【手相占い】ラッキーM線とは?みんなある?【画像あり】

【手相占い】ラッキーM線の意味を解説!実はみんなある?【画像あり】

あなたは、ラッキーM線って聞いたことがありますか?ラッキーM線は、手のひらにあります。運勢がバランスよく上昇する手相と言われています。

この記事では、ラッキーM線を深堀し、ラッキーM線のパワーを賢く利用できるようにご案内いたします

ラッキーM線のあるかたも、ない方も、俵紋のパワーを詳しく知って、ラッキーをもらっちゃいましょう。

Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

Lani編集部をフォローする

ラッキーM線とは

ラッキーM線とは、生命線・知能線・感情線・運命線が、ハッキリと現れていて、きれいなM字に見えるものを指します。詳細は図を参考にしてください

ラッキーMのキーワードをまとめると以下のようになります。

知能線・感情線・生命線・運命線が、ハッキリと現れている

線同士が組み合わされて、Mの字に見える

Mの角が、それぞれ、くっついている

ラッキーM線を持つ人への効果・意味

ラッキーMは、 生命線 、知能線、感情線、運命線が、ハッキリと伸びていて、よい状態であるときに出る手相です。ですから、以下のように、それぞれの線が充実して、バランスがとれているときの運勢があらわれます。

・生命線:バイタリティーがあり、健康で過ごせる

・知能線:才能が知的好奇心がある

・感情線:感情が温厚で、表現の仕方もわかりやすい

・運命線:自分の人生を、自分の力で生きようとするエネルギーに満ち、突き進む

生命線・知能線・感情線は、誰にでもある線ですが、運命線は、人によっては、ない線です。そして、運命線のラッキーMに関連する場所は、約30歳から50歳の働き盛りの時期をあらわします。

働き盛りの場所の運命線の充実が、ラッキーMには重要な要因となっています。

実は、ラッキーMは、何か特別なことがラッキーという手相でありません。人生に破綻が少なく、目標に向かって努力できるというラッキーを呼び寄せる手相です。

ラッキーM線の確率・珍しい?

ラッキーMは、一説には1000人に1人とも言われる手相です。実は、Mに見えるというだけであれば、10人いれば1人くらいには、Mらしい形が見えるように思います。鑑定をしていても、よく見ます。

しかし、本当のラッキーMは、離れても、見えるくらいに、どの線も同じくらいしっかり入っている。というふうに線が太いことと、Mの先がきちんとついているということを厳しく見る必要があります。

オバマ大統領やマイケルジャクソンは、ラッキーMがあるので有名ですが、手を振る写真を見てもラッキーMが見えます。これくらい濃いラッキーMがあるとなると、1000人に1人の確立になるようです。

ラッキーM線が両手にある人

両手にラッキーM線があるのは、とても稀な手相です。手相の世界では、利き手は後天的、利き手でない方は後天的な意味を持つとされますが、両手のラッキーMは、先天的にも後天的にもバランスがとれた努力ができる人にある手相です。

生まれつきの才能・運勢を現実に活かし、羽ばたいていける相です。自分の力で幸運を呼び込むことができる人なのです。

自分では自覚のない方が多いですが、幸運体質を持ち、人生を着実に歩んでいきます。

ただ、恵まれていることを、あたりまえに思って感謝の心を持たないと、右手のラッキーM線が薄くなったり、消えることがあります。

自分の持つ才能や健康、運を自分のためだけでなく、世の中に還元していくことができる人ですので、自分だけの幸せだけでなく、周りの幸せも考えて行動しましょう。

周りの幸せも考えて行動すれば、そのことによって、あなたに、いっそうのラッキーが回ってくることになるでしょう。

ラッキーM線が右手にある人

利き手が右手の人の場合、右手は後天的な運をあらわします。(左利きの方は、左手が後天的な運になりますので、左手として読んでください。)

右手にラッキーMがある場合、努力や経験でバランスの良い運気を手に入れる人だと言えます。

あなたは、自分の望む未来に向かって進んでいることでしょう。自分の理想の未来を思い描き、それに向かって努力できる人です。

自覚がない方も多いのですが、右手のラッキーMの持ち主は、前向きで温厚で、努力を惜しまない人が多いです。でも、本人にとっては、それは”あたりまえ”のこと。

人から見たら、すごいことであっても、あたりまえのこととして笑顔で努力をし、夢を掴む人なのです。

ラッキーM線が左手にある人

利き手が右手の人の場合、左手は後天的な運をあらわします。(左利きの方は、左手が後天的な運になりますので、右手として読んでください。)

左手にラッキーM線がある人は、生まれつき才能に恵まれています。頭脳線が長く伸びているため頭脳明晰で、小学校のころには、勉強に苦労しなかった人も多いでしょう。

ただし、ラッキーMに関連する運命線は、30歳前後からのからのことなので、努力をしなかった場合には才能の持ち腐れといったこともおきます。若いころから、しっかりと目標を立てて、努力していくことが幸運につながります。

覇王線とラッキーM線

中指に向かって伸びる「運命線」、薬指に向かって伸びる「太陽線」、小指に向かって伸びる「財運線」が、それぞれ長く、起点付近で重なっているものをか「覇王線」といいます。

覇王線は、松下幸之助にも会ったとされる手相です。自分の意見がしっかりしていて目的意識が強く、周囲に愛され、財を集め増やすことが上手な人。体力があり、努力家だともされるラッキー手相です。

ラッキーMと覇王線が両方とも出ている人は、ラッキーMの、人生に破綻が少なく、目標に向かって努力できるという力に、覇王線の、目的意識を持ち努力する力、人間運、財運に恵まれ、勢いがつきます。あなたが望んだことであれば、あなたは、ガムシャラにやってのけ、いつの間にか成功しているでしょう。

ただし、とても自分の運気がいいので、人の痛みに鈍感なところもあります。成功を逃した人に、「なんで、頑張らないの?」などど、無神経な言葉をかけてしまうこともあるかもしれません。

もともと、人気運もある手相ですので、人の気持ちを汲んで発言する努力をすれば、確実に成功を手にすることでしょう。

変形ますかけ線とラッキーM線

変形ますかけ線は、感情線と知能線が、どこかでつながっている手相です。ますかけ線と似たような意味を持ち、強運の持ち主で負けず嫌いです。自分が個性的だと自覚していて、こだわりが強く、非常に有能な方が多いです。

ラッキーMと変形ますかけ線が、両方出ている人は、ラッキーMの、人生に破綻が少なく、目標に向かって努力できるという力に、自分の個性を、強みとして柔軟に運を開いていく力が加わります。

もともとプライドは高いのですが、プライドの高さを仕事を貫く強さに変え、自分の個性を打ち出しながらも、時として柔軟にふるまうことができます。放り出すことなく目的に向かって努力でき、確実に成功に近づくのです。

周りから見たら、ユニークで何を考えているのかわからないタイプですが、組織にも受け入れられます。孤独でなく、充実した人生を送ることでしょう。

ますかけ線とラッキーM線

ますかけ線は、感情線と知能線が重なり、手のひらを横切っている手相です。

意志が強く、昔は天下取りの手相とも言われました。掴んだ運を離さない強烈な運を持っている手相です。逆に、努力しなかったり、自己評価が低かったりすると、生活が苦しくなる人もいます。じっくりした努力の末、大きな運をつかむ大器晩成型の運を持っています。

ラッキーMとますかけ線を持つ方は、ラッキーMの、人生に破綻が少なく、目標に向かって努力できるという力に、ますかけ線の掴んだ運を離さない強烈な運が、加わります。 性格的にはバランスは取れてはいるのですが、個性的で組織には、なじまないタイプが多いです。組織にいても、周りも本人も浮いた感じがするでしょう。

できれば、建築家や芸術家のような、個性で勝負するような仕事のほうがうまくいきます。組織の中にいるのなら、研究や広報などで、個性を発揮しやすい仕事をするほうがいいでしょう。

いったん、自分の裁量で物事を動かすことができれば、ぐんぐん運気がよくなり成功をつかむことができます。

神秘十字線とラッキーM線

神秘十字は、感情線と頭脳線の間にあり、横線に縦線が交差している状態です。先祖や守護霊など、スピリチュアルな力が作用している人にある手相と言われています。この傾向は、神秘十字が垂直になればなるほど強まります。直感が強く、運を引き寄る人です。

ラッキーMのある方に、神秘十字があると、 ラッキーMの、人生に破綻が少なく、目標に向かって努力できるという力に、神秘十字のスピリチュアルな力が加わります。

突然ひらめいて自分の目標が、見つかることもあるでしょうし、もともと、目指していたことに突然の邪魔が入って、変更した目標が、実は自分にピッタリだったというようなことがあるはずです。

このタイプの方は、自分の方向性に迷うよりも、とりあえず目の前のことに一生懸命になる方が、自分を開花させる道に近づきます。 もし、違う道であれば、スピリチュアルな力で、その道は閉ざされますが、一生懸命になったことは、経験となって、あなたを守ってくれます。

薄いラッキーM線の意味

ラッキーMが薄い場合は、 ラッキーMの、人生に破綻が少なく、目標に向かって努力できるという力までに、もう少し努力が必要と読みます。

一般的に、ラッキーMが薄いと言えば、運命線が特に薄い場合が多いようです。

自分の本意でないことを、嫌々やっていたり、大切なことを、周りのことばかり気にして決めていませんか?自分の人生は、あなた以外、誰も責任を持つ人はいません。

自分がどうしたいか。自分がどうありたいかを、シッカリと考え過ごしていくことで、ラッキーMは濃くなるはずです。

ラッキーM線がないときは書いても大丈夫?

ラッキーMがなくても、ペンで書くことで、ラッキーMと同じような効果が得られます。

ラッキーMは、人生に破綻が少なく、目標に向かって努力できるという意味を含んでいますので、緑、茶色、紫が運気のイメージカラーです。イメージカラーのペンがあるようなら使いましょう。

占い師さんの中には、イメージカラーの水性ペンをオススメする方もいらっしゃいますが、油性ペンであっても、生活をするにしたがって薄れますので、私はどちらでもいいとお知らせしています。

利き手が右手の方であれば、右手の手のひらに、ラッキーMを書きましょう。右手は、得ていく運ですので、効果が高いです。

イメージカラーのペンがなければ、何色でも大丈夫です。あなたが、書こうと思って、願いの念を込めて書いているということが大事です。そして、それを日々、生活の折々に見ることで、運気上昇していきます。

そして、書いたラッキーMが、生活している中で消えたときには、また願いの念を込めて書きましょう。何度も書くことで、運命にあなたの意思が届きます。

ラッキーM線のよくある質問Q&A

Q
ラッキーM線はみんなにあるのでしょうか
A

ラッキーMは、誰にでもある手相ではありません。

しっかりしたラッキーMがある人は1000人に1人くらいです。

もし、ラッキーMが自分の手にあったら、ニコニコ笑顔で喜びましょう。ラッキーを素直に喜んで、受け入れる姿勢が、またラッキーな運気を連れてきます。

Q
ラッキーM線がない人はどう?
A

上の質問でも書きましたが、ラッキーMは無い人が、ほとんどです。つまり、良くも悪くも普通ということなのです。普通はゼロではありません。

ラッキーM以外にも、ラッキーな手相はたくさんあります。

一説には、ラッキーな手相は、どの人にも、いくつかあるのだとか。つまり、ラッキーな手相が何かということも、あなたの個性だということですね。

あなたには、あなたらしいラッキーがあるのです。ほかの手相も確認して、あなたのラッキーをみつけてくださいね。

そして、それでもラッキーMのラッキーを手にしたいなら、書いて運気アップを狙いましょう。

まとめ

人生に破綻が少なく、目標に向かって努力できる手相といわれるラッキーMについて、手による運勢の違いや他のラッキー手相との相乗効果を詳しく説明してきました。ラッキーMは、他のラッキー手相を、よりラッキーに導いてくれる働きがあります。

手相は、変化します。ラッキーMも例外ではありません。運気の良さに甘えて努力しないでいると消えることもありますし、ラッキーMの幸運をあたりまえに思って、他の人の気持ちがわからない思いやりのない言動をするという危険もあります。

ラッキーMがない方も、ラッキーMのラッキーパワーが欲しければ、書いちゃいましょう。

あなたらしい幸せをつかんでくださいね。応援しています。

コメント