PR
ラインブロックされた連絡とりたい!成功パターンを解説

ラインブロックされた連絡とりたい!成功パターンを解説

ラインブロックされたことがわかると、「嫌われた…」とショックを受けますよね。

ラインブロックをされれば、相手との縁は切れてしまったようにも思えるでしょう。

でも、ラインブロックされたとしても、相手との関係を復活させることって実はできるんです。

なぜならラインブロックは、一時的な気持ちの勢いですることがほとんどだからです。

つまり、相手の気持ちが変化する可能性は高く、ラインブロックが解除されることも多いんです。

今回は、ラインブロックされても連絡が取れる成功パターンを解説していきます。

ラインブロックされた人と連絡を取る方法【LINE内】

ラインブロックをされると、相手にメッセージを送っても既読がつかなくなるため、連絡の取りようがなく思えるでしょう。

でも実は、ラインブロックされても送り方によっては相手にメッセージを届けることができます

ポイントは、ラインブロックされた相手に個人的にラインをしようとしないことです。

ラインブロックをされると、自分と相手とのトーク画面でしか連絡が取れないと思ってしまいがちになります。

でも少し視野を広げてみると、ラインブロックされてもラインの機能を上手に使えば、相手と連絡を取ることは可能になるでしょう。

グループトークから連絡する

相手からラインブロックされると、二人でのトークは使えなくなってしまいますよね。

こちらがメッセージを送っても既読にならない状態が続くため、返信がくることはありません。

しかし、ラインブロックをしても相手に自分のメッセージが表示されることがあります。

それが、グループトークです。

ラインブロックした相手が他の人も交えたグループトークに入っていれば、グループトーク内ではラインブロックした相手のメッセージも同じように表示されるからです。

二人でのトークが難しくなったとしても、グループトーク内であれば自分の存在をアピールすることができるでしょう。

ラインブロックされたとしても、共通のグループトークがあれば完全に縁が切れることはないのです。

共通の友達にグループトークを作ってもらう

ラインブロックされたとしても、他の人を交えたグループトーク内であれば、相手と連絡を取ることができます。

ただ、ラインブロックされた相手と同じグループトークがない場合もありますよね。

また、仕事内でのグループトークだったり、かなり大人数のグループトークだったりすると、そこで個人的なメッセージを送るのは難しく感じるでしょう。

そんなときは、共通の友達に少人数でのグループトークを作ってもらうのがおすすめです。

例えば、あなたとラインブロックされた相手と友達の3人であれば、連絡はグッと取りやすくなるはずです。

ラインブロックをされた相手とのグループトークを自分で作ることはできませんが、他の人であれば可能になるため、協力してもらいましょう。

LINE VOOMにコメントする

LINEには、SNSのように好きなことを投稿できる「LINE VOOM」という機能があります。

相手がLINE VOOMを使っていて、投稿が「全員」に向けている設定であれば、ラインブロックされていても投稿を見ることができます。

また見るだけでなくコメントを残すこともできるので、そこからコミュニケーションを取ってみるのも方法の一つです。

LINE VOOMのやりとりで印象が変われば、ラインブロックを解除しようと思うでしょう。

ラインブロックされた人と連絡を取る方法【LINE以外】

現代人の連絡手段はラインがメインになっているため、ラインが断たれると連絡手段がないように思えるかもしれません。

しかし、ラインブロックをされたとしても、ライン以外で連絡をとる方法は意外とあります。

ライン以外で連絡を取る方法を参考にして、もう一度相手とコンタクトを取ってみましょう。

SNSからメッセージやコメントを送る

スマホを持っているほとんどの人がラインを利用していますが、それと同じくらい利用されているのがSNSでしょう。

特に、Facebook、Instagram、Xとこの3つのいずれかのSNSのアカウントを持っている人は非常に多いです。

そのためラインブロックされたとしても、SNSからダイレクトメールを送ったり、コメントを送ったりすることができるでしょう。

特にダイレクトメールであれば、他の人に見られることなくメッセージを送ることができるため、連絡が取りやすいです。

また相手のSNSの投稿にコメントしたり「いいね」を送ったりすることで、印象が良くなるメリットもあります。

電話番号からSMSを送る

ラインブロックされた相手の電話番号を知っている場合は、電話番号からショートメッセージを送る方法もあるでしょう。

電話番号を知っていたとしても、ラインブロックされた相手に電話をすることは勇気が入りますよね。

ラインブロックしたということは、相手は何かしら不快な感情を抱いている可能性が高くなるため、電話をしても出てくれなかったり折り返しをしてくれなかったりするからです。

そんなときは、ショートメッセージであなたの気持ちを伝えましょう。

ただ、ショートメッセージも電話番号を着拒すればブロックできてしまうため、最初に送るメッセージがポイントになります。

思いきって会いに行く

ネットを通してメッセージを送る現代的な方法が使えない場合は、一度原始的な方法を考えてみるのもアリです。

思いきって、直接相手に会いに行くことでコンタクトをとりましょう。

相手が働いている場所や自宅を知っているのであれば、会いに行ってみるのです。

「相手を怖がらせてしまうかな…」と思うかもしれませんが、一度のことであれば迷惑にはならないでしょう。

ただし、連絡が取れないとアポなしになるため、相手とスケジュールが合わないことが多くなります。

改めて話をする約束を取り付ける手段として会いに行くことを意識しておくと良いかもしれません。

また、相手が確実にいる時間に会いに行くことが大事ですが、仕事中や夜遅い時間、早朝など非常識な時間は避けるようにしましょう。

友達から連絡をとりたい気持ちを伝えてもらう

相手からラインブロックされて連絡が取れないときは、周りに協力してもらうことも大事です。

ラインブロックされたということは、残念ながら今はあなたと関わりたくない気持ちが相手は強くなっているときです。

そのためこちらが連絡を取ろうと躍起になればなるほど、相手の気持ちは離れていくかもしれません。

しかし、そこに第三者が介入することで、相手の嫌な気持ちが緩和されることがあります。

ラインブロックされた相手と連絡をとりたいときは、その気持ちを友達から伝えてもらいましょう

直接自分で気持ちを伝えるようも、関係のない友達から言ってもらった方が気持ちが伝わることもあるのです。

心理学では、これを「ウィンザー効果」と呼びます。

第三者の言葉や評価に、人は信憑性を見出すからです。

ラインブロックされた人と連絡が取れる確率をあげる方法

ラインブロックは、その場の勢いやちょっとした誤解からされることも多いです。

そのため、ラインブロックされたときに上手に対処できれば、ラインブロックがすぐに解除されることもあるでしょう。

また、他の連絡方法をとったときに返信がくるなど連絡が取れる確率を上げることもできます。

ラインブロックされた人と連絡を取るには、どんなポイントを意識しておくべきかチェックしてみてください

成功パターンの秘訣は、ラインブロックした相手に執着しすぎないことです。

一定期間距離を置いてから連絡する

ラインブロックされると、すぐに相手と連絡を取ることを考えてしまいがちですが、まずは相手と距離を置きましょう

相手が距離を起きたがっているときに近づいても、相手はますます離れようとするだけだからです。

特にラインブロックするときは、気持ちが感情的になっていることが多く、近づくことで相手の怒りや不満の気持ちを増幅させることに繋がりかねません。

冷却期間を取るように、一定期間はラインブロックされた相手との接触は控えましょう

もちろん、相手からコンタクトを取ってきたのであれば距離を置く必要はありませんが、自分から相手に積極的になるのは、今はやめておくべきかもしれません。

連絡を取ったときの返信率を上げるためにも、一度距離を置く時間は重要なのです。

ラインブロックされた原因を考える

ラインブロックをされるのは、必ず何かしらの原因がありますよね

ラインブロックされたときは、急に相手がしてきたように感じてしまうものですが、多くはその前から相手に不満が溜まっていることがほとんどです。

今までのトークを見返してみて、何か失礼な発言がなかったか、相手が不快に感じている様子はなかったか考えてみてください。

このときトークの内容だけでなく連絡頻度もチェックしてみると良いでしょう。

自分がラインを送りすぎていたり、自分が暇なときに相手の時間を考えずにラインを送ったりしていないでしょうか?

また、ラインのコミュニケーション以外でも直接的な原因がなかったか探っていきましょう。

ラインブロックした相手と連絡を取るときに、「自分が悪かった」とラインブロックされた原因に対して謝ることができれば、二人の関係は元通りに戻ることもあります。

何度も連絡しようとしない

ラインブロックした相手に連絡するとき気をつけたいのが、しつこく連絡しすぎてしまうことです。

ラインブロックをされたとしても、連絡を取る方法はたくさんありますよね。

しかし、だからと言って何度も連絡を取ろうと頑張ってしまうと、相手は他の方法でも連絡を断とうとするかもしれません

ラインだけでなくSNSもブロックしたり、電話も着拒設定にしたり。

直接会うことができないように、周りにガードを頼むことだってあります。

ラインブロックされた相手に連絡を取るときは、慎重になりましょう。

連絡回数は極力少なくして、相手の反応を見てから徐々に増やすようにしていくことが、成功パターンのポイントです。

ラインブロックされたことを話題にしない

ラインブロックをされると、どうしてラインブロックをしたのか相手に聞きたくなりますよね。

しかし、連絡を取るときは、ラインブロックしたことを話題にするのはやめておきましょう

ラインブロックをしたときは、相手に多少なりとも罪悪感が湧きます。

そのためラインブロックをされたことを聞かれると、責められているようで嫌な気持ちになりやすいのです。

ラインブロックした理由を聞いたり話題に出したりすることで、相手からの返信率は下がることがあります。

ラインブロックした相手に連絡を取るときは、全く関係のないライトな話題で送ることがおすすめです。

まとめ

ラインブロックされたとしても、相手との縁が完全に切れることはありません

二人のトーク以外で連絡をとる方法があるからです。

グループトークを使うなど、友達を介して連絡を取ることができますし、SNSからメッセージを送ることもできます。

ただラインブロックされた相手と連絡を取るときは、しつこくなりすぎないように注意しなくてはいけません。

どうしてラインブロックされたのか原因をしっかりとわかっておくことが、再度連絡を取れるようになるポイントになります。

返信の成功率を上げるためにも、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

  • 復縁成功者続出中
  • 復縁したい人におすすめの電話占い
  • 復縁相談後、すぐに効果が出た人も!
  • 音信不通からの復縁に成功
初回限定最大6500円無料で鑑定してもらえる!お得に復縁できるチャンスを逃さないでくださいね。
Lani編集部
執筆者

「Lani編集部」です。さまざまなジャンルの情報を配信しています。

復縁(176)
Lani

コメント