【2022年の運勢】戊午(つちのえうま)生まれの性格・特徴

占いと言えば、何占いを思い浮かべますか?

タロットや手相、星座、風水、四柱推命など思い浮かべる人も多いと思います。

ここでは四柱推命により分かる運勢や性格、特徴などをご紹介していきます!

“四柱推命の世界は歴史も古く、最も早く自分の命運を知ることができる近道”であり、過去、現在、未来の命運を推察できます。

《四柱推命(しちゅうすいめい)とは》

陰陽五行説を元にその人の産まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換え運命を推察する占術です。基礎情報の鑑定に非常に強く、運勢の良し悪しを的確に判断できる特徴があります。

また、四柱推命(しちゅうすいめい)は陰陽五行説(古代中国の思想や易から発生)を元に生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支を柱とし、その人の先的な可能性を推し量る占術で、陰陽五行説は、自然界を構成する『木・火・土・金・水』という5つの元素=五行を、さらに陰と陽に分けるという考え方です。陰陽五行説は、占いだけではなく漢方や鍼灸など、東洋系の医療や技術の考え方の基本としても使われているのです。

気になる2022年の運勢や恋愛&結婚、相性についても男女別に詳しく解説しています。

今回は『戊午』生まれの人について解説していきたいと思いますのでご覧ください。

執筆者

【2022年】戊午(つちのえうま)の運勢

戊午生まれの2022年の運勢は、強い正義感が普段以上に強くなり味方が増えていく1年となるでしょう。味方が増えていくことによって、自身の存在価値にも気付くことができ、必要とされていることが認識されるようになっていきます。そのため、精神的に満たされ充実した年となるでしょう。しかし、自分の考えだけが正しいと自意識過剰になることだけは避けるよう心掛けて下さい。正しいかどうか、周囲の意見に耳を傾けながら進めていくことによって大きな信頼と評価へと繋がっていくでしょう。

ちょっとした出来事で大切な物や失ってはいけないものに気付いていけるはずです。常に人を思いやる気持ちを意識して過ごしていくようにいていきましょう。

健康運では、気持ち的に満たされた年になるので体を動かしていても苦痛だと感じることが少ないでしょう。そんな時期でもありますから、この機会に体を動かして身体面での強化を図りましょう。

運動不足解消にも繋がっていきますし、何よりも負けない身体作りに期待が持てます。また、自宅で空いた時間に簡単に出来るストレッチ等を取り入れてみることもおススメです。

この1年は、健康維持と強化を意識して過ごしていくようにしてみましょう。食品も同じ摂取するのであれば栄養価の高い物や体に良い物を取り入れる工夫もしてみましょう。

小さなことの積み重ねが大きな活力へと繋がっていくでしょう。

【男女共通】戊午(つちのえうま)の基本的な性格と特徴

戊午生まれの人は、朗らかで明るい性格でコツコツと努力を積み重ねていける人が多く、大きな器の持ち主でもあります。見た目は落ち着きがあり穏やかで知的な印象を与えますが、少しでも見下されたような扱いを受ければ非常に攻撃的になり、激しい気質の一面を見せます。

基本的には、見返りを求めない面倒見の良さから慕われることも多いです。しかし、プライドが高くて頑固なところがありますので、表の顔と裏の顔が大きく違う特徴を持っています。

また、非常に強い意志の持ち主でもあり、どんな苦境でも諦めたりすることなくやり遂げていきます。障害が大きければ大きいほど普段よりも実力を発揮することが出来るでしょう。怖いもの知らずで、どんな状況にも動じることがなくいつも冷静沈着で真っ直ぐに進んでいくことが出来る人です。

そんな戊午生まれの人は、中心的人物になることが多くあります。そして、一度決めたことはやり抜く強さもあるため大成する傾向が非常に高いです。

戊午(つちのえうま)男性の性格

戊午生まれの男性は、度胸があり勇敢でチャレンジ精神が旺盛な人が多く、リーダー的存在として頼られる傾向が高いです。何事に対しても怯むことない強い精神と行動力を持っており、負けず嫌いな特徴が見られます。また、プライドもかなり高いです。

表現方法も具体的で分かりやすいため、周囲にも上手く伝えることができ物事をスムーズに進めていくことが出来ます。常に新しいことにチャレンジしていくため、良い波の時もあれば悪い波の時もありますが、ピンチの時ほど強くなっていくことが出来ますのでやりがいも充実感も大きいでしょう。

そんな戊午生まれの男性は、困難な出来事や苦労を経験することが多い傾向にあります。しかし、そういった困難な状況を数多く経験していることによって着々と実力を身に付けて成長を遂げています。

また、努力を惜しむことなく向上していくことが出来るので、良い地位まで登りつめていくことも可能です。

年齢を重ねてから、積み上げてきた業績が認められるようになる特徴が見られますので“大器晩成型”の人が多いでしょう。

戊午(つちのえうま)女性の性格

戊午生まれの女性は、決して目立つタイプではありませんが、面倒見の良い優しい人が多い傾向にあります。

また、度胸があり臨機応変な部分でトラブルを乗り切ることができるため、周囲からの憧れも強くリーダー的な役割として引っ張っていくことも出来ます。ピンチの時こそ実力以上の力を発揮するでしょう。

戊午生まれの女性は、新しいことにも果敢に挑戦していく冒険家なところもあり、頭も良いので要領よく進んでいくことが出来るでしょう。たくさんの様々な経験から学んだ事も多くあるため、かなりの実力の持ち主です。また、非常に強いメンタルを持っており、打たれ強くて負けず嫌いな特徴も見られます。

日々成長していける人が多いので、色々な方面での開花にも期待が持てます。

何でも自分一人で抱え込もうとしないで、時には周囲の人に頼ってみることも必要です。周囲の人も頼られることによって成長に繋げていけるので、より効率よく物事が進んでいくようになってくるでしょう。

戊午(つちのえうま)の年柱・月柱・日柱・時柱の性格・特徴

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法で現在では世界中に知られています。人生を大きく4つのサイクルに分けて、1つ目を年柱、2つ目を月柱、3つ目を日柱、4つ目を時柱とし構成されています。

戊午の性格や特徴にどんな影響を与えているのでしょうか。

戊午(つちのえうま)の年柱

年柱は自分のルーツや成育環境、人生の傾向などを表します。年柱と特に密接な年齢域は0~20歳で、大切な人との出会いと別れを繰り返し、成長していく時期でもあり、社交運や年長者との関係、先祖や両親との関係が見えます。

好奇心が強く勉学に励む時期となります。真面目でしっかりとした家庭環境で過ごす傾向が強いです。そのため、学習意欲が高まり堅実な性格が形成されていきます。少し頑固で気の強い部分が見られますので気を付けましょう。

戊午(つちのえうま)の月柱

月柱は社会運や成功運、持って生まれた福分などを表します。月柱と密接な年齢域は20~40歳で、働き盛りで仕事運や家庭運、自分自身の生き方や才能が見えます。

自分の信念を貫き我が道を行く時期となります。厳しい環境でありながらも信念を貫き才能を開花させていきます。大胆に我が道を行きますが、堅実に進んでいくことが出来ます。

戊午(つちのえうま)の日柱

日柱は自分自身や配偶者、私生活、結婚生活などを表します。日柱と密接な年齢域は40~60歳で、中年期に入り、恋愛運や配偶者、自分自身のことについて見えます。

パワーに溢れ頑固さが目立つ時期となります。行動力に優れ粘り強さも持ち合わせています。しかし、気まぐれで頑固な部分が強くなってくるので注意が必要です。

戊午(つちのえうま)の時柱

時柱は子供運や晩年運、仕事能力などを表します。時柱と密接な年齢域は60歳~死亡するまでで、晩年期を迎え、子供や目下の人との関係、部下との関係が見えます。

融通や妥協が利かない時期となります。自身の理想を追い求めて貫いていくため、なかなか成功へと繋がらない傾向が高いです。そのため、持ち前の才能が活かされないことが増えていきます。ある程度のところで“融通・妥協”と取り入れるように努力してみましょう。

戊午(つちのえうま)と十二運

十二運は、日干からみた十二支の強さを表したものです。胎、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶の12種類から構成されていて、受胎し新生命が宿り母体によって養われて生まれ、産湯につかり成長しひとり立ち、人生の旺盛期で社会的な地位を得て引退し、衰退していく中で病にかかり死に至る。そして墓に入り霊魂状態となって胎に戻るという人の一生になぞらえて表現されています。本家の中国台湾では生旺墓絶と言われ、中国占術全般で広く使用されています。

【戊午(つちのえうま)と胎(母の胎内に宿る時期)】

胎と組み合わさる場合、内側に強い葛藤を抱く時期となります。困難な状況で危機に追い込まれた時ほど能力を発揮する傾向が高いです。また、感性が豊かで大胆に動くことができ、その行動力は止められることなく突き進んでいくことが多いでしょう。

【戊午(つちのえうま)と養(生まれ養育されている時期)】

養と組み合わさる場合、起伏が激しくなる時期となります。一見穏やかで落ち着いているように見えますが、感情にムラがあり気分屋と思われることもあるでしょう。また、自我が強く自己中心的になる傾向が見られますので注意が必要です。

【戊午(つちのえうま)と長生(いちじるしく育つ時期)】

長生と組み合わさる場合、好き嫌いが激しくなる時期となります。頭が冴えわたりテンポよく物事を進めていくことが可能となります。そのため、人脈に期待が持てます。しかし、好き嫌いが激しくなり気まぐれで動いてしまう傾向が強いので注意が必要です。

【戊午(つちのえうま)と沐浴(悪いことも覚える時期)】

沐浴と組み合わさる場合、好奇心が旺盛な時期となります。様々なことに興味を示すようになります。そのため、人に任せることなく自身でしっかり確かめ取り組みます。不得意な分野も根気強く取り組むことが出来るため、クリアしていくことが可能になります。

【戊午(つちのえうま)と冠帯(成人し社会にでる時期)】

冠帯と組み合わさる場合、勢いが強くなり時期となります。何事にもアクティブに取り組みますが、勢いだけでは失敗してしまう可能性が大きいです。単独で突っ走るのではなく周囲を良く見渡して、意見を求めるよう努力が必要です。

【戊午(つちのえうま)と健禄(一家の主として稼ぎまくる時期)】

建禄と組み合わさる場合、行動力に優れる時期となります。思い立つと直ぐに行動に移すようになります。また、芸術面においても才能が花開く傾向が非常に高いです。自身が興味を持っている分野を追及していくと良い結果へと繋がっていきます。

【戊午(つちのえうま)と帝旺(頂点を極めた時期、会社の社長?)】

帝旺と組み合わさる場合、自身の中で抱え込んでしまう時期となります。表面に出すことが苦手なため、1人で抱え込んでしまい過ぎるところが見られますので注意が必要です。ストレスとならないよう気を付けて下さい。

【戊午(つちのえうま)と衰(一線から退き、定年を迎えた時期)】

衰と組み合わさる場合、芯の強さが武器となる時期となります。過去の経験が活かされて、ここぞという時には実力を発揮します。知的で芯がしっかりしているため、頼りになる存在となるでしょう。また、周囲からの評価も上がっていきます。

【戊午(つちのえうま)と病(衰弱し病にを患う時期)】

病と組み合わさる場合、芸術的センスが表立ってくる時期となります。個性的な感性で美的センスに恵まれ、周囲からの評価が高まってくるでしょう。そういった場所に出掛けて、見たり挑戦したりすることも大切です。心がみたされて充実した日々が送っていけます。

【戊午(つちのえうま)と死(生命の終わりの時期)】

死と組み合わさる場合、プライドの高さが強まる時期となります。穏やかに見えて大胆な決断をして突き進んでいくでしょう。自分の信念を信じて誇りを持って挑んでいく姿勢が大切です。

【戊午(つちのえうま)と墓(墓に入った時期)】

墓と組み合わさる場合、信念のままに進んでいく時期となります。芯が強いため、周囲に流されることなく信念を貫き通します。満足のいく結果を得られる時でもありますので、集中して取り組んでいきましょう。

【戊午(つちのえうま)と絶(魂として肉体を離れた時期で胎を探す時期)】

絶と組み合わさる場合、ストレス抱え込みやすい時期となります。孤独感を感じ思うように進むことが出来ずにストレスが増えていきますが、耐え抜くことによって運気も良い方向へと流れていきます。

【男性】戊午(つちのえうま)の恋愛観・恋愛運

戊午生まれの男性は、行動力もあり積極性もあるため恋愛においても積極的に行動します。本当に好きになった女性に対しては、プライドを捨てて猛アプローチをしていきます。また、度胸も持ち合わせていますので時には大胆に具体策を捻りながら着々と距離を縮めていくことが出来るでしょう。

お付き合いに発展してからは戊午生まれの男性が男らしくリードしていくようになるでしょう。新しいことにも一緒にチャレンジしていく傾向が見られますので、飽きることなく新鮮な関係性を保っていけます。常にワクワクドキドキしながら楽しく過ごしていけるでしょう。しかし、好きな人とずっと一緒にいたいと思う気持ちが強いため、束縛してしまいがちになりそうなので注意が必要です。

そんな戊午生まれの男性ですが、後ろからついてきてくれる控えめな人を選ぶと良好な関係が続いていきます。負けず嫌いな性質を持っていますので、同じように負けず嫌いな人や気の強い人とは何かとぶつかってしまう傾向にあります。また、平凡で安定した関係を望む人であれば少し疲れさせてしまう可能性も高いです。

相手の事を気遣いながら絆を深めていくと、長く続いていくことが出来るでしょう。

【女性】戊午(つちのえうま)の恋愛観・恋愛運

戊午生まれの女性は、基本的に自立心が高く、周囲にも同じように自分の事は自分でこなす様に求めますが、恋愛に対しては違う傾向が見られます。好きになった人に対しては、相手に尽くしてもらうよりも尽くしてあげることに喜びを感じるところがあり、あれやこれやと世話を焼きたがります。そのため、頼ってきてくれるような甘えん坊タイプの人に惹かれることが多いです。しかし、甘やかし過ぎて悪い方に利用されないように注意が必要です。人を見極める力を持てるように努力しましょう。

そんな戊午生まれの女性は、姉御肌気質でありどちらかと言うと自分の方がリードしていく側になってしまうので、リードしたいと思っている人とはあまり上手くいかない傾向が高いです。そのため、年下の人との縁が強く尽くす形のお付き合いとなり、お互いに支え合っていける良い関係が築いていけます。

また、寂しがり屋で少し我儘な面も持ち合わせている戊午生まれの女性ですが、そういった部分も上手くカバーしてくれる人を選ぶと素敵なカップルになれるでしょう。

【男性】戊午(つちのえうま)の結婚観・結婚運

戊午生まれの男性は、なかなか結婚に踏み切ることが出来ずにいるため、婚期は適齢期から少し遅めといった傾向が見られます。結婚運は、年齢を重ねるごとに上がっていくようになるので焦らずにじっくりと温めてからゴールインしていくようにすると良いでしょう。

結婚後は、自身の役割をしっかりと果たし頼れる存在となります。大切な家族をしっかりと守ることが出来るので、和やかで安定した結婚生活を送っていけるでしょう。

そんな戊午生まれの男性は、負けず嫌いでプライドが高い性格のため、お淑やかで黙ってついてきてくれる人をパートナーに選ぶと良好な関係が長く続いていくでしょう。

気を付けないといけないところは、自分の考えを押し付けがちなところです。パートナーや家族にもしっかりと耳を傾けて思いやりを持った行動をしていくように気を付けて下さい。自分一人で解決してしまおうと思わずに、一緒に乗り越える気持ちを持って接していくようにしましょう。自身の弱い部分を出すことによって、さらに深い絆で結ばれていくようになります。また、パートナーも支えることの大切さを実感することが出来るでしょう。

相手を尊重することを心掛けて、幸せ溢れる家庭を維持していきましょう。

【女性】戊午(つちのえうま)の結婚観・結婚運

戊午生まれの女性は、婚期は適齢期または晩婚になる傾向が高いですが、大きな幸せを掴む可能性が大きいです。経済的にも安定した人をパートナーに持つ人が多く、苦労することも少ないでしょう。

愛情深くて面倒見が良いので、家庭内では家族を引っ張っていく強い奥さん、お母さんとなるでしょう。また、度胸もあり感情や情報に流されたりしないので、とてもしっかりとした“良妻賢母”になるでしょう。金銭管理もしっかりしているので、何不自由ない生活を送っていくことができ、周囲からも羨ましがられるでしょう。

行動力も持ち合わせているので、家庭を支えながら仕事を持っている人も多いです。忍耐強い部分がありますので、家庭と仕事の両方を上手くこなしていくことも出来ます。

そんな戊午生まれの女性は、世話好きで尽くす傾向が高いのでパートナーや家族のために自分自身を犠牲にしてまでも家庭を守ろうとします。頑張り過ぎる部分があるため、辛い時などは弱音を吐いて疲れを溜めこまないように気を付けて下さい。また、自分自身を大切にしていくよう心掛けましょう。

そして、パートナーとお互いの意見や価値観を尊重し合いながら過ごしていくようにすると、もっと良い運気へと流れていくでしょう。

戊午(つちのえうま)の金運

戊午生まれの人は、収入面においても支出面においても増える傾向が高い1年となります。変動の波が高く金額も大きいでしょう。そのため、しっかりと自分で金銭管理をしていくことが重要です。

出ていくお金が増えますが、気持ちがしっかりと前を向いているので収入面にも期待が持てます。出ていった分を取り戻そうと頑張ることができ、本業にも力が入ってきます。

プラスマイナスで言えばゼロとなる1年となりますが、決してマイナスにだけはならないように注意して下さい。どうしても手に入れたいからと言って分割払いやローンなど組まないようにしましょう。後で大きく後悔してしまう事になります。どうしても欲しい物ができた場合には、お金が貯まった時点で購入するか潔く諦めるかのどちらかにしましょう。

そして、少しでもお金を蓄えていくように工夫をしていくことも大切です。やがて必要なお金に変わってくるので地道にコツコツと蓄えていくようにしましょう。

戊午(つちのえうま)の適職・天職・職業

戊午生まれの人は、忍耐強く常に沈着冷静な人柄はどんな場所でも進んでいくことが出来るため、たくさんの逆境や努力を重ねる度に実力を上げていくことが出来ます。また、大胆な発想や度胸も持ち合わせているため、早い段階からリーダー的存在を任されることも多いでしょう。

負けず嫌いで打たれ強いといった特徴からも成長の早さを窺うことができます。とても義理人情に厚くて面倒見も良いので、多くの人からも慕われ頼りにされています。

そんな戊午生まれの人は、上から押さえつけられるようなことを苦手としているため、大きな組織の中で働くサラリーマンよりも上の立場で働ける環境の方が上手くこなしていくことが出来るでしょう。

努力を惜しむことなく自身のスキルを追及していく姿勢から、職人の仕事に就くことも良いかも知れません。技を磨く職人の仕事や何か1つの事を見極めていくような専門分野の研究職などもおススメです。

働くことが大好きで人望もありますが、頑固な面と自分の意見を他人に押し付けがちなところがありますので注意して下さい。

 [戊午の人の適職]

研究職・プログラマー・調理師・寿司職人・和菓子職人・伝統工芸職人など

戊午(つちのえうま)の男性との相性ランキング

戊午生まれの男性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 丙寅(ひのえとら)

第2位 戊寅(つちのえとら)

第3位 庚寅(かのえとら)

第4位 癸巳(みずのとみ)

第5位 丁未(ひのとひつじ)

同じ歩調で進んでいくことが出来ます。また、お互いに励まし合い成長することが可能なため、より良い関係を築いていけるでしょう。

反対に戊午生まれの男性と相性が悪いのは、甲子(きのえね)・庚子(かのえね)・壬子(みずのえね)。持っている気質の違いから苛立つことが多くなっていきます。あまり良くない相性だと言えます。

戊午(つちのえうま)の女性との相性ランキング

戊午生まれの女性と相性が良いランキングは下記のとおりとなっています。

第1位 癸未(みずのとひつじ)

第2位 丙寅(ひのえとら)

第3位 戊寅(つちのえとら)

第4位 丁未(ひのとひつじ)

第5位 癸巳(みずのとみ)

優しく包んでくれる人とは一緒にいて安心することができ、とても良い相性だと言えます。いつも明るく笑っていられる関係性を築いていくことが出来るでしょう。

反対に戊午生まれの女性と相性が悪いのは、壬子(みずのえね)・丙子(ひのえね)・戊子(つちのえね)。意見が合わずすれ違う事の方が多い傾向にあります。そのため、あまり長くは続かないでしょう。

戊午(つちのえうま)の有名人・芸能人

  • 雛形 あきこ:1978年(昭和53年)1月27日(タレント)
  • DAIGO:1978年(昭和53年)4月8日(歌手・タレント)
  • 井上 康生:1978年(昭和53年)5月15日(柔道選手)
  • 中村 俊輔:1978年(昭和53年)6月24日(サッカー選手)
  • MISIA:1978年(昭和53年)7月7日(歌手)
  • なかやまきんに君:1978年(昭和53年)9月17日(タレント)
  • 椎名 林檎:1978年(昭和53年)11月25日(歌手)

まとめ

今回は、戊午生まれの性格の特徴や恋愛、結婚、金運、適職、相性についてご紹介しました。

戊午生まれの人は、穏やかで大らかな人が多いですが、内面には強い闘争心と頑固な部分を持っています。また、何にも動じない器の大きな人格で困難な状況の中においても実力以上の力を発揮することができる特徴を持ちます。

そして、この機会に自分を深く掘り下げてみてはいかがでしょうか。今まで気付けなかった部分に気付け、きっと今後の人生がより良いものへと変わっていくはずです。

考えるきっかけのツールとして使って頂き、自分を探求するひとつの手段として今後の人付き合いに活かせると良いと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント