浄化皿の上にセットしましょう。音を鳴らし、水晶ポイントの先をゴシェナイトに向けます。ゴシェナイトに水晶ポイントの先を向けたまま、ゴシェナイト中心に円を描きましょう。

水晶ポイントの先から音が出て、ゴシェナイトにまんべんなく浴びせるようなイメージを持つとやりやすいですよ。

ゴシェナイトの好転反応・副作用

ゴシェナイトは好転反応や副作用が起きづらいパワーストーンです。というのも、ゴシェナイトは優しい波動を持ち、どんな相手でも受け入れられる無垢さがあるからです。

もし好転反応や副作用があるとすれば、眠気でしょう。ゴシェナイトは持ち主の心を平穏にしてくれるので、過眠になってしまう人や常に眠気を感じてしまう人もいます。リラックスしすぎるというわけですね。睡眠中に見る夢は持ち主の深層意識の表れであり、魂と強い結びつきがあります。そのため、眠って夢を見ることは悪いことではありませんし、魂の浄化において必要なプロセスともいえます。しかし、日常生活に問題が生じるほどなら、ゴシェナイトと少し離れてみてもよいかもしれません。

まずゴシェナイトを身に着ける時間を極端に設定し、日を追うごとに時間を伸ばしていきましょう。長時間身に着けても問題が起きなくなったタイミングが、ゴシェナイトと持ち主の波動があったタイミング。お互いのペースを把握し、歩調が合ったということです。その後は、持ち主のペースに合わせて魂が浄化されていき、早いスピードではなくても幸福へと歩き出したことになります。

ゴシェナイトのQ&A

ゴシェナイトに危険性はある?

ゴシェナイトにはセシウムが含まれています。

セシウムといえば、危険な物質だと不安がる人も多いですよね。放射能といった言葉を思い浮かべる人もいるでしょう。ゴシェナイトに含まれているセシウムは、人体にとって危険なのでしょうか?

結論からいえば、そんなことはありません。ゴシェナイトに含まれるセシウムが危険なレベルなら、そもそもが流通していませんよね。身に着けていた人や部屋に飾っていた人に何かあったとなれば、ジェム業界やパワーストーン業界では大騒ぎでしょう。そんなことにはなっていないので、気にする必要はありません。

自然界には、人間にとって危険な物質が存在していることがあります。実際に、パワーストーンの中でも硫化アンチモンであるスティブナイトや水銀を含むシナバーなどは人体に影響を及ぼします。こういった鉱石は、水晶に覆われたものしか状態のものしかパワーストーンとして流通していません。危ないものはきちんと排除されているので、安心してよいでしょう。

ゴシェナイトの偽物の見分け方は?

ゴシェナイトはクリアかつカラーレスの鉱石です。ルックスだけで見れば近い石は多く、ダイヤモンド、ホワイトパーズ、水晶、ホワイトジルコンなどがあります。完全にカラーがないものは非常に希少で、多くはブルーやグリーンなどのカラーが混じっています。ブルーのものは淡いアクアマリンやトパーズに、グリーンのものはヒデナイトやペリドットなどに似ています。

似ているものが非常に多いため、見分け方も用意ではありません。「この反応があればゴシェナイトだ」というものがないので、見分けるのは困難でしょう。また、ゴシェナイトはカラーが少し混じったものでも高価なので、偽物が流通することも十分に考えられます。

これといった見分け方がない以上、本物のゴシェナイトが欲しい場合は鑑別書に頼るしかありません。ゴシェナイトの場合は鉱物名に「ベリル」と表記されます。宝石名は「ゴシェナイト」や「ベリル」などがありますが、ベリルでカラーレスに近いものはゴシェナイトですので、鑑別書に「ベリル」表記があるものを選びましょう。

ゴシェナイトが割れた・欠けた!特別な意味はある?

ゴシェナイトはモース硬度が十分なうえ、へき開性が弱く耐久性が高いパワーストーンです。そのため、割れたり欠けたりしづらいです。そのため、ゴシェナイトが割れたり欠けたりしたら、スピリチュアルな理由を考えてもよいでしょう。

ゴシェナイトは浄化能力に優れていますが、邪を内部に溜め込むタイプではありません。うまく気を循環させられるので、穢れを受けたとしても多少のことなら問題は起きないでしょう。しかし、穢れが溜まりすぎるとダメージを受けてしまい、パワーストーンとしての力を失ってしまうのです。パワーストーンとしての力がなくなったものはただの石となり、自らの役目を終えたとばかりに割れたり欠けたりすることがあります。

ゴシェナイトが強いパワーストーンであったとしても、浄化やパワーチャージは必須です。使用頻度にもよりますが、週に1度は浄化をして、月に1回はパワーチャージをしてください。

ゴシェナイトの購入におすすめの販売店・通販

JEWEL CLIMB

https://item.rakuten.co.jp/jewelclimb/1034149/

Gallery Mason

https://item.rakuten.co.jp/gallerymason/s606/

まとめ

ゴシェナイトとは、本来、カラーレスかつクリアなベリルのことをいいます。カラーがなくクリアであったからこそ、かつてのヨーロッパではメガネのレンズに使用されていたこともありました。しかし、現在流通しているゴシェナイトはほとんどが他のベリル種のカラーを含みます。うっすらと淡くではありますが、完全なクリアやカラーレスではないのです。そのことから、かつては完全なカラーレスかつクリアなゴシェナイトを表す言葉であった「ホワイトベリル」が、現在ではカラーレスかつクリアでないゴシェナイトを含む別称となっています。それほどまで、真のホワイトベリルは貴重。実物を目にする機会はほとんどないのではないでしょうか。もし見つけたとしても、とても高価であることは間違いないでしょう。

ゴシェナイトの力は、たとえ他のカラーが混じったとしても弱まることはありません。それどころか、ブルー混じりならアクアマリンの力、グリーン混じりならエメラルドの力など、内包するカラーを持つベリル種の力をわずかに秘めているものもあります。ホワイトベリルと呼ばれるレベルかつ大粒のゴシェナイトを希望するなら決して少なくない金額を用意して地道に探し続ける必要がありますが、そうでなければインスピレーションでピンとくるものを選んでもよいでしょう。自分の感覚を最優先させるのも大切ですよ。

コメント