【2022年の運勢】甲寅(きのえとら)生まれの性格・特徴

占いと言えば、何占いを思い浮かべますか?

タロットや手相、星座、風水、四柱推命など思い浮かべる人も多いと思います。

ここでは四柱推命により分かる運勢や性格、特徴などをご紹介していきます!

“四柱推命の世界は歴史も古く、最も早く自分の命運を知ることができる近道”であり、過去、現在、未来の命運を推察できます。

《四柱推命(しちゅうすいめい)とは》

陰陽五行説を元にその人の産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換え運命を推察する占術です。基礎情報の鑑定に非常に強く、運勢の良し悪しを的確に判断できる特徴があります。

また、四柱推命(しちゅうすいめい)は陰陽五行説(古代中国の思想や易から発生)を元に生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支を柱とし、その人の先的な可能性を推し量る占術で、陰陽五行説は、自然界を構成する『木・火・土・金・水』という5つの元素=五行を、さらに陰と陽に分けるという考え方です。陰陽五行説は、占いだけではなく漢方や鍼灸など、東洋系の医療や技術の考え方の基本としても使われているのです。

気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に詳しく解説しています。

今回は『甲寅』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

執筆者

【2022年】甲寅(きのえとら)の運勢

甲寅生まれの2022年の運勢は、驚くくらいの幸運に恵まれる傾向が高く素晴らしい1年となるでしょう。また、国内よりも海外に目を向けていくと良い年になるでしょう。

海外に旅立つというだけではなく、海外の人や外国製、異国の文化などに触れる機会が多くなり深まっていく傾向が見られます。前年度までよりも多く海外の雰囲気を感じることができ、親しみや興味を持つようになっていくでしょう。

そういった縁を大切にすることによって今後の人生に大きな影響をもたらせてくれるかも知れません。また、良い人脈も広がり期待が持てる1年となるでしょう。そういったチャンスを活かしてどんどん世界観を広げていきましょう。得意分野が増えることは自身にとっても大きなプラスとなり、視野を広げていくことにも繋がっていきます。

健康運においては、血圧関係に注意して規則正しい生活を行うよう心掛けて下さい。塩分を控えた食事や入浴時の温度の寒暖差、イライラした感情を抑えて穏やかに過ごすなどを気を付けて早寝早起きの習慣を続けていってください。

また、アルコールの摂取量にも気を配り、暴飲暴食を防いでいきましょう。

食材にも関心を持って、体に良いとされる品を積極的に取り入れて健康な体を維持していって下さい。

甲寅(きのえとら)の読み方と意味

甲寅の読み方は、きのえとら、こうぼくのとら、こういんです。十干(じっかん)と、十二支(じゅうにし)の組み合わせは60通りあり、干支の中で第51番目の組み合わせとなっています。

干支といえば、12種類の動物を思い浮かべる人が多いと思いますが、それは『十二支(じゅうにし)』と呼ばれるものです。本来、干支とは十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の「干」と「支」の2つの意味が合わさってできた言葉で、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼ばれています。

十干とは、「申(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」のことで、十二支とは、世間一般で広く使われていて干支と呼んでいる「子(ね)→丑(うし)→寅(とら)→卯(うさぎ)→辰(たつ)→巳(み)→午(うま)→未(ひつじ)→申(さる)→酉(とり)→戌(いぬ)→亥(いのしし)」のことです。これらの「十干」と「十二支」を組み合わせた「十干十二支=干支」が60通りあるのです。そして、干支(十干十二支)が一巡し誕生年の干支に還ることを還暦(60歳)と言います。

十干の甲「きのえ」と十二支の寅「とら」が組み合わさって成立している干支で、十干の甲は陽の木、十二支の寅は陽の、この2つが出会うと比和(=同じ気が重なると、その気は盛んになる。その結果が良い場合にはますます良く、悪い場合にはますます悪くなる。)となります。

甲寅の前には「癸丑」があり、癸丑、甲寅、乙卯、丙辰の順に移っていきます。一番最近の甲寅は、1974年(昭和49年)に訪れたので、次の甲寅は60年後(干支の周期は60年)の2034年となります。

【男女共通】甲寅(きのえとら)の基本的な性格と特徴

甲寅生まれの人は、とてもポジティブな性格でいつも明るく笑顔を絶やさない人が多いです。少しくらい失敗しても前向きに考えられるので、着実に前へ進んでいくことができます。また、真面目で完璧主義者なところがあり、踏ん張る精神に優れている傾向が高いです。そのため、自然と輪の中心にいることが多く、指導者としての素質も持ち合わせているので、人の先に立って物事をやりたがるところがあります。

誰に対しても明るく接することが出来るので、とても親しみやすい人という印象を与えますが、批判されたりすると攻撃的な態度を取ってしまう事も多いです。

向上心や責任感が非常に強いので、何事においても手を抜かずに粘り強く努力を重ねていくことが出来ます。そのため、目標を達成しやすい傾向にありますが、そのまた上の段階を目指して次へ次へと立ち向かっていきます。

そんな甲寅生まれの人は、人のために奔走することが多く自分のことが疎かになってしまうことがあります。また、決して“辛い”などの弱音を吐かないため、損をしてしまうことも多いでしょう。

しかし、人に頼らずにしっかりと自分の道を開いていくことが出来る素晴らしい魅力の持ち主でもあります。

甲寅(きのえとら)男性の性格

甲寅生まれの男性は、明るくて人見知りしない人柄なので初対面でも早い段階から仲良くなれ自然体で接していくことが出来ます。

何事においても自分で決断し行動する行動力を持っているため、単独で行動するパターンが多い傾向にあります。協調性はあるのですが、負けず嫌いな性格から協同的な作業を苦手とします。しかし、リーダー的な性質があるので、人の前を先導きって走っていき引っ張っていくことが出来ます。

しかし、トラブルなどが発生した場合は、じっくりと様子を窺いながらどう出るべきかじっくり考えます。解決法として、自身の考え抜きにして長い物に巻かれていく特徴を持ちます。

そんな甲寅生まれの男性は、プライドを高く持ち、何事においてもとても真面目に取り組む傾向があります。そして、白黒をはっきりさせ正しいと判断したことに関しては努力を惜しむことなく取り組んでいきます。

また、自分の決断で行動してしまうことが多いので、頑固で融通が利かないと受け取られてしまう場合があり、気が強い人などの印象を持たれることも多いです。思ったことを口にしてしまうところもありますので、言葉選びを慎重にしていくと良いでしょう。

甲寅(きのえとら)女性の性格

甲寅生まれの女性は、真面目で一生懸命な人が多く、自分を信じる強い精神を持ちながら真っすぐに生きていく特徴が見られます。また、繊細な部分も持ち合わせており、人と比べられたりすることを嫌います。

感受性豊かな人柄が、人の痛みを知ることとなり細かい気配りや弱者を守ろうとする行動にも表れてきます。心の内側に負けず嫌いな面を持っていますので、勝負事やライバルが出現した際には激しい闘争心を持つ場合もあります。

そんな甲寅生まれの女性は、長く険しい道のりであっても折れることもなく諦めたりしません。コツコツ努力を積み重ね、目標があるからこそ更にパワーが漲って目標を達成していくことが出来るのです。

基本的に人望もあり人を集める能力にもすぐれているため、常に多くの人に囲まれる生活を送っているでしょう。そのため、いつも多忙な印象を持たれることも多いです。

頑張り屋さんで弱音を吐かないため、無理をしがちなところがあるので注意が必要です。定期的にゆっくりとした自分の時間を持つように心掛け、リフレッシュしながら進んでいくようにしていきましょう。

甲寅(きのえとら)の年柱・月柱・日柱・時柱の性格・特徴

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法で現在では世界中に知られています。人生を大きく4つのサイクルに分けて、1つ目を年柱、2つ目を月柱、3つ目を日柱、4つ目を時柱とし構成されています。

甲寅の性格や特徴にどんな影響を与えているのでしょうか。

甲寅(きのえとら)の年柱

年柱は自分のルーツや成育環境、人生の傾向などを表します。年柱と特に密接な年齢域は0~20歳で、大切な人との出会いと別れを繰り返し、成長していく時期でもあり、社交運や年長者との関係、先祖や両親との関係が見えます。

恐れることなく突き進む時期となります。しかし、あと少しのところで邪魔が入り停滞してしまう事が多くなります。確固たる地位を築きあげようと突き進みますが、なかなか思うようにはならない傾向にあります。実りの多い時でもありますので、立ち止まって考えることも必要です。

甲寅(きのえとら)の月柱

月柱は社会運や成功運、持って生まれた福分などを表します。月柱と密接な年齢域は20~40歳で、働き盛りで仕事運や家庭運、自分自身の生き方や才能が見えます。

人を惹きつける魅力あふれる時期となります。仕事やプライベートに忙しい日々を送るようになります。そのため、出会いの場も増え喜びも増えていきます。後々の良い人脈に繋がる可能性が大きいので、謙虚な姿勢を忘れずに接していくよう心掛けて下さい。

甲寅(きのえとら)の日柱

日柱は自分自身や配偶者、私生活、結婚生活などを表します。日柱と密接な年齢域は40~60歳で、中年期に入り、恋愛運や配偶者、自分自身のことについて見えます。

人脈には恵まれますがトラブルが発生しやすい時期となります。持ち前の才能を発揮しやすい時となりますが、自身の発言や行動によってトラブルを招いてしまったりする傾向が高いです。真摯な気持ちを忘れずに過ごしていくと運気も上昇していくでしょう。

甲寅(きのえとら)の時柱

時柱は子供運や晩年運、仕事能力などを表します。時柱と密接な年齢域は60歳~死亡するまでで、晩年期を迎え、子供や目下の人との関係、部下との関係が見えます。

笑顔で過ごすことの出来る時期となります。今までの諦めずに取り組んできた努力が実りはじめて良い兆しが見えてきます。大病をすることなく安定した流れの中過ごしていくことが出来るでしょう。

甲寅(きのえとら)と十二運

十二運は、日干からみた十二支の強さを表したものです。胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶の12種類から構成されていて、受胎し新生命が宿り母体によって養われて生まれ、産湯につかり成長しひとり立ち、人生の旺盛期で社会的な地位を得て引退し、衰退していく中で病にかかり死に至る。そして墓に入り霊魂状態となって胎に戻るという人の一生になぞらえて表現されています。本家の中国台湾では生旺墓絶と言われ、中国占術全般で広く使用されています。

【甲寅(きのえとら)と胎(母の胎内に宿る時期)】

胎と組み合わさる場合、思うようにいかない時期となります。頑張って力を入れすぎると失敗に終わってしまう傾向が高いです。ゆっくり見て進んでいくよう注意は必要です。

【甲寅(きのえとら)と養(生まれ養育されている時期)】

養と組み合わさる場合、目標や夢を持つ時期となります。将来に進みたい道が明確になっていくでしょう。変化も多くなりますが、しっかり計画を立てて進んでいきましょう。

【甲寅(きのえとら)と長生(いちじるしく育つ時期)】

長生と組み合わさる場合、人脈が広がっていく時期となります。周囲の意見に耳を傾けていくとによって人間関係も円滑になっていきます。新しい出会いのチャンスにも恵まれる傾向が高いです。

【甲寅(きのえとら)と沐浴(悪いことも覚える時期)】

沐浴と組み合わさる場合、人を見極める力が必要となる時期となります。様々な人と交流することによって大きなチャンスに期待が持てます。しっかりと人を見極めて進んでいくようにしましょう。

【甲寅(きのえとら)と冠帯(成人し社会にでる時期)】

冠帯と組み合わさる場合、環境も整ってくる時期となります。今までの努力が形となって表れてくる時でもあります。挑戦することに適した時期です。

【甲寅(きのえとら)と健禄(一家の主として稼ぎまくる時期)】

建禄と組み合わさる場合、新しい発見に気付く時期となります。落ち着いた気持ちで見ることによって見える景色も違ってきます。新たな事に遭遇できるチャンスでもあります。

【甲寅(きのえとら)と帝旺(頂点を極めた時期、会社の社長?)】

帝旺と組み合わさる場合、プライベートを充実させると良い時期となります。プライベートで関わる人を大切にしていくと運気が良い方向に流れて充実した日々が送れます。

【甲寅(きのえとら)と衰(一線から退き、定年を迎えた時期)】

衰と組み合わさる場合、積極性を必要とする時期となります。自分をより強くするために必要な情報を積極的に取り入れて精神面を鍛えていきましょう。

【甲寅(きのえとら)と病(衰弱し病にを患う時期)】

病と組み合わさる場合、素直さが求められる時期となります。周囲からの指摘を素直に受け入れ認めることが大切な時期となっています。頑固に拒むとトラブルに発展していく傾向が見られます。

【甲寅(きのえとら)と死(生命の終わりの時期)】

死と組み合わさる場合、成長することが出来る時期となります。広い世界に視野を向けることによって大きな成長に期待が持てます。また、アイデアなども浮かびやすい傾向が見られます。

【甲寅(きのえとら)と墓(墓に入った時期)】

墓と組み合わさる場合、冷静さが必要な時期となります。何でも直ぐに行動に移してしまわずに落ち着いて考え行動すると良い流れを掴むことが出来ます。

【甲寅(きのえとら)と絶(魂として肉体を離れた時期で胎を探す時期)】

絶と組み合わさる場合、後悔しやすい時期となります。今までを振り返りネガティブになりやすい傾向が見られます。早めに気持ちを切り替えてポジティブに考えていきましょう。

【男性】甲寅(きのえとら)の恋愛観・恋愛運

甲寅生まれの男性は、とても情熱的で行動力があるため好きな人ができると積極的に思いを伝えようとアプローチしていきます。一途な面も持ち合わせているため、ひたすら愛を届けようと注ぎ込みます。そのため、成功率はちょっと高めで相手の心をしっかり掴んで離しません。しかし、思いが強すぎて大胆になりやすい傾向が見られますので注意が必要です。ぐいぐい迫られ過ぎて引かれたり、ストーカーと勘違いされたりするケースも少なくないです。

また、人を引き寄せる魅力たっぷりな人なので、逆に熱いアプローチを受けてしまう事も多いようです。断ることが出来ずに付き合うことになってしまったりなんてこともしばしば。

そんな甲寅生まれの男性は、ポジティブ思考の強い朗らかな人を好きになる傾向が高く、いつも笑顔でいる人に惹かれてしまいます。

また、プライベートでは癒しを求める傾向が強い甲寅生まれの男性なので、包容力豊かで甘えさせてくれる人を選ぶと上手くいく可能性が大きいです。支えてもらうことによって、自身も支えていこうという気持ちが大きくなり、お互いに助け合える関係を築いていくことができるでしょう。

【女性】甲寅(きのえとら)の恋愛観・恋愛運

甲寅生まれの女性は、好きな人ができると積極的に気持ちを伝えられる人なので、着実に距離を縮めていくことが出来ます。また、真面目にひとつの恋に向き合うことが出来ますので信頼を得ることもでき上手くいく傾向も高いです。

しかし、少し惚れっぽいところが見られますので、優しくされただけでも好きになってしまうところがあります。そんな場合は、少し時間を置いて気持ちが本物かどうか見極めてから行動に移していくようにしましょう。

そんな甲寅生まれの女性ですが、一度心に決めた相手ができると一途に相手を思い続けるので長続きしやすい傾向にあります。優しい気配りを常に忘れずに行うことができ、良き理解者であり続けようとします。そんな献身的な姿勢に相手も心を奪われて相思相愛のラブラブな関係が築いていけるでしょう。

また、見た目は物静かな印象を持たれやすい傾向にありますが、情熱的な恋愛を求める特徴が見られます。イベントごとや記念日も忘れることなく何かの演出をしようとすることが多いので、とても楽しく飽きない関係性を保って行けるでしょう。

真面目で誠実な人柄で裏表のない人を選ぶと幸せの運気に包まれる傾向があります。

【男性】甲寅(きのえとら)の結婚観・結婚運

甲寅生まれの男性は、1つのことに集中すると周りが見えなくなるほど熱中してしまう傾向が高いので、仕事に一生懸命励んでいる時期は結婚になかなか踏み切れないパターンが多いです。そのため、晩婚の傾向にあり結婚運も少し波があります。

結婚後も、大切な家族を養うために仕事に励んでしまう人が多く、なかなか家族との時間を作ることも難しいでしょう。仕事に励んでいるため、仕事では確実に成果を上げランクアップしていくことが出来ますが、あまり家庭の事を放ったらかしにしていると絆を作っていくことが出来ません。

適度に家族サービスする時間を作り、コミュニケーションの場を持つように心掛けていきましょう。平日が残業続きならば、休日は終日家族と過ごすよう努力をし、出掛ける約束や何をするか計画を立てておくと良いでしょう。

また、大型連休なども早めに計画を立てて家族のモチベーションも上げていくと、自分にとっても励みとなるでしょう。

パートナーや家族の笑顔を見ることによって、自身の幸せにも繋がっていきます。また、そうすることによって安定した運気にも恵まれて穏やかな結婚生活を送ることが出来るでしょう。

【女性】甲寅(きのえとら)の結婚観・結婚運

甲寅生まれの女性は、とても明るく我慢強い人が多く恋愛の末にゴールインする傾向が高いです。婚期は、適齢期に結婚することができ、結婚運も良好なので幸せな結婚生活を送っていけます。

基本的に記念日などのイベントごとを大切にする人なので、結婚後も記念日や誕生日などのイベント事はお祝いムードで楽しく過ごす傾向にあります。そのため、愛情も冷めることなくいつまでも仲良しな夫婦関係を保っていけるでしょう。

また、我慢強い部分もありパートナーに対して多くの事を望みません。どちらかと言うと、“一緒にしよう”“私がすれば済むこと”といった考えなので、不満も溜まりにくく喧嘩になることも少ないでしょう。

しかし、白黒をはっきりつけたがる性質なので喧嘩が起こった場合は止めることが出来ません。

そんな甲寅生まれの女性は、家事や育児も周囲に頼らずにしっかりやりながら仕事も頑張る人が多い特徴が見られます。

その頑張りを家族はしっかり見ているので、長い時間を重ねても笑顔が絶えない楽しい家庭を続けていくことが出来るのです。

老後も穏やかで安定した日々を過ごせていけるでしょう。

甲寅(きのえとら)の金運

甲寅生まれの人は、大きな出費がある1年となる傾向にあります。常日頃から節約を心掛けてお金を少しでも残していくようにしてください。

この1年に支払う予定がある保険代や税金関係、車の維持費なども先に計算して確保できるようにしていくと、後々が楽になっていきます。そして、毎月の予算もなるべく浮かすようにしておくと少しずつですが余裕が出てくるようになるので、貯めていき“もしも”の場合に備えていきましょう。

また、お金を増やすことにおいては、資格取得など給料アップに繋がる資格の習得に励んでいくと良いでしょう。また、副業や転職なども視野に入れている場合は、必要な資格や勉強をこの時期に始めていくと結果に期待が持てます。

しっかりと自身でお金の管理をしていくことによって、大切さが分かり、何が無駄なのかも把握することが出来るので金銭管理は怠らずに実践していきましょう。

甲寅(きのえとら)の適職・天職・職業

甲寅生まれの人は、粘り強い努力と負けん気の強さで着実にキャリアアップしていける可能性が非常に高いです。また、リーダー的な存在として大きな仕事を任せられることも増えていくでしょう。

持ち前の向上心と責任感の強さから、与えられた仕事を期待以上にこなしていくことが出来るため、信頼度も大きくどんどん出世していくことが出来ます。

そんな甲寅生まれの人は、人の上に立つ場でも実力を発揮出来ますが、組織の下で働く場合でも、目標を明確に持つことができ順応性も高いで上手くやっていくことが出来ます。

また、やりたいことや夢などがある場合は、起業して会社を経営することをおススメします。実力があり人望もあるので慕われやすく、サポートも得られやすいです。集中力にも優れているので、会社を大きく成長させていくことも可能になってくるでしょう。

人を笑顔にするために頑張る性質なので、お客様やお得意様などと関わる職業にも適性があるでしょう。笑顔が見れる職場だとやりがいも感じられ、充実した日々を送っていけます。

 [甲寅の人の適職]

イベント企画・プランナー・指導者・塾講師・経営者・コンサルティング業など

甲寅(きのえとら)の男性との相性ランキング

甲寅生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 己亥(つちのとい)

第2位 己卯(つちのとう)

第3位 丁卯(ひのとう)

第4位 壬子(みずのえね)

第5位 壬午(みずのえうま)

似た者同士なところがあり、相性も良い傾向にあります。価値観や進む歩調が同じなので良好な関係を築いていくことが出来るでしょう。

反対に甲寅生まれの男性と相性が悪いのは、庚申(かのえさる)、癸巳(みずのとみ)、丁巳(ひのとみ)。気質の違いからぶつかり合うことが多いため、あまり相性は良くない傾向にあります。

甲寅(きのえとら)の女性との相性ランキング

甲寅生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 甲子(きのえね)

第2位 己卯(つちのとう)

第3位 丁卯(ひのとう)

第4位 壬子(みずのえね)

第5位 壬午(みずのえうま)

一緒にいて安心できる存在で理想通りの関係を築いていくことが出来ます。とても良い相性なので長く続いていく傾向が高いです。

反対に甲寅生まれの女性と相性が悪いのは、丁巳(ひのとみ)、乙巳(きのとみ)、丙申(ひのえさる)。お互いに主導権を持ちたがる傾向が強く喧嘩になりやすい組み合わせとなります。そのため、あまり良くない相性だと言えます。

甲寅(きのえとら)の有名人・芸能人

  • 森 且行:1974年(昭和49年)2月19日(オートレーサー)
  • 照英:1974年(昭和49年)4月4日(タレント)
  • 富澤 たけし:1974年(昭和49年)4月30日(タレント)
  • 有吉 弘行:1974年(昭和49年)5月31日(タレント)
  • 辛酸 なめ子:1974年(昭和49年)8月29日(漫画家・コラムニスト)
  • 室伏 広治:1974年(昭和49年)10月8日(ハンマー投げ選手)
  • レオナルド・ディカプリオ:1974年(昭和49年)11月11日(俳優)

まとめ

今回は、甲寅生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。

甲寅生まれの人は、基本的に人の前に立つことを好み、困っている人のために動こうとするリーダー的性質の持ち主で真面目な人が多いです。また、負けず嫌いな面を持ち人から批判されることを嫌傾向が強いです。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求するひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント